NEWS

ソイル、Shing02、(仮)アルバトラスら収録のコンピCD『STARFISH & COFFEE』発売。

STARFISH_and_COFFEE_eye_1000

SOIL&“PIMP”SESSIONS、Shing02、(仮)ALBATRUS、jizueらの未収録音源、別バージョン曲、未流通音源など貴重な音源を集めたコンピレーションCD『STARFISH & COFFEE』が1/20にリリース!

(仮)ALBATRUS”の名曲「cofee rumba」の別テイク曲、”SPIN MASTER DJ A-1”初のオリジナルアルバム未収録音源となるShing02との楽曲のインストバージョン、”Shing02”のブラジリアンアーティストとのコラボ曲、京都が世界に誇るスペースジャムバンド”SOFT”と世界的なスティールパン奏者”EarlBrooks”との共演曲、福岡を拠点に音楽とアートで世界から注目されているユニット”OLIVE OIL”と日本初NY経由のラッパー”KOJOE”とのコラボレーション作品など貴重な音源を多数収録。

サウンドプロデューサーは、上質な音楽イベントの開催やアート展示等により全国的に有名な老舗レストラン&バー”GRASSROOTS yokohama”のオーナーであるSAMATA、 アートワークは、NIKE AIR JORDAN T-shirtsデザイン、GIVENCHEY のコレクションエンブレムデザインやTHE ROLLING STONESとのコラボレーションTシャツ等、世界で多くのファンを獲得しているTadaomi Shibuyaが担当した。

「GRASSROOTS yokohama」の独特の選択眼と日本のインディペンデントな音楽シーンを形成してきたぶっといコンピレーションCD、必聴です。

STARFISH_and_COFFEE_1000【リリース詳細】

タイトル:Various Artists「STARFISH & COFFEE」
発売日:2016年1月20日
トラック数:12tracks
金額:1,800円(税別) 
品番:GDNC-011
発売:GardenGroveMusic
販売:株式会社KADOKAWA


【トラックリスト】
1. jizue「home(NoriyukiInoue Remix)」
2. SPIN MASTER A-1「tapped. (instrumental version)」
3. Shing02 「TIRO LIVRE」
4. KOJOE × OLIVE OIL「回る feat. RITTO & 田我流」
5. Chimp Beams「Aquatrium feat. Shing02 (instrumental version)」
6. Coffee & Cigarettes Band「Love thing」 
7. SOFT feat. Earl Brooks「ichigoichie」
8. Blissed 「ASAYAMA NI NOBORU」
9. JP3「kokH drive」
10. Blissed 「Laydown」
11. (仮)ALBATRUS「coffee rumba –take2-」
12. SOIL&“PIMP”SESSIONS「Spartacus Love Theme」


【収録楽曲 ミュージックビデオ リンク】

KOJOE × OLIVE OIL「回る feat. RITTO & 田我流」


SOIL&“PIMP”SESSIONS「Spartacus Love Theme」
https://www.youtube.com/watch?v=HDfJNVOzlzU


【コメント:サウンドプロデューサー SAMATA】

グラスルーツを18年やってきて、店の中や外でたくさんのミュージシャンに出会うことが出来て、そうしたご縁をひとつの「カタチ」にしてみたいと思ったのがこのコンピレーションを作るきっかけです。今回のコンセプトは2つあって、1つは「店でライブをやってもらったりご縁があったミュージシャンの音源をひとつに纏めて出す」ってこと。もうひとつは、そのなかでも「世の中にあまり出回っていない音源」に光を当てたかったってこと。未発表の音源だったりデモCDに入ってた音源だったり、すごく素晴らしい曲なのに時期が早すぎたり流通を通していなかったり、色んな理由でメジャーな流通に乗らなかった曲たちを、「これを機会に多くの人に知ってほしい」と言うとおこがましいかもしれないけど、そういう気持ちで纏めました。様々なジャンルの音楽が収録されているので、新しい音楽との出会いになれば嬉しいです。オッス。


【アートワーク:Tadaomi Shibuya(澁谷 忠臣)プロフィール】 

1973年生まれ、横浜市出身。 直線的に再構築する世界感を持つイラストレーター/ アーティスト。その独自のスタイルで数々の世界中の 企業とのコラボレーションやクライアントワークを 行っており、2008年にはGIVENCHYのエンブレムデ ザイン、2011年にはNIKE AIR JORDAN CP3.IVのポ スター、Tシャツなどビジュアル全般を手がけてい る。また、2012年には、氏の描いたRGIIIのイラスト が米ワシントンポスト特別号の一面を飾る。最近では JORDAN BRANDからの依頼でマイケルジョーダンの 88年のスラムダンクコンテストを記念したTシャツの デザインを手がけた。またこれまでに、hpgrp Gallery Tokyoでの個展をはじめ、 2009年WeSC GALLERY PARIS、2015年バン コクGOJA galleryでの個展や、ロンドン、NY、LA、 台北などで数々の展示に参加、表現の場は国内外、 ジャンルを問わず多岐に渡る。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

兵庫丹波市にて「森のなかのまち」をコンセプトにしたイベント『スパイスだもの。』開催 第一弾で溺れたエビ!、ワンダフルボーイズ、HAPPYを発表

image1

10月28日(土)兵庫県丹波市で「1日限りの『森のなかのまち』」をコンセプトにした、複合型音楽フェス『スパイスだもの。』が開催されることが決定した。

 

森の中のアクティビティと音楽・キャンプ・カレーを中心に『みんな』で、『五感全て』で、楽しめる郊外のローケーションを最大限活かしたイベントとなるとのこと。

 

第一弾出演アーティストとして「溺れたエビ!」「ワンダフルボーイズ」「HAPPY」を発表、また、丹波出身のアーティスト「小南泰葉」がワークショップで登場する。

 

キャンプ、森ハンモック・飯盒炊爨など「森の中のキャンプ場」のアクティビティに加え、京阪神・丹波地域を中心としたスパイスカレー店舗が約8店舗出店予定とのこと。夜間もキャンプファイアーなどを予定している。

 

出演者、出店情報は随時発表とのことなので、楽しみに待とう。


 

イベント概要

 

森の中のアクティビティ×音楽とキャンプとカレー

スパイスだもの。

公演日: 2017年10月28日(土) 

会場: 兵庫県丹波市、丹波悠遊の森
開場 10:00 / 開演 11:30(予定) 終演 21:00(終演後ステージにて映画を上映予定)
※翌29日(日)12:00まで滞在可/雨天決行・荒天中止
※タイムテーブル後日解禁

出演:溺れたエビ! / ワンダフルボーイズ / HAPPY  and more…

ワークショップ:小南泰葉

カレー:サカイヤ食堂(丹波・カレー) / kukuri(神戸・カレー) / 百福(大阪) / ニッポンカリーオルタナ(大阪「口癖はカレー」主催)/ SPICECURRY43(大阪) / NOMSON CURRY(大阪)

フード:丹波BBQ検定(バーベキュー) / キャリー焼菓子店(スイーツ)

装飾:にいろ

 

チケット券種:
入場券:¥4,500
団体券(入場券4枚セット) ¥16,000
入場券+駐車券:¥5,500
入場券+キャンプ券(テント持込):¥6,500
入場券+キャンプ券(常設テント):¥14,500
入場券+駐車券+キャンプ券(テント持込):¥7,500
入場券+駐車券+キャンプ券(常設テント):¥15,500

 

チケット取扱:

イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002233051P0050001P006001P0030001

PassMarket:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01dwv8yzms4e.html

丹波市内取扱店舗(通常価格より全券種\500オフ):
キャリー焼菓子店:https://www.facebook.com/kyarie.bake.house/
丹波悠遊の森:http://tamba-yuyu.com/

レストラン山の駅:https://www.facebook.com/yamanoeki.tamba/

 

主催: スパイスだもの。実行委員会
企画: スパイスだもの。実行委員会
後援: 丹波市  

 

オフィシャルホームページ:http://spicedamono.com/

 

【刺激的な「日常」を】
その日、その時間、その場所、
そこは私たちの「ありふれた瞬間」が詰まった「まち」となる。
「私とあなたではなく、「その場にいるみんなで過ごす森のなかの「まち」」。 
訪れる意味はただ一つ、私たちの日常に魅力があるから。
言葉では表現できない「ああ、いいな」が詰まった「まち」で過ごす時間。

それはわたしたち皆の【刺激的な日常】。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »