NEWS

カラスは真っ白が解散

KARASUWAMASSHIRO

カラスは真っ白が、「2017年冬のワンマンツアー」3月2日札幌moleでのライブを持って、活動を終了し解散ことが明らかとなった。

 

解散後は、それぞれの道へ進み、新たな音楽活動に邁進するメンバーもいるとのこと。それぞれの今後の活動を応援したい。

 

「2017年冬のワンマンツアー」では、来場者全員に「fake! fake!」「HIMITSUスパーク」のミュージックビデオのディレクターであるアニメーター植草航のイラストによるメッセージカードをプレゼントする。メッセージカードは各会場別デザインで録りおろし新曲フリーダウンロードコード付きとなり、カラスは真っ白最後の新曲を楽しむことができる。

 

また、今回芸術家MAMESが描いた、「カラスは真っ白」ポートレート妖怪画の抽選販売が決定。2015年5月に、カラスは真っ白とMAMESが共演したイベント「渋谷PARCO × SPACE SHOWER presents SPACE SHOWER SPECIAL DAY !」にて、MAMESがライブペイントで描いた、「カラスは真っ白」のポートレート妖怪画を抽選販売する。抽選受付期間は2月1日(水)~3月2日(木)となっている。

 

3月2日の札幌公演までカラスは真っ白を応援したい。

 

メンバー、スタッフからのコメントは下記の通り。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

カラスは真っ白を応援していただいている皆さまへ 

突然のご報告ではございますが、2017年3月2日「2017年冬のワンマンツアー」札幌moleでのライブを持ちましてカラスは真っ白としての活動を終了し、解散致します。 

2010年の結成から、たくさんの方々に応援して頂き、支えて頂けたことで現在まで活動が出来ました。心より感謝申し上げます。 

本当にありがとうございました。 

メンバーは解散後、それぞれの道へ進みます。新たな音楽活動に邁進するメンバーもおりますので、引き続き応援して頂けましたら幸いです。 

ラストツアーとなる「2017年冬のワンマンツアー」我々も全力で楽しみます!皆さんも全力で楽しんでください! 

カラスは真っ白メンバー・スタッフ一同 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

<メンバーからのコメント> 

 

カラスは真っ白を応援してくださっているみなさま 

3/2のライブをもってカラスは真っ白は解散します。 

このバンドが結成されてから約6年と8ヶ月のあいだ、多くの人の力があってこそ、 

わたしたちは何度もステージに立つことができ、また、結成した時には想像もしていなかった、たくさんの人たちに音楽を届けることができました。 

本当にありがとうございます。 

わたしはこれから普通の女の子として人間修行をするつもりです。 

街のどこかで、イヤホンの中で、夢の中で、またあいましょう。 

ヤギヌマカナ (Vo.Gt.) 

 

まずは、みなさまに本当にありがとうと伝えたい! 

今までカラスは真っ白を応援してくれてありがとうございました! 

みんながぼくらを成長させてくれたのです!本当にありがとう! 

これからは、メンバーそれぞれの道を歩むけど、新たに楽しい音楽をみんなに届け続けるメンバーもいるから楽しみにしていてね! 

もちろんぼくが1番楽しませるけどね!! 

そして、この場を借りて、ファン/リスナーのみなさん、マネージャー、デザイナーさん、ミュージックビデオ・ディレクターみなさん、フォトグラファーみなさん、ライブハウスのスタッフみなさん、ヘアメイクみなさん、スタイリストみなさん、対バンしてくれたみなさん、イベンターみなさん、レーベルのみなさん、などなどカラスは真っ白をつくってくれた全ての人に感謝を。本当にありがとうございます!そしてこれからもよろしくお願いします! 

みんな!これからもよろしくね!! 

シミズコウヘイ (Gt.MC) 

 

カラスは真っ白に加入しオチ・ザ・ファンクという名前で活動をはじめてもうそろそろ2年になります。僕が加入してからは2年という短い期間ですが、それでも本当にたくさんの人に支えられ活動してきました。 

あの日タイヘイが誘ってくれなければ、シミズがこんな名前をつけていなければ(笑)、見られなかった景色もたくさんあり、一生忘れられない思い出だなぁとしみじみ思っています。 

解散という形ではありますが、このタイミングでこういった決定になったことにもきっと意味があるのだと思います。 

応援してくれた、関わってくれた全ての皆様に感謝しています。ありがとうございます。 

メンバーはそれぞれの人生を歩んでいきますので、応援していただけると幸いです。 

そして、オチ・ザ・ファンクこと越智俊介のこれからの音楽活動を楽しみにしていて下さい! 

オチ・ザ・ファンク (Ba.) 

 

カラスは真っ白を応援して下さる皆さま 

突然の発表で申し訳ありませんが、タイヘイです。 

大学2年生の頃から、私の音楽史とほぼ同時に成長してきたカラスは真っ白はそれぞれの道を目指すために解散します。 

その後のカラスは真っ白はみなさんそれぞれの中の想像や解釈で育ててください。 

カラスは真っ白の楽曲は全て思い入れのある曲ばかり、未だに曲単位で何年も前のライブやリハーサルを思い出すくらいです。 

涙が出そうなくらい感動したライブもあったし(泣いたことはない)、身の丈にあってなさすぎて震えたこともあったし、ライブをしすぎて見失うこともよくあったし。 

色々あったけど、カラスは真っ白で駆け抜けた青春も悪くはなかった。 

これからもプロとして更に邁進していきますので、応援してくれたら嬉しいです。 

ありがとうございます。そして今後とも。 

したっけまたね! 

タイヘイ (Dr.) 

 

カラスは真っ白『2017年冬のワンマンツアー』 

●2017/2/12(日)名古屋 APOLLO BASE

OPEN17:30 START18:00 

(問)ジェイルハウス 052-936-6041 

 

●2017/2/17(金)大阪 DROP

OPEN18:30 START19:00 

(問)GREENS 06-6882-1224 

 

●2017/2/24(金)東京 渋谷WWW X

OPEN18:30 START19:00 

(問)ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999 

 

●2017/3/2 (木)札幌Sound Lab mole

OPEN18:30 START19:00 

(問)マウントアライブ 011-623-5555 

 

全公演チケット:前売り¥3200/当日¥3,700 

 

【カラスは真っ白プロフィール】 

2010年結成。ヤギヌマカナのウィスパーボイスと歌詞が奏でるシュールな個性と、高い演奏力とアレンジ能力を誇る楽器隊のタイトでグルービーなファンキーサウンドの融合によるオリジナリティ溢れるファンキーポップな世界観が魅力。結成以来、徹底的に追及を続けるライブショーは全国各地のオーディエンスを魅了。一連のミュージックビデオは海外でも反響を呼び、その音楽性と共に国内外にて高い評価を受け、ジャンルレスな存在感で親しまれている。 

カラスは真っ白オフィシャルHP:
http://acrowiswhite.com/

 

2ndフルアルバム『バックトゥザフューチャー』 

<収録曲> 

M1.魔法陣より愛を込めて 

M2.浮気DISCO 

M3.Let it die~You Shal die~ 

M4.サヨナラ!フラッシュバック!~Hard mode ver. ~ 

M5.fifth blues 

M6.カーネーション 

M7.Oh my sugar 

M8.YASAI FUNK 

M9.みずいろ 

 

全9曲収録 

2016.09.21 リリース 

品番:PECF-3170 価格:2,160円(税込)

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

香港のバンド「GDJYB」、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で配信されたライブ映像を公開

GDJYB_2019_horizontal_sml

香港女性4人組バンド「GDJYB」が、7月4日『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で未発表映像として配信されたライブ映像を公開した。

 

このライブ映像は、ボルダリングスタジオで開催された2018年『SQUARECLE EP』でのリリースパーティーライブ映像となる。

 

 

「GDJYB(ジーディージェイワイビー)」は香港をベースに活動し、マスロックとフォークミュージックをシンプルで分かりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、『マスフォーク』という独自のジャンルで音楽を展開する、女性四人組バンド。

 

日本では2016年に1stアルバム国内盤リリースと、2018年に都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」出演で初来日をし、少しずつ活動を広げている。その独自の音楽性に耳の早いリスナーから少しずつ評判が広がっており、2020年7月に開催された『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』にも過去の非公開ライブ映像で出演し、話題を集めた。

 

そんなGDJYBは、先日2年振りに新曲「405 Method Not Allowed」を各配信サイトにてデジタルリリース。YouTubeでもリリックビデオが配信されている。

 

香港では大きな状況の変化を迎えている中、制作された楽曲で、今年は他にも新曲の発表を予定している。

 

■GDJYB / 405 Method Not Allowed

 

<アーティストプロフィール>
Vocal – Soft Liu / Guitar – Soni Cheng / Bass – Wing Chan / Drum – Heihei Ng

 

「GDJYB」(ジーディージェイワイビー) は、2012年に香港で結成された女性4人編成バンド。マスロックとフォークミュージックを、シンプルでわかりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、「マスフォーク」と自らの音楽を形容する。マスロックの影響を感じさせる変拍子とギターフレーズに、フォーキーなコード感とメロディーをフュージョンさせることで、独特でありながらもキャッチーな楽曲を生み出している。

 

2014年にセルフタイトルとなる1st EPをリリースし、カルチャー誌「Time Out」に「あなたが聴くべき香港のアーティスト」として選出。2016年4月に同タイトルの日本盤がリリース。2016年12月、1stフルアルバム「23:59」リリースし、台湾で最も権威ある音楽賞「第28回台湾ゴールデンメロディーアワード・ベストミュージカルグループ」にノミネートされた。
2018年、2nd EP「SQUARECLE」リリース。4月には渋谷で開催の都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」に出演し、初来日を果たした。

 

バンド名は、香港の伝統料理「雞蛋蒸肉餅」(Gai Daan Jing Yuk Bang)の頭文字をとったもの。

 

GDJYB_2019_horizontal_sml

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »