NEWS

Ovall、セルフタイトルのニューアルバム&先行シングル「Slow Motion Town」リリース!

F9R_3249_trim8_10_2000

"Ovallの真骨頂"というべきセルフタイトルを冠したニューアルバムが完成。そして、先行シングル「Slow Motion Town」 がリリースされた。時代やシーンに捉われずに拘り抜き「良い音とは何か」を徹底的に追究し完成した9曲となっている。

 

Ovallの"今"が詰まった本作は、3人が持ち寄った新たなエッセンスを散りばめながらも、本来の軸はブラさずに、絶妙なバランスで創り上げた楽曲の中から厳選した9曲が収録され、Lo-Fi Hip Hopなど、一人でトラック制作を行う手法がトレンドとなっている中、それとは一線を画したバンドサウンドならではの『アンサンブル』と、全員がトラックメイカーだからこその『アプローチ』が随所に光り、まさにOvallにしか作り上げることのできないハイブリッドな音像になっているとのこと。

 

ジャケットアートワークは、近年ではTHA BLUE HERBやPUFFY、笹久保伸への作品提供、また国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」に出品作家+デザイナーとして参加し、ジャンルやフィールドを超えて多くの作品を生み出し続ける鷲尾友公が担当。Ovallとは"Stargazer"のMV以来のタッグとなる。

 

さらに、限定盤付属のDISC2にはKan Sano、Michael Kaneko、Nenashi、そしてWONKからHIKARU ARATA & KENTO NAGATSUKAが、Ovallの楽曲を自分色に再構築させた楽曲を収録。原曲へのリスペクトを含みつつも、全く違う曲へと変貌を遂げた楽曲達はこの盤限定となっている。

また、11/23(土)には「Ovall × mabanua」のツーマンライブも決定。日本で共演したフィリピンの人気バンド「Up Dharma Down」とのコラボ曲も制作、12月にはフィリピンでのツーマンイベントも決定している。

 

■ 先行シングル「Slow Motion Town」

 

【商品概要】
■ アーティスト : Ovall (オーバル)
■ タイトル : Ovall (オーバル)
■ 発売日:2019年12月4日 (水)
■ 品番・価格:
□ CD (通常盤)   : OPCA-1042 / 2,500円 (+tax)
□ 2CD (限定盤)   : OPCA-1043 / 3,000円 (+tax)

 

■ 収録曲 :
□ DISC1:
01. Stargazer
02. Transcend feat. Armi (Up Dharma Down)
03. Dark Gold
04. Come Together 
05. Slow Motion Town
06. Triangular Pyramid
07. Paranoia
08. Rush Current
09. Desert Flower

 

□ DISC2 : 
曲順・曲名未定

 

【リンク】
■ Official Website
http://ovall.net/

 

Ovall_3rdAlbum_JKT_2000

Ovall / Ovall アルバムジャケット


 

【ライブ情報】
Ovall × mabanua
http://ovall.net/live/

 

■ 日程 2019. 11. 23 (土祝)
■ 会場 大阪 梅田 Banana Hall
■ 時間 17:30 OPEN / 18:00 START
■ 料金 ¥4,800 (+1drink)
■ 出演 Ovall / mabanua

 

【プロフィール】

Shingo Suzuki、mabanua 、関口シンゴによるトリオバンド。

メンバー全員がソロアーティスト/ミュージシャン/プロデューサーとしても活動するマルチプレイヤー集団。

2006年から現メンバーでの活動を本格化、現在に至るまでジャンルよりもミュージシャンシップを軸に置く姿勢を貫く。

ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ロックを同列に並べ、生演奏もサンプリングもシームレスに往復し、楕円(オーバル)のグルーヴの中に音を投げ込む。

その斬新なスタイルと唯一無二のサウンドは徐々に時代を吸い寄せ、国内外の映像作家、映画監督、そして様々なアーティストからプロデュースやコラボレーションの依頼が殺到。

しかし、ソロ活動が多忙を極めたことが諸刃の剣となり2013年にバンド活動を休止、それぞれの表現を追い求め始める。

しかし「この3人ならではのアンサンブルが聴きたい」という要望が絶えず、メンバーもその思いに応える形で、4年の歳月を経て2017年に再始動。

直後よりFUJI ROCKなど国内の大型フェスに出演、そして世界中のアーティストとのコラボレーションや海外でのライブツアーも活発に行う。

ソロ活動で培ったスキルやノウハウをお互いに持ち寄り、今日もバンドは楕円を描きながら転がり続ける。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Kan Sano、本日22時に新曲「Natsume」リリックビデオをプレミア公開 直前にインスタライブも(動画あり)

KanSano_Natsume_LyricVideo_thumbnail_yoko

Kan Sanoが、ニューシングル「Natsume」のリリックビデオを今夜5/14(金) 22:00にプレミア公開することが明らかとなった。

 

 

「Natsume」のリリックビデオのプレミア公開直前には、Kan SanoによるNatsumeの制作秘話や曲の意図をたっぷり話すインスタライブも実施予定。オーディエンスからの質問も受け付けるとのことだ。

 

「Natsume」が主題歌に抜擢された「住住」はバカリズムをはじめ、二階堂ふみ、バナナマン日村、オードリー若林、水川あさみ といった個性的なキャストによるシュールなやりとりと、なんとも不思議な感覚&クセになるゆるさで視聴者を瞬く間にとりこにしている異色ドラマ。リリックビデオも、どこかSFらしい要素や鍵盤の絶妙な揺れ感がリアルと空想を行き来する楽曲の世界観に寄り添うようにマッチしている。

 

 

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »