INTERVIEW

Anchorsongのアイデンティティとエレクトロニックミュージック

Ceremonial_Official1_1000

Anchorsongのアイデンティティとエレクトロニックミュージック


Anchorsongと知り合ってからもう10年くらいになる。ちょうど自分が『SYNCHRONICITY』を始めるくらいから。何度か東京で一緒にイベントをしたりしたけれど、程なくして彼は活動の場をロンドンに移すことになる。何のつてもなく音楽活動をするために単身ロンドンへ。そんなユニークな人間。僕にとって彼は大切な友人であるとともに、新しいことにチャレンジし続ける同志のようなもの。そんな彼に約4年ぶりのニューアルバム『Ceremonial』と1/28(木)のリリースパーティーを記念してのインタビューを行った。

インタビュー:麻生潤
写真提供:Anchorsong

ー まずは新作『Ceremonial』のリリースおめでとう!ずっと待ってました。早速だけど、新作『Ceremonial』テーマは?

「生演奏のグルーヴ感が宿ったエレクトロニックな音楽」だね。一般的に言えばコンセプト的には特に新しいものではないけれど、自分にとってはチャレンジだった。僕はそれほど楽器が弾けないこともあって、2011年の『Chapters』の頃までは、ほぼ100パーセント打ち込みで曲を作っていたんだよね。ビートを組むにしても、キックやスネアの単音のサンプルをきれいに並べていくっていうやり方だった。


Anchorsong / Last Feast (Red Bull Studios Tokyo Session
新作『Ceremonial』より

ー 2014年はEP『Mawa EP』をリリースしたけれど、ファーストアルバム『CHAPTERS』からは実に約4年。アルバムでいうと結構スパンがあるけれど何か理由があったの?

実は『Chaters』の1年半後くらいに、アルバムを一枚完成させていたんだよね。でも全体を通して聴き直した時に、全然驚きが感じられなかった。曲は好きだったけれど、スタイルとしてあまりに前作と違いがないように思えた。ショックだったけれど、自分で納得できていないものをリリースしたくないから思い切って丸ごと破棄することにしたんだ。

そうしてゼロから作り始めたから、実際の制作期間はそれほど長くないんだよね。「生演奏のグルーヴを取り込んだエレクトロニックミュージック」というコンセプトを固めた後は、ひたすら曲を作っていくだけだった。『Mawa』を完成させた時はすごく手応えを感じたのを覚えてる。掲げたコンセプトをやっと形にできたなって。『Mawa EP』をリリースした時にはアルバムの全体像が既に見えていたから、実はあの作品は今回のアルバムのアウトテイク集のような一面もある。『Flamingos』なんかは個人的にもすごく気に入っていて、今でもライブでよく演奏してるよ。

Anchorsong / Flamingos

曲を作れば作るほど、自分のルーツが見えてくるものだと思うんだけど、僕は自分が生演奏でしか得られないグルーヴが好きだっていうことを、その頃はっきりと自覚するようになって。でも自分では楽器を自由自在に操ることはできないし、周囲にそういうミュージシャンがごろごろいるというわけでもなかった。あと、MPCを使った曲作りを完全に放棄したくはなかったんだよね。それはAnchorsongのアイデンティティでもあるので。

— 確かにMPCを使った曲作りは確かにAnchorsongのアイデンティティでもあるね。

うん、そんな風に考えていた頃に、近所のレコード屋でOrchestre Poly Rythmo de Cotonouっていう、70年代のアフリカのバンドの『The Vodoun Effect』っていうアルバムをジャケ買いしたんだよね。正直内容は全然期待してなかったんだけど、いざ聴いてみるとすごく衝撃的で。音質や演奏は完璧にはほど遠いんだけど、だからこそ余計にリアルで生々しく思えた。それがきっかけで、Analog AfricaやSoundwayといったレーベルの、アフリカ音楽の再発ものをたくさん聴くようになって、いろいろと聴き漁っていくうちにそういう音楽の魅力を自分の作品に反映したいと思うようになって。それで、そういう作品に収録されているドラムやパーカッションのブレイクをサンプリングし始めたんだよね。

DSC_2981_1000— なるほど、その辺りからAnchorsongの曲作りも変わってきた気もする。

サンプリングという手法は、MASCHINEのような機材が主流の今ではレトロな感すらあるけれど、僕にはすごく新鮮だった。生演奏のグルーヴへの憧れと、MPCを使った曲作りっていうジレンマを解消する方法を見つけたって感じたんだよね。そのコンセプトができあがってからは、ひたすら曲を作っていくだけだった。実際の制作期間は1年強くらいだと思うんだけど、その大半はサンプル集めにかかった時間なので、曲作り自体はすごくスムーズだったんだよね。

— Anchorsongの初期に比べると随分ダンスミュージック寄りになったと思うんだよね。以前はもっとバースコーラスバースのような曲があったっていうか。その変化の理由は?

初期の頃からダンスミュージックを作っているつもりではいたんだけど、当時の作品は今よりも機械的だったと思う。生楽器のサンプルを使ってはいても、先に述べたような1音ずつ丁寧に並べていくようなやり方だと、どうしてもそういうものになってしまう。僕が集めたドラムやパーカッションのブレイクはよくも悪くも粗くて、テンポ的にも不安定なものが多かったんだけど、そこにエレクトロニックな音を重ねていくことで、生演奏と打ち込みの中間にある不思議なグルーヴが生まれていった。より踊れると感じてもらえたなら、自分の狙いどおりってことだから、素直に嬉しいな。

031_1000— また初期から変わらないものと言えば、MPCとキーボードを使ったライブのスタイル。このスタイルはどうやって生まれたの?

僕はもともとバンドでギターを弾いていたんだよね。高校の頃に初めてギターを手にして、当時は聴く音楽もほとんどがロックだった。18歳の時に上京してから少しずつ音楽の趣味が広がっていって、当時やっていたバンドにもそういう影響が現れ始めてた。結果的にそのバンドは解散してしまったんだけど、その後新たにバンドを組むか、あるいは1人で続けていくか、悩んだ末に後者を選択することにしたんだ。でも生粋のバンドマンだったこともあって、DJにはなりたくなかったんだよね。1人で曲を作って1人でライブをする、そのための楽器を探していた時にMPC2000XLと出会った。でも実はMPCがどういうものなのかはよく知らなくて、見た目がすごく楽器っぽいっていう理由で選んだんだよね笑 ライブアクトとしてステージに立つことを念頭に置いていたから、ダイナミックに演奏できるものがよかったんだ。

— 今でもスタイルは変わらずにステージではハードウェアを使っているよね。このスタイルはこれからどうなっていくんだろう?

うん、最近は機材も随分進化して、ラップトップを使えばコンパクトなセッティングでより複雑なことが簡単にできてしまうんだけど、今でもステージではハードウェアしか使わないことにしてる。僕の原始的なセッティングはいろいろと制限が多いのは事実なんだけど、そのおかげで演奏はストレートで分かりやすいものになる。ライブっていう一発勝負の場では、やっぱりシンプルなものが一番説得力があると思うから。今後音楽性がどう変わっていったとしても、この基本的なスタイルを変えないことは決めているんだ。

DSC_3894_1000

— 現在ニューアルバム『Ceremonial』のリリースツアーの真っ只中だけど、手応えはどう?

いろいろと勉強させてもらっている感じだね。今のところライブハウスよりも深夜帯のクラブイベントに出る機会が多いんだけど、DJブースの中で演奏することも多いんだよね。演奏する様子をしっかり観てもらいたいから、以前はそういう環境でのライブはオファーが来ても断っていたんだけど、今回のアルバムの曲はそういう場で楽しんでもらえるものだと思うから、今は積極的に受けるようにしてる。たとえ僕がどういう風に演奏しているのか伝わらなくても、フロアでお客さんに踊ってもらえたらそれでいい。でもDJ的なプレイを期待しているお客さんの前で演奏する時は、そういう意図がうまく伝わらなくて少ししらけてしまうこともあって。そういう時はやっぱり悔しいけど、あくまでこのスタイルでそういう場にも対応できるようになりたい。だから今は既存の曲をもっとフロア向けにアレンジし直したりしていて。現場での経験を通して少しずつ成長していくっていうのが、個人的にはツアーの醍醐味だと思ってる。なんか優等生っぽい言い方かもしれないけど笑。

— あはは、ポジティブな部分もネガティブな部分も包み隠さず話すところがAnchorsongっぽいね!もうあと数日だけど、1/28(木)は『Anchorsong "Ceremonial" Release Party』東京公演だね。どんなライブになる予定?

当日は今回のアジアツアーの中では唯一、ストリングカルテットと一緒に演奏する予定なんだ。今回のアルバムではリズムに重点が置かれていることもあって、実際にはストリングスが使われている曲は少ないんだけど、そういう曲を弦楽器用にアレンジすることにすごく意義を感じていて。『Oriental Suite』のような曲に弦楽器のアレンジを施すことで、曲が本来持っている振れ幅のようなものを証明できると思っていて。それに、音源を聴いた上でライブに足を運んでくれるお客さんに対して、期待以上のものを提供したいっていう気持ちがある。僕は普段からよくライブに足を運ぶんだけど、そういう驚きを提供してくれるライブはやっぱり長く記憶に残るから。たとえばビョークのライブには何度も行ったけれど、同じ曲でも毎回アレンジが違う。そういう驚きのあるライブをしたいんだよね。
046_1000— ストリングカルテットとの共演はどのように始まったの?

2005年頃に渋谷PLUGでライブをした時に知り合ったヴァイオリニストの女の子が、何か一緒にやろうって言ってくれて。それで彼女にカルテットを組んでもらうように頼んだんだよね。シガー・ロスやビョークのライブで、弦楽四重奏と一緒に演奏しているのを観た時からずっと興味があって。僕は音楽をちゃんと学んだことはなくて、弦楽器のこともほとんど分かっていなかったんだけど、自分の音楽との相性の良さは直感的に気づいてた。弦楽器は主役になってしっかり主張するだけじゃなく、他の音色を際立たせるために背後からそっと支えるようなこともできる。そういう柔軟なところが自分の音楽とすごくマッチする。当初はメンバーに曲を渡してアレンジをお願いしていたんだけど、最近では自分で手がけるようにしていて。リハーサルの場でメンバーから譜面にツッコミを入れられるようなこともしょっちゅうだけどね笑。

— それでは、最後にインタビューをご覧の皆さんに一言お願いします。

前作から約4年も空くとは自分でも思いもしなかったけど、時間をかけた分いいものができたと思っているので、是非アルバムを聴いてみて欲しいですね。それで気に入ったら、ライブに足を運んでもらえると嬉しいです。久々のストリングカルテットとの共演を僕自身とても楽しみにしていて、特別なものにしたいと思っているので。

— ありがとうございました!Anchorsongの久しぶりの東京公演。彼のアイデンティティとも言えるライブスタイル、そして、東京公演限定のストリングカルテットの特別セットをぜひ体感してほしいです!

 

Anchorsong "Ceremonial" Release Party


【開催日時】
2016/1/28(木) 18:00 open / 19:00 start

【開催場所】
青山・月見ル君想フ

【チケット(オールスタンディング)】
前売 3500円 / 当日 4000円(各ドリンク別)

【一般販売(11月28日(土)~)】
■プレイガイド
・チケットぴあ [Pコード:282-877] http://t.pia.jp/
・ローソンチケット [Lコード:78726] http://l-tike.com/
・イープラス

■月見ル君想フ予約
インターネット予約〔 1月16日0:00~1月26日24:00迄 〕
・電話予約〔03-5474-8115〕
※店頭予約の入場順はプレイガイドの後になります。

【お問い合わせ】
月見ル君想フ(03-5474-8115) / info@kikyu.net

【出演アーティスト】
■LIVE
・Anchorsong(ストリングスによる特別編成)
・Young Juvenile Youth
Ceremonial Cover 2K_1000Artist: Anchorsong ― アンカーソング
Title: Ceremonial ― セレモニアル
Release date: 2016.01.22 Fri On Sale
Label: Tru Thoughts / Beat Records
国内盤: BRC-489 ¥2,000(+税)
日本盤特典: ボーナス・トラック追加収録

【トラックリスト】

01. Eve
02. Expo
03. Mother
04. Oriental Suite
05. Kajo
06. Monsoon
07. Butterflies
08. Rendezvous
09. Last Feast
10. Outro
11. Ceremony
12. Wolves (Bonus Track for Japan)
13. Diver (Bonus Track for Japan)

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

INTERVIEW

乗り越えた先にあるポップとグルーヴ、RIDDIMATESの今 リリースパーティーいよいよ開催!

image1

6/21(水)に5thアルバム『OVER』をリリースしたRIDDIMATES。前作から実に3年。メンバーの脱退や加入、様々な時期を乗り越えて待望のアルバムが完成した。そのアルバムは実に爽快で軽やかだ。

 

今年の『SYNCHRONICITY』にも4年ぶりに出演。時代とともに変化してきた『SYNCHRONICITY』もRIDDIMATESのようなダンスサウンドはルーツと言えるようなもの。O-WESTに広がる熱いグルーヴ、笑顔に溢れたフロアにこのバンドが積み重ねた歴史が見えた。

 

7/22(日)には久しぶりのリリースパーティーを渋谷WWWで開催する。今作のサウンドがライブにどう昇華されていくのか。その開催ギリギリの最中、今作とRIDDIMATESのライブへの想いを聞いた。


 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 


 

もがいてもがいて自分らがいいと思える作品が出来れば、それはもう超えてるんだと。(CrossYou)


麻生:
前作から3年、5thアルバム『OVER』のリリースおめでとう!2016年の「Swandive」からも感じてたけれど、キャッチーさとグルーヴがバランス良く融合した爽快なアルバムに感じます。久しぶりのリリースになるけれど、今作はどういうところをテーマに取り組んでいきましたか?

 

CrossYou(T.sax):
そうですね、一言だと『超える』ってことになるんだと思います。

 

麻生:
超える?

 

CrossYou(T.sax):
はい、もうちょっと言うと、前のアルバムJOYでテーマだったPOPを突き進めつつ、去年のシングル収録Swandiveのダブルサックスによる2MC感のある曲や、前から持っていた辺境ミュージック、その全てを上回る、超えるアルバムでないと意味がないと思っていました。

 

ただ、アルバムのライナーノーツをヒサシさん(ヒサシtheKID)に書いてもらって、腑に落ちたというか、めちゃくちゃもがいて、メンバーやサポートしてくれた方々と納得の作品が出来て、ヒサシさんと呑んで話してライナーノーツ読んだら、あぁそうかと。それでよかったんだと。もがいてもがいて自分らがいいと思える作品が出来れば、それはもう超えてるんだと。

 

あとは『想いが言葉を超える』ってキャッチコピーは気に入っていますね。

 

麻生:
まさしくRIDDIMATESに相応しいキャッチコピーだね。

 

akirag:
敢えて何か一つのジャンルを狙うのではなくて自分達にある響きやビート、グルーヴ、作曲者が描く曲の雰囲気を素直に曲に落とし込む作業をしたのが今回のテーマになったのかなと。その結果、ジャンルも雰囲気も結構バラバラになった感はありますが、その全てを一枚のアルバムにして聴いてみると僕らにしか表現出来ないリディメイツサウンド、ブラスロッカーズサウンドに自ずと仕上がったと感じています。アルバムのジャケットは曲数と同じ13色で構成されているのですが、その色も一つ一つはバラバラでも合わさる事で一つの作品に仕上がっているのも通じています。

 

image2


 

削ぎ落とす作業をしていってるのも聴きやすさに繋がってるのかも。(akirag)


麻生:
アルバムジャケットは曲数と同じ13色で構成されてるんだね!個人的にも聴いてるとバラバラというよりもRIDDIMATESならではのジャンルのあり方を体現してる気がする。それがポップで軽やかで力の抜けたグルーヴに昇華されてるなって。それがすごく心地良い。また、新曲の数々の音源を比べると2016年の公開された「Swandive」よりも一層聴きやすくなってる気もします。そこからの変化って何かありますか?

 

CrossYou:
引き算は結構やりましたね、今まで自分が全部盛りのアジテートさせる音楽が好きでリディメイツもそうだったんですけど、徐々にメンバーの色が出てきて、真ん中ぐらいになったというか、こっちもできるんだよっていうね。ただ、今後は両極端でもいいかなとも思っています、ガチャガチャしてる曲もあれば、シンプルなのもあったりと。

 

akirag:
前作のリリース後、キーボードの脱退もありサウンド面で再考する必要がありました。新たにキーボードを入れるのか否か。メンバーで話しあった結果キーボードは入れずに曲を、そして音をシンプルに間を作る感覚で作っても良いんじゃないかと言う結論に至ったのもあって割と削ぎ落とす作業をしていってるのも聴きやすさに繋がってるのかもしれません。

 

麻生:
児玉奈央ちゃんをゲストに迎えたSpanky Wilsonのカバー「LOVE LAND」。ライトで優しいカバーがとても印象的です。唯一のボーカルナンバーだけど、共演するにいったった経緯は?また、どういうアプローチでこういうカバーになったんだろう?

 

CrossYou:
まず、ひとつに高校の先輩ってのが大きくて、結構前から、一緒にやりたいとは話してて、ついに叶った感じです。1作品に1曲はボーカルを入れているので、次何やろうかって話してて、ベースの大ちゃんがSpanky Wilsonの別曲を持ってきて、それいいねってなったんだけど、それなら、この曲いいよって俺の好きな曲を提案して決まった感じです。実はCharles Wrightが原曲なんですが、Spanky Wilsonが唄って有名になった曲で、Charles Wrightがメローで、Spanky Wilsonがアッパーな感じ、僕らのはその中間な感じですね。

 

RIDDIMATES / LOVE LAND feat.KODAMA NAO【OFFICAL VIDEO】

 

 

 

 

曲的には一昨年でも去年でも出せたのですが、出さなくて良かったなと、ちゃんと必要な年月でした。(CrossYou)


麻生:
前作から3年ということで、またアプローチ方法も違ったと思うんだけど、意識して取り組んだことは?

 

CrossYou:
結構毎回なんですが、『現状に感謝しながらも満足せず、新しい事へ挑戦』というのが常にあるので、エンジニア、レコーディング・スタジオ、マスタリング・スタジオ、アートワークを全て新しい方々、新しい場所で行いました。

 

akirag:
やはり僕らはそれぞれの曲の熱量を大切にしたいので、レコーディングの際もそこを凄く意識して個性ある13曲を仕上げていきました。

 

麻生:
確かに新しい個性と今までの普遍的なRIDDIMATESの良さを感じます。メンバーの脱退や加入を経てようやく生み出した1枚。より新しいポップさ、キャッチーさとともに乗り越えてきた確かなグルーヴを感じますね。

 

CrossYou:
前作のアルバムから3年ってのは、振り返ると苦労したのかなと、メンバーが抜けて、それが固まるまで。曲的には一昨年でも去年でも出せたのですが、出さなくて良かったなと、ちゃんと必要な年月でした。ただこっからエンジンかけて行きますよ~!!

 

akirag
熱量を大切にしているからなんだと思うんですが、レコーディングの際ファーストテイクで大体集中力が無くなっちゃうってのが僕らの癖です。ほとんどの曲がファーストテイクが採用されているように感じますね。

 

_3B_0098

photo by Yosuke Torii(SYNCHRONICITY’17)

 

 

なんでも二面性を持っていると思うので、その二面性を感じてもらえたらと、このステージにかける気迫と、みんなを楽しませたいっていうシンプルな気持ちを。(CrossYou)


麻生:
4月は『SYNCHRONICITY』で久しぶりに一緒にできたけれど、本当に素晴らいライブだった。『SYNCHRONICITY』以前からだからもう何気に付き合い長いよね。4年ぶりの出演いかがでしたか?

 

CrossYou:
まず、久し振りに『SYNCHRONICITY』に出演できて感謝です。僕らは『SYNCHRONICITY』に出演してから、とんとん拍子で、クアトロワンマンや数々のフェスやフジロック、朝霧JAMにも出演できたと思っているので、それに感謝。そして、その初の『SYNCHRONICITY』から結構経ったので、そこはクオリティが上がってないと駄目だなと単純に思います。もっとやれると思いますし、メンバーの演奏はもちろん、楽曲的にも聴かせる部分とアゲる部分の差し引きができるようになってはいるのかなと。

 

麻生:
各地のフェスやイベントで培ってきた経験がしっかりライブのグルーヴになってるなって感じた。グルーヴって最近思うんだけど、本当に積み重ねだよね。不思議なくらい。さて、いよいよ渋谷WWWでのワンマン、楽しみにしてます!最後にワンマンへ向けて一言お願いします。

 

CrossYou:
今までの人生全てかけて吹きます。でもお祭りなんで気軽に来てほしいですね。なんでも二面性を持っていると思うので、その二面性を感じてもらえたらと、このステージにかける気迫と、みんなを楽しませたいっていうシンプルな気持ちを。


 

RIDDIMATES リリース情報:


RIDDIMATES 
5th full ALBUM『OVER』
2017年6月21日(wed)Release!
価格:¥2,300(税抜価格)
品番:ROMAN-014
発売元:Roman Label / BAYON PRODUCTION
販売元:PCI MUSIC

 

[Track List]
1. For The Beats
2. Come On
3. Walk Song
4. Swandive
5. Over Against
6. The Barber
7. Drop
8. Love Land feat. Kodama Nao
9. Spider’s web
10. Bacon!!
11. Garagardoa
12. Sunset Glow
13. Clam Chowder


 

ワンマン情報


『OVER』RELEASE PARTY!! ONEMAN SHOW!!
日時:2017.07.22(sat)
時間:OPEN 18:00 / START 19:00
場所:渋谷WWW
料金:前売¥3,000- / 当日¥3,500-

 

■RIDDIMATES
ブラスロッカーズ・サウンドを掲げ、ありふれた音楽ではない、刺激のある音楽を創りだし、日々の喜びに変えるバンド「リディメイツ」。熱くて、男臭くて、音を楽しんでいて、ご飯を良く食べる。生活の一部に音楽が常にある、そんな願いがあるんだか無いんだか。本気で遊んで、本気で音楽する、そんなバンドの物語。2014 年春に4 枚目のアルバムを発売し、リリース・パーティのワンマンを渋谷クアトロにて満員御礼の大成功に収め、そのままの勢いで『FUJIROCK2014』に出演。その際「来年はもっと上で!」と言ったら2015 年はリーダーCrossYou がOASIS、Noel Gallagher のホーン隊として『FUJIROCK2015』に出演しちゃう、飛び級事件勃発。それ以降も『りんご音楽祭2015』出演など各フェスで活躍、2016 年はシングルep をリリースし京都FM でパワープレイに選ばれる。

 

オフィシャルサイト:
http://brassrockers.com/

 

プリント

RIDDIMATES『OVER』アルバムジャケット
 

profile

RIDDIMATES プロフィール写真

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »