NEWS

ユニコーン、ABEDON50祭テーマ曲のMV公開!

Uc_main_1500

7月30日、31日に山形市総合スポーツセンターにて開催される、ABEDON50祭「サクランボー/祝いのアベドン」。このライブのテーマ曲「RAMBO N°5」「50/50」のMVがYouTubeで公開された。

 

既に自身の50祭を終えたEBI・奥田民生・川西幸一・手島いさむによる、思わず踊りだしたくなるような「RAMBO N°5」と、あと少しで50歳を迎えるABEDONのミディアムバラード「50/50」。この真逆とも言える2曲のMVは、ライブ前の予習としてぜひチェックしたい。また、ABEDON50祭のライブチケットおよびライブビューイングチケットにCDとして付属される。

 

ライブのチケットはほぼソールドアウトしているが、両日ともに立見席が開放されている。また、ライブビューイングのチケットも現在一般発売中。ライブに参加できないファンも是非映画館に足を運んでほしい。

 

ユニコーン 『RAMBO N°5』

 

ユニコーン 『50/50』

 

—————————————————————

 

【ユニコーン】
1986年に広島で結成。翌1987年にメジャーデビュー。2009年年始に再始動を発表。昨年、メンバーの奥田民生とEBIが50歳を迎え、恒例の50祭をそれぞれ5月と10月に開催。2016年はABEDON(阿部義晴)が50歳を迎えるにあたり、ABEDON50祭「サクランボー/祝いのアベドン」を7月に開催。9月からは全国ツアー「第三パラダイス」を行う。
http://www.unicorn.jp/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

11/8(月)『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』で、渋さ知らズオーケストラ、ZAZEN BOYSのツーマンライブ決定!本日より前売チケット発売スタート!!

synchro21al_yoko_comp

2021年11月8日(月)に、渋さ知らズオーケストラとZAZEN BOYSの2組によるツーマンイベント『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』の開催が、渋谷TSUTAYA O-EASTにて決定した。開場〜開演時、転換時は都市型フェス『SYNCHRONICITY』のレジデントDJであるKo UmeharaがDJを担当する。

 

このイベントは、毎年春に開催している都市型フェス『SYNCHRONICITY』のスピンオフイベント。そのフェスでも特に縁の深い2組によるツーマンとなる。なお、来年の春の開催もまもなく発表となるとのことなので、そのアナウンスも楽しみに待とう。

 

開催発表と同時に、イープラス、ZAIKOにて、前売チケットの発売がスタート。人数限定のチケット販売となるので購入を急ごう。


 

SYNCHRONICITY’21 Autumn Live イベント概要

 

名称:SYNCHRONICITY’21 Autumn Live – 渋さ知らズオーケストラ × ZAZEN BOYS –
開催日時:2021年11月8日(月) open 17:30 / start 18:30
開催場所:TSUTAYA O-EAST
LiVE:渋さ知らズオーケストラ / ZAZEN BOYS
DJ:Ko Umehara(-kikyu-)

 

チケット情報:
【前売チケット】
5,000円(ドリンク別)
チケット発売日:10月14日(木)18:00

 

【チケット販売先】
・e+(イープラス)
http://eplus.jp/synchronicity2021-al/

 

・ZAIKO
https://synchronicity.zaiko.io/e/autumnlive21

 

公式WEB:
https://synchronicity.tv/festival/

 

公式SNS:
Twitter
Instagram
Facebook

 

お問い合わせ:
SYNCHRONICITY(info@kikyu.net
TSUTAYA O-EAST(03-5458-4681)

 

主催:
EARTHTONE Inc.

 

協力:
TSUTAYA O-EAST

 

synchro21al_flyer3_comp

SYNCHRONICITY'21 Autumn Live フライヤー

 

shibusashirarzu-orchestra_2000

渋さ知らズオーケストラ

 

1989年9月、不破大輔を中心に第一回目のライヴを行う。フリージャズをベースにした大所帯バンドだが、オーケストラ編成だけでなく、中編成や小編成でも活動する。芝居の音楽伴奏が出発点の一つとなったこともあり、演劇的感覚が強い。演奏にはジャズ、ロック、フォーク、歌謡曲など様々な要素が混在し、ジャンル分けを拒む音楽である。ステージはミュージシャン、舞踏家、ダンサー、パフォーマー、映像などによって構成され、同時多発的な「イベント」が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドと評される。FUJI ROCK FESTIVAL(日)、SUMMER SONIC(日)、GLASTONBURY FESTIVALS(英)、MOERS FESTIVAL(独)、ROCCELLA(伊)、NANTES(仏)、QUEBEC(加)をはじめとする、国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け数度の長期ヨーロッパツアーを行いフェスや単独公演を行う。また、「天幕渋さ」と呼び、自らテントを建てての公演も開催している。これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示しており、芸能のラディカリズムを意識したものである。
www.shibusa.net

 

zazenboys_photo_2021_500kb

ZAZEN BOYS

 

向井秀徳 (Vocal,Guitar,Key)
松下敦 (Drums)
吉兼聡 (Guitar)
ミヤ (Bass)

 

元NUMBER GIRLの向井秀徳が中心となり、2003年結成。
MATSURI STUDIOを拠点に、国内外でのライブ活動、作品制作を行っている。

 

<オフィシャル・サイト> mukaishutoku.com

<MATSURI STUDIO Twitter> https://twitter.com/MatsuriStudio

 

ko umehara_500kb

KO UMEHARA (Komabano Oscillation Lab. / contatto / 惨劇の森)

 

DJ / Track Maker / 静岡県出身
2000年代中盤から都内にてDJ活動、楽曲制作を開始。PULSE at ClubAsiaやKlass at Module、Anoanaなどのパーティーオーガナイズ、DJを務めつつ数多くの野外fesへ出演を果たす。現在は-kikyu-主催の屋内型フェスティバルSYNCHRONICITYのレジデントDJやShu Okuyamaとの音楽レーベル駒場野震動研究所(Komabano Oscillation Lab. )、DJ WADAとのパーティーcontatto at forestlimit、deep distance at 神楽音、惨劇の森(DJ Abraxas a.k.a Aquarium×Phonehead×Bushmind×Ko Umehara)を中心に日本各地様々なクラブ、野外パーティー、場末のbarなどにて活動中。

 

https://soundcloud.com/ko-umehara 
http://www.mixcloud.com/koumehara/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »