NEWS

world’s end girlfriend、11月26日リリースの「LAST WALTZ」より新MV「Plein Soleil」公開

weg_PS_MV_pic3

world's end girlfriendが11月26日にリリースするアルバム「LAST WALTZ」より、主演・日南響子、唄・湯川潮音による新作MUSIC VIDEO「Plein Soleil」を公開。

 

Director/EditorはYohei Saito(rokapenis)、CameraはYosuke Torii、Flowers Directionはahi.相壁 琢人、Hair & Make-upはSHIZUE、StylingはTatsuya Shimadaがそれぞれ務めている。

 

6年ぶりの新作に期待は高まるばかりだ。

 

world's end girlfriend / Plein Soleil(MUSIC VIDEO)

 

命を産み、また奪う存在である「海」と、

命と美の象徴である「花」が燃やされ死にゆく姿と、

その境界に立つ存在を描く。

 

Music : world's end girlfriend

Cast:日南響子 Kyoko Hinami

Vocal : 湯川潮音 Shione Yukawa

Director/Editor : Yohei Saito(rokapenis)

Camera : Yosuke Torii

Flowers Direction:ahi.相壁 琢人

Hair & Make-up : SHIZUE

Styling : Tatsuya Shimada

 

——————————————–

 

アルバム詳細:

world's end girlfriendがフルアルバムとしては6年ぶりとなる新作「LAST WALTZ」を自身主宰のレーベルVirgin Babylon Recordsより2016年11月26日リリース。

 

アルバム「LAST WALTZ」のテーマは自身の名でもある「world's end girlfriend」。18年間、作家自身が想い描き続けたその名が持つ根源のイメージ。3.11後の世界、テロの時代における抵抗と祝福。これまででもっともパーソナルな哲学と領域に深く踏み込んだ作品となっている。

 

世界中のどこにもない音世界で描かれた新作「LAST WALTZ」。静寂と轟音、生音とプログラミング、旋律とノイズを自在に行き来し、喜怒哀楽や善悪の彼岸も越え、全10曲70分ひとつの物語として描かれる。死の舞踏」のその先、「メメント・モリ」の向こう側。震える地の上で踊り、放射される光と闇の中で最期まで遊びつづける。

 

ゲストミュージシャンとして、downyのギタリスト青木裕、湯川潮音、Piana等が参加。アートワークは中国の現代美術家Jiang Zhiの作品を使用。

 

予告動画2作も公開中:

world's end girlfriend / LAST WALTZ / trailer 1 

 

world's end girlfriend / LAST WALTZ / trailer 2

 

レーベル通販では特典音源付き先行予約開始。

レーベル通販ページ

http://www.virgin-babylon-records.com/unsupermarket/music_058.html

 

——————————————————

 

アルバムトラックリスト:

world's end girlfriend / LAST WALTZ

01. LAST WALTZ

02. Plein Soleil 

03. Angel Ache 

04. Flowers of Romance

05. Void 

06. Crystal Chrysalis 

07. in Silence / in Siren 

08. Radioactive Spell Wave

09. Girl

10. LAST BLINK

 

LABEL : Virgin Babylon Records

品番:VBR-039

価格 :  ¥2300(税別)

発売日 2016.11.26

 

——————————————————–

 

日南響子プロフィール:

2006年雑誌『nicola』の第10回モデルオーディションでグランプリを受賞し、デビュー。

 

ニコラ本誌の表紙起用回数は当時歴代2位の16回で、内、2回が単独での起用。2010年5月号をもって卒業し、2011年4月~2013年10月号女性向けファッション雑誌『non-no』の専属モデルとして活動。その他 ドラマ、映画、CM、バラエティ番組、ラジオなどで活動。

 

現在は映画等の出演の他、別名儀(珠麟-しゅりん-)シンガーソングライターとしての活動をメインに楽曲の制作やライブを行っている。

 

湯川潮音プロフィール:

1983年東京出身。小学校時代より東京少年少女合唱隊に在籍、多くの海外公演などを経験。2001年ポップフィールドではじめて披露された歌声が多くの話題を呼ぶ。以降、美しいことばの響きを大切にした歌詞、クラシックやトラディショナルを起点に置いた独自の世界観で音楽を紡ぎ続けている。国内外で数々のライブや音楽フェスに出演。2015年アルバム「セロファンの空」をリリース後、国内のみならず、ニューヨークにも拠点を置き幅広い場所で活動を行っている。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

香港のバンド「GDJYB」、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で配信されたライブ映像を公開

GDJYB_2019_horizontal_sml

香港女性4人組バンド「GDJYB」が、7月4日『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で未発表映像として配信されたライブ映像を公開した。

 

このライブ映像は、ボルダリングスタジオで開催された2018年『SQUARECLE EP』でのリリースパーティーライブ映像となる。

 

 

「GDJYB(ジーディージェイワイビー)」は香港をベースに活動し、マスロックとフォークミュージックをシンプルで分かりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、『マスフォーク』という独自のジャンルで音楽を展開する、女性四人組バンド。

 

日本では2016年に1stアルバム国内盤リリースと、2018年に都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」出演で初来日をし、少しずつ活動を広げている。その独自の音楽性に耳の早いリスナーから少しずつ評判が広がっており、2020年7月に開催された『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』にも過去の非公開ライブ映像で出演し、話題を集めた。

 

そんなGDJYBは、先日2年振りに新曲「405 Method Not Allowed」を各配信サイトにてデジタルリリース。YouTubeでもリリックビデオが配信されている。

 

香港では大きな状況の変化を迎えている中、制作された楽曲で、今年は他にも新曲の発表を予定している。

 

■GDJYB / 405 Method Not Allowed

 

<アーティストプロフィール>
Vocal – Soft Liu / Guitar – Soni Cheng / Bass – Wing Chan / Drum – Heihei Ng

 

「GDJYB」(ジーディージェイワイビー) は、2012年に香港で結成された女性4人編成バンド。マスロックとフォークミュージックを、シンプルでわかりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、「マスフォーク」と自らの音楽を形容する。マスロックの影響を感じさせる変拍子とギターフレーズに、フォーキーなコード感とメロディーをフュージョンさせることで、独特でありながらもキャッチーな楽曲を生み出している。

 

2014年にセルフタイトルとなる1st EPをリリースし、カルチャー誌「Time Out」に「あなたが聴くべき香港のアーティスト」として選出。2016年4月に同タイトルの日本盤がリリース。2016年12月、1stフルアルバム「23:59」リリースし、台湾で最も権威ある音楽賞「第28回台湾ゴールデンメロディーアワード・ベストミュージカルグループ」にノミネートされた。
2018年、2nd EP「SQUARECLE」リリース。4月には渋谷で開催の都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」に出演し、初来日を果たした。

 

バンド名は、香港の伝統料理「雞蛋蒸肉餅」(Gai Daan Jing Yuk Bang)の頭文字をとったもの。

 

GDJYB_2019_horizontal_sml

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »