NEWS

Elephant Gymの新作にWONKのKento NAGATSUKA、YeYeが参加 新MV「Underwater」も公開

Elephant Gym_Artist_Photo_sub_201809_low_2000

台湾・高雄出身のバンド「Elephant Gym」の4年ぶり2ndフルアルバム「Underwater」のジャケット写真、トラックリストが公開。日本盤にはKento NAGATSUKA(WONK)及びYeYeの参加が明らかになった。

 

初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、四年ぶりとなる2ndフルアルバムではフューチャーソウル、ヒップホップ、オルタナティブロック、シティポップ、フィルムミュージックなどの影響を感じさせる。そんな中でElephant Gymとしては初めて、日本人のボーカリストを迎えた楽曲が収録される。

 

また、同アルバムに収録される”Underwater”のMVも発表になったばかり。こちらも合わせてチェックしよう。

 

11月に東名阪で開催されるジャパンツアーは、すでに発表となっている東京公演のゲストtricotに加え、名古屋公演ではMASS OF THE FERMENTING DREGSの出演が決定。チケットは10/13より一般発売する。

 

今年に入ってから都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」や「りんご音楽祭2018」への出演など、日本での活動が本格化している「Elephant Gym」の活動に目が離せない。

 

Elephant Gym / Underwater

 

<リリース情報>

アーティスト名:Elephant Gym

アルバム名:Underwater

発売日:2018年11月14日(水)

品番:WDSR-003

価格:¥2,300(税抜価格)+税(全13曲収録)

レーベル:WORDS Recordings

トラックリスト:

1. Shower 2. Underwater 3. Satellite 4. Half Asleep 5. Bad Dreams -feat. Sowut- 6. Half 7. Shell -feat. Cudjiy lja karivuwan- 8. Lake 9. Quilt -feat. Kento NAGATSUKA (WONK)- 10. Walk 11. Speechless 12. Moonset -feat. YeYe- 13. Midway -Rgry Remix-

 

<ツアー情報>

「<Underwater> World Tour in Japan」

11/27(火)名古屋 CLUB UPSET

Guest Act: MASS OF THE FERMENTING DREGS

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:30/START19:00

info. 052-936-6041 (JAILHOUSE)

 

11/28(水)大阪 Shangri-La

Guest Act: 後日発表

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:30/START19:00

info. 06-6535-5569 (SMASH WEST)

 

11/30(金)東京 UNIT

Guest Act: tricot

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:00/START19:00

info. 03-3444-6751(SMASH)

 

10/13(土)下記にて一般発売開始!

名古屋:ぴあ(P:130-665)、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:42337)

大阪:ぴあ(P:130-407)、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:55640)

東京:ぴあ(P:130-332)、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:73133)

 

<アーティストプロフィール>

Guitar, Piano, Synthesizer :Tell Chang(張凱翔) / Bass, Vocal : KT Chang(張凱婷)/ Drums : Tu Chia-Chin(涂嘉欽) *TellとKTは兄妹。

 

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

 

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界的にも高い評価を得ており、世界各国にてツアーを実施している。2016年8月には1stフルアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月にはアメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。

 

2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、cinema staff主催フェスティバル「OOPARTS 2018」及び「りんご音楽祭2018」出演。11月、2ndフルアルバム「Underwater」リリース、及び東名阪ジャパンツアー実施(北米やアジア全10カ国ワールドツアーの一環)。

https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

 

Underwater_JK Photo_2

Elephant Gym / Underwater ジャケット写真

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』第二弾で、渋さ知らズオーケストラ、the band apart、NABOWA、MELRAW、ステレオガール、THREE1989、Shikiら11組を発表!

synchronicity_onlinefest_2ndlineup_3000

7月4日(土)にオンラインで開催する『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』の第二弾ラインナップが発表となった。

 

第二弾で発表となったのは、渋さ知らズオーケストラ、the band apart、NABOWA、MELRAW、ステレオガール、THREE1989、Shiki、1inamillion、gato、西恵利香、all about paradiseの11組。配信は、生ライブ、撮り下ろしの収録ライブなどを交えて行われる。

 

今回の発表で、活動休止となっていた渋さ知らズオーケストラが演奏することも明らかとなった。出演にあたり、渋さ知らズのダンドリスト・不破大輔氏からは、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』へのメッセージも寄せられている。

 

配信は当初『SYNCHRONICITY』の公式YouTubeチャンネルを予定していたが、音楽情報メディア『Spincoaster』の協力により、『Spincoaster』公式YouTubeチャンネル にて配信されることが決定。配信の会場となるのは、渋谷TSUTAYA O-EASTと新宿MARZの2会場。

 

このオンラインフェスは、ライブハウスへの支援・貢献と、今後の日本の音楽の未来を見据え、オンライン配信を通して日本の音楽を海外へ届けていくことをテーマに開催。ライブハウスを中心とした会場での音楽ライブからこの日のための収録ライブ、アーティストやゲストを招き未来をテーマにしたトークセッション(FUTURE TALK SESSION)を始め、様々なコンテンツを用意して配信される予定だ。

 

また、『SYNCHRONICITY』開催継続とオンラインフェス開催のために「WIZY」で行われているクラウドファンディングは、6/30(火) 23:59までとなっており、オンラインサロン初期メンバー参加権、『SYNCHRONICITY2021』オリジナルチケット&WIZY限定Tシャツセット、『SYNCHRONICITY2021』ファストパス、アーティスト名、サポーター名入りの限定グッズなども用意されている。

 

『SYNCHRONICITY』は、「CREATION FOR THE FUTURE – 未来へつなぐ出会いと感動 -」をテーマに毎年渋谷で行われている都市型ミュージック&アートフェスティバル。今年は15周年を記念して4/4土)〜4/5(日)に開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止により開催中止となっており、7/4(土)に改めてオンラインフェスの開催となる。

 

最新情報は『SYNCHRONICITY』公式サイト、各SNSでチェックしてほしい。

 

 

渋さ知らズ 不破大輔氏 メッセージ文:
シンクロニシティ、そんな途轍もない名称を掲げたフェスに「渋さ知らズオーケストラ」は毎年出演している、もう何回になるのだろうか。このfesはとても暖かい現場で、呼ばれて演奏する音楽家は勿論、絵描照明音響警備舞台進行物販スタッフお客様ゲストの方々お手伝いボランティアの方々、皆んな互いに尊敬と信頼をこの場に寄せている。これは主催の麻生潤さんと仲間達の思いが隅々まで共感と実行を促し形に昇華させ世界に誇る場に育ち具現していると俺には感じられる。その再会と新たな出会いの場がコロナ19という歴史的な出来事が起き中止となってしまったのはご承知だと思う、残念でたまらなかった。この影響は「シンクロニシティ」「頂」「フジロック」「ラフォルジュルネ」といった大イベントだけでは無く各々の現場が、あらゆる芸能が、市井の人々の営みが「自粛」という嵐に見舞われて今も影響は変らない。渋さ知らズオーケストラも2月「豪雪JAM」に出演して以来、数ヶ月活動を控えている。今後もいつ再開できるか目星はつかない。この様な今ではありますが、シンクロニシティが無観客ネット配信という形で世界に今を届けるという決意をした。ありがとう、感謝の意を伝えたい。そしてこの日7月4日渋谷O-EASTにて渋さ知らズオーケストラは演奏する事にした。生を伝える事これが役目だと。皆様に会える事楽しみに日々を過す事としよう。  

 

渋さ知らズ 不破大輔  love&peace

 

『Spincoaster』公式YouTubeチャンネル

 

SYNCHRONICITY』クラウドファンディングURL

 

開催目前主催者インタビュー(レコログ):
https://recochoku.jp/ch/recolog/synchronicity/

 

オンラインフェスやクラウドファンディングについての主催者インタビュー:

Festival Junkie Podcast

#11 シンクロニシティ主催者が語るフェス中止の裏側、オンラインフェスへの道

 

『KEEN Japan』公式YouTubeチャンネル

\SYNCHRONICITY 特番/塩塚モエカ from 羊文学 と 下津光史 from 踊ってばかりの国 が登場【KEEN STREAM Vol.6】


 

オンラインフェス概要

 

タイトル:

SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL

 

日時:

2020年7月4日(土)14:00 start 予定

 

出演アーティスト:

<生ライブ>

渋さ知らズオーケストラ / the band apart / CHAI / tricot / toconoma / 羊文学 / TENDOUJI / JABBERLOOP / 笹川真生 / YONA YONA WEEKENDERS / 西恵利香

 

<収録出演>

NABOWA / MELRAW / ステレオガール / THREE1989 / Shiki / 1inamillion / gato / all about paradise

 

詳細:

https://synchronicity.tv/festival

 

オンラインフェス配信予定チャンネル(Spincoaster公式YouTubeチャンネル):

https://www.youtube.com/c/Spincoaster_tokyosounds

 

主催:

EARTHTONE Inc.

 

協力 :

シブヤテレビジョン / Shinjuku MARZ / Spincoaster


 

クラウドファンディング概要

 

SYNCHRONICITY』クラウドファンディングURL

日程:2020年5月1日(金)17:00 〜 6月30日(火)23:59

資金の使用目的:『SYNCHRONICITY』への開催継続資金、オンラインフェスへの開催資金、WIZY手数料

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »