NEWS

4/8(土)『SYNCHRONICITY’17』、4/9(日)『After Hours’17』、 第3弾アーティストで合計10組発表!一般チケット発売開始!!

synchro17_170124_2000

2DAYSコラボレーションフェスティバルとして、2017年4月に行われる『SYNCHRONICITY’17』と『After Hours’17』の第3弾アーティストが発表となった。

 

4/8(土)開催の『SYNCHRONICITY’17』は、ZAZEN BOYS、cro-magnon、fox capture plan、 WONK、DOTAMAの5組。4/9(日)開催の『After Hours’17』では、ART-SCHOOL、People In The Box、LITE、Limited Express (has gone?)、Klan Aileenの5組が決定し、合計10組が発表された。第1弾〜第3弾合わせて現在32組が決定となった。

 

第3弾の発表に先立ち、イープラス、TSUTAYA O-EAST店頭、クラベリアでは1/21(土)から一般チケットの発売を開始。今回は2DAYSコラボレーションフェスティバルということで、それぞれのフェスを楽しめる限定の2日券も販売している。1日券は5800円、2日券は11000円となっており、2日券はお得な値段で購入できる。2日券は限定販売となっているので、購入を急ごう。

 

2016年は『SYNCHRONICITY’16』にて、新フェス『After Hours』のキックオフコラボレーションを行いソールドアウトで終了。2017年は、都市型フェスティバル『SYNCHRONICITY』とアーティストの発信の新フェス『After Hours』がさらに強力なタッグを組み2DAYSでの開催となる。アーティストはまだまだ追加となるとのことなので、引き続きの情報も楽しみに待とう。

 

【『SYNCHRONICITY』公式Facebookページ】

http://www.facebook.com/synchronicityfes

 

【『SYNCHRONICITY』公式Twitter】

https://twitter.com/_synchronicity

 

<イベント概要>

名称:

SYNCHRONICITY’17

After Hours’17

 

開催日時:

<SYNCHRONICITY’17>

2017年4月8日(土) open 12:00 / start 13:00

 

<After Hours’17>

2017年4月9日(日) open 12:00 / start 13:00

 

開催場所:

TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest

 

チケット情報:

<前売チケット>

1日券 5800円 / 2日券(4月8日&4月9日分)11000円

販売期間:1月21日(土) 10:00〜

イープラス前売チケットリンク先:http://eplus.jp/synchronicity17/

TSUTAYA O-EAST店頭

クラベリア

 

※前売券完売の際は、当日券の発行はございません。

 

第3弾発表アーティスト:

<SYNCHRONICITY’17>

・ ZAZEN BOYS

・ cro-magnon

・ fox capture plan

・ WONK

・ DOTAMA

 

<After Hours’17>

・ ART-SCHOOL

・ People In The Box

・ LITE

・ Limited Express (has gone?)

・ Klan Aileen

 

第2弾発表アーティスト:

<SYNCHRONICITY’17>

・ MANNISH BOYS

・ 浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS

・ Yogee New Waves

・ Nulbarich

・ yahyel

 

<After Hours’17>

・ THA BLUE HERB

・ DJ KRUSH

・ THE NOVEMBERS

・ world‘s end girlfriend

・ ROTH BART BARON

 

第1弾発表アーティスト:

<SYNCHRONICITY’17>

・ 渋さ知らズオーケストラ

・ Awesome City Club

・ toconoma

・ Polaris

・ Nabowa

・ Rega

 

<After Hours’17>

・ envy

・ MONO

・ downy

・ toe

・ mouse on the keys

・ jizue

 

公式WEB:

<SYNCHRONICITY’17>

https://synchronicity.tv/festival/

 

<After Hours’17>

http://www.afterhours.live/

 

主催:

<SYNCHRONICITY’17>

EARTHTONE Inc.

 

<After Hours’17>

After Hours実行委員会

 

企画・制作:

<SYNCHRONICITY’17>

-kikyu-

 

<After Hours’17>

After Hours実行委員会

 

お問い合わせ:

info@kikyu.net

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

兵庫丹波市にて「森のなかのまち」をコンセプトにしたイベント『スパイスだもの。』開催 第一弾で溺れたエビ!、ワンダフルボーイズ、HAPPYを発表

image1

10月28日(土)兵庫県丹波市で「1日限りの『森のなかのまち』」をコンセプトにした、複合型音楽フェス『スパイスだもの。』が開催されることが決定した。

 

森の中のアクティビティと音楽・キャンプ・カレーを中心に『みんな』で、『五感全て』で、楽しめる郊外のローケーションを最大限活かしたイベントとなるとのこと。

 

第一弾出演アーティストとして「溺れたエビ!」「ワンダフルボーイズ」「HAPPY」を発表、また、丹波出身のアーティスト「小南泰葉」がワークショップで登場する。

 

キャンプ、森ハンモック・飯盒炊爨など「森の中のキャンプ場」のアクティビティに加え、京阪神・丹波地域を中心としたスパイスカレー店舗が約8店舗出店予定とのこと。夜間もキャンプファイアーなどを予定している。

 

出演者、出店情報は随時発表とのことなので、楽しみに待とう。


 

イベント概要

 

森の中のアクティビティ×音楽とキャンプとカレー

スパイスだもの。

公演日: 2017年10月28日(土) 

会場: 兵庫県丹波市、丹波悠遊の森
開場 10:00 / 開演 11:30(予定) 終演 21:00(終演後ステージにて映画を上映予定)
※翌29日(日)12:00まで滞在可/雨天決行・荒天中止
※タイムテーブル後日解禁

出演:溺れたエビ! / ワンダフルボーイズ / HAPPY  and more…

ワークショップ:小南泰葉

カレー:サカイヤ食堂(丹波・カレー) / kukuri(神戸・カレー) / 百福(大阪) / ニッポンカリーオルタナ(大阪「口癖はカレー」主催)/ SPICECURRY43(大阪) / NOMSON CURRY(大阪)

フード:丹波BBQ検定(バーベキュー) / キャリー焼菓子店(スイーツ)

装飾:にいろ

 

チケット券種:
入場券:¥4,500
団体券(入場券4枚セット) ¥16,000
入場券+駐車券:¥5,500
入場券+キャンプ券(テント持込):¥6,500
入場券+キャンプ券(常設テント):¥14,500
入場券+駐車券+キャンプ券(テント持込):¥7,500
入場券+駐車券+キャンプ券(常設テント):¥15,500

 

チケット取扱:

イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002233051P0050001P006001P0030001

PassMarket:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01dwv8yzms4e.html

丹波市内取扱店舗(通常価格より全券種\500オフ):
キャリー焼菓子店:https://www.facebook.com/kyarie.bake.house/
丹波悠遊の森:http://tamba-yuyu.com/

レストラン山の駅:https://www.facebook.com/yamanoeki.tamba/

 

主催: スパイスだもの。実行委員会
企画: スパイスだもの。実行委員会
後援: 丹波市  

 

オフィシャルホームページ:http://spicedamono.com/

 

【刺激的な「日常」を】
その日、その時間、その場所、
そこは私たちの「ありふれた瞬間」が詰まった「まち」となる。
「私とあなたではなく、「その場にいるみんなで過ごす森のなかの「まち」」。 
訪れる意味はただ一つ、私たちの日常に魅力があるから。
言葉では表現できない「ああ、いいな」が詰まった「まち」で過ごす時間。

それはわたしたち皆の【刺激的な日常】。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »