NEWS

CHAI、1stアルバム「PINK」よりリード曲「N.E.O.」MV公開

CHAI N.E.O. MV

CHAIが、10月25日リリースの初のフルアルバム「PINK」から、リード曲「N.E.O.」のMusic VideoをYoutubeで公開した。

 

このMusic VideoはスペースシャワーTV 10月度の「POWER PUSH!」にも選ばれており、ハマ・オカモト氏もSNSにて絶賛。YUKIやサカナクションを手掛けたCaviar中村剛監督、田中裕介監督の最強タッグが参加し、CHAIの “コンプレックスはアートなり!”と普段からバンドとしてうたっている世界観をアートに表現した作品となっており、様々なコンプレックスが全編ピンクの背景の中、コミカルかつアーティスティックに、そして何より前向きに表現されている。

 

“新しいカワイイの価値観を作る”というCHAIの活動テーマを映像としてダイナミックに打ち出した、マスターピース的な作品に仕上がった。

 

CHAI『N.E.O.』Official Music Video

 

【CHAI「N.E.O.」Music Video企画意図】

人との違いに悩む。自分を好きになれない。

そんなコンプレックスこそ、実は誇るべき個性であり、表現の原動力でもあります。

「コンプレックスはアート」という価値観を掲げるCHAIが、

世の中のコンプレックスを全肯定する曲、「N.E.O.」。

そのMusic Videoである本作は、「貧乳」や「一重」などのコンプレックスが、

「NEOかわいく」言い換えられた、いわば、新しいコンプレックスの図鑑。

すべての人に、自分をもっと好きになってもらいたい、

自分のかわいさに気づいてもらいたい、という想いが込められています。

 

【CHAI コメント】

みんな、そのままでいれたらいいよね。 悩むなんてね、ふつうのことだよ。 だもんで、そのネガティブ、ポジティブで、ポガティブ。 オーイェイ!! コンプレックスは、個性なり。 コンプレックスは、アートなり。 かわいいは、ネバーエンディングジャーニー! エンジョイ。

I’m not perfect,Nobody is not perfectだよ。

 

このMusic Videoの中に登場する10のコンプレックスは、1stアルバム「PINK」初回生産限定盤に付く豪華ブックレット「COMPILEX」とも連動しており、映像でも写真でも楽しめる仕掛けになっている。「COMPILEX」とは世のコンプレックスを前向きにとらえ写真で表現した新感覚前向きコンプレックス図鑑。新たな価値観を是非手にお店でチェックしよう。

 

また10月1日より、1stアルバム「PINK」の発売を記念して行われる全国ツアー『やっぱり育ちたいトゥアー』のチケット一般発売もスタート!東名阪は早くも完売、その他の公演も完売が予想されるのでチケットのお申し込みはお早めに!

 

いつも想定外の角度から、常にホットな話題を提供してくるCHAIの今後の動きに注目だ。

『コンプレックスはアートなり!!!』と女の子なら誰しもが抱える様々なコンプレックスを肯定し、独自の表現で歌いあげるCHAI。

国境もぶち破り、彼女たちの加速していく"NEOかわいい"世界侵略を見逃すな!!

 

【ライブ情報】

■CHAI 1st Album「PINK」発売記念『やっぱり育ちたいトゥアー』

11.18 名古屋CLUB ROCK’N’ROLL ※ワンマン

11.19心斎橋LIVE HOUSE Pangea ※ワンマン

11.23 渋谷WWW ※ワンマン

11.30 札幌COLONY w/ 2, The Floor

12.03 仙台enn2nd w/ ソンソン弁当箱, パノラマパナマタウン, MONO NO AWARE

12.08 香川高松DIME w/ パノラマパナマタウン, プププランド, Helsinki Lambda Club, HAPPFAT(DJ)

12.10 福岡DRUM SON w/  黒猫チェルシー, パノラマパナマタウン, Helsinki Lambda Club

12.11 広島Cave-Be w/  黒猫チェルシー, パノラマパナマタウン, 南風とクジラ

ADV \3,000 / DOOR \3,500 (+1drink)

TOTAL INFORMATION: VINTAGE ROCK std. (03-3770-6900)

 

チケットぴあ http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=DA280051

イープラス https://eplus.jp/ath/word/84197

ローソンチケット http://l-tike.com/concert/mevent/?mid=302392

チケット発売日 10月1日(日) 10:00

プレイガイド(ぴあ、ローソンチケット、イープラス)にて発売

 

詳細はCHAIオフィシャルサイトをご覧ください。

http://chai-band.com/live

 

【リリース情報】

■CHAI 1st Album「PINK」

発売日: 2017年10月25日(水)

初回限定盤:CD+新感覚前向きコンプレックス図鑑「COMPILEX」(豪華ブックレット付)CHAI-002~3/ ¥3,000 (税抜価格)

通常盤:CDのみCHAI-004/ ¥2,400 (税抜価格)

レーベル: OTEMOYAN record

 

<収録曲>

1. ハイハイあかちゃん

2. N.E.O

3. ボーイズ・セコ・メン

4. ほれちゃった

5. あのコはキティ

6. ぎゃらんぶー

7. フライド

8. かわいいひと

9. ウォーキング・スター

10. sayonara complex

11. フラットガール

全11曲収録

 

<店舗オリジナル特典>

・TOWER RECORD 缶バッヂ(ほれちゃったver.)

・ヴィレッジヴァンガード 缶バッヂ(フラットガール ver.)

・HMV 缶バッヂ(sayonara complex ver.)

・disk union 缶バッヂ(ボーイズ・セコ・メン ver.)

・FLAKE RECORDS 缶バッヂ(N.E.O. ver.)

・TSUTAYA 缶バッヂ(フライド ver.)

 

■FLAKE RECORDSよりリリース!アナログ盤『N.E.O. / sayonara complex』

発売日: 2017年10月11日(水) 

フォーマット:7"

[収録曲] N.E.O. / sayonara complex

 

【CHAIプロフィール】

CHAI(ちゃい)

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。

誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、ある日突然ノンプロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に代表曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。

2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも大成功におさめ、CHAIのヤバさがすべて詰め込まれた2nd EP「ほめごろシリーズ」をリリースするとiTunes AlternativeランキングではTOP10にランクイン。

10/25には期待値が最高潮の初のフルアルバム「PINK」をリリースし、11月からはなにをしでかすか全くわからない東名阪ワンマンを含む8都市のツアーも敢行!

その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバーワンは間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!

 

【CHAIオフィシャルサイト】

http://chai-band.com

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

香港のバンド「GDJYB」、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で配信されたライブ映像を公開

GDJYB_2019_horizontal_sml

香港女性4人組バンド「GDJYB」が、7月4日『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で未発表映像として配信されたライブ映像を公開した。

 

このライブ映像は、ボルダリングスタジオで開催された2018年『SQUARECLE EP』でのリリースパーティーライブ映像となる。

 

 

「GDJYB(ジーディージェイワイビー)」は香港をベースに活動し、マスロックとフォークミュージックをシンプルで分かりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、『マスフォーク』という独自のジャンルで音楽を展開する、女性四人組バンド。

 

日本では2016年に1stアルバム国内盤リリースと、2018年に都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」出演で初来日をし、少しずつ活動を広げている。その独自の音楽性に耳の早いリスナーから少しずつ評判が広がっており、2020年7月に開催された『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』にも過去の非公開ライブ映像で出演し、話題を集めた。

 

そんなGDJYBは、先日2年振りに新曲「405 Method Not Allowed」を各配信サイトにてデジタルリリース。YouTubeでもリリックビデオが配信されている。

 

香港では大きな状況の変化を迎えている中、制作された楽曲で、今年は他にも新曲の発表を予定している。

 

■GDJYB / 405 Method Not Allowed

 

<アーティストプロフィール>
Vocal – Soft Liu / Guitar – Soni Cheng / Bass – Wing Chan / Drum – Heihei Ng

 

「GDJYB」(ジーディージェイワイビー) は、2012年に香港で結成された女性4人編成バンド。マスロックとフォークミュージックを、シンプルでわかりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、「マスフォーク」と自らの音楽を形容する。マスロックの影響を感じさせる変拍子とギターフレーズに、フォーキーなコード感とメロディーをフュージョンさせることで、独特でありながらもキャッチーな楽曲を生み出している。

 

2014年にセルフタイトルとなる1st EPをリリースし、カルチャー誌「Time Out」に「あなたが聴くべき香港のアーティスト」として選出。2016年4月に同タイトルの日本盤がリリース。2016年12月、1stフルアルバム「23:59」リリースし、台湾で最も権威ある音楽賞「第28回台湾ゴールデンメロディーアワード・ベストミュージカルグループ」にノミネートされた。
2018年、2nd EP「SQUARECLE」リリース。4月には渋谷で開催の都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」に出演し、初来日を果たした。

 

バンド名は、香港の伝統料理「雞蛋蒸肉餅」(Gai Daan Jing Yuk Bang)の頭文字をとったもの。

 

GDJYB_2019_horizontal_sml

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »