7/4(SAT) SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL

UDD (Up Dharma Down / Philippines)


Ghost like girlfriend_yoko

 

 

(from Left to Right)
Bass&Synthesizer : Paul Yap
Vocal&Keyboards : Armi Millare
Drums&Electronics : Ean Mayor
Guitar&Synthesizer : Carlos Tanada

 

2004年結成、フィリピンの最重要インディーロック/ポップバンド。US/UKインディーロック、アシッドジャズ、ネオソウル、シンセポップ、日本のシティポップなど多様な音楽をクロスオーバーさせ、これまで三枚のフルアルバムをリリース。これまで10,000人規模の単独公演を行い、フィリピンでは多数の音楽賞を受賞。Red Hot Chili PeppersやThe xx、Bloc Party、Incubus、Tahiti 80などのオープニングアクトとしても演奏。

 

Spotifyが2014年にフィリピンでサービスインした初年度、同国で最もストリームされた楽曲は彼女らの楽曲”Tadhana”で(7位にも”Indak”がランクイン)、2019年1月現在、全世界で130万人以上のマンスリーリスナーを獲得している。

 

コカコーラ、ヒュンダイ、マクドナルド、シンガポール観光局、リプトン、オレオなどのグローバルカンパニーとのタイアップにも選ばれ、インディーズでありながら、フィリピンにおける名実ともに最も重要なアーティストの一つとなっている。

 

2017年1月、次なる変化を求め、バンド名の表記をUp Dharma DownからUDDに変更。2018年4月には過去3枚のアルバムより選曲、アルバム未収録曲や新曲を含む日本独自編成盤「Sun Shower」をリリースし、SYNCHRONICITY’18にも出演、初来日を果たした。

 

 


SUPPORTED BY

PRESENTED BY

ARTISTS

Translate »