NEWS

Elephant Gym、日本初となるワンマンツアー決定!新MV「Gaze at Blue 」公開!

Elephant Gym_Artist_Photo_sub_201809_low_2000

台湾スリーピースバンド「Elephant Gym」の日本初ワンマンツアーの開催が決定。また、新曲MV「Gaze at Blue」が公開となった。

 

今回の日本ツアーは、2020年前半にバンドとしては半年間のライブ活動を休止する充電期間を控えており、その前のラストツアーとなる。本日より10/27まで発売の先行チケット購入者には、新曲”Gaze at Blue“の音源が無料で配布される。

 

昨年、2nd Full AL「Underwater」をリリースし、その後約1年間に渡り、全14カ国約100公演のワールドツアーを開催。日本でもその人気はアジアのインディーバンドとしては随一で、今年5月にはShibuya WWW Xにてエクスペリメンタル・ソウルバンド、WONKとのツーマンを成功させた。来月にはTyler, The Creator主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LAドジャースタジアム)出演を控えており、また、日本のインストバンド、LITEとの北米西海岸ツアーを敢行する予定となっている。

 

新曲「Gaze at Blue」のMVは、Elephant Gymがワールドツアーを経て成熟させた音楽性を表現されたものとなっている。

 

Elephant Gym / Gaze at Blue 

 

<ツアー情報>
Elephant Gym 1st One-Man Tour in Japan 2020
「The Rats and The Elephants」

 

<開催日時・場所>
2020年1月12日(日)
愛知・名古屋UPSET
18:00 OPEN / 18:30 START
Info:052-936-6041 (JAILHOUSE)

 

2020年1月13日(月祝)
東京・渋谷CLUB QUATTRO
17:30 OPEN / 18:30 START
Info:03-3444-6751 (SMASH)

 

2020年1月15日(水)
大阪・梅田Shangri-la
19:00 OPEN / 19:30 START
Info:06-6535-5569 (SMASH WEST)

 

<出演アーティスト>
Elephant Gym(ワンマン)

 

<チケット>
前売3,800円 / 当日4,300円(D代別途)

 

■新曲音源DLコード付き先行:10/18(金)12:00~10/27(日)23:59 
※抽選制、各公演、お一人様最大4枚まで
※DLコードはチケット購入者様へ直接11月上旬までにメールでお送りいたします。
*受付URL:https://w.pia.jp/t/elephantgym-pr/

 

■一般発売:11/2(土)下記にて発売開始
・名古屋公演 – チケットぴあ(P:167-657)+英語販売あり・ローソンチケット(L:43723)・e+(pre:10/28 – 10/30)
・東京公演 – チケットぴあ(P:167-611)/英語販売あり・ローソンチケット(L:74611)・e+(pre:10/28 – 10/30)
・大阪公演 – チケットぴあ(P:167-571)/英語販売あり・ローソンチケット(L:56104)・e+(pre:10/28 – 10/30)

 

<主催>
主催:東京-SMASH/名古屋-JAILHOUSE/大阪-SMASH WEST

 

<企画・制作>
企画/制作:WORDS Recordings/SMASH

 

<総合問合せ>
SMASH 03-3444-6751

 

<アーティストプロフィール>
Guitar, Piano, Synthesizer :Tell Chang(張凱翔) / Bass, Vocal : KT Chang(張凱婷)/ Drums : Chia-Chin Tu(涂嘉欽) *TellとKTは兄妹。

 

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

 

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界各国にてリリース&ツアーを実施。2016年8月、1stアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月、アメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。

 

2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、「りんご音楽祭2018」及び「OOPARTS 2018」出演。
同年11月、2ndフルアルバム「Underwater」をリリースし、東名阪ジャパンツアー実施、代官山UNITの東京公演はソールドアウトとなる。また、北米公演全6箇所ソールドアウト含む、14カ国約100公演のワールドツアーを実施。
2019年11月、Tyler, The Creator主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LAドジャースタジアム)出演。それに伴い、北米ウエストコースト8都市を回る「The Blue Tour」を、日本のインストロックバンド・LITEとのツーマンにて実施。
2020年1月、半年間の充電期間を前に、日本にて初となる東名阪ワンマンツアーが決定。
https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

 

The Rats&The Elephants_2000

Elephant Gym 1st One-Man Tour in Japan 2020 「The Rats and The Elephants」フライヤー

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

11/8(月)『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』で、渋さ知らズオーケストラ、ZAZEN BOYSのツーマンライブ決定!本日より前売チケット発売スタート!!

synchro21al_yoko_comp

2021年11月8日(月)に、渋さ知らズオーケストラとZAZEN BOYSの2組によるツーマンイベント『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』の開催が、渋谷TSUTAYA O-EASTにて決定した。開場〜開演時、転換時は都市型フェス『SYNCHRONICITY』のレジデントDJであるKo UmeharaがDJを担当する。

 

このイベントは、毎年春に開催している都市型フェス『SYNCHRONICITY』のスピンオフイベント。そのフェスでも特に縁の深い2組によるツーマンとなる。なお、来年の春の開催もまもなく発表となるとのことなので、そのアナウンスも楽しみに待とう。

 

開催発表と同時に、イープラス、ZAIKOにて、前売チケットの発売がスタート。人数限定のチケット販売となるので購入を急ごう。


 

SYNCHRONICITY’21 Autumn Live イベント概要

 

名称:SYNCHRONICITY’21 Autumn Live – 渋さ知らズオーケストラ × ZAZEN BOYS –
開催日時:2021年11月8日(月) open 17:30 / start 18:30
開催場所:TSUTAYA O-EAST
LiVE:渋さ知らズオーケストラ / ZAZEN BOYS
DJ:Ko Umehara(-kikyu-)

 

チケット情報:
【前売チケット】
5,000円(ドリンク別)
チケット発売日:10月14日(木)18:00

 

【チケット販売先】
・e+(イープラス)
http://eplus.jp/synchronicity2021-al/

 

・ZAIKO
https://synchronicity.zaiko.io/e/autumnlive21

 

公式WEB:
https://synchronicity.tv/festival/

 

公式SNS:
Twitter
Instagram
Facebook

 

お問い合わせ:
SYNCHRONICITY(info@kikyu.net
TSUTAYA O-EAST(03-5458-4681)

 

主催:
EARTHTONE Inc.

 

協力:
TSUTAYA O-EAST

 

synchro21al_flyer3_comp

SYNCHRONICITY'21 Autumn Live フライヤー

 

shibusashirarzu-orchestra_2000

渋さ知らズオーケストラ

 

1989年9月、不破大輔を中心に第一回目のライヴを行う。フリージャズをベースにした大所帯バンドだが、オーケストラ編成だけでなく、中編成や小編成でも活動する。芝居の音楽伴奏が出発点の一つとなったこともあり、演劇的感覚が強い。演奏にはジャズ、ロック、フォーク、歌謡曲など様々な要素が混在し、ジャンル分けを拒む音楽である。ステージはミュージシャン、舞踏家、ダンサー、パフォーマー、映像などによって構成され、同時多発的な「イベント」が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドと評される。FUJI ROCK FESTIVAL(日)、SUMMER SONIC(日)、GLASTONBURY FESTIVALS(英)、MOERS FESTIVAL(独)、ROCCELLA(伊)、NANTES(仏)、QUEBEC(加)をはじめとする、国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け数度の長期ヨーロッパツアーを行いフェスや単独公演を行う。また、「天幕渋さ」と呼び、自らテントを建てての公演も開催している。これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示しており、芸能のラディカリズムを意識したものである。
www.shibusa.net

 

zazenboys_photo_2021_500kb

ZAZEN BOYS

 

向井秀徳 (Vocal,Guitar,Key)
松下敦 (Drums)
吉兼聡 (Guitar)
ミヤ (Bass)

 

元NUMBER GIRLの向井秀徳が中心となり、2003年結成。
MATSURI STUDIOを拠点に、国内外でのライブ活動、作品制作を行っている。

 

<オフィシャル・サイト> mukaishutoku.com

<MATSURI STUDIO Twitter> https://twitter.com/MatsuriStudio

 

ko umehara_500kb

KO UMEHARA (Komabano Oscillation Lab. / contatto / 惨劇の森)

 

DJ / Track Maker / 静岡県出身
2000年代中盤から都内にてDJ活動、楽曲制作を開始。PULSE at ClubAsiaやKlass at Module、Anoanaなどのパーティーオーガナイズ、DJを務めつつ数多くの野外fesへ出演を果たす。現在は-kikyu-主催の屋内型フェスティバルSYNCHRONICITYのレジデントDJやShu Okuyamaとの音楽レーベル駒場野震動研究所(Komabano Oscillation Lab. )、DJ WADAとのパーティーcontatto at forestlimit、deep distance at 神楽音、惨劇の森(DJ Abraxas a.k.a Aquarium×Phonehead×Bushmind×Ko Umehara)を中心に日本各地様々なクラブ、野外パーティー、場末のbarなどにて活動中。

 

https://soundcloud.com/ko-umehara 
http://www.mixcloud.com/koumehara/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »