NEWS

WRENCH、12年ぶりの新作アルバム『weak』をリリース(コメントあり) 4/7(日)『SYNCHRONICITY’19』でリリース後初ライブ

tendre_yoko2018

WRENCHが、3/20(水)にフルアルバム 『weak』をリリースすることが決定した。

 

前作から8年ぶり、オリジナルフルアルバムとしては12年ぶりリリースとなる今作は、「WRENCHとして二度目のファーストアルバムをリリースできる感覚」とshige(Vocal/Synth)がコメントを寄せ「新たなるダンスミュージックとも言え、既存ミュージックシーンを突き放した内容となっている」とのこと。またリリース発表に際してKEN KEN(RIZE)、金子ノブアキ(RIZE)、上田剛士(AA=)等も反応。ミュージシャンからも期待度の高さが伺える。

 

なお、WRENCHの次のライブは4/7(日)『SYNCHRONICITY'19』となり、新作アルバムを引っさげてのライブとなる。

 

shige コメント:

『WRENCHとして二度目のファーストアルバムをリリースできる感覚です。それだけ熱量が詰まったアルバムになったのではないかと感じています。未来も原点回帰も全部吹っ飛んじゃい ました。この作品が完成するまでの全ての出来事に感謝。』

 

アーティスト:
WRENCH

 

タイトル:
Weak
 

収録曲:
01.KIRAWAREMONO (PUSH!) 02.NOCHINOI
03.Nothing
04.助詩 (PUSH!)
05.New World
06.ヘルノポリス
07.公然スペース罪
08.tORA
09.Sound Wave 2019ver.
10.Future Now?

 

¥2,750(本体価格)+税 / CTCR-14958

 

WRENCH_weak_cover_asshuku

『weak』アルバムジャケット

 

WRENCH_pic_2019_2000

WRENCH are
Vocal/Synth : SHIGE Guiter : SAKAMOTO Bass : MATSUDA Drums : MUROCHIN

 

1992年結成。
94年1stミニアルバムをZK Recordsよりリリース。
以来ZK Records,Victor Entertainment,avex traxより8枚のフルアルバムをリリース。その他ライブアルバム、 リミックスアルバム、スプリットなど数々の音源をリリースしている。 活動初期からジャンルを越えたDJとのコラボレーションなども多く、ラウドミュージック・シーンの枠を切り開き、
日本の音楽 シーンの中でも独自のサウンドを築く唯一無二の存在として熱い支持を集めている。 オルタナティブでエレクトロな“現場(ライブ)主義”サウンドはジャンルの壁を取り払い、 ダンスミュージックも飲み込み巨大なエネルギーとなって、更なるレベルへと進化/深化した近未来のロックを響かせている。 今尚国内外の数々のフェス等の出演やアーティストとの共演を重ね、その雑食性であらゆる ジャンルを喰らい尽くす、 現在進行形の個性派集団!!! 2019年3月20日(水)に前作「nitro」からオリジナルフルアルバムとして12年振りとなる「weak」をcutting edgeからリリースする!

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

都市型フェス『SYNCHRONICITY』が、 存続とオンラインフェスへ向けてのクラウドファンディングをスタート!

synchro20_staffwanted

クラウドファンディングはこちらから!

 

いつも『SYNCHRONICITY』の開催を楽しみにしてくださっている皆さま、アーティストの皆さま、すべての関係者の皆さま、いつも本当にありがとうございます。

 

『SYNCHRONICITY2020』は、新型コロナウイルスの影響で全ての関連イベントの開催を断念いたしました。15周年を迎える今年は過去最大規模。中止によるダメージも非常に大きく、来年の開催も見えない中、考え尽くして辿り着いた答えは『SYNCHRONICITY』のテーマである「未来へつなぐ」ということでした。

 

音楽シーンは今とてつもないダメージを受けています。東京・渋谷の音楽カルチャーを支え続けてきたライブハウス、VUENOS、Glad、LOUNGE NEOの3店舗も幕を閉じることとなり、もう以前の『SYNCHRONICITY』を体験することはできません。この状況下でいかに文化を守り、届けるか。それは私たちの未来を考えたとき、とても大切なことだと思います。私達ができることはささやかなことかも知れませんが、開催を断念した『SYNCHRONICITY2020』をオンラインで復活させ、音楽の灯を絶やさず、そこから少しでもこれからの未来につながる希望を届けたいと思います。

 

『SYNCHRONICITY』の開催継続はもちろん、未来へつなぐオンラインフェスを作り上げるためにクラウドファンディングを立ち上げます。ぜひ皆さんの力を貸してください!


 

クラウドファンディングについて


クラウドファンディングはALL in(実施確約型)で行われ、一定条件の達成に関わらずサポートのお申し込みを行った時点でプロジェクトが成立します。オンラインフェスは、新型コロナウイルスの収束状況を見てライブハウスで行う予定です。このような状況だからこそ、音楽の火種を絶やさず、守っていきたいと考えています。

 

リターンは、事前にSNSのアンケートから中心に選ばせていただき、15周年記念Tシャツ、『SYNCHRONICITY2021』チケット、ファストパスなどリクエストの多かったものを中心にセレクトしています。また、今回から立ち上げる『SYNCHRONICITY』オンラインサロン初期メンバーの参加権も!他にもユニークなリターンが盛り沢山なので、ぜひチェックしてみて下さい!

 

Print

『SYNCHRONICITY2020』15周年記念Tシャツ

 

Print

 

応援メッセージ


『SYNCHRONICITY』に縁のあるアーティストや関係者からの応援メッセージの抜粋です。より詳細は、クラウドファンディング、または各SNSにてどうぞ!

 

CHAI

 

KOM_I_wednesday campanella_2000コムアイ (水曜日のカンパネラ)

SYNCHRONICITYの麻生さんはアーティストの尊厳を大切にして、純粋な好意でブッキングをしてくださっているように感じます。いつもキラキラした目で、楽しみにしてるよ!最高だったよ!と音楽家たちの背中を押しています。このサーキットイベントを通じて、自分たちのことを知らないオーディエンスや音楽家に見てもらえるきっかけを、たくさんいただきました。とても感謝しています!

 

SIRUP_2000SIRUP

音楽文化の素晴らしさとジャンルレスな渋谷の音楽シーンを体感させてくれるシンクロニシティが変わらずあり続けられるように。

 

toconoma

 

塩塚モエカ(羊文学)

 

aoki_robin (downy)青木ロビン

15年続く貴重なフェス『SYNCHRONICITY』
どうか、また立ち上がり皆さまに希望を与えてくれる事を祈っています。
毎回進化を止めず、あれだけのアーティストに支援されるのは
『SYNCHRONICITY』だからこそだと思います。
アーティストのオーディエンスの
大切な遊び場。
是非。応援よろしくお願いします。

スタッフの皆さんも大変な日々を過ごしていると
思いますが、健康にまた会える日を楽しみにしています!

 

JABBERLOOP

 

Shingo Suzuki(Ovall)

 

showmore

 

 

クラウドファンディング概要

 

クラウドファンディングURL:https://wizy.jp/project/481/

日程:2020年5月1日(金)17:00 〜 5月31日(日)23:59

(※オンラインフェスの実施タイミングにより、変更となる可能性があります。)

目標金額:500万(支援金額により、プロジェクト規模を拡大いたします。)

資金の使用目的:『SYNCHRONICITY』への開催継続資金、オンラインフェスへの開催資金、WIZY手数料

プロジェクトの種類:ALL in(実施確約型)

オンラインフェス配信予定チャンネル:SYNCHRONICITY YouTube 公式チャンネル

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »