INTERVIEW

Anchorsongのアイデンティティとエレクトロニックミュージック

Ceremonial_Official1_1000

Anchorsongのアイデンティティとエレクトロニックミュージック


Anchorsongと知り合ってからもう10年くらいになる。ちょうど自分が『SYNCHRONICITY』を始めるくらいから。何度か東京で一緒にイベントをしたりしたけれど、程なくして彼は活動の場をロンドンに移すことになる。何のつてもなく音楽活動をするために単身ロンドンへ。そんなユニークな人間。僕にとって彼は大切な友人であるとともに、新しいことにチャレンジし続ける同志のようなもの。そんな彼に約4年ぶりのニューアルバム『Ceremonial』と1/28(木)のリリースパーティーを記念してのインタビューを行った。

インタビュー:麻生潤
写真提供:Anchorsong

ー まずは新作『Ceremonial』のリリースおめでとう!ずっと待ってました。早速だけど、新作『Ceremonial』テーマは?

「生演奏のグルーヴ感が宿ったエレクトロニックな音楽」だね。一般的に言えばコンセプト的には特に新しいものではないけれど、自分にとってはチャレンジだった。僕はそれほど楽器が弾けないこともあって、2011年の『Chapters』の頃までは、ほぼ100パーセント打ち込みで曲を作っていたんだよね。ビートを組むにしても、キックやスネアの単音のサンプルをきれいに並べていくっていうやり方だった。


Anchorsong / Last Feast (Red Bull Studios Tokyo Session
新作『Ceremonial』より

ー 2014年はEP『Mawa EP』をリリースしたけれど、ファーストアルバム『CHAPTERS』からは実に約4年。アルバムでいうと結構スパンがあるけれど何か理由があったの?

実は『Chaters』の1年半後くらいに、アルバムを一枚完成させていたんだよね。でも全体を通して聴き直した時に、全然驚きが感じられなかった。曲は好きだったけれど、スタイルとしてあまりに前作と違いがないように思えた。ショックだったけれど、自分で納得できていないものをリリースしたくないから思い切って丸ごと破棄することにしたんだ。

そうしてゼロから作り始めたから、実際の制作期間はそれほど長くないんだよね。「生演奏のグルーヴを取り込んだエレクトロニックミュージック」というコンセプトを固めた後は、ひたすら曲を作っていくだけだった。『Mawa』を完成させた時はすごく手応えを感じたのを覚えてる。掲げたコンセプトをやっと形にできたなって。『Mawa EP』をリリースした時にはアルバムの全体像が既に見えていたから、実はあの作品は今回のアルバムのアウトテイク集のような一面もある。『Flamingos』なんかは個人的にもすごく気に入っていて、今でもライブでよく演奏してるよ。

Anchorsong / Flamingos

曲を作れば作るほど、自分のルーツが見えてくるものだと思うんだけど、僕は自分が生演奏でしか得られないグルーヴが好きだっていうことを、その頃はっきりと自覚するようになって。でも自分では楽器を自由自在に操ることはできないし、周囲にそういうミュージシャンがごろごろいるというわけでもなかった。あと、MPCを使った曲作りを完全に放棄したくはなかったんだよね。それはAnchorsongのアイデンティティでもあるので。

— 確かにMPCを使った曲作りは確かにAnchorsongのアイデンティティでもあるね。

うん、そんな風に考えていた頃に、近所のレコード屋でOrchestre Poly Rythmo de Cotonouっていう、70年代のアフリカのバンドの『The Vodoun Effect』っていうアルバムをジャケ買いしたんだよね。正直内容は全然期待してなかったんだけど、いざ聴いてみるとすごく衝撃的で。音質や演奏は完璧にはほど遠いんだけど、だからこそ余計にリアルで生々しく思えた。それがきっかけで、Analog AfricaやSoundwayといったレーベルの、アフリカ音楽の再発ものをたくさん聴くようになって、いろいろと聴き漁っていくうちにそういう音楽の魅力を自分の作品に反映したいと思うようになって。それで、そういう作品に収録されているドラムやパーカッションのブレイクをサンプリングし始めたんだよね。

DSC_2981_1000— なるほど、その辺りからAnchorsongの曲作りも変わってきた気もする。

サンプリングという手法は、MASCHINEのような機材が主流の今ではレトロな感すらあるけれど、僕にはすごく新鮮だった。生演奏のグルーヴへの憧れと、MPCを使った曲作りっていうジレンマを解消する方法を見つけたって感じたんだよね。そのコンセプトができあがってからは、ひたすら曲を作っていくだけだった。実際の制作期間は1年強くらいだと思うんだけど、その大半はサンプル集めにかかった時間なので、曲作り自体はすごくスムーズだったんだよね。

— Anchorsongの初期に比べると随分ダンスミュージック寄りになったと思うんだよね。以前はもっとバースコーラスバースのような曲があったっていうか。その変化の理由は?

初期の頃からダンスミュージックを作っているつもりではいたんだけど、当時の作品は今よりも機械的だったと思う。生楽器のサンプルを使ってはいても、先に述べたような1音ずつ丁寧に並べていくようなやり方だと、どうしてもそういうものになってしまう。僕が集めたドラムやパーカッションのブレイクはよくも悪くも粗くて、テンポ的にも不安定なものが多かったんだけど、そこにエレクトロニックな音を重ねていくことで、生演奏と打ち込みの中間にある不思議なグルーヴが生まれていった。より踊れると感じてもらえたなら、自分の狙いどおりってことだから、素直に嬉しいな。

031_1000— また初期から変わらないものと言えば、MPCとキーボードを使ったライブのスタイル。このスタイルはどうやって生まれたの?

僕はもともとバンドでギターを弾いていたんだよね。高校の頃に初めてギターを手にして、当時は聴く音楽もほとんどがロックだった。18歳の時に上京してから少しずつ音楽の趣味が広がっていって、当時やっていたバンドにもそういう影響が現れ始めてた。結果的にそのバンドは解散してしまったんだけど、その後新たにバンドを組むか、あるいは1人で続けていくか、悩んだ末に後者を選択することにしたんだ。でも生粋のバンドマンだったこともあって、DJにはなりたくなかったんだよね。1人で曲を作って1人でライブをする、そのための楽器を探していた時にMPC2000XLと出会った。でも実はMPCがどういうものなのかはよく知らなくて、見た目がすごく楽器っぽいっていう理由で選んだんだよね笑 ライブアクトとしてステージに立つことを念頭に置いていたから、ダイナミックに演奏できるものがよかったんだ。

— 今でもスタイルは変わらずにステージではハードウェアを使っているよね。このスタイルはこれからどうなっていくんだろう?

うん、最近は機材も随分進化して、ラップトップを使えばコンパクトなセッティングでより複雑なことが簡単にできてしまうんだけど、今でもステージではハードウェアしか使わないことにしてる。僕の原始的なセッティングはいろいろと制限が多いのは事実なんだけど、そのおかげで演奏はストレートで分かりやすいものになる。ライブっていう一発勝負の場では、やっぱりシンプルなものが一番説得力があると思うから。今後音楽性がどう変わっていったとしても、この基本的なスタイルを変えないことは決めているんだ。

DSC_3894_1000

— 現在ニューアルバム『Ceremonial』のリリースツアーの真っ只中だけど、手応えはどう?

いろいろと勉強させてもらっている感じだね。今のところライブハウスよりも深夜帯のクラブイベントに出る機会が多いんだけど、DJブースの中で演奏することも多いんだよね。演奏する様子をしっかり観てもらいたいから、以前はそういう環境でのライブはオファーが来ても断っていたんだけど、今回のアルバムの曲はそういう場で楽しんでもらえるものだと思うから、今は積極的に受けるようにしてる。たとえ僕がどういう風に演奏しているのか伝わらなくても、フロアでお客さんに踊ってもらえたらそれでいい。でもDJ的なプレイを期待しているお客さんの前で演奏する時は、そういう意図がうまく伝わらなくて少ししらけてしまうこともあって。そういう時はやっぱり悔しいけど、あくまでこのスタイルでそういう場にも対応できるようになりたい。だから今は既存の曲をもっとフロア向けにアレンジし直したりしていて。現場での経験を通して少しずつ成長していくっていうのが、個人的にはツアーの醍醐味だと思ってる。なんか優等生っぽい言い方かもしれないけど笑。

— あはは、ポジティブな部分もネガティブな部分も包み隠さず話すところがAnchorsongっぽいね!もうあと数日だけど、1/28(木)は『Anchorsong "Ceremonial" Release Party』東京公演だね。どんなライブになる予定?

当日は今回のアジアツアーの中では唯一、ストリングカルテットと一緒に演奏する予定なんだ。今回のアルバムではリズムに重点が置かれていることもあって、実際にはストリングスが使われている曲は少ないんだけど、そういう曲を弦楽器用にアレンジすることにすごく意義を感じていて。『Oriental Suite』のような曲に弦楽器のアレンジを施すことで、曲が本来持っている振れ幅のようなものを証明できると思っていて。それに、音源を聴いた上でライブに足を運んでくれるお客さんに対して、期待以上のものを提供したいっていう気持ちがある。僕は普段からよくライブに足を運ぶんだけど、そういう驚きを提供してくれるライブはやっぱり長く記憶に残るから。たとえばビョークのライブには何度も行ったけれど、同じ曲でも毎回アレンジが違う。そういう驚きのあるライブをしたいんだよね。
046_1000— ストリングカルテットとの共演はどのように始まったの?

2005年頃に渋谷PLUGでライブをした時に知り合ったヴァイオリニストの女の子が、何か一緒にやろうって言ってくれて。それで彼女にカルテットを組んでもらうように頼んだんだよね。シガー・ロスやビョークのライブで、弦楽四重奏と一緒に演奏しているのを観た時からずっと興味があって。僕は音楽をちゃんと学んだことはなくて、弦楽器のこともほとんど分かっていなかったんだけど、自分の音楽との相性の良さは直感的に気づいてた。弦楽器は主役になってしっかり主張するだけじゃなく、他の音色を際立たせるために背後からそっと支えるようなこともできる。そういう柔軟なところが自分の音楽とすごくマッチする。当初はメンバーに曲を渡してアレンジをお願いしていたんだけど、最近では自分で手がけるようにしていて。リハーサルの場でメンバーから譜面にツッコミを入れられるようなこともしょっちゅうだけどね笑。

— それでは、最後にインタビューをご覧の皆さんに一言お願いします。

前作から約4年も空くとは自分でも思いもしなかったけど、時間をかけた分いいものができたと思っているので、是非アルバムを聴いてみて欲しいですね。それで気に入ったら、ライブに足を運んでもらえると嬉しいです。久々のストリングカルテットとの共演を僕自身とても楽しみにしていて、特別なものにしたいと思っているので。

— ありがとうございました!Anchorsongの久しぶりの東京公演。彼のアイデンティティとも言えるライブスタイル、そして、東京公演限定のストリングカルテットの特別セットをぜひ体感してほしいです!

 

Anchorsong "Ceremonial" Release Party


【開催日時】
2016/1/28(木) 18:00 open / 19:00 start

【開催場所】
青山・月見ル君想フ

【チケット(オールスタンディング)】
前売 3500円 / 当日 4000円(各ドリンク別)

【一般販売(11月28日(土)~)】
■プレイガイド
・チケットぴあ [Pコード:282-877] http://t.pia.jp/
・ローソンチケット [Lコード:78726] http://l-tike.com/
・イープラス

■月見ル君想フ予約
インターネット予約〔 1月16日0:00~1月26日24:00迄 〕
・電話予約〔03-5474-8115〕
※店頭予約の入場順はプレイガイドの後になります。

【お問い合わせ】
月見ル君想フ(03-5474-8115) / info@kikyu.net

【出演アーティスト】
■LIVE
・Anchorsong(ストリングスによる特別編成)
・Young Juvenile Youth
Ceremonial Cover 2K_1000Artist: Anchorsong ― アンカーソング
Title: Ceremonial ― セレモニアル
Release date: 2016.01.22 Fri On Sale
Label: Tru Thoughts / Beat Records
国内盤: BRC-489 ¥2,000(+税)
日本盤特典: ボーナス・トラック追加収録

【トラックリスト】

01. Eve
02. Expo
03. Mother
04. Oriental Suite
05. Kajo
06. Monsoon
07. Butterflies
08. Rendezvous
09. Last Feast
10. Outro
11. Ceremony
12. Wolves (Bonus Track for Japan)
13. Diver (Bonus Track for Japan)

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

INTERVIEW

クレイジーな冬の野外フェス『豪雪JAM』とは?

16731233_1228994357181452_241378092_o

冬には2m~3mの積雪となり、特別豪雪地帯に指定されている新潟県十日町市。そんな冬の十日町で開催され、今年で10周年を迎えるフェスがある。その名も『豪雪JAM』。。。

 

個人的にも何度か遊びに行っているが、辺り一面銀世界に包まれる冬の野外フェスは見たことがない。そして過酷なイメージとは裏腹に、行ってみるとそのイメージとはかけ離れた開放的な楽しさがある。他では決して体験できないこのフェスならではの魅力があるのだ。

 

あまりの豪雪に中止になったこともある『豪雪JAM』。他に類を見ないオリジナリティに溢れるフェスを運営するには、相当の苦労と他で得れない魅力があるだろう。その『豪雪JAM』の魅力を実行委員長の酒井直亮に聞いてみた。


 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 


 

ステージも雪、会場も雪、一面銀世界の冬の野外フェス。節目の第10回です。皆さんに感謝の気持ちを込めてお迎えしたいと思います。

 

麻生:
豪雪JAMってどんなイベントですか?


酒井:
新潟県十日町市で行われるステージも雪、会場も雪、一面銀世界の冬の野外フェスです。

 

麻生:
僕も何度か遊びに行ってますが、気温は低いですが晴れてるとその寒さ以上に体の底から暖かさを感じられるフェスですよね。冬に野外フェスってなかなか考えつかない企画にびっくりなんですけど、なぜこの企画をやろうと思ったんでしょうか? 

 

酒井:
ここ十日町市は世界でも有数の、定住者がいる豪雪地帯なんです。こんなクレイジーですばらしい環境があるので、十日町市でやるフェスなら冬しかないと一発で決めました。


 

16706943_1228994260514795_1990398186_n


 

麻生:
「十日町を新潟を全国に発信したい」という想いが詰まっていると聞きました。十日町ってどんな街なんでしょうか?

 

酒井:
豪雪地帯はもちろんなんですが、四季がはっきりしていて自慢の米、野菜、きのこ、豚肉、酒があります。 地元に誇りを持っている人がとても多いです。東京から電車で1時間50分で来れるのに、超陸の孤島感がたまらないですよ。最近では、大地の芸術祭が有名になり、シーズンには多くの方がいらっしゃいます。

 

麻生:
お米はもちろん、ご飯は本当に美味しいです!大地の芸術祭でもとても有名になりましたね。十日町、津南町と僕も今まで何度か行っているので本当によく分かります。豪雪JAMは今年で10周年を迎えるということですが、今までの面白いエピソードなどありますか?

 

酒井:
地元のおじさんとのこんなエピソードがありますね。

 

地元のおじさんと話をしながら

おじさん「あの会場でジャム作ったんだって?」

自分「そうです。雪まつりの最終日の一日だけですが」

おじさん「たった一日で作るの?すごいね」

自分「土曜日まで雪祭りで使われるので日曜日の朝からやるんですよ」

おじさん「たいしたもんだね、でもそれでお客さん来るの?」

自分「好きな人は来ますよ」

おじさん「ところで十日町のジャムって材料なんなん?」

自分「????、あっ~~違う違う、ジャムって食べ物でなくて音楽の!」

 

これがきっかけで今じゃお土産の定番の「ごはんのジャム、豪雪ジャムが生まれました」


 

16707106_1228998803847674_1599948915_n

勘違いから生まれたご飯のジャム、豪雪ジャム


 

麻生:
あはは、面白いエピソードですね!音楽のジャムと食べ物のジャムで話がすれ違っているという笑。

 

酒井:
中身は地元の高長醸造の香味野菜味噌やにんにく味噌でとっても美味しいですよ!

 

麻生:
僕もいただきましたが、お土産にぴったりな美味しいジャムですよね。そして、面白いながら素敵なエピソード。ぜひこのジャムも豪雪JAMとともに楽しんでほしいですね。今年の豪雪JAMの見所はどういうところですか?

 

酒井:
全7組のノンストップのアーティストですね。音が止まらないのは初めてでとても楽しみにしています。あと、10回記念なんですが、先着500名様にオリジナルお猪口と地元5蔵元の試飲券あります!


 

16700052_1228994310514790_1117799489_n

16735344_1228998290514392_1254425766_o

伝説のプロポーズも素敵なエピソード!


 

麻生:
おお、それは楽しみですね!先着特典、僕もゲットしたい!豪雪JAMは辺り一面真っ白な雪に包まれていて、他では得れない魅力や大変さもありますよね。このフェスならではの注意事項などはありますか?

 

酒井:
一面雪なので、防水の靴が必須ですね。晴れる事が多いんですが、快晴時は太陽の照り返しが強いのでサングラスや日焼け止めがあると良いですね。あと会場にはアルコール類の持ち込みは禁止とさせて頂いております。豪雪JAM実行委員会でドリンク屋をやっているんですが、ここでの売り上げを運営資金に回しています。大事な大事な運営資金なので、皆様にはご協力をお願いします。


 

16709374_1228994607181427_803024385_o

16731663_1228994533848101_1838650998_o

着物でおもてなしスナック不二子​


 

麻生:
なるほど、ドリンク売り上げが貴重な運営資金になっているんですね。また、防水の靴は本当に必須だと思います。あ、あと個人的には捻挫に注意です!雪の上を歩き慣れていないので、雪対応の靴を履いてても何度も捻挫しました笑。最後にご覧の皆さんに一言お願いします。

 

酒井:
節目の第10回です。皆さんに感謝の気持ちを込めてお迎えしたいと思います。いらっしゃる際は、十分気をつけてお越し下さい。

 

麻生:
ありがとうございました。今年も開催を楽しみにしています!

 

 

イベント詳細


 

名称:豪雪JAM 2017

開催日時:2017/2/19 (日) open 10:00 / close 17:00 ※雨雪天決行(詳細は公式サイトをご確認下さい。)

開催場所:十日町城ケ丘ピュアランド(新潟県十日町市)

料金:前売券 特典付き 先着500名 ¥4,000 当日券 ¥4,500 / 高校生以下60歳以上 無料 / 十日町市民、津南町民 ¥2,000(当日身分証明書提示)

お問い合わせ:info@gosetsujam.com

URL:http://www.gosetsujam.com/

 

出演アーティスト

・ SAIRU

・ SARATOGA

・ YOUR SONG IS GOOD

・ 児玉奈央 & Magical Echo Land

・ 三宅洋平

・ 大竹重寿 元晴 小泉P克人 小林洋太 中里たかし

・ 切腹ピストルズ

・ Gravityfree

 

◆主催

豪雪JAM実行委員会

 

 

豪雪JAM 2017 予告編映像

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »