NEWS

world’s end girlfriend、11月26日リリースの「LAST WALTZ」より新MV「Plein Soleil」公開

weg_PS_MV_pic3

world's end girlfriendが11月26日にリリースするアルバム「LAST WALTZ」より、主演・日南響子、唄・湯川潮音による新作MUSIC VIDEO「Plein Soleil」を公開。

 

Director/EditorはYohei Saito(rokapenis)、CameraはYosuke Torii、Flowers Directionはahi.相壁 琢人、Hair & Make-upはSHIZUE、StylingはTatsuya Shimadaがそれぞれ務めている。

 

6年ぶりの新作に期待は高まるばかりだ。

 

world's end girlfriend / Plein Soleil(MUSIC VIDEO)

 

命を産み、また奪う存在である「海」と、

命と美の象徴である「花」が燃やされ死にゆく姿と、

その境界に立つ存在を描く。

 

Music : world's end girlfriend

Cast:日南響子 Kyoko Hinami

Vocal : 湯川潮音 Shione Yukawa

Director/Editor : Yohei Saito(rokapenis)

Camera : Yosuke Torii

Flowers Direction:ahi.相壁 琢人

Hair & Make-up : SHIZUE

Styling : Tatsuya Shimada

 

——————————————–

 

アルバム詳細:

world's end girlfriendがフルアルバムとしては6年ぶりとなる新作「LAST WALTZ」を自身主宰のレーベルVirgin Babylon Recordsより2016年11月26日リリース。

 

アルバム「LAST WALTZ」のテーマは自身の名でもある「world's end girlfriend」。18年間、作家自身が想い描き続けたその名が持つ根源のイメージ。3.11後の世界、テロの時代における抵抗と祝福。これまででもっともパーソナルな哲学と領域に深く踏み込んだ作品となっている。

 

世界中のどこにもない音世界で描かれた新作「LAST WALTZ」。静寂と轟音、生音とプログラミング、旋律とノイズを自在に行き来し、喜怒哀楽や善悪の彼岸も越え、全10曲70分ひとつの物語として描かれる。死の舞踏」のその先、「メメント・モリ」の向こう側。震える地の上で踊り、放射される光と闇の中で最期まで遊びつづける。

 

ゲストミュージシャンとして、downyのギタリスト青木裕、湯川潮音、Piana等が参加。アートワークは中国の現代美術家Jiang Zhiの作品を使用。

 

予告動画2作も公開中:

world's end girlfriend / LAST WALTZ / trailer 1 

 

world's end girlfriend / LAST WALTZ / trailer 2

 

レーベル通販では特典音源付き先行予約開始。

レーベル通販ページ

http://www.virgin-babylon-records.com/unsupermarket/music_058.html

 

——————————————————

 

アルバムトラックリスト:

world's end girlfriend / LAST WALTZ

01. LAST WALTZ

02. Plein Soleil 

03. Angel Ache 

04. Flowers of Romance

05. Void 

06. Crystal Chrysalis 

07. in Silence / in Siren 

08. Radioactive Spell Wave

09. Girl

10. LAST BLINK

 

LABEL : Virgin Babylon Records

品番:VBR-039

価格 :  ¥2300(税別)

発売日 2016.11.26

 

——————————————————–

 

日南響子プロフィール:

2006年雑誌『nicola』の第10回モデルオーディションでグランプリを受賞し、デビュー。

 

ニコラ本誌の表紙起用回数は当時歴代2位の16回で、内、2回が単独での起用。2010年5月号をもって卒業し、2011年4月~2013年10月号女性向けファッション雑誌『non-no』の専属モデルとして活動。その他 ドラマ、映画、CM、バラエティ番組、ラジオなどで活動。

 

現在は映画等の出演の他、別名儀(珠麟-しゅりん-)シンガーソングライターとしての活動をメインに楽曲の制作やライブを行っている。

 

湯川潮音プロフィール:

1983年東京出身。小学校時代より東京少年少女合唱隊に在籍、多くの海外公演などを経験。2001年ポップフィールドではじめて披露された歌声が多くの話題を呼ぶ。以降、美しいことばの響きを大切にした歌詞、クラシックやトラディショナルを起点に置いた独自の世界観で音楽を紡ぎ続けている。国内外で数々のライブや音楽フェスに出演。2015年アルバム「セロファンの空」をリリース後、国内のみならず、ニューヨークにも拠点を置き幅広い場所で活動を行っている。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Suchmos、『2018 NHKサッカーテーマ』担当決定

20171221_scm_00020_fixS_2000

Suchmos(サチモス)が、『2018 NHKサッカーテーマ』を担当することが決定した。

 

NHKによると、6月に開幕する2018 FIFAワールドカップ ロシア大会をはじめ、Jリーグや天皇杯などの国内大会のほか、日本代表の試合やヨーロッパを中心とした海外サッカーなど、サッカー中継や関連番組のテーマ音楽として使用される。

 

ボーカルのYONCE(ヨンス)は、「世界中の視線を集めるピッチはどんな景色だろう。11人とサポーターで燃え上がるボルテージといかしたアイデアがあれば、感動的なシーンがきっと生まれる。心揺らすチャンスメイクを期待しています。」とのコメントを寄せた。

 

NHKサッカー中継テーマ音楽は、2010年にSuperfly「タマシイレボリューション」、11~12年にRADWIMPS「君と羊と青」、13年にサカナクション「Aoi」、14~16年に椎名林檎「NIPPON」、17年にONE OK ROCK「We are」が使用されていた。 

 

【リリース情報】

アーティスト:Suchmos

タイトル:「808」

発売日:2018.2.15

*配信限定

 

【ライヴ情報】

『YOU’VE GOT THE WORLD TOUR』

 

■2018年4月19日(木)

会場:【名古屋】日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

時間:OPEN 18:00 / START 19:00

info:JAILHOUSE 052-936-6041

 

■2018年4月27日(金)

会場:【神奈川】パシフィコ横浜国立大ホール

時間:OPEN 18:00 / START 19:00

info:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

■2018年4月28日(土)

会場:【神奈川】パシフィコ横浜国立大ホール

時間:OPEN 17:00 / START 18:00

info:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

【チケット一般発売】

2018年2月25日(日)

料金:¥5,500 (全席指定)

 

『Suchmos The Blow Your Mind TOUR』

*全8公演

 

■5月11日(金)

会場:岩手 盛岡市民文化ホール 大ホール (全席指定)

ゲスト:Yogee New Waves

時間:OPEN 18:00 / START 19:00

料金:¥5,500

Info:ノースロードミュージック 022-256-1000

 

■5月18日(金)

会場:山口 周南 RISING HALL (STANDING・後方指定席)

ゲスト:The Birthday

時間:OPEN 18:15 / START 19:00

料金:¥5,500 (ドリンク代別途)

Info:YUMEBANCHI(広島) 082-249-3571

 

■5月20日(日)

会場:香川 高松festhalle  (ALL STANDING)

ゲスト:The Birthday

時間:OPEN 17:00 / START 18:00

料金:¥5,500 (ドリンク代別途)

Info:YUMEBANCHI(岡山) 086-231-3531

 

■5月23日(水)

会場:富山 富山クロスランドおやべ (1F STANDING・2F指定席)

ゲスト:Dragon Ash

時間:OPEN 18:00 / START 19:00

料金:¥5,500

Info:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100

 

■5月25日(金)

会場:長野 松本キッセイ文化ホール 中ホール

 (ALL STANDING)

ゲスト:Dragon Ash

時間:OPEN 18:00 / START 19:00

料金:¥5,500

Info:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100

 

■6月8日(金)

会場:熊本 熊本B.9 V1 (ALL STANDING)

ゲスト:never young beach

時間:OPEN 18:00 / START 19:00

料金:¥5,500 (ドリンク代別途)

Info:BEA  092-712-4221

 

■6月10日(日)

会場:鹿児島 鹿児島 CAPARVO HALL

(ALL STANDING)

ゲスト:never young beach

時間:OPEN 17:15 / START 18:00

料金:¥5,500 (ドリンク代別途)

Info:BEA  092-712-4221

 

■6月17日(日)

会場:沖縄 ミュージックタウン音市場 (ALL STANDING)

*ワンマン

時間:OPEN 17:00 / START 18:00

料金:¥5,500 (ドリンク代別途)

Info:PM AGENCY 098-898-1331

 

【チケット一般発売】 

全公演2018年4月7日(土)~

 

【リンク】

Suchmos Official HP
http://www.suchmos.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »