NEWS

ハバナイ、大森靖子とのコラボ曲”Fantastic Drag”をリリース。4/20より先行配信も。

Hav_ap

Have a Nice Day!が大森靖子とのコラボ曲を収録したニューシングル”Fantastic Drag”をVirgin Babylon Recordsよりリリースすることが決定した。発売日は6月7日となる。

 

そのリリースにさきがけ、4月20日(木)午前0時より唄に大森靖子、ミックスにworld's end girlfriendを迎え制作されたタイトル曲”Fantastic Drag feat 大森靖子”を各配信サイト、サブスクリプション型ストリーミングサービスにて先行配信開始。ハバナイのロマンスとドリームに満ちた新たなアンセム曲となっている。

 

またHave a Nice Day!は現在、4/22に名古屋(HUCK FINN)、5/5に大阪(JANUS)、5/30に東京(渋谷クアトロ・ワンマン)とシングル”Fallin Down”のリリースツアーを行っている。


 

Have a Nice Day!浅見によるコメント

 

ヘイ、ブラザー。4月20日、午前0時になるとウィアザ Have a Nice Day!のニューシット”Fantastic Drag”がVirgin Babylonを経由してインターネット上に放出される。フィーチャリングは大森靖子。これこそが2017年の東京の音楽さ。

 

われわれHave a Nice Day!が、”東京にしかアンダーグラウンドはないんだよ”と以前に歌った大森靖子を迎えてのリリースするってことはえらく必然的な出来事だと思わないか?その洞察がリアル過ぎるゆえにこの言葉は”東京にいない人間”と、”東京しか知らない人間”にとって”本当の意味で”実感ができないだろうね。結局のところ東京という街は漂流する異邦人たちの中途半端な集合地であり、矛盾だらけのイオンモールみたいなものさ。そこには全ての欲望に需要と供給があって、あらゆるものを飲み込みながらもいつまで経ってもダラダラと満たされることがない、非常に極端で特殊な場所だ。インターネットの存在がその夢の島のガラパゴス化により拍車をかけてるのは言うまでもないわけなんだけど。

 

そしてこの矛盾に満ちたディストピアシティー東京を2017年現在、最も体現してるのがどうやらわれわれHave a Nice Day!だということだ。”東京にしかないアンダーグラウンド”っていうのはオレたちのことでしかない、いまならそう言い切ることができるよ。他人のことはいくらでも観察して好き勝手にdisしたりリスペクトしたり捏造したりできるけど、自分自身をありのままに認めるのは案外難しいものだね。まあ、それも無理はないことだろ?だってオレたちはいまだかつてこの国では存在したことがないバンドであり現象なんだよ。だからまだ誰もHave a Nice Day!を説明することはできないのさ。

 

音楽は依然として20世紀の面影であって、”本当の意味で”その存在意義を更新してはいないわけだ。それを知るにはトレンドや歴史ではない分厚いバイアスとモッシュピットに飛び込む勇気が必要だよ。ヒップホップやダンスミュージックのようにいまだ熱意を持った眼差しを浴びながら日々戦略的に前進している音楽ジャンルではなく、ロックンロールという敗北した音楽ジャンルからわれわれが生まれたこともひどく象徴的なことさ。

 

煌びやかに反復しつづけるありきたりなフレーズ、大げさで空虚なメロディーとポップネス、プリセットじみたロマンスとビート、過剰なエモーションとエナジー。それを虚構だと知っていながらも、それを信じることでしか前に進めない街の音楽、つまりそれがHave a Nice Day!なんだよ。分かるかい?


 

リリース情報

 

アーティスト:Have a Nice Day!

タイトル:Fantastic Drag

トラックリスト:未定

発売日:2017年6月7日(水)

レーベル:Virgin Babylon Records

 

※”Fantastic Drag”デジタル先行配信 4月20日0時より

レーベル公式Bandcamp 

https://virginbabylonrecords.bandcamp.com/album/fantastic-drag-feat

各配信サイト、サブスクリプション型ストリーミングサービスにて先行配信開始。


 

Fallin Downリリースツアー 詳細

 

4月22日 (土) 名古屋 HUCK FINN

open 18:00 start 18:30 

前売 3,000 当日 3,500 ドリンク別 

w) GEZAN / NOT WONK 

 

5月5日(金) 大阪 JANUS

open 18:00 start 18:30 

前売 3,000 当日 3,500 ドリンク別 

w) GEZAN / NOT WONK 

 

5月30日(火) Have a Nice Day! Fallin Down Tour Final ~渋谷クアトロ・ワンマン~

open 18:45 start 19:30 

前売 3,000 当日 3,500 ドリンク別 

 

OL‘O_jc-p4-jacket-omote

Have a Nice Day!「Fantastic Drag」ジャケット

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

11/8(月)『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』で、渋さ知らズオーケストラ、ZAZEN BOYSのツーマンライブ決定!本日より前売チケット発売スタート!!

synchro21al_yoko_comp

2021年11月8日(月)に、渋さ知らズオーケストラとZAZEN BOYSの2組によるツーマンイベント『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』の開催が、渋谷TSUTAYA O-EASTにて決定した。開場〜開演時、転換時は都市型フェス『SYNCHRONICITY』のレジデントDJであるKo UmeharaがDJを担当する。

 

このイベントは、毎年春に開催している都市型フェス『SYNCHRONICITY』のスピンオフイベント。そのフェスでも特に縁の深い2組によるツーマンとなる。なお、来年の春の開催もまもなく発表となるとのことなので、そのアナウンスも楽しみに待とう。

 

開催発表と同時に、イープラス、ZAIKOにて、前売チケットの発売がスタート。人数限定のチケット販売となるので購入を急ごう。


 

SYNCHRONICITY’21 Autumn Live イベント概要

 

名称:SYNCHRONICITY’21 Autumn Live – 渋さ知らズオーケストラ × ZAZEN BOYS –
開催日時:2021年11月8日(月) open 17:30 / start 18:30
開催場所:TSUTAYA O-EAST
LiVE:渋さ知らズオーケストラ / ZAZEN BOYS
DJ:Ko Umehara(-kikyu-)

 

チケット情報:
【前売チケット】
5,000円(ドリンク別)
チケット発売日:10月14日(木)18:00

 

【チケット販売先】
・e+(イープラス)
http://eplus.jp/synchronicity2021-al/

 

・ZAIKO
https://synchronicity.zaiko.io/e/autumnlive21

 

公式WEB:
https://synchronicity.tv/festival/

 

公式SNS:
Twitter
Instagram
Facebook

 

お問い合わせ:
SYNCHRONICITY(info@kikyu.net
TSUTAYA O-EAST(03-5458-4681)

 

主催:
EARTHTONE Inc.

 

協力:
TSUTAYA O-EAST

 

synchro21al_flyer3_comp

SYNCHRONICITY'21 Autumn Live フライヤー

 

shibusashirarzu-orchestra_2000

渋さ知らズオーケストラ

 

1989年9月、不破大輔を中心に第一回目のライヴを行う。フリージャズをベースにした大所帯バンドだが、オーケストラ編成だけでなく、中編成や小編成でも活動する。芝居の音楽伴奏が出発点の一つとなったこともあり、演劇的感覚が強い。演奏にはジャズ、ロック、フォーク、歌謡曲など様々な要素が混在し、ジャンル分けを拒む音楽である。ステージはミュージシャン、舞踏家、ダンサー、パフォーマー、映像などによって構成され、同時多発的な「イベント」が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドと評される。FUJI ROCK FESTIVAL(日)、SUMMER SONIC(日)、GLASTONBURY FESTIVALS(英)、MOERS FESTIVAL(独)、ROCCELLA(伊)、NANTES(仏)、QUEBEC(加)をはじめとする、国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け数度の長期ヨーロッパツアーを行いフェスや単独公演を行う。また、「天幕渋さ」と呼び、自らテントを建てての公演も開催している。これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示しており、芸能のラディカリズムを意識したものである。
www.shibusa.net

 

zazenboys_photo_2021_500kb

ZAZEN BOYS

 

向井秀徳 (Vocal,Guitar,Key)
松下敦 (Drums)
吉兼聡 (Guitar)
ミヤ (Bass)

 

元NUMBER GIRLの向井秀徳が中心となり、2003年結成。
MATSURI STUDIOを拠点に、国内外でのライブ活動、作品制作を行っている。

 

<オフィシャル・サイト> mukaishutoku.com

<MATSURI STUDIO Twitter> https://twitter.com/MatsuriStudio

 

ko umehara_500kb

KO UMEHARA (Komabano Oscillation Lab. / contatto / 惨劇の森)

 

DJ / Track Maker / 静岡県出身
2000年代中盤から都内にてDJ活動、楽曲制作を開始。PULSE at ClubAsiaやKlass at Module、Anoanaなどのパーティーオーガナイズ、DJを務めつつ数多くの野外fesへ出演を果たす。現在は-kikyu-主催の屋内型フェスティバルSYNCHRONICITYのレジデントDJやShu Okuyamaとの音楽レーベル駒場野震動研究所(Komabano Oscillation Lab. )、DJ WADAとのパーティーcontatto at forestlimit、deep distance at 神楽音、惨劇の森(DJ Abraxas a.k.a Aquarium×Phonehead×Bushmind×Ko Umehara)を中心に日本各地様々なクラブ、野外パーティー、場末のbarなどにて活動中。

 

https://soundcloud.com/ko-umehara 
http://www.mixcloud.com/koumehara/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »