NEWS

4/1(金)『SYNCHRONICITY’22 − Pre−Party!! −』開催決定!TRI4TH、Calmera、新東京が出演!!配信も決定!!

synchro22pre_flyer2_yoko_comp

Update(22/03/31)
・配信が決定しました!

24時間限定で配信が決定しました!ぜひご覧下さい!!

 

4/1(金)『SYNCHRONICITY'22 – Pre-Party!! -』開催決定!

 

 

4/2(土)・4/3(日)の本祭に加え、4/1(金)に前夜祭が開催決定しました!出演アーティストとして、TRI4TH、Calmeraに加え、オープニングアクトとして、新東京が出演。『SYNCHRONICITY』3年ぶりの開催を大いに盛り上げます!!TRI4TH、Calmeraはたっぷり50分以上の演奏時間。インストが足りない方、ジャジーな音楽をたっぷり楽しみたい方、ぜひ遊びに来て下さい!!


 

『SYNCHRONICITY’22 – Pre-Party!! -』概要

 

名称:
『SYNCHRONICITY’22 – Pre-Party!! -』

 

開催日時:
2020年4月1日(金)
open 17:30 / start 18:00(時間予定)

 

開催場所:
duo MUSIC EXCHANGE

 

出演アーティスト:
TRI4TH / Calmera / 新東京(オープニングアクト)

 

【チケット詳細】
チケット販売URL(イープラス):
http://eplus.jp/synchronicity22/

 

配信チケットURL:

http://eplus.jp/synchronicity22-stp/

 

【販売期間】
一般:2022/3/14(月)19:00〜2022/3/31(木)18:00

配信:2022/3/31(木)〜2022/4/2(土)21:00

 

【チケット料金】
前売:3,800円(ドリンク別)
配信:2,000円
当日:未定

 

公式WEB:
https://synchronicity.tv/festival/

 

お問い合わせ:
SYNCHRONICITY info@kikyu.net
duo MUSIC EXCHANGE ☎ 03-5459-8716

 

主催:

duo MUSIC EXCHANGE

 


 

TRI4T

TRI4TH

“踊れるジャズ“をコンセプトに掲げ、国内外を飛び回る日本を代表するライブジャズバンド。ジャズでありながら、ロックバンドに勝る激しいパフォーマンスでオーディエンスを魅了し続けている。パンクロック、スカを取り入れた音楽性が好評を博し、海外では、フランス “Jazz a Vienne” / デンマーク “Copenhagen Jazz Festival 2017” にも出演。また、国内の代表的な音楽フェスティバルの一つ”SUMMER SONIC 2019″ を含め全国20ヶ所を超えるフェスに出演を果たした。2021年には結成15周年を迎え、アニバーサリーツアー「TRI4TH 15th Anniversary Tour season1.」を開催。また同年9月15日にはメジャー通算4枚目となるオリジナルアルバム「GIFT」をリリース。インストゥルメンタルの枠にとどまらず飛躍を続けるTRI4THは、今シーン更に注目度を増しているバンドである。

 

TRI4TH OFFICIAL Site

https://tri4th.com/

 

 


 

Calmera15th

Calmera

2006年結成、8人組の大阪発エンタメジャズバンド。
メンバーは西崎ゴウシ伝(Agitator, Tp, Gt, Per)、小林洋介(Tp)、辻本美博(Sax)、寺谷光(Tb)、PAKshin(Key)、宮本敦(Gt)、HIDEYAN(Ba)、きたいくにと(Dr)。

 

2010年5月に1stアルバム「Hello!!ワールドワイド」をリリース。
言葉の壁も、ジャンルの壁も超えた挑戦を続け、人と人、人と場所を、Calmeraの音楽を通じて繋ぎ、次の時代にも繋いでいくという意志「Challenge and Connect」を掲げて活動中。

 

ソニー・ハイレゾウォークマン「h.ear ×WALKMAN(R)」のCMに起用された「犬、逃げた。-ver. 2.0-」、「R-1ぐらんぷり」にて出囃子として使われた「ロックンロール キャバレー」、キユーピーマヨネーズ「野菜が、かがやく。」篇や回転寿司「スシロー」のCM音楽、ドラマ「ミナミの帝王 ZERO」劇伴など、ほとんどの人がどこかでCalmeraの音楽を耳にしていると言っても過言ではない。
2020年公開、ジャルジャル後藤淳平主演・木下半太監督映画「ロックンロール・ストリップ」の劇伴も担当。
2016年3月には日本最高峰のジャズクラブ・BLUE NOTE TOKYOにて異例の抜擢となるワンマンライブを開催し、2018年には「TOKYO JAZZ」に出演するなどジャズライブシーンにおいて活躍する一方で、「Sunset Live」「SUMMER SONIC」などロックフェスにも出演。
海外活動としては、2016年8月「大邱国際ジャズフェスティバル」(韓国)へ日韓親善のために招待され、2017年9月には同イベントのメインステージに出演。
2021年は結成15周年イヤーとして、5月12日に12thアルバム「誰そ彼レゾナンス」をリリースし全国ツアーを行った。

 

 


 

shintokyo

新東京

手数の多いフレーズに卓越したプレイ。アートワークや映像もセルフプロデュースする鋭角なセンス。色気のある歌声と上質で洗練された楽曲は圧倒的な個性を放ちファンを魅了する。

 

メンバー全員が現在大学2年生。つい先日成人式を迎えたばかりの彼等は、学校を1年間休学して音楽活動に専念することを決意。2022年2月にはバンド組織を法人化し「新東京合同会社」を設立した。

 

2021年4月に結成し、8月にデビュー作「Cynical City」をリリース。ノンプロモーションながら、Spotifyの”RADER: Early Noise”、”New Music Wednesday” 大型プレイリストにリストイン。
続いて、10月にリリースした「The Few」は2作目ながら、J-WAVE”SONAR TRACKS”に大抜擢。その後、「ユートピアン」「36℃」をリリースし、Eggsのデイリーポップアーティストランキングでは1位を記録。

 

2022年1月9日に放送された、テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」“プロが選ぶ年間マイベスト10曲”にて「Cynical City」がピックアップされ、SNSを中心に大きな話題を集める中、2022年1月には「Morning」をリリース。早くも2度目となるJ-WAVE”SONAR TRACKS”に選出された。そして、2月にはカッティングエッジな新境地「濡溶」を発表。
クオリティの高い作品を精力的に生み出している。

 

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!

NEWS

11/13(日)『SYNCHRONICITY’22 Autumn Party!!』で、BREIMEN、fox capture plan、toconoma、yonawo、マハラージャンの5組が出演!本日より先行チケット発売スタート!!

SYNCHRONICITY'22 Autumn Party!! Flyer_fix_yoko

11/13(日)に秋の『SYNCHRONICITY』企画『SYNCHRONICITY'22 Autumn Party!!』開催決定!

 

このイベントは毎年春に開催している都市型フェス『SYNCHRONICITY』のスピンオフイベントとして、“Timeless Music”をテーマに、ジャンルや世代を越えた多彩なアーティストを迎えながら開催。出演は、マハラージャン、yonawo、BREIMEN、toconoma、fox capture planの5組と『SYNCHRONICITY』らしい多彩なアーティストが出演します。

 

発表と同時に、イープラスにて先着先行チケットが発売スタート(2022/9/30(金)19:00〜2022/10/14(金))。ぜひお早めにお買い求め下さい〜!!


 

SYNCHRONICITY'22 Autumn Party!! 概要

 

【名称】

『SYNCHRONICITY'22 Autumn Party!!』

 

【開催日時】

2022/11/13(日) open 14:00 / start 15:00

 

【会場】

Spotify O-EAST

 

【出演アーティスト】

・BREIMEN

・fox capture plan

・toconoma

・yonawo

・マハラージャン

 

【チケット料金】

前売:4,800円(ドリンク別)

当日:未定

 

【プレイガイド】

・イープラス(先行、一般)

http://eplus.jp/synchronicity22-ap/

 

・チケットぴあ(一般)

 

【販売期間】

先行(先着先行):2022/9/30(金)19:00 〜 2022/10/14(金)23:59

一般:2022/10/15(土)10:00 〜 2022/11/12(土)23:59

 

公式WEB:

https://synchronicity.tv/festival/

 

お問い合わせ:

SYNCHRONICITY info@kikyu.net

Spotify O-EAST ☎03-5458-4681


 

出演アーティスト

 

BREIMEN BREIMEN
高木祥太を中心に2014年に結成され、ソウルやファンクをベースに多様なジャンルに も躊躇なく飲み込んでいくミクスチャーバンド。メンバー・チェンジを経て2018年7 月より現体制の5人組となった。メンバー各々が数多くのアーティストのサポートアク トを勤めており、独特な歌詞の世界観と、セッションを軸としたサウンドセンスの ギャップに熱烈なファンを獲得している。2020年2月にリリースされた1stアルバム 『TITY』では、多くの著名人や業界最前線のプレイヤーからの熱い支持を得ると同時 に数多くのストリーミングサービスの主要プレイリストに入り、J-WAVEのSONAR TRAXやtunecoreのindependentAFに選出されるなど「いま聴くべき」ネクストブレ イクアーティストとして、注目を浴びている。

 

fox capture planfox capture plan

 

Piano: 岸本 亮
Double Bass: カワイヒデヒロ
Drums: 井上 司

 

“現代版ジャズ・ロック”をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドを目指し、それぞれ違う個性を持つバンドで活動する3人が集まり2011年に結成。過去10枚のフルアルバムを発表し“CDショップ大賞 ジャズ部門賞”2度受賞、“JAZZ JAPAN AWARD アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・スター部門、同じくアルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・ジャズ部門” を2度獲得。主なライブ活動として、2016年 “FUJI ROCK FESTIVAL’16” 、2017年 “SUMMER SONIC 2017”、 “TOKYO JAZZ FESTIVAL”は3年連続出演。2018年ブルーノート東京での単独2DAYS公演を果たす。オーストラリア・フランス・韓国・台湾・ロシア・マレーシア・シンガポール他、3度の中国ツアーを敢行するなど海外公演も積極的に行う。楽曲制作では、ドラマTBS “カルテット” 、フジテレビ系月9と映画 “コンフィデンスマンJP”、関西テレビ“健康で文化的な最低限度の生活”、TVアニメ“青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない”” スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH”、など劇伴を多数担当し、その他CMやゲームなど多方面へ楽曲を提供。上記”スタマイ”のエンディングテーマ” Precious My Heroes”で岸本が作詞を手掛けたヴォーカル曲を2019年11月シングルリリース、2020年に入り2作のヴォーカルフィーチャリング” Curtain Call feat.Yosh (Survive Said The Prophet)”・“やけにSUNSHINE feat.おかもとえみ”を発売し11月に東京国際フォーラムで発売記念ワンマンライヴを開催。
結成10周年となった2021年には10枚目のオリジナルアルバムを発売し、3年振りの全国ワンマンツアー10th Anniversary Tourを開催。ツアーファイナル日本橋三井ホール2デイズを大盛況の元、記念イヤーを締めくくった。
2022年、新たな10年を歩み出した3人のさらなる飛躍が期待される。

 

toconomatoconoma

2008年東京渋谷にて結成。 情熱的なダンスビートから生まれるグルーヴに、感情的なメロディー。歌は無くとも、それ以上に伝わる何かがそこにはあった。紡がれた音はジャンルという壁を乗り越え、シーンの彼方を切り拓く。 2017年6月3rd Album“NEWTOWN”リリース後、FUJI ROCK2018(FIELD OF HEAVEN stage)に出演を果たし、10周年ワンマンツアーを東京TSUTAYA O-EAST(ソールドアウト)、香港を含む全4カ所で開催。アジア圏でもワンマンツアー開催/野外フェス出演など精力的に活動し、2020月7月8日に3年ぶりに4th Album “VISTA”をリリース!  2020年9月より全国6か所を延期等を乗り越えtoconoma JAPAN TOUR “VISTAS”としてツアーを実施、2021年5月に渋谷TSUTAYA O-EASTにてファイナルを開催。8月には初のドキュメンタリーDVD“VISTAS”をリリースし既に生産分は完売。2021年8月にはSPECIAL OTHERSを招いての自主企画「TOCOJAWS(トコジョーズ)2021」を恵比寿GARDEN HALLにて開催しチケットは即完売。以降も自分たちのペースを保ちながらゆっくり活動中。

 

yonawo_2022_main_yoko_500kbyonawo

荒谷翔大(Vo)、田中慧(Ba)、斉藤雄哉(Gt)、野元喬文(Dr)にて福岡で結成。寝る前に聞きたい”ベッドタイムサウンド”が特徴の新世代バンド。
2019年11月にAtlantic Japanよりメジャーデビュー。
2020年4月に初の全国流通盤となるミニアルバム「LOBSTER」をリリース。11月には1stフルアルバム「明日は当然来ないでしょ」をリリース、全国5都市で開催された初のワンマンツアーは全公演SOLD OUT。
2021年8月には冨田恵一(冨田ラボ)、亀田誠治によるプロデュース曲を収録した2ndフルアルバム「遙かいま」をリリース。直後に「FUJI ROCK FESTIVAL ‘21」へ出演。12月にはUSEN STUDIO COASTで開催されたワンマンライブもSOLD OUT。
メガネブランド「Zoff」のモデルにも抜擢されるなど多方面で活躍。
2022年3月18日(金)“ベッドタイムサウンド”をコンセプトに、夜に寄り添う4曲を収録したEP「Prescribing The…」をリリースし、6月17日(金)にデジタルシングル「After Party」、7月8日(金)にはテレビ東京ほか ドラマ25「晩酌の流儀」オープニングテーマ曲「yugi」、7月27日(水)には初めて客演を迎えたシングル「tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai」を立て続けにリリース。「SUMMER SONIC 2022」、「朝霧JAM」をはじめ、全国各地のフェスにも多数出演し、11月9日(水)に3rdフルアルバム「Yonawo House」をリリースする。

 

Maharajan_500kbマハラージャン

東京都出身の男性ソロ・ミュージシャン。
大学院卒業後、CM制作会社へ就職。
会社員として勤務する傍ら、日夜音楽活動に勤しみ、2019年11月にEP「いいことがしたい」をデジタルリリース。
全くの無名ながら、その高い音楽性とユーモアあふれるリリックが話題を呼び、2021年3月に「セーラ☆ムン太郎」でメジャーデビュー。音楽番組や人気YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」への出演が大きな反響を呼び、同年7月リリースのメジャーデビューCD『僕のスピな☆ムン太郎』は、タワーレコードによる<タワレコメンアワード2021>の「アーティストオブザイヤー2021」を受賞。また第14回CDショップ大賞2022にもエントリーされる。そして2022年1月より会社員時代を回顧した”心の傷三部作”を3か月連続デジタルリリース。同年7月に初となるワンマンライブを東・阪で開催する。
2022年7月13日発表のラジオ・オンエアチャートで「その気にさせないで」が1位を獲得。
同曲は日本テレビ系「スッキリ」の7月テーマ曲としてもOA。

 

7月22日LINE CUBE渋谷(渋谷公会堂)、8月5日大阪BIG CATで初ワンマンライブ「レッツ・ターバン!」を開催し、両会場共にSOLD OUT。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!

Translate »