NEWS

SuiseiNoboAz、台湾の若手ロックバンド「Gigantic Roar」とスプリットツアー開催

tourimage

「SuiseiNoboAz」と台湾の若手ロックバンド「Gigantic Roar」のスプリットツアーが決定した。

 

2バンドで日本で4箇所、台湾で3箇所をツアーで回る。今回は台湾ツアーに先駆け、日本国内ツアーの詳細解禁となった。東京、名古屋、京都、大阪に夫々Qomolangma Tomato、クリトリック・リス、OUTATBERO、初期のアンドヤング、ookubofactoryとSuiseiNoboAzとSuiseiNoboAzの盟友たちが参戦する。

 

ツアー詳細

12/8(金)東京 青山月見ル君想フ 

・出演:Gigantic Roar(taiwan)、SuiseiNoboAz、ookubofactory

・Open18:30/Start19:00

・チケット代:前売2,500円/当日3,000円 +1D

 

12/9(土)名古屋 池下CLUB UPSET

・出演:Gigantic Roar(taiwan)、SuiseiNoboAz、Qomolangma Tomato

・Open18:30/Start19:00

・チケット代:前売2,500円/当日3,000円 +1D

 

12/10(日)京都 SOCRATES

・出演:Gigantic Roar(taiwan)、SuiseiNoboAz、クリトリック・リス、OUTATBERO

・Open18:30/Start19:00

・チケット代:前売2,500円/当日3,000円 +1D

 

12/11(月)大阪 HARDRAIN

・出演:Gigantic Roar(taiwan)、SuiseiNoboAz、初期のアンドヤング

・Open18:30/Start19:00

・チケット代:前売2,500円/当日3,000円 +1D

 

※予約は各バンド予約、店頭予約のみとなります。

 

《Gigantic Roar(巨大的轟鳴) from 台湾 プロフィール》

 

台湾の港町高雄出身のバンド。2015年に金音創作獎という由緒ある音楽賞のライブパフォーマンス部門において受賞をし、台湾インディ界隈で噂の絶えない新進気鋭の若手バンドである。パンク、ブルース、ラップなどを取り入れた雑食性の高い音楽性で、結成わずか3年で東南アジア、香港中国などへツアーを行っている。

 

いわゆるミクスチャーバンドであるが、ラッパーとしても台北HIPHOPシーンにおいてメキメキ頭角を表しているボーカルの独特のフィジカル感のあるラップとボーカルを程よくブレンドするセンス、そしてバンドの変幻自在のグルーヴで時に激しく躍らせ、時にメロウに聴かせる。

 

ニューアルバム<老子有的是時間>が2016年4月に発売後、アジア各国、アメリカのフェス出演とツアーが決まり今まさにノリにノった状態での日本初上陸!!

 

巨大的轟鳴 Gigantic Roar-老子有的是時間

 

巨大的轟鳴 Gigantic Roar-登鸛雀樓

 

<official web>

http://www.giganticroar.com/

 

《SuiseiNoboAz プロフィール》

 

東京オルタナティブシーンを代表するロックバンドSuiseiNoboAz。

鍛え抜かれたタイトなリズム、轟音の中で放つ咆哮のごときボーカルでシーンにおいて圧倒的存在感を放つ現在進行形の東京のロックバンド

 

2007年夏、東京都新宿区にて結成。

2010年1月20日、向井秀徳プロデュースによる1stアルバム『SuiseiNoboAz』をリリース。2011年7月6日には2ndアルバム

 

『THE(OVERUSED)END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH』をリリース。2012年7月ライブDVD『THE END OF THE WORLD v.s. VINYLBUKURO』リリース。2013年6月12日、3rdアルバム『ubik』をリリース。

メンバー脱退を経て2015年11月3日、2曲入り7"アナログ限定シングル『mizukamakiri』リリース。

 

SuiseiNoboAzからツアー開催に向けてのメッセージ動画

 

<official web>

http://suiseinoboaz.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Kan Sano、SANABAGUN.、BLU-SWING、Mimeのメンバーによって結成されたLast Electroが1st EP『closer』リリース!2/15(土)には代官山UNITにて初のワンマンも決定!!

Print

Kan Sano、Ippei Sawamura(SANABAGUN.)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Jun Uchino(Mime)による国内のSoul、R&B、Hip-Hopシーンで活躍する腕利きのミュージシャンが集ったバンド『Last Electro』が、1st EP『closer』を2020年1月15日(水)にリリースすることが明らかとなった。11月29日(金)には第3弾となる先行配信曲『AKIRA SENTIMENTAL』をリリースする。

 

また、1st EP『closer』のリリースに伴い、2月15日(土)に代官山UNITにて初のワンマンライブが開催される。チケットの発売は11月16日(土)10:00より各プレイガイドにて発売される。初となる『Last Electro』のワンマンライブをぜひ目撃しよう。


 

Release Information

 

2020年1月15日on sale

Last Electro 1st EP “closer”   
2020/1/15 on sale   JOSSPL-012  / ¥1,800+税

 

closer_2000

1. Pentatonic Love 
2. When You Kill Me 
3. Night Symphony 
4. Donka 
5. HBC-8 
6. AKIRA SENTIMENTAL 
7. Highlight

 

第3弾先行配信シングル
Last Electro “AKIRA SENTIMENTAL”

 

AKIRA SENTIMENTAL

 

2019/11/29 on sale   JOSSPL-011  / 各¥250

 

AKIRA SENTIMENTAL

AKIRA SENTIMENTAL (2069 Remix)


 

Live Information

 

2020/2/15(SAT)

LastElectro 1st EP “closer” release live

OPEN 18:59 / START 19:00

ADV. ¥3500+1D / DOOR ¥4000+1D

 

チケット発売:2019年11月16日(土) 10:00~

チケット取り扱い

チケットぴあ(Pコード 170-066):0570-02-9999

ローソンチケット(Lコード 72549):0570-084-003

e+ https://eplus.jp/sf/detail/3141990001-P0030001

 

Live :

Last Electro

 


2019/12/6 (Fri)

NAGAN SERVER presents『antenna vol.1』

At 渋谷WWW

OPEN 19:00 / START 19:30

ADV. ¥3,500 ドリンク代別

 

Live :

NAGAN SERVER(Band Set)

Last Electro

ZIN

 


2019/12/7(SAT)

Last Electro Live

at 音楽食堂ONDO(広島県)

OPEN 18:30 / START 19:00

ADV. ¥3500yen / DOOR ¥4000

 

LIVE :

Last Electro

 


2019/12/8(sun)

ete presents opening party

supported by otolab

at ete(広島県)

OPEN 15:00 / CLOSE 20:00

ADV. ¥1,500 3dr付き / DOOR ¥3,000 3dr付き

 

Special guest live

Last Electro

 

support DJ

DJ KAZUKI


 

Last Electro 2019_2000

Last Electro プロフィール:

平成最後の夏に結成。国内外のアンダーグラウンドジャズ・ソウルシーンで暗躍するIppei Sawamura(SANABAGUN.)、Jun Uchino(Mime)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Kan Sanoの4人から成るリーダー不在のミュージシャンズミュージシャン集団。

ゼロ年代のクロスオーバーシーンでプロダクションスキルを培ったプロデューサーと新世代のプレイヤーのセッションから生まれた突然変異のフューチャーソウル。ポストダブステップ以降のビート感覚、リンチやキューブリックなどカルト映像作家に通じる終末SF観、空洞化する現実を冷たい視線で傍観する詞と実体を持たない憂鬱なウィスパーボイス。あらゆるジャンルを飲み込みながら、個々の活動と別次元で進行する鋭利なアート性は今後の展開が予測不能。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »