NEWS

『SYNCHRONICITY’18』出演オーディション突破アーティスト特集:「all about paradise」インタビュー

all about paradise

様々な音楽的バックグラウンドを持つメンバーから作り出される彼らの音楽には、ジャンルを超えた独自性の中にとびきりの人懐っこさがある。初めて彼らの音楽に触れた人も決して置き去りにすることなく、SYNCHRONICITYのステージを温かく包みこみアットホームなライブを見せてくれることだろう。

 

そんな期待感を込めつつ、all about paradiseにインタビューを敢行した。

 

 

インタビュー・テキスト:中村圭汰
編集:麻生潤
Supported by 基本 CMYK

 

 


image1

 

ー まずは出演決定おめでとうございます。多数の応募の中を勝ち抜いての出演となりますが、今の気持ちを率直に教えてください。

 

西原浩(以降 西原 / Ba. ):
毎年気になっていたフェスだったので最高の気持ちです。

 

三山義久(以降 よっさん / Gt.):
とにかく嬉しいです!

 

有澤太郎(以降 有澤 / Gt.):

とにかく「やったー!」という気持ちです。当日『SYNCHRONICITY』の舞台で演奏出来ることが待ち遠しいです。

 

飛田興一(以降 飛田 / Dr.):
泣ける−!!お友達も何組かいるので一緒のフェスに出られて嬉しいです!

 

サトーカンナ(以降 カンナ / Vo.):
結果を待っているこの2週間が永遠のように感じました。。

 

ー 気が気ではなかったみたいですね。(笑)

 

カンナ:
はい。とにかく、無事に出演が決まってホッとしています。

 

image2


ー メンバーの皆さんの喜びの声も安堵の気持ちもとてもまっすぐに伝わってきます。今回、オーディションの存在はどこで知ったんですか?

 

有澤:
Eggsさんのサイトに応募記事が載っていて、そこで知りました。

 

ー 先程、西原さんから「毎年気になっていた」というワードが出ましたが、SYNCHRONICITYというフェスは知っていましたか?

 

有澤:
はい。今を代表するアーティストのみなさんが出演しているフェスという印象を持っていました。以前から常々、チャンスがあったら出演したいと思っていたので、今回オーディションがあると知って速攻応募しました。(笑)

 

ー 速攻、というところにこのフェスへの意気込みを感じます(笑)アーティストの皆さんが気になるフェスって、そこには必ず音楽的な繋がりがあると思うんですが、今回皆さんが1人のリスナーとして観てみたいアーティストはいますか?

 

カンナ:
サニーデイ・サービス、SOIL&”PIMP”SESSIONS、韻シスト、the band apartなど、よく知っていながらライブを観たことがない方々の生演奏を体感したいです。あと、以前りんご音楽祭で出演時間が被って観られなかった念願のCHAIをついに観られる!と思ったらまた時間が被ってしまい、再びおあずけです。。

 

西原:
Tempalay、WONK、Ovall

 

よっさん:
全部!

 

有澤:
Tempalay、CHAI、MONO NO AWARE、the band apart、Ovallにbonobos…。観たいアーティストが沢山いて選びきれないですね!

 

飛田:
Tempalay、ディープファン君、LUCKY TAPES、Ovallです!

 

image3


ー 意見が被っているバンドも沢山ありますが、音楽的なジャンルとしての一貫性のようなものはあまりなさそうですね。ファンクあり、ロックあり、ポップスありと、そこが『SYNCHRONICITY』らしさでもあり、皆さんと通ずるところでもあるかなと思うんですが。

 

有澤:
そうですね。all about paradise(以降A.A.P.)の一番の特徴は、メンバーそれぞれが異なる音楽性やバックグランド、そして世代を持っていることかなと思っています。

 

ー メンバーのバックグラウンドにある音楽は具体的にどういったジャンルですか?

 

有澤:
主に、Funk、R&B、JazzやAlbum-Oriented Rockですかね。そういったジャンルの音楽をインプットし、少しキャッチーな要素を取り入れて、テクノやエレクトロミュージックにアウトプットする。それが僕らの音楽の強みであり、皆さんに聴いてもらいたい、体感してもらいたいところでもあります。

 

 

ー 様々な音楽性を取り入れることで、複雑さや実験性のような印象を与えがちですが、そこに「キャッチーさ」という大衆性をもったエッセンスを加えることで、A.A.P.の持つ人懐っこさが生まれている気がします。

 

有澤:
そうかもしれないですね。サウンドだけを追求していくとどうしてもマニアックな方向にいってしまうので…(笑)

 

ー “人懐っこさ”というキーワードについてもう少し話すと、A.A.P.のMVやライブ映像を見させてもらったのですが、MVの中に出てくるコミカルなシーンや、ライブ中に皆さんが笑いながら演奏している姿はとても印象的でした。「楽しむ力」と「楽しませる力」がとても強いバンドだ

なと。

 

有澤:
自分達自身では特に意識している訳では無いのですが、メンバーそれぞれが演奏することが大好きで、最高に楽しいライブをしたいという思いは常にあります。その部分がリスナーの皆さんとの距離を縮ませ、“人懐っこさ”を感じていただけたのかもしれません。やはり観に来てくださっている方たちに「来てよかった」「最高だった」と思って帰って欲しいという気持ちが強いですね。

 

そして、一方通行の思いではなく、自分達が最高に楽しめていることをシェアしたいという気持ちもあります。(笑)

 

image4

 

ー 楽しむことをシェアするというのは、ライブの醍醐味ですね。この話を聞かせて頂いて、改めてライブバンドとしての強さを再確認しました。そんな皆さんから、最後に当日のライブへ向けて一言お願いします。

 

カンナ:
始めてA.A.P.を観る方にも自分たちの良さが伝わるよう、いつも通りの演奏ができればいいなと思っています。

 

西原:
とにかく、イイ意味で爪痕を残せたらと。とにかくブチかまします。

 

よっさん:
どんなライブになるかはわかりませんが凄く楽しみです!

 

飛田:
A.A.P.のサウンドを通し、人と人とが繋がって、心がシンクロしてもらえる様なステージにしたいですね!

 

有澤:
来てくださるみなさんに楽しんでいただきたいのはもちろんですが、自分自身も楽しめるライブにしたいです。A.A.P.の持てる魅力を存分に発揮できれば最高です。

 

 

all about paradise プロフィール

東京を中心に活動するバンド。2017年1月結成。6月よりライブ活動を開始。8月に初の音源集「A.A.P. 1st. WORKS 」を発表。9月に「りんご音楽祭2017」に出場。現在も数多くのライブやイベントに参加。

all about paradise

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Elephant Gym、2020年1月の初ワンマンツアーよりYeYeとの共演ライブ映像を公開!

Elephant Gym_Artist_Photo_201910_hori_2000

2020年1月に行われた台湾スリーピースバンド「Elephant Gym」初の東名阪ワンマンツアー「The Rats and The Elephants」より、YeYeとの初共演ライブ映像を公開された。

 

2nd Full Album「Underwater」では日本から、Kento NAGATSUKA (WONK)とYeYeがそれぞれ作詞&歌唱参加している楽曲を収録しており、YeYe作詞&歌唱参加の、”Moonset feat. YeYe”で初共演を果たした。貴重なライブ映像を楽しんでほしい。

 

Elephant Gym / Moonset feat. YeYe – Live at "The Rats and The Elephants"

 

なお、YeYeは3/18にニューアルバム「30」をリリースする予定。

 

Live Photo by Takeshi Yao

 

Elephant Gym_Artist_Photo_201910_hori_2000<アーティストプロフィール>
Guitar, Piano, Synthesizer :Tell Chang(張凱翔) / Bass, Vocal : KT Chang(張凱婷)/ Drums : Chia-Chin Tu(涂嘉欽) *TellとKTは兄妹。

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界各国にてリリース&ツアーを実施。2016年8月、1stアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月、アメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。

2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、「りんご音楽祭2018」及び「OOPARTS 2018」出演。同年11月、2ndフルアルバム「Underwater」をリリースし、東名阪ジャパンツアー実施、代官山UNITの東京公演はソールドアウトとなる。また、北米公演全箇所ソールドアウト含む、14カ国約100公演のワールドツアーを実施。
2019年11月、Tyler, The Creator主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LAドジャースタジアム)出演。それに伴い、北米ウエストコースト8都市を回る「The Blue Tour」を、日本のインストロックバンド・LITEとのツーマンにて実施。
2020年1月、日本にて初となる東名阪ワンマンツアーを敢行、全公演ソールドアウト。

 

https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »