NEWS

Have a Nice Day!が新作「The Manual (How to Sell My Shit)」をリリース

Hav_pic2016

Have a Nice Day!が2016年11月9日に新作「The Manual (How to Sell My Shit)」をリリースすることが決定した。今作は、5月にリリースした前作のEP、Dystopia Romance 2.0のシングル的な2曲であるNEW ROMANCEとLOVE SUPREMEを軸に作った4枚目のアルバム。

 

リリースにともない、アルバム予告編の映像Part.1も公開。新作のダイジェストとなっており、一足先に音源を楽しむことができる。

 

また、11月、12月には東名阪リリースパーティーも開催。CDの帯が東名阪で開催されるリリースパーティーの入場引換券となっており、名古屋・大阪では無料(ドリンク代別)、東京では1000円(ドリンク代)にて入場可能となっている。名古屋、大阪の会場では対バン相手を迎えてのイベント形式、ツアーファイナルのWWW Xはゲストを迎えてのワンマンショーとなる予定だ。

 

リリース、そして、それにともなうツアーを楽しみに待とう。

 

アルバム予告編Part.1

 

“The Manual (How to Sell My Shit)”についてのテキスト:

 

welcome to SCUM PARK,we are the Have a Nice Day!

 

きたる11月9日にわれわれHave a Nice Day!のニューシットをVirgin Babylon Recordsから発売することにした。

5月にリリースした前作のEP、Dystopia Romance 2.0のシングル的な2曲であるNEW ROMANCEとLOVE SUPREMEを軸に作った4枚目のアルバムさ。

先に言っておくけど、今回は一般流通で販売されるのでレコ屋などの店舗でも買える非常にユーザビリティに配慮した音源だ。

 

そのリリースにともなって何か特別なことをしたい、そう思って11月23日(祝・水)に名古屋の池下CLUB UPSET、11月25日(金)に大阪の味園ユニバース、12月12日(月)に東京のshibuya WWW Xの3カ所で特別なパーティーを企画することにしたよ。

これはそのツアーのお知らせとリリース形態の説明だ。

 

去年の11月18日のリキッドルームのリリースパーティーに向けてDystopia Romanceをクラウドファウンディングでリリースしたときには色んなヤツが俺たちに課金してくれた。あれは2015年においてのアンダーグラウンドの可能性を更新できたし、インターネットを使ったオルタナティブなパーティーとしても最高に画期的な遊びだっただろ?

https://camp-fire.jp/projects/view/3382

 

そしてオレたちがあの日、リキッドのステージに立つことを応援してくれたのは東京のヤツだけじゃなかった。

地方のヤツらも課金してくれたし、いろんなヤツが声をかけてくれた。今年になってからも東京以外のステージから面白い風景を何度か見れたね。

ただインターネットじゃ全く縮まらない距離もあるんだな、って気付いたのはつい最近のことだよ。オレにとっては東京、ひいては歌舞伎町は帰る場所を持たない漂流者の街なんだけどね。

まあとにかく今回はあのときの借りを返すってつもりもあるし、東京でオレたちがやってる音源発売とリリースパーティーを一つにしたスタイルを別の街でやりたい、そこにいるヤツらと一緒に同じ風景を共有したいって思うようになったわけだ。

場所は違えどわれわれは同じ時代に呼吸をして、この世界が生み出す不安や苦しみ、そして退屈と闘っている。

堕落や退廃は健全な社会の敵かもしれないが、われわれにとっての最大の敵は退屈さ。

 

勘違いされちゃ困るのはオレたちが東京をステージに作ってきた風景は、オレたちがいなかったときには存在していなかった。つまりこの街にもともとあったものじゃないんだ。

あいつらが誰かさんのヒエラルキーに従ってヘラヘラと媚を売ってるとき、オレたちは熱狂の渦にむけて中指を立ててる。

 

さて本題に戻ろう。

わがHave a Nice Day!の4枚目のアルバム「The Manual ( How to Sell My Shit ) 」には特典的な特殊な帯が付いている。

この帯の裏がイベント入場引換券になっていて、

11/23(祝・水)@名古屋・池下CLUB UPSET

11/25(金)@大阪・味園ユニバース

12/12(月)@東京・渋谷WWW X

の3会場のリリースパーティで使用することができる。

名古屋、大阪ではこの帯と引き換えにドリンク代のみで入れる。

東京では帯と引き換えにドリンク代込みの1000円で入れる。

各会場のチケットの金額の詳細はテキストの最後で確認してほしい。

 

もちろんCDを買ってないヤツ、帯を持ってないやつでも当日券で入ることができる。

ただ各会場での前売り券は存在しない。CDに付いてる帯がそれに近い役割を果たすことになる。

ちなみにこの帯はエントランスで入場の際に回収するので、一度限りしか使えない。

帯を手元にとっておきたいヤツは2枚、3枚、もしくは100枚くらい買ってくれて構わない。

※ちなみにタワレコでは予約特典まで用意してる。blood on the mosh-pitの永原真夏ver.とファウストのおやすみホログラムver.を収録した音源だ(特典期間は9/13~10/13なので気をつけろ!)。

むしり取れるところからむしり取る、まさにメジャーと同じスタイルで清々しいだろ。

 

あと今回はインターネット的なアプローチをほぼ使っていない。

このテキストが唯一プレスされたCDとインターネットを繋ぐ媒体だ。

ホームとは言えない街でゲームをするわけだからやり方だって変えないとね。

 

名古屋、大阪の会場では対バン相手を迎えてのイベントになっている。

ツアーファイナルのWWW Xは何人かのゲストを迎えてわがHave a Nice Day!のワンマンショーを行う予定だ。

 

—————————————————

 

artist : Have a Nice Day!
title : The Manual (How to Sell My Shit)
label : Virgin Babylon Records
品番 : VBR-036
発売日 : 2016.11.9
税抜価格 : ¥2000(税別)

 

全CD購入者特典:イベント入場引換券(下記日程のレコ発会場で使用可能)
11/23(祝・水)@名古屋・池下CLUB UPSET
11/25(金)@大阪・味園ユニバース
12/12(月)@東京・渋谷WWW X

 

レーベル通販特典:特典音源データ
レーベル通販先行予約ページ http://www.virgin-babylon-records.com/unsupermarket/music_057.html

 

タワーレコード限定の予約者特典(※特典期間 9/13~10/13):
CD-R音源 (blood on the mosh-pit(永原真夏ver.)、ファウスト(おやすみホログラムver.)を収録)

 

ヴィレッジバンガード特典:限定Tシャツ

 

—————————————————

 

《イベント詳細》
11/23(祝・水)@池下CLUB UPSET
open.19:00
出演:Have a Nice Day! / NATURE DANGER GANG / おやすみホログラム
CD購入者(帯/イベント入場引換券を持ってる方):ドリンク代のみ
当日券:¥1000(+ドリンク代)

 

11/25(金)@大阪・味園ユニバース
open.19:00
出演:Have a Nice Day! / SANABAGUN. / どついたるねん
CD購入者(帯を持ってる方):ドリンク代のみ
当日券:¥1000(+ドリンク代)

 

12/12(月)@東京・shibuya WWW X
open.19:00
出演:Have a Nice Day!ワンマンショー
CD購入者(帯/イベント入場引換券を持ってる方):¥1000(ドリンク代込み)
当日券:¥2500(+ドリンク代) 

 

《Have a Nice Day!ライブスケジュール》
9/19  te’ レコ発 2マン@代官山 LOOP
9/22 フジロッ久レコ発@大阪・十三ファンダンゴ
10/3 踊ってばかりの国 2マン@下北沢シェルター
10/9 @札幌 西沢水産ビル内「茶都」跡地
10/13 @名古屋 今池HUCK FINN
10/30 @京都ボロフェスタ
10/31 @タワーレコード梅田NU茶屋町店 20:00~
11/4 @北九州 小倉MEGAHERTZ
11/5 @福岡 薬院UTERO
11/6 @広島 横川シネマ
11/12 @山形 DO IT 2016
11/23 “The Manual”レコ発名古屋@池下UPSET
11/25 “The Manual”レコ発大阪@味園ユニバース
12/12 “The Manual”レコ発東京@WWW X

 

VBR036_manual_jacket

The Manual (How to Sell My Shit)ジャケット

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Kan Sano、SANABAGUN.、BLU-SWING、MimeのメンバーによるLast Electro、新MV「Night Symphony」を公開!初ライブの『SYNCHRONICITY’19』で7インチの会場限定先行販売も決定!!

lastelectro

Kan Sano、Ippei Sawamura(SANABAGUN.)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Jun Uchino(Mime)による国内のSoul、R&B、Hip-Hopシーンで活躍する腕利きのミュージシャンが集ったバンド『Last Electro』の2nd 7inch、及び、過去楽曲を含む音源が4月10日に配信にてリリース。その中からSANABAGUN.のドラマーでもあるIppeiの人力Hip Hopビートに乗ってネオソウルの美味しいエキスが詰まったミディアムトラック“Night Symphony”のMVを公開した。

 

 

また同曲を含む2nd 7inchが、初ライブとなる4/6(土)『SYNCHRONICITY’19』の会場で先行販売されることが決定した。こちらも前作に続き完全限定生産版。売り切れる前にぜひ現場でゲットしよう。

 

<release information>

Last Electro 2nd 7inch

SIDE A:Night Symphony

SIDE B:When You Kill Me     

 

発売日:2019/4/10 DSB 40

価格:¥1,500+税

 

※完全限定生産版

※4/6(土)『SYNCHRONICITY’19』にて会場先行発売

 

7inch

<配信・サブスクリプションリリース>

アーティスト名:

Last Electro

 

配信・サブスクリプションリリース曲:

・No More Sunshine

・I'm Yours Tonight

・Night Symphony

・When You Kill Me

・Night Symphony (henpecked remix)

・I’m Yours Tonight (low shit 1.5 remix)

 

配信リリース:

・Spotify

・Apple Music

・LINE MUSIC

・YOUTUBE music

・AWA

・AMAZON music

・Google Play Music

ほか

 

<初ライブ、イベント概要>

名称:

『SYNCHRONICITY’19』

 

開催日時:

2019年4月6日(土) openstart 13:00

2019年4月7日(日) openstart 13:00

(Last Electro 出演日は4月6日(土))

 

開催場所:

TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-Crest、TSUTAYA O-nest、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、VUENOS、Glad、LOFT9(東京・渋谷)

 

チケット情報:

<前売チケット>

【4/6(土)、4/7(日)通し券】11,000円(ドリンク別)

【4/6(土)、4/7(日)一日券】5,800円(ドリンク別)

イープラス(URL:http://eplus.jp/synchronicity19/

 

出演アーティスト(4月6日(土)、4月7日(日)):

Last Electro / 浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS / SOIL&”PIMP”SESSIONS / SPECIAL OTHERS / 雨のパレード / 大森靖子 / 渋さ知らズオーケストラ / ZAZEN BOYS / eastern youth / 在日ファンク / BRADIO / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND / tricot / CHAI / 犬式(INUSHIKI) / MOROHA 他多数

 

公式WEB:

https://synchronicity.tv/festival/

 

主催:

EARTHTONE Inc.

 

企画・制作:

-kikyu-

 

Last Electro プロフィール:
平成最後の夏に結成。国内外のアンダーグラウンドジャズ・ソウルシーンで暗躍するIppei Sawamura(SANABAGUN.)、Jun Uchino(Mime)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Kan Sanoの4人から成るリーダー不在のミュージシャンズミュージシャン集団。

 

ゼロ年代のクロスオーバーシーンでプロダクションスキルを培ったプロデューサーと新世代のプレイヤーのセッションから生まれた突然変異のヒューチャーソウル。ポストダブステップ以降のビート感覚、リンチやキューブリックなどカルト映像作家に通じる終末SF観、空洞化する現実を冷たい視線で傍観する詞と実体を持たない憂鬱なウィスパーボイス。あらゆるジャンルを飲み込みながら、個々の活動と別次元で進行する鋭利なアート性は今後の展開が予測不能。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »