NEWS

秋の大秋山会2018、第二弾ラインナップ発表!

akiyamakai_flyer_170911_nyuko

10月10日(水)に東京(渋谷)duo MUSIC EXCHANGEにて開催のドラムセッションイベント”秋の大秋山会 2018”の第二弾ラインナップが発表された。

 

追加となったのは、ピエール中野(凛として時雨)、松下マサナオ(Yasei Collective,ZA FEEDO,GFJB)、komaki(SUGIZO.日食なつこetc)の合計3名のドラマー。第一弾の発表と合わせ、合計9名のドラマー、及び、ゲストミュージシャンとして大山純(ストレイテナー)が決定した。

 

このイベントは、昨年から日本記念日協会に正式登録されたドラムの日(10月10日)にちなみ、秋山タカヒコ(downy)を中心に開催されるドラムセッションイベント。ドラム数台を使ってのライブセッションやドラムバトルをはじめ、新人オーディション、ドラムレクチャー、トークセッション、お悩み相談室などバラエティ豊かな内容で繰り広げられる。間近でプレイが見れ貴重な話が聞くことができるイベントは、ドラマーはもちろん、バンドファンにとっても貴重なイベントになるだろう。

 

チケットは現在、duo MUSIC EXCHANGE(枚数限定)、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスの各プレイガイドにて発売中。なお、学生割引として、学生は当日会場受付にて学生証の提示で500円割引となる。

 

凄腕ドラマー達が繰り広げるドラム尽くしのイベントを心ゆくまで楽しもう。

 

 

イベント概要

 

名称:秋の大秋山会 2018

開催日時:2018年10月10日(水)open 18:00 / start 19:00

開催場所:duo MUSIC EXCHANGE

料金:前売 3300円 / 当日 3800円 各ドリンク別

※学生は当日会場受付にて学生証の提示で500円割引となります。

お問い合わせ:お電話:03-5459-8711(duo MUSIC EXCHANGE) / MAIL:info@kikyu.net

URL:https://synchronicity.tv/festival/news/akiyamakai2018/

 

チケット(8月10日(金)正午12:00 発売):
【会場予約(枚数限定)】
・duo MUSIC EXCHANGE(03-5459-8711)

 

【プレイガイド】
・チケットぴあ [Pコード:126-740] http://t.pia.jp/

・ローソンチケット [Lコード:70754] http://l-tike.com/

イープラス

 

【学生割引】
※当日会場受付にて写真付学生証の提示で500円割引となります。

 

出演アーティスト
■Drummers

第一弾ラインナップ:
・秋山タカヒコ(downy)

・伊藤大助(clammbon)

・松下敦(ZAZEN BOYS, Buffalo Daughter)

・山口美代子(BimBamBoom,THE LIPSMAX)

・神田リョウ(#一日一グルーヴ, TAPJAMCREW)

・ササブチ ヒロシ(CQ,Creature Creature.etc)

 

第二弾ラインナップ:

・ピエール中野(凛として時雨)

・松下マサナオ(Yasei Collective,ZA FEEDO,GFJB)

・komaki(SUGIZO.日食なつこetc)

 

■Guest
・大山純(ストレイテナー)

 

◆主催
秋山会

 

◆協力
SYNCHRONICITY / duo MUSIC EXCHANGE

 

【学生割引】
※当日会場受付にて学生証の提示で500円割引となります。

 

【注意事項】
※席種は全自由となります。
※当日は整理番号順(開場時プレイガイド優先)のご入場となります。
※シート席は限りがございますので、お席をお求めのお客様はお早めのご購入をお勧めいたします。

 

pierre_nakano

ピエール中野(凛として時雨)

 

matsushita_masanao

松下マサナオ(Yasei Collective,ZA FEEDO,GFJB)

 

 

komaki

komaki(SUGIZO.日食なつこetc)

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Kan Sano、SANABAGUN.、BLU-SWING、Mimeのメンバーによって結成されたLast Electroが1st EP『closer』リリース!2/15(土)には代官山UNITにて初のワンマンも決定!!

Print

Kan Sano、Ippei Sawamura(SANABAGUN.)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Jun Uchino(Mime)による国内のSoul、R&B、Hip-Hopシーンで活躍する腕利きのミュージシャンが集ったバンド『Last Electro』が、1st EP『closer』を2020年1月15日(水)にリリースすることが明らかとなった。11月29日(金)には第3弾となる先行配信曲『AKIRA SENTIMENTAL』をリリースする。

 

また、1st EP『closer』のリリースに伴い、2月15日(土)に代官山UNITにて初のワンマンライブが開催される。チケットの発売は11月16日(土)10:00より各プレイガイドにて発売される。初となる『Last Electro』のワンマンライブをぜひ目撃しよう。


 

Release Information

 

2020年1月15日on sale

Last Electro 1st EP “closer”   
2020/1/15 on sale   JOSSPL-012  / ¥1,800+税

 

closer_2000

1. Pentatonic Love 
2. When You Kill Me 
3. Night Symphony 
4. Donka 
5. HBC-8 
6. AKIRA SENTIMENTAL 
7. Highlight

 

第3弾先行配信シングル
Last Electro “AKIRA SENTIMENTAL”

 

AKIRA SENTIMENTAL

 

2019/11/29 on sale   JOSSPL-011  / 各¥250

 

AKIRA SENTIMENTAL

AKIRA SENTIMENTAL (2069 Remix)


 

Live Information

 

2020/2/15(SAT)

LastElectro 1st EP “closer” release live

OPEN 18:59 / START 19:00

ADV. ¥3500+1D / DOOR ¥4000+1D

 

チケット発売:2019年11月16日(土) 10:00~

チケット取り扱い

チケットぴあ(Pコード 170-066):0570-02-9999

ローソンチケット(Lコード 72549):0570-084-003

e+ https://eplus.jp/sf/detail/3141990001-P0030001

 

Live :

Last Electro

 


2019/12/6 (Fri)

NAGAN SERVER presents『antenna vol.1』

At 渋谷WWW

OPEN 19:00 / START 19:30

ADV. ¥3,500 ドリンク代別

 

Live :

NAGAN SERVER(Band Set)

Last Electro

ZIN

 


2019/12/7(SAT)

Last Electro Live

at 音楽食堂ONDO(広島県)

OPEN 18:30 / START 19:00

ADV. ¥3500yen / DOOR ¥4000

 

LIVE :

Last Electro

 


2019/12/8(sun)

ete presents opening party

supported by otolab

at ete(広島県)

OPEN 15:00 / CLOSE 20:00

ADV. ¥1,500 3dr付き / DOOR ¥3,000 3dr付き

 

Special guest live

Last Electro

 

support DJ

DJ KAZUKI


 

Last Electro 2019_2000

Last Electro プロフィール:

平成最後の夏に結成。国内外のアンダーグラウンドジャズ・ソウルシーンで暗躍するIppei Sawamura(SANABAGUN.)、Jun Uchino(Mime)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Kan Sanoの4人から成るリーダー不在のミュージシャンズミュージシャン集団。

ゼロ年代のクロスオーバーシーンでプロダクションスキルを培ったプロデューサーと新世代のプレイヤーのセッションから生まれた突然変異のフューチャーソウル。ポストダブステップ以降のビート感覚、リンチやキューブリックなどカルト映像作家に通じる終末SF観、空洞化する現実を冷たい視線で傍観する詞と実体を持たない憂鬱なウィスパーボイス。あらゆるジャンルを飲み込みながら、個々の活動と別次元で進行する鋭利なアート性は今後の展開が予測不能。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »