NEWS

思う存分シンクロニシティを楽しもう!会場エリアなどのご紹介!!

synchro22_map_comp

『SYNCHRONICITY'22』いよいよ開催!こちらでは、会場エリアや当日の楽しみ方などをご紹介いたします。エリア内は徒歩1-2分で全て回れてしまう距離感です。ちょっとこちらを予習すれば、より当日を楽しめることでしょう!!また、『SYNCHRONICITY'22』アプリを入れておくと各会場や当日の混雑状況なども分かり便利です!アプリはこちらからダウンロードして下さい。

 

会場エリア

 

synchro22_map_comp

チケット引き換え:

まず、殆どの皆さんが向かう場所は Spotify O-EAST 1F(duo MUSC EXCHANGE)のデッキ です!こちらでリストバンドの引き換えを行っていただきます。1F部分をO-EASTとduo MUSIC EXCHANGEで兼用していてデッキで繋がっています。なお、クラウドファンディングのチケット、ファストパスをお持ちの方はO-WESTの1F部分にある関係者受付にて、ファストパスを今回モバイルオーダーで購入された方はduo前のインフォメーションにて、リストバンドに引き換えて下さい。

 

各会場について:

さて、リストバンドを引き換えたら13:00からはいよいよ各会場がオープンスタートとなります!『SYNCHRONICITY』ではDJのスタートする13:00をスタートとしています。DJも大切な出演者のひとり。クラブカルチャーのマインドも『SYNCHRONICITY』の一部です。

 

図のブルーのカラーが会場となり、全ての会場(大きい順にO-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、O-WEST、clubasia、O-nest)は空いていれば徒歩1-2分程とめちゃくちゃ近いです。O-nestは会場まで階段となりますが、全てのエリアが密集していて簡単に覚えられると思います。お目当てのアーティストはもちろん、ちょっと冒険も兼ねて、各会場を回ってみましょう!

 

何か分からないことがありましたら、1Fのデッキ部分duo MUSIC EXCHANGE前のインフォメーション・オフィシャル物販でお問い合わせ下さい。こちらは公式グッズ・ウクライナ人道支援物販も行っております。それではこの流れで、公式グッズ・ウクライナ人道支援物販についてご紹介します!

 

公式グッズ・ウクライナ人道支援物販

goods3_comp物販では、公式グッズとしてオーガニックコットンを100%使用したTシャツとロンT、ウクライナ人道支援グッズとしてステッカー、バッジを販売しております。公式グッズは売上の一部を、ウクライナ人道支援グッズは原価を除いた全額を、ウクライナ人道支援として寄付いたします。『SYNCHRONICITY』は未来をテーマにしたフェスです。フェスの中で考えるきっかけを作るとともに、ここから未来へ繋がる何かを発信していくことはとても大切だと考えています。グッズに関しての詳細はグッズページをご確認下さい。

 

さてさて、色んなライブを回っているとお腹が空いちゃいますよね?今回『SYNCHRONICITY'22』では新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、会場内の飲食店は1店舗「2-3-4 SHOKUDO」のみとなっています。コラボ飲食店として近隣の「BAR 1985」もお昼から開けていただいて飲食を楽しむことができます。それでは次は飲食店についてご紹介しましょう!

 

飲食店について

 

2019_234shokudo_1東京・世田谷をベースに、数種類のフレッシュハーブやスパイスをブレンドした自家製ペーストから作るカレーや、ハーブやスパイスを使った世界各国の料理を旅するようにお届けする”旅する堂”2-3-4SHOKUDOです。オーガナイザーと古いお付き合いの中から生まれた縁もあり、いつも出店いただいています。とっても美味しいです。会場内にはゆっくり食べるスペースがございませんので、お食事の際はできる限りコラボ出店の「BAR1985」へ移動してお召し上がり下さい。

 

bar1985_compバンド「撃鉄」のメンバーがやっているお店で、今回飲食でコラボ出店いただいています。『SYNCHRONICITY'22』出演アーティストも常連さんの方が多く、ご飯を食べてると見かけることもあるかも?カレーがとっても美味しいです。ドリンクをオーダーいただければ、2-3-4 SHOKUDOのフードを持ち込むことも可能です。

 

さて、ご飯を食べていても今何が行われてるかって気になるでしょう!そんなご飯を食べているときなどに楽しめるのが、シンクロニシティのVoicyです。それでは続けてVoicyのご案内です!

 

Voicyでシンクロニシティを楽しもう!

 

 

『SYNCHRONICITY'22』から、音声プラットフォームVoicyを活用して、アーティストのインタビュー、当日の模様、アフタートークなどをお届けしていきます!ちょっと一息つきたいとき、シンクロニシティを振り返りたいとき、きっとそこには新しい発見があると思います。ぜひ今のうちにアプリをダウンロードしておいて下さい。

 

アプリ(下記よりダウンロードください。):
iOS
https://apps.apple.com/jp/app/id1115551289

 

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.voicy.app.player

 

音楽演奏をされる方へ、EarthQuaker Devicesのご紹介!

 

EQD

EarthQuaker Devices

さて、音楽を演奏される方へ最後にとっておきの嬉しい出展ブース「EarthQuaker Devices」をご紹介します!

 

アースクエイカーデバイセス代表のジェイミーの根本に有るパンクなDIY精神で始めたエフェクター製作ですが、今でもその精神を忘れずにパーツの選定を含め、手作業で一つ一つ丁寧にエフェクターを制作しています。

 

当日はSpotify O-EASTの2Fにブースを構え、様々な高品質なエフェクターを楽しむことができます。ぜひ演奏して楽しんでみて下さいね!

 

下記にとっても魅力の伝わる映像もご紹介しておきます!

 

 

さてさて、3年ぶりの『SYNCHRONICITY'22』いよいよ開催となります!音楽はもちろん、当日は二度とない日を思う存分楽しんで下さい!!

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!

NEWS

11/13(日)『SYNCHRONICITY’22 Autumn Party!!』で、BREIMEN、fox capture plan、toconoma、yonawo、マハラージャンの5組が出演!本日より先行チケット発売スタート!!

SYNCHRONICITY'22 Autumn Party!! Flyer_fix_yoko

11/13(日)に秋の『SYNCHRONICITY』企画『SYNCHRONICITY'22 Autumn Party!!』開催決定!

 

このイベントは毎年春に開催している都市型フェス『SYNCHRONICITY』のスピンオフイベントとして、“Timeless Music”をテーマに、ジャンルや世代を越えた多彩なアーティストを迎えながら開催。出演は、マハラージャン、yonawo、BREIMEN、toconoma、fox capture planの5組と『SYNCHRONICITY』らしい多彩なアーティストが出演します。

 

発表と同時に、イープラスにて先着先行チケットが発売スタート(2022/9/30(金)19:00〜2022/10/14(金))。ぜひお早めにお買い求め下さい〜!!


 

SYNCHRONICITY'22 Autumn Party!! 概要

 

【名称】

『SYNCHRONICITY'22 Autumn Party!!』

 

【開催日時】

2022/11/13(日) open 14:00 / start 15:00

 

【会場】

Spotify O-EAST

 

【出演アーティスト】

・BREIMEN

・fox capture plan

・toconoma

・yonawo

・マハラージャン

 

【チケット料金】

前売:4,800円(ドリンク別)

当日:未定

 

【プレイガイド】

・イープラス(先行、一般)

http://eplus.jp/synchronicity22-ap/

 

・チケットぴあ(一般)

 

【販売期間】

先行(先着先行):2022/9/30(金)19:00 〜 2022/10/14(金)23:59

一般:2022/10/15(土)10:00 〜 2022/11/12(土)23:59

 

公式WEB:

https://synchronicity.tv/festival/

 

お問い合わせ:

SYNCHRONICITY info@kikyu.net

Spotify O-EAST ☎03-5458-4681


 

出演アーティスト

 

BREIMEN BREIMEN
高木祥太を中心に2014年に結成され、ソウルやファンクをベースに多様なジャンルに も躊躇なく飲み込んでいくミクスチャーバンド。メンバー・チェンジを経て2018年7 月より現体制の5人組となった。メンバー各々が数多くのアーティストのサポートアク トを勤めており、独特な歌詞の世界観と、セッションを軸としたサウンドセンスの ギャップに熱烈なファンを獲得している。2020年2月にリリースされた1stアルバム 『TITY』では、多くの著名人や業界最前線のプレイヤーからの熱い支持を得ると同時 に数多くのストリーミングサービスの主要プレイリストに入り、J-WAVEのSONAR TRAXやtunecoreのindependentAFに選出されるなど「いま聴くべき」ネクストブレ イクアーティストとして、注目を浴びている。

 

fox capture planfox capture plan

 

Piano: 岸本 亮
Double Bass: カワイヒデヒロ
Drums: 井上 司

 

“現代版ジャズ・ロック”をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドを目指し、それぞれ違う個性を持つバンドで活動する3人が集まり2011年に結成。過去10枚のフルアルバムを発表し“CDショップ大賞 ジャズ部門賞”2度受賞、“JAZZ JAPAN AWARD アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・スター部門、同じくアルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・ジャズ部門” を2度獲得。主なライブ活動として、2016年 “FUJI ROCK FESTIVAL’16” 、2017年 “SUMMER SONIC 2017”、 “TOKYO JAZZ FESTIVAL”は3年連続出演。2018年ブルーノート東京での単独2DAYS公演を果たす。オーストラリア・フランス・韓国・台湾・ロシア・マレーシア・シンガポール他、3度の中国ツアーを敢行するなど海外公演も積極的に行う。楽曲制作では、ドラマTBS “カルテット” 、フジテレビ系月9と映画 “コンフィデンスマンJP”、関西テレビ“健康で文化的な最低限度の生活”、TVアニメ“青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない”” スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH”、など劇伴を多数担当し、その他CMやゲームなど多方面へ楽曲を提供。上記”スタマイ”のエンディングテーマ” Precious My Heroes”で岸本が作詞を手掛けたヴォーカル曲を2019年11月シングルリリース、2020年に入り2作のヴォーカルフィーチャリング” Curtain Call feat.Yosh (Survive Said The Prophet)”・“やけにSUNSHINE feat.おかもとえみ”を発売し11月に東京国際フォーラムで発売記念ワンマンライヴを開催。
結成10周年となった2021年には10枚目のオリジナルアルバムを発売し、3年振りの全国ワンマンツアー10th Anniversary Tourを開催。ツアーファイナル日本橋三井ホール2デイズを大盛況の元、記念イヤーを締めくくった。
2022年、新たな10年を歩み出した3人のさらなる飛躍が期待される。

 

toconomatoconoma

2008年東京渋谷にて結成。 情熱的なダンスビートから生まれるグルーヴに、感情的なメロディー。歌は無くとも、それ以上に伝わる何かがそこにはあった。紡がれた音はジャンルという壁を乗り越え、シーンの彼方を切り拓く。 2017年6月3rd Album“NEWTOWN”リリース後、FUJI ROCK2018(FIELD OF HEAVEN stage)に出演を果たし、10周年ワンマンツアーを東京TSUTAYA O-EAST(ソールドアウト)、香港を含む全4カ所で開催。アジア圏でもワンマンツアー開催/野外フェス出演など精力的に活動し、2020月7月8日に3年ぶりに4th Album “VISTA”をリリース!  2020年9月より全国6か所を延期等を乗り越えtoconoma JAPAN TOUR “VISTAS”としてツアーを実施、2021年5月に渋谷TSUTAYA O-EASTにてファイナルを開催。8月には初のドキュメンタリーDVD“VISTAS”をリリースし既に生産分は完売。2021年8月にはSPECIAL OTHERSを招いての自主企画「TOCOJAWS(トコジョーズ)2021」を恵比寿GARDEN HALLにて開催しチケットは即完売。以降も自分たちのペースを保ちながらゆっくり活動中。

 

yonawo_2022_main_yoko_500kbyonawo

荒谷翔大(Vo)、田中慧(Ba)、斉藤雄哉(Gt)、野元喬文(Dr)にて福岡で結成。寝る前に聞きたい”ベッドタイムサウンド”が特徴の新世代バンド。
2019年11月にAtlantic Japanよりメジャーデビュー。
2020年4月に初の全国流通盤となるミニアルバム「LOBSTER」をリリース。11月には1stフルアルバム「明日は当然来ないでしょ」をリリース、全国5都市で開催された初のワンマンツアーは全公演SOLD OUT。
2021年8月には冨田恵一(冨田ラボ)、亀田誠治によるプロデュース曲を収録した2ndフルアルバム「遙かいま」をリリース。直後に「FUJI ROCK FESTIVAL ‘21」へ出演。12月にはUSEN STUDIO COASTで開催されたワンマンライブもSOLD OUT。
メガネブランド「Zoff」のモデルにも抜擢されるなど多方面で活躍。
2022年3月18日(金)“ベッドタイムサウンド”をコンセプトに、夜に寄り添う4曲を収録したEP「Prescribing The…」をリリースし、6月17日(金)にデジタルシングル「After Party」、7月8日(金)にはテレビ東京ほか ドラマ25「晩酌の流儀」オープニングテーマ曲「yugi」、7月27日(水)には初めて客演を迎えたシングル「tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai」を立て続けにリリース。「SUMMER SONIC 2022」、「朝霧JAM」をはじめ、全国各地のフェスにも多数出演し、11月9日(水)に3rdフルアルバム「Yonawo House」をリリースする。

 

Maharajan_500kbマハラージャン

東京都出身の男性ソロ・ミュージシャン。
大学院卒業後、CM制作会社へ就職。
会社員として勤務する傍ら、日夜音楽活動に勤しみ、2019年11月にEP「いいことがしたい」をデジタルリリース。
全くの無名ながら、その高い音楽性とユーモアあふれるリリックが話題を呼び、2021年3月に「セーラ☆ムン太郎」でメジャーデビュー。音楽番組や人気YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」への出演が大きな反響を呼び、同年7月リリースのメジャーデビューCD『僕のスピな☆ムン太郎』は、タワーレコードによる<タワレコメンアワード2021>の「アーティストオブザイヤー2021」を受賞。また第14回CDショップ大賞2022にもエントリーされる。そして2022年1月より会社員時代を回顧した”心の傷三部作”を3か月連続デジタルリリース。同年7月に初となるワンマンライブを東・阪で開催する。
2022年7月13日発表のラジオ・オンエアチャートで「その気にさせないで」が1位を獲得。
同曲は日本テレビ系「スッキリ」の7月テーマ曲としてもOA。

 

7月22日LINE CUBE渋谷(渋谷公会堂)、8月5日大阪BIG CATで初ワンマンライブ「レッツ・ターバン!」を開催し、両会場共にSOLD OUT。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!

Translate »