NEWS

NICO Touches the Walls、新曲「マシ・マシ」が『ハイキュー!!』エンディングテーマに決定

NICO Touches the Walls_yoko

NICO Touches the Wallsの新曲が「マシ・マシ」が、10月からスタートするTVアニメ第3期『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』のエンディングテーマに決定した。

 

『ハイキュー!! 』とはファースト・シーズンのエンディングテーマ「天地ガエシ」に続く2度目のタッグで、同曲は既にフェスやライヴでの鉄板のアンセムとなっているだけに、「マシ・マシ」が一体、どのような曲になっているのか楽しみである。

 

また、NICO Touches the Wallsが毎年11月25日に開催の企画イベント「1125/2016」が今年も東京・赤坂BLITZにて開催決定。公演詳細は後日発表になるのでファンは楽しみに待とう。

 

【光村龍哉 (Vo&Gt)コメント】
再び『ハイキュー!!』とタッグを組むことができて本当に嬉しいです。前回の『天地ガエシ』の時には毎週放送を見ながらエンディングが流れるたびに目頭熱くなっちゃって、正直途中から自分が参加していることを半分くらい忘れるほどアニキュー!!にドップリハマりました。

 

今回二度目ってことで「こりゃかなりハードル上がっちゃったなあ」なんてプレッシャーを感じながら作っていましたが、今シーズンの白熱する展開に負けられないぞ、ということで、僕らも色んな殻を破って『マシ・マシ』を完成させました!NICO Touches the Walls流、最強の応援歌になったと思います。

 

きっとまた素晴らしい化学反応が起きると信じてます!

 

あなたとともに勝負の行方にドキドキしつつ。。。

 

光村龍哉

 

【LIVE情報】
NICO Touches the Walls 1125/2016
2016年11月25日(金)東京都 赤坂BLITZ
※詳細は後日発表

 

【NICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)】
光村龍哉(Vo&Gt)、古村大介 (Gt)、坂倉心悟 (Ba)、対馬祥太郎 (Dr)
千葉県で結成された4人組ロックバンド。ヴォーカル光村の描くメロディーと、一度体感したら忘れられない卓越したライブパフォーマンスが魅力。2007年にメジャーデビューし、その後、ライブハウスやフェスなどを中心に活躍、2010年3月には初の日本武道館公演に挑戦。LISMO CMソングに起用された「手をたたけ」は着うた100万DLを突破。また2011年12月7日に発売された4thアルバム「HUMANIA」はオリコンウイークリー10位にランクイン。そして2013年4月26日にリリースされた5thアルバム「Shout to the Walls!」はオリコンデイリー2位、ウィークリー5位となる。2014年2月5日、ベストアルバム「ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト」をリリース。オリコンウィークリー5位。同年、TVアニメ「ハイキュー!!」エンディングテーマとなった「天地ガエシ」がYouTubeで130万再生されるなど話題沸騰となる。2014年8月に開催した武道館ライブは即日完売し、リベンジを果たした。2016年1月8日には3度目の日本武道館の公演を成功させ、3月16日に約3年振りにオリジナルアルバム「勇気も愛もないなんて」をリリース、オリコンウイークリー初登場5位を獲得した。5月6日には初の大阪城ホール単独公演を成功させる。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

DOTAMAが街を土下座で高速移動、ニューシングルから「謝罪会見」のMVを公開

0622_dotama_thumbnail

ラッパーのDOTAMAが、自身のキャリアを総決算した「DOTAMA BEST」リリース後、初となるシングル『謝罪会見』より表題曲「謝罪会見」のMVを公開した。

 

サビのシーンでは300回に及ぶ土下座を敢行し撮影したという表題曲。じっくり楽しもう。

 

DOTAMAは、コンセプチュアルな歌詞と激しくも感情表現豊かなラップでオリジナルなヒップホップ作品を生み出し、ULTIMATE MC BATTLEやフリースタイルダンジョンなどのMCバトルへも多数出場している。

 

DOTAMA「謝罪会見」

 

 

Director : 藤代雄一朗(http://yuichirofujishiro.com/

Produced by : lute

 

■ニューシングル『謝罪会見』

2017年6月21日発売

sube-056 / XQND-1003

定価 ¥2,000(tax in)

 

『謝罪するかさせるかの現代社会 お詫びに限界はない 

クレーム野郎 バイバイゲーム 全員で 謝罪会見』

 

自身のキャリアを総決算した「DOTAMA BEST」のリリース後、

初となる作品が完成した。膨大な数のライブ出演、

メディア露出などを経て感じた様々な思い。

それら全てを飲み込んだラッパー・DOTAMAによる問題作だ。

 

社会と個人、本音と建前、偽善と偽悪。

その狭間で生じる軋轢に戸惑う全ての人々へのメッセージがこの「謝罪会見」だ。

 

盟友・Quviokalが手掛けるリードトラック「謝罪会見」は、

炎上と冷笑を繰り返す現代社会に鋭く切り込むHIPHOPチューンだ。

DJ OKAWARI、imai(group_inou)によるカップリング曲も含めた全3曲を収録。

 

特典に今年1月21日に渋谷WWWにて開催されたワンマンライブ

「ニューワンマン2」のダイジェスト映像(約27分)を収めたDVD付き。

 

【DISC.1】(CD)

1.謝罪会見 pro.Quviokal

2.東北道 pro.DJ OKAWARI

3.Y☆KAI WATCH pro.imai(group_inou)

4.謝罪会見 (inst)

5.東北道 (inst)

6.Y☆KAI WATCH (inst)

 

【DISC.2】(DVD)

「ニューワンマン2」LIVEダイジェスト映像

01. 楽曲のテーマは『テーマ』

02. HEAD

03. ウルトラMC

04. 何言ってんの?

05. 音楽ワルキューレ

06. 音楽ワルキューレ2

07. 神様になった少年

08. 2012年にクリスマスが終わる feat.ハハノシキュウ

09. じいさんばあさんのうた

10. ベストソング

 

DOTAMA Profile

栃木県出身。力強い声、激しいステージ、練られた歌詞で、独自のラップミュージックを表現する。ULTIMATE MC BATTLEやフリースタイルダンジョンを筆頭に、MCバトルへ多数出場。辛辣ながらユーモアのあるバトルを演出し、高いインパクトを残す。音楽レーベル・術ノ穴より2枚のソロアルバムと5枚のコラボアルバムを発表。独自のユーモアな視点から成るコンセプチュアルな歌詞、 激しくも感情表現豊かなラップで極めてオリジナルなヒップホップ作品を生み出している。2015年には渋谷o-nestでワンマンLIVE「ニューワンマン」を開催し、成功させた。2016年にはボーカルとしてバンド「FINAL FRASH」をスタート。現在、J-WAVE「WORD FREAK」AbemaTV「AbemaPrime」にレギュラー出演中。

 

DOTAMA HP:
http://dotamatica.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »