NEWS

ドラムセッションイベント”第3回公開!秋山会『秋の大秋山会!』”最終ラインナップ発表、ドラマーオーディション本戦出場者決定

akiyamakai_saishu_site

11月8日(火)に東京(渋谷)duo MUSIC EXCHANGEにて開催のドラムセッションイベント”第3回公開!秋山会『秋の大秋山会!』”の第3弾ラインナップが明らかとなった。

 

最終で、小寺良太 (椿屋四重奏、moke(s) etc… )、楠瀬タクヤ ( 清春、藍井エイル、Hysteric Blue etc…)、菱谷”ビッツ”昌弘 (HINTO)、山崎聖之 (The Yasuno N°5 Group、COUNTRY YARD)、U ( 川本真琴、サンナナニ、メカネロetc…)、komaki (SUGIZO、Cell no.13、ex tricot etc…)、金川卓矢 ( The SLUT BANKS、TOKYO SAPIENS)、吉澤響 (セカイイチ)、リンタロウ ( Aquarifa )、ケイタイモ Ba ( WUJA BIN BIN、ATOM ON SPHERE etc…)の一挙10名を追加!合計で26名の出演が明らかとなった。また、当日の来場ドラマーはまだ増える予定とのこと。

 

また、第3回公開!秋山会『秋の大秋山会!』へのドラマーオーディション本戦出場者4名(ケンケン、ボブ、高橋喜吉、崎山翼)も決定した。本戦4名のドラムバトルで優勝したドラマーは、優勝特典として11/8(火)に開催される”第3回公開!秋山会『秋の大秋山会!』”にて、秋山会の”若頭” 松下マサナオ(Yasei Collective, Gentle Forest Jazz Band, Za FeeDo)とエキシビジョンバトルを繰り広げる。

 

秋山会はdowny、THE MORTALなどで活動するドラマー「秋山タカヒコ」を中心に開催するドラムセッションイベント。ドラム数台を使ってのライブセッションやドラムバトルをはじめ、ドラムレクチャー、トークセッション、お悩み相談室などバラエティ豊かな内容で繰り広げられる。間近でプレイが見れ貴重な話が聞くことができるイベントは、ドラマーはもちろん、バンドファンにとっても貴重なイベントになるだろう。

 

チケットは現在、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスの各プレイガイド、会場予約(枚数限定)にて発売中。

 

凄腕ドラマー達が繰り広げるドラム尽くしのイベントを心ゆくまで楽しもう。

 

【第3回公開!秋山会『秋の大秋山会!』オフィシャルウェブサイト】
https://synchronicity.tv/festival/news/akiyamakai_vol3/

 

 

イベント概要

 

第3回公開!秋山会『秋の大秋山会!』
開催日時:2016/11/8 (火) open 18:00 / start 19:00
開催場所:duo MUSIC EXCHANGE
料金:前売 3300円 / 当日 3800円 ※各ドリンク別
お問い合わせ:お電話:03-5459-8716(duo MUSIC EXCHANGE) / MAIL:info@kikyu.net

 

チケット(全自由):
前売 3300円 / 当日 3800円 ※各ドリンク別
8月27(土)10:00より一斉発売開始。

 

【プレイガイド】
・チケットぴあ [Pコード:309-174] http://t.pia.jp/
・ローソンチケット [Lコード:70683] http://l-tike.com/
イープラス

 

【会場予約(枚数限定)】
・お電話(duo MUSIC EXCHANGE:03-5459-8716)
メールフォーム

 

【学生割引】
※当日会場受付にて学生証の提示で500円割引となります。

 

【注意事項】
※席種は全自由となります。
※当日は整理番号順(開場時プレイガイド優先)のご入場となります。
※シート席は限りがございますので、お席をお求めのお客様はお早めのご購入をお勧めいたします。


出演アーティスト
■Drummers
・秋山タカヒコ(downy, fresh!, THE MORTAL)
・伊藤大助(clammbon)
・柏倉隆史(toe, the HIATUS)
・松下マサナオ(Yasei Collective, Gentle Forest Jazz Band, Za FeeDo)
・木暮栄一(the band apart)…and more!!
・山本晃紀(LITE)
・三宅隆文(rega)
・弘中聡(skillkills)
・粉川心(Jizue)
・かみむー氏 (東京カランコロン)
・GOTO (DALLJUB STEP CLUB, あらかじめ決められた恋人たちへ)
・神田リョウ (TAPJAMCREW, 一日一グルーヴ, 一日一バイブス)
・小寺良太 (椿屋四重奏、moke(s) etc… )
・楠瀬タクヤ ( 清春、藍井エイル、Hysteric Blue etc…)
・菱谷”ビッツ”昌弘 (HINTO)
・山崎聖之 (The Yasuno N°5 Group、COUNTRY YARD)
・U ( 川本真琴、サンナナニ、メカネロetc…)
・komaki (SUGIZO、Cell no.13、ex tricot etc…)
・金川卓矢 ( The SLUT BANKS、TOKYO SAPIENS)
・吉澤響 (セカイイチ)
・リンタロウ ( Aquarifa )

 

■Session Artists
・青木ロビン Vo, Gt (downy)
・雲丹亀卓人 Ba (Sawagi)
・ケイタイモ Ba ( WUJA BIN BIN、ATOM ON SPHERE etc…)
・曽根巧 Gt
・別所和洋 Key (Yasei Collective, Gentle Forest Jazz Band)

 

※来場ドラマーは当日も増える予定

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

DOTAMAが街を土下座で高速移動、ニューシングルから「謝罪会見」のMVを公開

0622_dotama_thumbnail

ラッパーのDOTAMAが、自身のキャリアを総決算した「DOTAMA BEST」リリース後、初となるシングル『謝罪会見』より表題曲「謝罪会見」のMVを公開した。

 

サビのシーンでは300回に及ぶ土下座を敢行し撮影したという表題曲。じっくり楽しもう。

 

DOTAMAは、コンセプチュアルな歌詞と激しくも感情表現豊かなラップでオリジナルなヒップホップ作品を生み出し、ULTIMATE MC BATTLEやフリースタイルダンジョンなどのMCバトルへも多数出場している。

 

DOTAMA「謝罪会見」

 

 

Director : 藤代雄一朗(http://yuichirofujishiro.com/

Produced by : lute

 

■ニューシングル『謝罪会見』

2017年6月21日発売

sube-056 / XQND-1003

定価 ¥2,000(tax in)

 

『謝罪するかさせるかの現代社会 お詫びに限界はない 

クレーム野郎 バイバイゲーム 全員で 謝罪会見』

 

自身のキャリアを総決算した「DOTAMA BEST」のリリース後、

初となる作品が完成した。膨大な数のライブ出演、

メディア露出などを経て感じた様々な思い。

それら全てを飲み込んだラッパー・DOTAMAによる問題作だ。

 

社会と個人、本音と建前、偽善と偽悪。

その狭間で生じる軋轢に戸惑う全ての人々へのメッセージがこの「謝罪会見」だ。

 

盟友・Quviokalが手掛けるリードトラック「謝罪会見」は、

炎上と冷笑を繰り返す現代社会に鋭く切り込むHIPHOPチューンだ。

DJ OKAWARI、imai(group_inou)によるカップリング曲も含めた全3曲を収録。

 

特典に今年1月21日に渋谷WWWにて開催されたワンマンライブ

「ニューワンマン2」のダイジェスト映像(約27分)を収めたDVD付き。

 

【DISC.1】(CD)

1.謝罪会見 pro.Quviokal

2.東北道 pro.DJ OKAWARI

3.Y☆KAI WATCH pro.imai(group_inou)

4.謝罪会見 (inst)

5.東北道 (inst)

6.Y☆KAI WATCH (inst)

 

【DISC.2】(DVD)

「ニューワンマン2」LIVEダイジェスト映像

01. 楽曲のテーマは『テーマ』

02. HEAD

03. ウルトラMC

04. 何言ってんの?

05. 音楽ワルキューレ

06. 音楽ワルキューレ2

07. 神様になった少年

08. 2012年にクリスマスが終わる feat.ハハノシキュウ

09. じいさんばあさんのうた

10. ベストソング

 

DOTAMA Profile

栃木県出身。力強い声、激しいステージ、練られた歌詞で、独自のラップミュージックを表現する。ULTIMATE MC BATTLEやフリースタイルダンジョンを筆頭に、MCバトルへ多数出場。辛辣ながらユーモアのあるバトルを演出し、高いインパクトを残す。音楽レーベル・術ノ穴より2枚のソロアルバムと5枚のコラボアルバムを発表。独自のユーモアな視点から成るコンセプチュアルな歌詞、 激しくも感情表現豊かなラップで極めてオリジナルなヒップホップ作品を生み出している。2015年には渋谷o-nestでワンマンLIVE「ニューワンマン」を開催し、成功させた。2016年にはボーカルとしてバンド「FINAL FRASH」をスタート。現在、J-WAVE「WORD FREAK」AbemaTV「AbemaPrime」にレギュラー出演中。

 

DOTAMA HP:
http://dotamatica.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »