NEWS

Ovall、セルフタイトルのニューアルバム&先行シングル「Slow Motion Town」リリース!

F9R_3249_trim8_10_2000

"Ovallの真骨頂"というべきセルフタイトルを冠したニューアルバムが完成。そして、先行シングル「Slow Motion Town」 がリリースされた。時代やシーンに捉われずに拘り抜き「良い音とは何か」を徹底的に追究し完成した9曲となっている。

 

Ovallの"今"が詰まった本作は、3人が持ち寄った新たなエッセンスを散りばめながらも、本来の軸はブラさずに、絶妙なバランスで創り上げた楽曲の中から厳選した9曲が収録され、Lo-Fi Hip Hopなど、一人でトラック制作を行う手法がトレンドとなっている中、それとは一線を画したバンドサウンドならではの『アンサンブル』と、全員がトラックメイカーだからこその『アプローチ』が随所に光り、まさにOvallにしか作り上げることのできないハイブリッドな音像になっているとのこと。

 

ジャケットアートワークは、近年ではTHA BLUE HERBやPUFFY、笹久保伸への作品提供、また国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」に出品作家+デザイナーとして参加し、ジャンルやフィールドを超えて多くの作品を生み出し続ける鷲尾友公が担当。Ovallとは"Stargazer"のMV以来のタッグとなる。

 

さらに、限定盤付属のDISC2にはKan Sano、Michael Kaneko、Nenashi、そしてWONKからHIKARU ARATA & KENTO NAGATSUKAが、Ovallの楽曲を自分色に再構築させた楽曲を収録。原曲へのリスペクトを含みつつも、全く違う曲へと変貌を遂げた楽曲達はこの盤限定となっている。

また、11/23(土)には「Ovall × mabanua」のツーマンライブも決定。日本で共演したフィリピンの人気バンド「Up Dharma Down」とのコラボ曲も制作、12月にはフィリピンでのツーマンイベントも決定している。

 

■ 先行シングル「Slow Motion Town」

 

【商品概要】
■ アーティスト : Ovall (オーバル)
■ タイトル : Ovall (オーバル)
■ 発売日:2019年12月4日 (水)
■ 品番・価格:
□ CD (通常盤)   : OPCA-1042 / 2,500円 (+tax)
□ 2CD (限定盤)   : OPCA-1043 / 3,000円 (+tax)

 

■ 収録曲 :
□ DISC1:
01. Stargazer
02. Transcend feat. Armi (Up Dharma Down)
03. Dark Gold
04. Come Together 
05. Slow Motion Town
06. Triangular Pyramid
07. Paranoia
08. Rush Current
09. Desert Flower

 

□ DISC2 : 
曲順・曲名未定

 

【リンク】
■ Official Website
http://ovall.net/

 

Ovall_3rdAlbum_JKT_2000

Ovall / Ovall アルバムジャケット


 

【ライブ情報】
Ovall × mabanua
http://ovall.net/live/

 

■ 日程 2019. 11. 23 (土祝)
■ 会場 大阪 梅田 Banana Hall
■ 時間 17:30 OPEN / 18:00 START
■ 料金 ¥4,800 (+1drink)
■ 出演 Ovall / mabanua

 

【プロフィール】

Shingo Suzuki、mabanua 、関口シンゴによるトリオバンド。

メンバー全員がソロアーティスト/ミュージシャン/プロデューサーとしても活動するマルチプレイヤー集団。

2006年から現メンバーでの活動を本格化、現在に至るまでジャンルよりもミュージシャンシップを軸に置く姿勢を貫く。

ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ロックを同列に並べ、生演奏もサンプリングもシームレスに往復し、楕円(オーバル)のグルーヴの中に音を投げ込む。

その斬新なスタイルと唯一無二のサウンドは徐々に時代を吸い寄せ、国内外の映像作家、映画監督、そして様々なアーティストからプロデュースやコラボレーションの依頼が殺到。

しかし、ソロ活動が多忙を極めたことが諸刃の剣となり2013年にバンド活動を休止、それぞれの表現を追い求め始める。

しかし「この3人ならではのアンサンブルが聴きたい」という要望が絶えず、メンバーもその思いに応える形で、4年の歳月を経て2017年に再始動。

直後よりFUJI ROCKなど国内の大型フェスに出演、そして世界中のアーティストとのコラボレーションや海外でのライブツアーも活発に行う。

ソロ活動で培ったスキルやノウハウをお互いに持ち寄り、今日もバンドは楕円を描きながら転がり続ける。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

12/2(水)『SYNCHRONICITY2020 Winter Live』開催決定!LOSTAGE、LITEが100名限定の有観客&配信のツーマンライブ!本日より前売チケット発売スタート!!

synchro2020wl_flyer_3-2_comp

2020年12月2日(水)に『SYNCHRONICITY2020 Winter Live』の開催が、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて決定した。

 

出演は、LOSTAGEとLITEの2組によるツーマンライブ。フロアライブにて、100名限定の有観客、及び、生配信(アーカイブあり)のスペシャルなイベントして開催される。

 

このイベントは、コロナ禍の中で生み出す新しいライブの形を目指し「ライブスタジオに参加するような感覚で楽しめる新しいライブ体験」をテーマに取り組む『SYNCHRONICITY』企画のイベントで、10/23(金)『SYNCHRONICITY2020 Autumn Live』、11/25(水)『SYNCHRONICITY2020 clubasia online』に続き、今回が第3弾の開催となる。

 

会場はライブ配信スタジオのセットを囲むような形で来場者エリアを設置。配信にフォーカスすることで、映像を通してライブの熱をダイレクトに届けるとともに、フロアライブの特別なライブ形態や会場演出、現場の臨場感を体験できるイベントとなる。なお、ステージも来場者エリアとして設置する予定で、通常では観ることができないステージからの景色やサウンドなど、アーティスト視点でイベントを体感できることも魅力のひとつだ。

 

発表と同時に、ZAIKOにて、観覧チケット、アーカイブ付き観覧チケット、配信チケットの3種類のチケットが発売スタート。アーカイブ付き観覧チケットは、会場と配信のそれぞれ違った視点でイベントを楽しむことができるので合わせて楽しみたいところだ。観覧チケットは合わせて100枚限定と発券枚数はわずか。完売の際は当日券の発行はないとのことなので、会場で観たい方は購入を急ごう。


 

『SYNCHRONICITY2020 Winter Live』イベント概要

 

名称:『SYNCHRONICITY2020 Winter Live』
開催日時:2020年12月2日(水) open 19:00 / start 19:30
開催場所: duo MUSIC EXCHANGE
出演アーティスト:LOSTAGE / LITE

 

チケット情報:
・ZAIKO(URL:https://synchronicity.zaiko.io/e/winterlive2020

 

【観覧チケット】
4,000円(ドリンク別)
販売期間:11月21日(土)正午12:00 〜 12月1日(火)23:59

 

【アーカイブ付き観覧チケット】
5,000円(ドリンク別)
販売期間:11月21日(土)正午12:00 〜 11月30日(月)23:59

 

【配信チケット】
2,000円
販売期間:11月20日(金)正午12:00 〜 12月5日(土)21:00
※アーカイブ期間:12月5日(土)23:59まで

 

公式WEB:
https://synchronicity.tv/festival/

 

お問い合わせ:
SYNCHRONICITY(info@kikyu.net
duo MUSIC EXCHANGE(03-5459-8716)

 

主催:
EARTHTONE Inc.

 

協力:
duo MUSIC EXCHANGE

 

synchro2020wl_flyer_square_comp

SYNCHRONICITY2020 Winter Live フライヤー

 

lostage_photo_2020_compLOSTAGE:

2001年結成、地元奈良を拠点に活動を続ける3ピースロックバンド

Acoustic Guitar/Throat – Takahisa Gomi
Guitar – Takuto Gomi
Drums – Tomokazu Iwaki

Bass – Kazuya Hori (AYNIW TEPO)
Piano/Keyboard – Koichi MIZUKAMI
Chorus – Achico (Ropes)

 

lite_a_compLITE:
2003年結成、4人組インストロックバンド。今までに6枚のフルアルバムをリリース。独自のプログレッシブで鋭角的なリフやリズムからなる、エモーショナルでスリリングな楽曲は瞬く間に話題となり、アメリカのインディレーベル”Topshelf Records”と契約し、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどでもツアーを成功させるなど国内外で注目を集めている。 国内の大型音楽フェス”FUJI ROCK FESTIVAL”や”SUMMER SONIC”をはじめ、海外音楽フェスのSXSWへの出演や、UKのArcTanGent Festival、スペインのAM Fest、メキシコのForever Alone Festではヘッドライナーでの出演を果たすなど、近年盛り上がりを見せているインストロック・シーンの中でも、最も注目すべき存在のひとつとなっている。2019年6月5日には6thアルバム「Multiple」をリリースする。


 

『SYNCHRONICITY2020 Winter Live』開催における
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとご来場者様へのお願い

 

お客様に安心してお楽しみいただくため、イベントのガイドラインをご案内させていただきます。必ずご一読下さい。

 

 

▼はじめに

下記に該当されるお客様のご入場はお断りいたします。

・新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方。
・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいらっしゃる方。
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域等への渡航な
らびに当該在住者との濃厚接触がある方。
・発熱(37.5℃以上)や体調が優れない方。

 

 

▼ご入場前、ご入場時に関して

 

・ご入場時間に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みにより、従来の公演よりご入場にお時間がかかることがございます。予めご了承下さい。

 

・ご連絡先情報の記入のお願い
ご来場者様の管理のため、入場時にご連絡先を記入いただいております。携帯電話、スマートフォン対応の専用フォーム、または、専用用紙にご記入いただきます。ご連絡先情報は、公共機関の要請があった場合に提供させていただくことがございます。なお、その他の目的での使用、第三者への提供は一切いたしません。公演より3週間保管後、弊社にて責任を持って破棄させていただきます。

 

・マスク着用のお願い
安全確保の観点から、マスク未着用のお客様のご来場をお断りさせていただきます。お持ちでない方にはご入場前に会場にてご購入いただきます。場内でもマスク着用をお願いいたします

 

・ご入場時の検温の実施について
非接触型の体温計とサーモグラフィーを使用した検温を実施いたします。 37.5℃以上のお客様のご入場をお断りさせていただきます。ご入場いただけない場合はチケット代の払い戻しをさせていただきます。移動交通費等諸経費の払い戻しはいたしません。

 

・手指消毒の実施
アルコールを使用した手指消毒を実施いたします。

 

・靴裏消毒の実施
入場時に消毒液を染み込ませた布を踏んでからご入場いただきます。

 

 

▼会場内での注意事項・対策について

 

・ダクト設備を使用した換気の実施
公演中も常時換気いたします。会場内の空調が効きづらい場合がございますので、予めご了承下さい。また、公演中以外は入り口の扉を解放させていただきます。

 

・最前列への対策について
アクリル板の設置、または、フェイスシールドの着用の対策をとらせていただく場合がございます。

 

・ドリンク交換について
蓋付きの缶・ペットボトル商品のみの提供とさせていただきます。商品毎に番号をつけておりますのでメニュー表を指差してご注文ください。終演前に交換を終了させていただきますので、お早めの交換をお願いいたします。

 

・ソーシャルディスタンスの確保について
ガイドラインに則った座席設定をさせていただいておりますので、座席の移動や交換、お客様同士の近距離での会話などはご遠慮ください。また、会場内でのソーシャルディスタンスの確保にご協力をお願いいたします。従っていただけない場合はご退場いただく場合がございます。

 

・トイレの入場制限
衛生上の観点からトイレの入場者数を制限させていただく場合がございます。ご案内にお時間がかかる場合がございますので、予めご了承下さい。。終演後は使用を中止させていただきます。
※トイレ内はスタッフが定期的に消毒させていただきます。

 

・ご鑑賞中の発声について
ライブ鑑賞中の歓声などの発声などについてはご遠慮ください(拍手は可)。従っていただけない場合はご退場いただく場合がございます。

 

・配信に関して
当日はライブストリーミングの会場を観覧するような形で行います。映像や写真などへの映り込み等がある場合がございますので、予めご了承の上、お越しください。

 

・ご退場時のルールについて
座席エリアごとに退場のご案内をさせていただく場合がございます。ご退場までお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。ご退場いただいた後は密な状態を避けるため、会場周辺から速やかにご移動いただきますようお願いいたします。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »