NEWS

民謡しなけりゃ意味ない?! 話題の民謡クルセイダーズ、待望のデビューアルバムリリース

mincru_3_2_color02_2000

話題のバンド、民謡クルセイダーズが、待望のデビュー・アルバムを10/4(水)リリースことが決定した。

 

正規CDリリース前にもかかわらず、ライ・クーダーがツイッターで取り上げたり、ミュージック・マガジン誌2016年11月号の「ニッポンの新しいローカル・ミュージック」特集でインタビューが掲載されたり、日経MJでも取り上げられたりと、すでに大きな注目を集めている話題のバンド、民謡クルセイダーズが、ついにデビューアルバムをリリース。誰もが知っている日本民謡がラテンやブーガルー、クンビア、さらにはアフロビートやエチオ・ファンク等々、予想もつかない新しいアレンジで生まれ変わるという。

 

また、愛知県豊田市の〈橋の下世界音楽祭〉をはじめ、盆踊りや祭りを取り入れた野外フェスが日本各地で開催され、ここ数年、東京の〈すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り〉が異様な盛り上がりを見せるなか、大きな注目を集めることだろう。3つの打楽器を土台としたダンサブルなサウンドと真っ当な民謡の歌唱が織りなす未知の世界。民謡、音頭好きはもちろん、ラテン・ファン、スカやレゲエ、アフロビートや辺境グルーヴ好きはぜひチェックしたい。

 

ジャケット・デザインはなんと木村豊(Central67)が担当する。

 

また、ピーター・バラカン監修のフェスティヴァル、Peter Barakan’s LIVE MAGIC!の出演も決定している。

 

********

 

濱口祐自やブラック・ワックスに続いて、またまた久保田麻琴に超ぼく好みのバンドを紹介してもらいました。本物の民謡をファンキーなラテン・ビートに乗せると言ったら多くの人は頭に「???」を浮かべるに違いないのですが、これが実に気持いいし、特に生で聞くと極めて真っ当な感じがします。ぼくがキュレイターを務めているフェスティヴァル、Live Magic(livemagic.jp)に民謡クルセイダーズが出ますから、ぜひぜひ見に来てください!!

ピーター・バラカン

 

民謡クルセイダーズ!初めて聴いたときの衝撃は忘れません。串本節はいつだってキラーチューンです。そして遂にフルアルバム!2017年は民謡ニューウエーブ元年となること間違いなし!

Central67/木村豊(グラフィックデザイナー)

 

ぼくさー、スピッツとかのジャケをデザインしてる、Central67の木村くんと友達なんだけどさー、木村くんのレコード集めの趣向が、鉄道、から、民謡、に変わったときにさー「なんでなん?」って聞いたらさー、「たんじゅんに、おどれるから」つっててさー、ぼくも、みんくるの、くそあっついライブに行くのも、そこなんだよねー

山本ムーグ(Buffalo Daughter休職中)

 

民クル好き過ぎて時々気を失います

高木壮太

 

———————————————————————————————-

 

民謡クルセイダーズ

フレディ塚本(vo)、Meg(vo, pianica)、田中克海(g)、DADDY U(b)、Moe(key)、Sono(timbales)、Mutsumi Kobayashi(bongos)、Irochi(congas)、山内ステファン(tp)、大沢広一郎(sax)

 

かつて戦後間もない頃、偉大なる先達――東京キューバンボーイズやノーチェクバーナが大志を抱き試みた日本民謡とラテン・リズムの融合を21世紀に再生させる「民謡クルセイダーズ」。東京西部、横田基地のある街、福生在住で米軍ハウス「バナナハウス」主のギタリスト田中克海が、モノホンの民謡歌手フレディ塚本と近所の某酒場で意気投合したことをきっかけに、2012年福生周辺の辺境音楽好きが集まり結成。70年代以降には福生でよく見られたハウス・セッションを続けながら現在に至る。

 

********

 

《ライブ情報》

8/5(土)下北沢 BASEMENT BAR 珍盤亭 presents「YAGURA SESSION」

9/17(日、祝前日)Ragga Channel Vol.50(大阪 Socore Factory & Corner Stone Bar)

10/14(土)Que Sera Sera Wine & Music Festival ’17(広島 せら夢公園)

10/21(土)Peter Barakan's LIVE MAGIC!(恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール / ザ・ガーデンルーム)

 

********

 

《作品情報》

MINYO CRUSADERS: TBA (Debut Album)

民謡クルセイダーズ/未定(デビュー・アルバム)

PCD-25239

定価:¥2,500+税

Release Date: 2017.10.04

 

《収録曲(曲順未定)》

串本節(クンビア)

荷方節(エチオピアン・グルーヴ)

といちん節(アフロ・ファンク)

おてもやん(レゲエ)

真室川音頭(ビギン)

ホーハイ節(アフロ)

安木節(エキゾボレーロ)

会津磐梯山(ラテン)

炭坑節(ブーガルー)

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

香港のバンド「GDJYB」、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で配信されたライブ映像を公開

GDJYB_2019_horizontal_sml

香港女性4人組バンド「GDJYB」が、7月4日『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で未発表映像として配信されたライブ映像を公開した。

 

このライブ映像は、ボルダリングスタジオで開催された2018年『SQUARECLE EP』でのリリースパーティーライブ映像となる。

 

 

「GDJYB(ジーディージェイワイビー)」は香港をベースに活動し、マスロックとフォークミュージックをシンプルで分かりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、『マスフォーク』という独自のジャンルで音楽を展開する、女性四人組バンド。

 

日本では2016年に1stアルバム国内盤リリースと、2018年に都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」出演で初来日をし、少しずつ活動を広げている。その独自の音楽性に耳の早いリスナーから少しずつ評判が広がっており、2020年7月に開催された『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』にも過去の非公開ライブ映像で出演し、話題を集めた。

 

そんなGDJYBは、先日2年振りに新曲「405 Method Not Allowed」を各配信サイトにてデジタルリリース。YouTubeでもリリックビデオが配信されている。

 

香港では大きな状況の変化を迎えている中、制作された楽曲で、今年は他にも新曲の発表を予定している。

 

■GDJYB / 405 Method Not Allowed

 

<アーティストプロフィール>
Vocal – Soft Liu / Guitar – Soni Cheng / Bass – Wing Chan / Drum – Heihei Ng

 

「GDJYB」(ジーディージェイワイビー) は、2012年に香港で結成された女性4人編成バンド。マスロックとフォークミュージックを、シンプルでわかりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、「マスフォーク」と自らの音楽を形容する。マスロックの影響を感じさせる変拍子とギターフレーズに、フォーキーなコード感とメロディーをフュージョンさせることで、独特でありながらもキャッチーな楽曲を生み出している。

 

2014年にセルフタイトルとなる1st EPをリリースし、カルチャー誌「Time Out」に「あなたが聴くべき香港のアーティスト」として選出。2016年4月に同タイトルの日本盤がリリース。2016年12月、1stフルアルバム「23:59」リリースし、台湾で最も権威ある音楽賞「第28回台湾ゴールデンメロディーアワード・ベストミュージカルグループ」にノミネートされた。
2018年、2nd EP「SQUARECLE」リリース。4月には渋谷で開催の都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」に出演し、初来日を果たした。

 

バンド名は、香港の伝統料理「雞蛋蒸肉餅」(Gai Daan Jing Yuk Bang)の頭文字をとったもの。

 

GDJYB_2019_horizontal_sml

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »