NEWS

ねごと、新作「アシンメトリ e.p.」リリース、CMソング&映画主題歌も収録

negoto new Aph 201603_SS_2000

ねごとが、前作Single「DESTINY」以来、約1年5か月ぶりとなる新作「アシンメトリ e.p.」を11月9日にリリースする事が明らかになった。

 

「café & pancakes gram」のCMソングに起用されている「アシンメトリ」、そして、新たに発表となった11月公開映画「マイナビ presents TOKYO CITY GIRL 2016」挿入歌&関東/関西版エンディング主題歌として起用される「holy night」含む、全4曲入りe.p.。ティザー映像も公開されたので合わせてチェックしてみよう。

 

ねごと 「アシンメトリ e.p.」 -teaser-

 

今作は、表題曲「アシンメトリ」には中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)、「holy night」には益子樹(ROVO)を、サウンドプロデューサーに迎え、クールでダンサブル、ねごと史上最もエポックメイキングな作品となっている。中野とは、昨年BOOM BOOM SATELLITESの「SHINE LIKE A BILLION SUNS」リリース時に対談したことをきっかけに今回の共同作業が実現。「café & pancakes gram」のサイトでは、CM映像とCMメイキング映像も公開されており、楽曲の一部が試聴できるので、そちらもチェックしてみよう。

 

また、「holy night」は、11月公開映画「マイナビpresents TOKYO CITY GIRL 2016」挿入歌 & 関東/関西版エンディング主題歌に決定しており、映画の情報は今後随時発表される。

 

そのほか、新曲「天使か悪魔か」、「school out」を含む全4曲入りのe.p.。

 

初回生産限定盤は、昨年デビュー5周年を記念して開催された「ねごと presents お口ポカーンフェス?!NEGOTO 5th Anniversary ~バク TO THE FUTURE~」のLIVE & DOCUMENTARYを特別編集収録したDVD付きとなる。5年間の思い、メンバー同士がお互いを語り合う撮り下ろしインタビュー、ファンへのメッセージ、フェスの裏側まで一日密着したドキュメンタリーと、そのライヴ映像で構成された見どころ満載の内容となっている。

 

 

約1年5カ月の沈黙を経て放たれる“ねごと”の新作。
サウンドプロデューサーに、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)、益子樹(ROVO)を迎えた今作は、
とにかくクールで、ダンサブル、ねごと史上最もエポックメイキングな作品。

 

new e.p.「アシンメトリ e.p.」
2016.11.9 in stores!

 

M1. アシンメトリ (café & pancakes gram CMソング)
M2. holy night (11月公開映画「マイナビpresents TOKYO CITY GIRL 2016」挿入歌 & 関東/関西版エンディング主題歌)
M3. 天使か悪魔か
M4. school out

 

【初回生産限定盤】KSCL 2792-2793 ¥2,500+税(¥2,700 税込)
DVD : LIVE & DOCUMENTARY ~NEGOTO 5th Anniversary お口ポカーンフェス?!SPECIAL~

 

【通常盤】KSCL 2794 ¥1,389+税(¥1,500税込)

 

-ねごと-
インディーロック、オルタナティヴロック、フォークロック、シンセポップ、ドリームポップ、エレクトロニカ、ダンスミュージック、様々な音楽ジャンルにインスパイアされ、自由な音楽を奏でる変幻自在実力派エレクトロニック ロック バンド、ねごと。

 

「儚さ」と「力強さ」を兼ね備えた透明感溢れる歌声を持つ蒼山幸子(Vo.&Key)と、バンドのサウンドクリエイトを全面的に手掛ける沙田瑞紀(Gt.)を中心に、踊るようなベースラインを奏でる藤咲佑(Ba.)と、幾多のアーティストからも客演で呼ばれるほどの実力派ドラマー 澤村小夜子(Dr.)からなる4人組。

 

唯一無二の独自の世界観で、10代の頃から注目を集めるその音楽性は、今もなお進化し続けており、作品をリリースする度、新たな評価を得ている。2010年、デビュー。多数の大型フェスにも出演。これまでに、10枚のシングル、2枚のミニアルバム、3枚のフルアルバムをリリース。

 

【ねごとオフィシャルモバイルサイト】
“ねごとひろば”
http://smam.jp/negotohiroba/

 

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Kan Sano、SANABAGUN.、BLU-SWING、MimeのメンバーによるLast Electro、新MV「Night Symphony」を公開!初ライブの『SYNCHRONICITY’19』で7インチの会場限定先行販売も決定!!

lastelectro

Kan Sano、Ippei Sawamura(SANABAGUN.)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Jun Uchino(Mime)による国内のSoul、R&B、Hip-Hopシーンで活躍する腕利きのミュージシャンが集ったバンド『Last Electro』の2nd 7inch、及び、過去楽曲を含む音源が4月10日に配信にてリリース。その中からSANABAGUN.のドラマーでもあるIppeiの人力Hip Hopビートに乗ってネオソウルの美味しいエキスが詰まったミディアムトラック“Night Symphony”のMVを公開した。

 

 

また同曲を含む2nd 7inchが、初ライブとなる4/6(土)『SYNCHRONICITY’19』の会場で先行販売されることが決定した。こちらも前作に続き完全限定生産版。売り切れる前にぜひ現場でゲットしよう。

 

<release information>

Last Electro 2nd 7inch

SIDE A:Night Symphony

SIDE B:When You Kill Me     

 

発売日:2019/4/10 DSB 40

価格:¥1,500+税

 

※完全限定生産版

※4/6(土)『SYNCHRONICITY’19』にて会場先行発売

 

7inch

<配信・サブスクリプションリリース>

アーティスト名:

Last Electro

 

配信・サブスクリプションリリース曲:

・No More Sunshine

・I'm Yours Tonight

・Night Symphony

・When You Kill Me

・Night Symphony (henpecked remix)

・I’m Yours Tonight (low shit 1.5 remix)

 

配信リリース:

・Spotify

・Apple Music

・LINE MUSIC

・YOUTUBE music

・AWA

・AMAZON music

・Google Play Music

ほか

 

<初ライブ、イベント概要>

名称:

『SYNCHRONICITY’19』

 

開催日時:

2019年4月6日(土) openstart 13:00

2019年4月7日(日) openstart 13:00

(Last Electro 出演日は4月6日(土))

 

開催場所:

TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-Crest、TSUTAYA O-nest、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、VUENOS、Glad、LOFT9(東京・渋谷)

 

チケット情報:

<前売チケット>

【4/6(土)、4/7(日)通し券】11,000円(ドリンク別)

【4/6(土)、4/7(日)一日券】5,800円(ドリンク別)

イープラス(URL:http://eplus.jp/synchronicity19/

 

出演アーティスト(4月6日(土)、4月7日(日)):

Last Electro / 浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS / SOIL&”PIMP”SESSIONS / SPECIAL OTHERS / 雨のパレード / 大森靖子 / 渋さ知らズオーケストラ / ZAZEN BOYS / eastern youth / 在日ファンク / BRADIO / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND / tricot / CHAI / 犬式(INUSHIKI) / MOROHA 他多数

 

公式WEB:

https://synchronicity.tv/festival/

 

主催:

EARTHTONE Inc.

 

企画・制作:

-kikyu-

 

Last Electro プロフィール:
平成最後の夏に結成。国内外のアンダーグラウンドジャズ・ソウルシーンで暗躍するIppei Sawamura(SANABAGUN.)、Jun Uchino(Mime)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Kan Sanoの4人から成るリーダー不在のミュージシャンズミュージシャン集団。

 

ゼロ年代のクロスオーバーシーンでプロダクションスキルを培ったプロデューサーと新世代のプレイヤーのセッションから生まれた突然変異のヒューチャーソウル。ポストダブステップ以降のビート感覚、リンチやキューブリックなどカルト映像作家に通じる終末SF観、空洞化する現実を冷たい視線で傍観する詞と実体を持たない憂鬱なウィスパーボイス。あらゆるジャンルを飲み込みながら、個々の活動と別次元で進行する鋭利なアート性は今後の展開が予測不能。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »