NEWS

唯一無二の雪上野外フェス『豪雪JAM2019』開催決定 第一弾ラインナップで、LUCKY TAPES、MONO NO AWARE、DE DE MOUSEの3組を発表

gosetsu3

2019年3月2日(土)に新潟で開催の雪上野外フェス『豪雪JAM2019』の開催、及び、第1弾ラインナップが発表となった。

 

第一弾ラインナップで発表されたのは、LUCKY TAPES、MONO NO AWARE、DE DE MOUSEの3組。白銀の景色をイメージしながらアーティストラインナップを固めており、雪景色の中で熱量のあるライブが繰り広げられる。

 

豪雪JAM2019は、越後妻有雪花火2019と同会場で行われる雪上の野外フェスティバル。大地の芸術祭プログラム『越後妻有雪花火』と2部構成で行われ、地元の特産物を使用した美味しくて思わずほっこりしてしまうようなフード、米どころならではの絶品の日本酒等を満喫しながら、音楽を楽しむことができる。

 

越後妻有雪花火は、花火好き、芸術祭好きの方はもちろん、地元・遠方問わず数多くの人々が訪れるイベント。見渡す限り銀世界の雪原、ひんやりと澄んだ空気の中で観る花火は圧巻のひと言。一度はぜひ訪れてみたい冬のイベントだ。

 

チケットは、現在イープラスにて販売中。豪雪JAMチケットには、越後妻有雪花火の鑑賞チケットも含まれている。ツアーやアーティストの追加情報などもあるとのことなので、続報も楽しみに待とう。

 

 

豪雪JAM2019イベント概要

 

名称:

豪雪JAM2019+雪花火2019

 

開催日時:

2019年3月2日(土)

12:00 豪雪JAM開場

13:00 豪雪JAM開演

17:00 豪雪JAM閉演

19:00 雪花火打ち上げ

20:00 閉演

 

開催場所:

新潟県十日町市あてま高原リゾートベルナティオ

 

チケット情報:

<先行チケット>

前売券3500円

当日券4000円

※共に雪花火込み

 

・豪雪JAM2019は、越後妻有雪花火2019と同会場で行われる野外イベントとなります。

・豪雪JAMチケットには、越後妻有雪花火の鑑賞チケットも含まれています。

・豪雪JAMのみのチケットはご用意が御座いません。

※高校性以下・60歳以上 は前売り券・当日券関係なく一律2000円です。

 

チケットURL:

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002280714P0050001P006001P0030001

 

ツアーバス情報:

◎新潟駅発・燕三条経由・長岡経由+入場券込み
・新潟8,000円(税別) 
・燕三条7,800円(税別) 
・長岡7,500円(税別)

◎新宿駅発・十日町温泉宿一泊便+入場券込み
・17500円(税別)
・心の宿やすらぎ ※朝食付き
www.yasuragi-yado.com

 

★★★お申込みフォーム★★★
https://pro.form-mailer.jp/fms/1a77371770628

 

【お問い合わせ窓口】
共立観光(株)十日町支店 担当:羽鳥幸治
〒948-0088 新潟県十日町市駅通り120番地3
電話:025-752-4128 FAX:025-752-5451
専用メール:gosetsujam.tour@gmail.com

 

第1弾発表アーティスト
・LUCKY TAPES
・MONO NO AWARE
・DE DE MOUSE

… and more!!

 

豪雪JAM 公式WEB

越後妻有雪花火 公式WEB

豪雪JAM Official Facebookページ

豪雪JAM Official Twitter

 

主催:

豪雪JAM実行委員会

 

豪雪JAM写真

gosetsu9

gosetsu5

gosetsu10gosetsu1gosetsu6

gosetsu8

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

香港のバンド「GDJYB」、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で配信されたライブ映像を公開

GDJYB_2019_horizontal_sml

香港女性4人組バンド「GDJYB」が、7月4日『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で未発表映像として配信されたライブ映像を公開した。

 

このライブ映像は、ボルダリングスタジオで開催された2018年『SQUARECLE EP』でのリリースパーティーライブ映像となる。

 

 

「GDJYB(ジーディージェイワイビー)」は香港をベースに活動し、マスロックとフォークミュージックをシンプルで分かりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、『マスフォーク』という独自のジャンルで音楽を展開する、女性四人組バンド。

 

日本では2016年に1stアルバム国内盤リリースと、2018年に都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」出演で初来日をし、少しずつ活動を広げている。その独自の音楽性に耳の早いリスナーから少しずつ評判が広がっており、2020年7月に開催された『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』にも過去の非公開ライブ映像で出演し、話題を集めた。

 

そんなGDJYBは、先日2年振りに新曲「405 Method Not Allowed」を各配信サイトにてデジタルリリース。YouTubeでもリリックビデオが配信されている。

 

香港では大きな状況の変化を迎えている中、制作された楽曲で、今年は他にも新曲の発表を予定している。

 

■GDJYB / 405 Method Not Allowed

 

<アーティストプロフィール>
Vocal – Soft Liu / Guitar – Soni Cheng / Bass – Wing Chan / Drum – Heihei Ng

 

「GDJYB」(ジーディージェイワイビー) は、2012年に香港で結成された女性4人編成バンド。マスロックとフォークミュージックを、シンプルでわかりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、「マスフォーク」と自らの音楽を形容する。マスロックの影響を感じさせる変拍子とギターフレーズに、フォーキーなコード感とメロディーをフュージョンさせることで、独特でありながらもキャッチーな楽曲を生み出している。

 

2014年にセルフタイトルとなる1st EPをリリースし、カルチャー誌「Time Out」に「あなたが聴くべき香港のアーティスト」として選出。2016年4月に同タイトルの日本盤がリリース。2016年12月、1stフルアルバム「23:59」リリースし、台湾で最も権威ある音楽賞「第28回台湾ゴールデンメロディーアワード・ベストミュージカルグループ」にノミネートされた。
2018年、2nd EP「SQUARECLE」リリース。4月には渋谷で開催の都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」に出演し、初来日を果たした。

 

バンド名は、香港の伝統料理「雞蛋蒸肉餅」(Gai Daan Jing Yuk Bang)の頭文字をとったもの。

 

GDJYB_2019_horizontal_sml

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »