NEWS

world’s end girlfriend、11月26日リリースの「LAST WALTZ」より新MV「Plein Soleil」公開

weg_PS_MV_pic3

world's end girlfriendが11月26日にリリースするアルバム「LAST WALTZ」より、主演・日南響子、唄・湯川潮音による新作MUSIC VIDEO「Plein Soleil」を公開。

 

Director/EditorはYohei Saito(rokapenis)、CameraはYosuke Torii、Flowers Directionはahi.相壁 琢人、Hair & Make-upはSHIZUE、StylingはTatsuya Shimadaがそれぞれ務めている。

 

6年ぶりの新作に期待は高まるばかりだ。

 

world's end girlfriend / Plein Soleil(MUSIC VIDEO)

 

命を産み、また奪う存在である「海」と、

命と美の象徴である「花」が燃やされ死にゆく姿と、

その境界に立つ存在を描く。

 

Music : world's end girlfriend

Cast:日南響子 Kyoko Hinami

Vocal : 湯川潮音 Shione Yukawa

Director/Editor : Yohei Saito(rokapenis)

Camera : Yosuke Torii

Flowers Direction:ahi.相壁 琢人

Hair & Make-up : SHIZUE

Styling : Tatsuya Shimada

 

——————————————–

 

アルバム詳細:

world's end girlfriendがフルアルバムとしては6年ぶりとなる新作「LAST WALTZ」を自身主宰のレーベルVirgin Babylon Recordsより2016年11月26日リリース。

 

アルバム「LAST WALTZ」のテーマは自身の名でもある「world's end girlfriend」。18年間、作家自身が想い描き続けたその名が持つ根源のイメージ。3.11後の世界、テロの時代における抵抗と祝福。これまででもっともパーソナルな哲学と領域に深く踏み込んだ作品となっている。

 

世界中のどこにもない音世界で描かれた新作「LAST WALTZ」。静寂と轟音、生音とプログラミング、旋律とノイズを自在に行き来し、喜怒哀楽や善悪の彼岸も越え、全10曲70分ひとつの物語として描かれる。死の舞踏」のその先、「メメント・モリ」の向こう側。震える地の上で踊り、放射される光と闇の中で最期まで遊びつづける。

 

ゲストミュージシャンとして、downyのギタリスト青木裕、湯川潮音、Piana等が参加。アートワークは中国の現代美術家Jiang Zhiの作品を使用。

 

予告動画2作も公開中:

world's end girlfriend / LAST WALTZ / trailer 1 

 

world's end girlfriend / LAST WALTZ / trailer 2

 

レーベル通販では特典音源付き先行予約開始。

レーベル通販ページ

http://www.virgin-babylon-records.com/unsupermarket/music_058.html

 

——————————————————

 

アルバムトラックリスト:

world's end girlfriend / LAST WALTZ

01. LAST WALTZ

02. Plein Soleil 

03. Angel Ache 

04. Flowers of Romance

05. Void 

06. Crystal Chrysalis 

07. in Silence / in Siren 

08. Radioactive Spell Wave

09. Girl

10. LAST BLINK

 

LABEL : Virgin Babylon Records

品番:VBR-039

価格 :  ¥2300(税別)

発売日 2016.11.26

 

——————————————————–

 

日南響子プロフィール:

2006年雑誌『nicola』の第10回モデルオーディションでグランプリを受賞し、デビュー。

 

ニコラ本誌の表紙起用回数は当時歴代2位の16回で、内、2回が単独での起用。2010年5月号をもって卒業し、2011年4月~2013年10月号女性向けファッション雑誌『non-no』の専属モデルとして活動。その他 ドラマ、映画、CM、バラエティ番組、ラジオなどで活動。

 

現在は映画等の出演の他、別名儀(珠麟-しゅりん-)シンガーソングライターとしての活動をメインに楽曲の制作やライブを行っている。

 

湯川潮音プロフィール:

1983年東京出身。小学校時代より東京少年少女合唱隊に在籍、多くの海外公演などを経験。2001年ポップフィールドではじめて披露された歌声が多くの話題を呼ぶ。以降、美しいことばの響きを大切にした歌詞、クラシックやトラディショナルを起点に置いた独自の世界観で音楽を紡ぎ続けている。国内外で数々のライブや音楽フェスに出演。2015年アルバム「セロファンの空」をリリース後、国内のみならず、ニューヨークにも拠点を置き幅広い場所で活動を行っている。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

11/8(月)『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』で、渋さ知らズオーケストラ、ZAZEN BOYSのツーマンライブ決定!本日より前売チケット発売スタート!!

synchro21al_yoko_comp

2021年11月8日(月)に、渋さ知らズオーケストラとZAZEN BOYSの2組によるツーマンイベント『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』の開催が、渋谷TSUTAYA O-EASTにて決定した。開場〜開演時、転換時は都市型フェス『SYNCHRONICITY』のレジデントDJであるKo UmeharaがDJを担当する。

 

このイベントは、毎年春に開催している都市型フェス『SYNCHRONICITY』のスピンオフイベント。そのフェスでも特に縁の深い2組によるツーマンとなる。なお、来年の春の開催もまもなく発表となるとのことなので、そのアナウンスも楽しみに待とう。

 

開催発表と同時に、イープラス、ZAIKOにて、前売チケットの発売がスタート。人数限定のチケット販売となるので購入を急ごう。


 

SYNCHRONICITY’21 Autumn Live イベント概要

 

名称:SYNCHRONICITY’21 Autumn Live – 渋さ知らズオーケストラ × ZAZEN BOYS –
開催日時:2021年11月8日(月) open 17:30 / start 18:30
開催場所:TSUTAYA O-EAST
LiVE:渋さ知らズオーケストラ / ZAZEN BOYS
DJ:Ko Umehara(-kikyu-)

 

チケット情報:
【前売チケット】
5,000円(ドリンク別)
チケット発売日:10月14日(木)18:00

 

【チケット販売先】
・e+(イープラス)
http://eplus.jp/synchronicity2021-al/

 

・ZAIKO
https://synchronicity.zaiko.io/e/autumnlive21

 

公式WEB:
https://synchronicity.tv/festival/

 

公式SNS:
Twitter
Instagram
Facebook

 

お問い合わせ:
SYNCHRONICITY(info@kikyu.net
TSUTAYA O-EAST(03-5458-4681)

 

主催:
EARTHTONE Inc.

 

協力:
TSUTAYA O-EAST

 

synchro21al_flyer3_comp

SYNCHRONICITY'21 Autumn Live フライヤー

 

shibusashirarzu-orchestra_2000

渋さ知らズオーケストラ

 

1989年9月、不破大輔を中心に第一回目のライヴを行う。フリージャズをベースにした大所帯バンドだが、オーケストラ編成だけでなく、中編成や小編成でも活動する。芝居の音楽伴奏が出発点の一つとなったこともあり、演劇的感覚が強い。演奏にはジャズ、ロック、フォーク、歌謡曲など様々な要素が混在し、ジャンル分けを拒む音楽である。ステージはミュージシャン、舞踏家、ダンサー、パフォーマー、映像などによって構成され、同時多発的な「イベント」が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドと評される。FUJI ROCK FESTIVAL(日)、SUMMER SONIC(日)、GLASTONBURY FESTIVALS(英)、MOERS FESTIVAL(独)、ROCCELLA(伊)、NANTES(仏)、QUEBEC(加)をはじめとする、国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け数度の長期ヨーロッパツアーを行いフェスや単独公演を行う。また、「天幕渋さ」と呼び、自らテントを建てての公演も開催している。これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示しており、芸能のラディカリズムを意識したものである。
www.shibusa.net

 

zazenboys_photo_2021_500kb

ZAZEN BOYS

 

向井秀徳 (Vocal,Guitar,Key)
松下敦 (Drums)
吉兼聡 (Guitar)
ミヤ (Bass)

 

元NUMBER GIRLの向井秀徳が中心となり、2003年結成。
MATSURI STUDIOを拠点に、国内外でのライブ活動、作品制作を行っている。

 

<オフィシャル・サイト> mukaishutoku.com

<MATSURI STUDIO Twitter> https://twitter.com/MatsuriStudio

 

ko umehara_500kb

KO UMEHARA (Komabano Oscillation Lab. / contatto / 惨劇の森)

 

DJ / Track Maker / 静岡県出身
2000年代中盤から都内にてDJ活動、楽曲制作を開始。PULSE at ClubAsiaやKlass at Module、Anoanaなどのパーティーオーガナイズ、DJを務めつつ数多くの野外fesへ出演を果たす。現在は-kikyu-主催の屋内型フェスティバルSYNCHRONICITYのレジデントDJやShu Okuyamaとの音楽レーベル駒場野震動研究所(Komabano Oscillation Lab. )、DJ WADAとのパーティーcontatto at forestlimit、deep distance at 神楽音、惨劇の森(DJ Abraxas a.k.a Aquarium×Phonehead×Bushmind×Ko Umehara)を中心に日本各地様々なクラブ、野外パーティー、場末のbarなどにて活動中。

 

https://soundcloud.com/ko-umehara 
http://www.mixcloud.com/koumehara/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »