NEWS

UDD(Up Dharma Down)、『SYNCHRONICITY’18』初来日記念で日本独自編成盤リリース!ジャケット&トラックリスト公開!!

UDD_SunShower_JK

フィリピンのインディーロック/ポップバンド・UDD(Up Dharma Down)の初来日(2018年4月7日(土)『SYNCHRONICITY’18』)を記念して4月4日(水)に発売される日本独自編成ベスト盤「Sun Shower」のジャケット、及びトラックリストが公開された。

 

ジャケットは、イラストレーターSUGIの原画を元にデザインした日本オリジナルデザイン。SUGIは、昨年MUSIC ILLUSTRATION AWARDS 2017にてBEAMS T賞を受賞。BEAMS Tでもコラボアイテムが制作され、その他KANDYTOWN、MASATO、DJ Minnesotah、shotahiramaなどのアートワークでも知られている。

 

トラックリストは、過去三枚のフルアルバムからの選曲に加え、アルバム未収録の楽曲や新曲、そして、日本語バージョンの楽曲までこの日本独自盤ならではの編成となっており、マスタリングは日本にて、三浦カオル(BOOM BOOM SATELLITES、DJ BAKU、LITEなどのエンジニアワークなど)が行った。

 

UDD(Up Dharma Down)は、フィリピンの重要インディーロック/ポップバンドの一つで、これまで三枚のフルアルバムをリリース。Red Hot Chili PeppersやThe xx、Bloc Party、Incubus、Tahiti 80などのオープニングアクトとしても演奏。本国では10,000人規模の単独公演を行っている。2018年4月7日(土)開催の都市型フェス『SYNCHRONICITY’18』で初来日を果たす。


 

リリース情報

 

タイトル:Sun Shower

発売日:2018年4月4日

定価:¥2,300(税別)

品番:WDSR-002

レーベル:WORDS Recordings / SYNCHRONICITY(ダブルネームリリース)

 

1. Turn It Well

2. All The Good Things

3. Clockwork

4. Malikmata

5. Oo (Fragmented Mix)

6. Parks

7. Luna (Japanese Ver.)

8. Sigurado

9. Taya

10. Lazy Daisy (Ascolto Mix)

11. Indak

12. Sleeptalk

13. Purse Of Stories

14. Night Drops

 

リード曲MV:

Up Dharma Down – "All The Good Things" – Official Video

 

 

UDD(Up Dharma Down) / ユーディーディー(アップダーマダウン):

2004年結成、フィリピンの最重要インディーロック/ポップバンド。US/UKインディーロック、アシッドジャズ、ネオソウル、シンセポップ、日本のシティポップなど多様な音楽をクロスオーバーさせ、これまで三枚のフルアルバムをリリース。これまで10,000人規模の単独公演を行い、フィリピンでは多数の音楽賞を受賞。Red Hot Chili PeppersやThe xx、Bloc Party、Incubus、Tahiti 80などのオープニングアクトとしても演奏。

 

Spotifyが2014年にフィリピンでサービスインした初年度、同国で最もストリームされた楽曲は彼女らの楽曲”Tadhana”で(7位にも”Indak”がランクイン)、2018年1月現在、全世界で100万人以上のマンスリーリスナーを獲得している。

 

コカコーラ、ヒュンダイ、マクドナルド、シンガポール観光局、リプトン、オレオなどのグローバルカンパニーとのタイアップにも選ばれ、インディーズでありながら、フィリピンにおける名実ともに最も重要なアーティストの一つとなっている。

 

2017年1月、次なる変化を求め、バンド名の表記をUp Dharma DownからUDDに変更。

 

UDD_SunShower_JK

日本独自編成盤「Sun Shower」アルバム・ジャケット

 

UDD_Artist Photo_1_low

UDD(Up Dharma Down)

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Kan Sano、SANABAGUN.、BLU-SWING、Mimeのメンバーによって結成されたLast Electroが1st EP『closer』リリース!2/15(土)には代官山UNITにて初のワンマンも決定!!

Print

Kan Sano、Ippei Sawamura(SANABAGUN.)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Jun Uchino(Mime)による国内のSoul、R&B、Hip-Hopシーンで活躍する腕利きのミュージシャンが集ったバンド『Last Electro』が、1st EP『closer』を2020年1月15日(水)にリリースすることが明らかとなった。11月29日(金)には第3弾となる先行配信曲『AKIRA SENTIMENTAL』をリリースする。

 

また、1st EP『closer』のリリースに伴い、2月15日(土)に代官山UNITにて初のワンマンライブが開催される。チケットの発売は11月16日(土)10:00より各プレイガイドにて発売される。初となる『Last Electro』のワンマンライブをぜひ目撃しよう。


 

Release Information

 

2020年1月15日on sale

Last Electro 1st EP “closer”   
2020/1/15 on sale   JOSSPL-012  / ¥1,800+税

 

closer_2000

1. Pentatonic Love 
2. When You Kill Me 
3. Night Symphony 
4. Donka 
5. HBC-8 
6. AKIRA SENTIMENTAL 
7. Highlight

 

第3弾先行配信シングル
Last Electro “AKIRA SENTIMENTAL”

 

AKIRA SENTIMENTAL

 

2019/11/29 on sale   JOSSPL-011  / 各¥250

 

AKIRA SENTIMENTAL

AKIRA SENTIMENTAL (2069 Remix)


 

Live Information

 

2020/2/15(SAT)

LastElectro 1st EP “closer” release live

OPEN 18:59 / START 19:00

ADV. ¥3500+1D / DOOR ¥4000+1D

 

チケット発売:2019年11月16日(土) 10:00~

チケット取り扱い

チケットぴあ(Pコード 170-066):0570-02-9999

ローソンチケット(Lコード 72549):0570-084-003

e+ https://eplus.jp/sf/detail/3141990001-P0030001

 

Live :

Last Electro

 


2019/12/6 (Fri)

NAGAN SERVER presents『antenna vol.1』

At 渋谷WWW

OPEN 19:00 / START 19:30

ADV. ¥3,500 ドリンク代別

 

Live :

NAGAN SERVER(Band Set)

Last Electro

ZIN

 


2019/12/7(SAT)

Last Electro Live

at 音楽食堂ONDO(広島県)

OPEN 18:30 / START 19:00

ADV. ¥3500yen / DOOR ¥4000

 

LIVE :

Last Electro

 


2019/12/8(sun)

ete presents opening party

supported by otolab

at ete(広島県)

OPEN 15:00 / CLOSE 20:00

ADV. ¥1,500 3dr付き / DOOR ¥3,000 3dr付き

 

Special guest live

Last Electro

 

support DJ

DJ KAZUKI


 

Last Electro 2019_2000

Last Electro プロフィール:

平成最後の夏に結成。国内外のアンダーグラウンドジャズ・ソウルシーンで暗躍するIppei Sawamura(SANABAGUN.)、Jun Uchino(Mime)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Kan Sanoの4人から成るリーダー不在のミュージシャンズミュージシャン集団。

ゼロ年代のクロスオーバーシーンでプロダクションスキルを培ったプロデューサーと新世代のプレイヤーのセッションから生まれた突然変異のフューチャーソウル。ポストダブステップ以降のビート感覚、リンチやキューブリックなどカルト映像作家に通じる終末SF観、空洞化する現実を冷たい視線で傍観する詞と実体を持たない憂鬱なウィスパーボイス。あらゆるジャンルを飲み込みながら、個々の活動と別次元で進行する鋭利なアート性は今後の展開が予測不能。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »