NEWS

cero × 前野健太の2マンライブが9/26にリキッドルームで決定!

cero_maenokenta

恵比寿リキッドルームの12周年を記念して、ceroと前野健太のアニバーサリー2マンライブが決定した。前野健太はバンド編成での出演。イープラス・プレオーダーは明日7/30正午からスタートする。

 

 

LIQUIDROOM 12th ANNIVERSARY
cero × 前野健太
出演: cero、前野健太 (BAND SET)
日時:2016年9月26日(月曜日)開場/開演 18:30/19:30
会場名:リキッドルーム

 

前売券(8月21日(日曜日)発売):3,000円[税込・1ドリンク代(500円)別途]
前売券取り扱い箇所:チケットぴあ[Pコード 302-654]、ローソンチケット[Lコード 70390]、イープラス、ディスクユニオン(お茶の水駅前店/新宿BF日本のロック・インディーズ館/下北沢店/吉祥寺店/池袋店/渋谷中古センター)、リキッドルーム

 

※イープラス・プレオーダー
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002194196P0030001
受付期間:2016年7月30日(土曜日)正午~8月8日(月曜日)18:00
問い合わせ先:リキッドルーム 03-5464-0800 http://www.liquidroom.net

 

cero

▼cero
Contemporary Exotica Rock Orchestra 略してcero(セロ)。2004年結成。メンバーは髙城晶平、荒内佑、橋本翼の3人。様々な感情、情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップミュージックへと昇華させる。2011年1月にリリースした1st album「WORLD RECORD」は各地で好評を博し、 現在もロングセールスを記録。2012年はFUJI ROCK FESTIVAL(2年連続!)、SWEET LOVE SHOWERなどの大型フェスへの出演、海外アーティストの来日サポートやクラブシーンでのライブなど、ジャンルレスに活動の場を広げ、 待望の2nd album「My Lost City」を2012年10月にリリース。 2012年を代表する1枚との呼び声も高く各地で大絶賛、大好評を呼んだ。2013年12月に1st single+DVD「Yellow Magus」をリリース。2014年12月に最新作となる2nd 両A面 Single「Orphans / 夜去」をリリースし、同年12月にEX-THEATER ROPPONGIでの2DAYSワンマンライブ「Wayang Paradise」も両日完売、大盛況にて終了。2015年1月より初のラジオレギュラー番組InterFM897「Night Drifter」を担当。髙城はFM802「MUSIC FREAKS」のレギュラーDJも担当している。5月に3rd album「Obscure Ride」発売。各所初回盤が即座に売り切れ、オリコンウィークリーで8位を記録し,各音楽誌の2015年ベストアルバムにも多数選出されている。ZEPP TOKYO公演を含む全国17箇所のツアーも各地大盛況、FUJIROCK’15 WHITESTAGEでのライブもベストアクトの呼び声多数! 2015年11月には初の中野サンプラザでのワンマン公演も成功させた。2016年、2月24日に映像作品“Obscures”~Live at ZEPP TOKYO & Obscure Ride Tour Document~のリリース、5月日比谷野音、7月大阪城野音と初の野外ワンマンライブ”Outdoors”も大盛況のうちに終了し、今後のリリース、ライブが常に注目される音楽的快楽とストーリーテリングの巧みさを併せ持った、東京のバンドである。

http://cero-web.jp

 

maenokenta

▼前野健太

1979年生まれ、埼玉県出身。シンガーソングライター。2007年に自主レーベルよりアルバム『ロマンスカー』をリリースし、デビュー。2009年、ライブドキュメンタリー映画『ライブテープ』(監督:松江哲明)で主演を務める。同作は第22回東京国際映画祭の「ある視点部門」でグランプリを受賞。2011年にも同監督の映画『トーキョードリフター』で主演を務める。同年、第14回みうらじゅん賞を受賞。近年はフジロックフェスティバルをはじめ大型フェスへの出演や、演劇作品への楽曲提供、文芸誌でのエッセイ連載、小説執筆など、活動の幅を広げている。アルバム最新作はジム・オルークをプロデューサーに招いた『ハッピーランチ』(2013年)。2014年にはライブ盤、2015年にはCDブック「今の時代がいちばんいいよ」を発表。今年の12月には主演映画『変態だ』の公開を控えている。

http://www.maenokenta.com

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Elephant Gym、4年ぶり2ndアルバムをリリース ジャパンツアーはtricotとのツーマン公演も

Elephant Gym_Artist_Photo_sub_201809_low_2000

台湾・高雄出身のスリーピース・バンド・Elephant Gymは2018年、都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」(東京)にて入場規制となり、その大きな反響からつい先日の「りんご音楽祭2018」への出演を果たすなど、日本での活動が本格化する中、4年ぶり2ndフルアルバム「Underwater」の国内リリース及びtricotとのツーマン公演を含むジャパンツアーが決定した!

 

初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、四年ぶりとなる2ndフルアルバムではフューチャーソウル、ヒップホップ、オルタナティブロック、シティポップ、フィルムミュージックなどの影響を感じさせ、マスロックとも言われたこれまでのカテゴライズやインストの枠を大きく超越した作品になりそうだ。今作では日本人アーティスト参加楽曲を含めた、日本独自盤が制作される。

 

また、11月に東名阪で開催されるジャパンツアーは、世界規模で活躍するElephant Gymらしく北米やアジア各国を含めた10カ国を回るワールドツアーの一環で開催される。11月30日(金)の東京公演では同じく世界で活躍し、アメリカではレーベルメイトのtricotとのツーマン公演となっており、要注目の対バンともなりそうだ。

 

<リリース情報>

アーティスト名:Elephant Gym

アルバム名:Underwater

発売日:2018年11月14日(水)

品番:WDSR-003

価格:¥2,300(税抜価格)+税(全13曲収録)

レーベル:WORDS Recordings

*トラックリスト、ジャケット写真は後日発表。

 

<ツアー情報>

「<Underwater> World Tour in Japan」

11/27(火)名古屋 CLUB UPSET

Guest Act: 後日発表

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:30/START19:00

info. 052-936-6041 (JAILHOUSE)

 

11/28(水)大阪 Shangri-La

Guest Act: 後日発表

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:30/START19:00

info. 06-6535-5569 (SMASH WEST)

 

11/30(金)東京 UNIT

Guest Act: tricot

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:00/START19:00

info. 03-3444-6751(SMASH)

 

オフィシャル抽選先行受付:

9/26(水)10:00〜10/3(水)23:59 

受付URL http://w.pia.jp/t/elephant-gym-of/

 

10/13(土)下記にて一般発売開始!

名古屋:ぴあ(P:130-665)/英語販売あり、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:42337)

大阪:ぴあ(P:130-407)/英語販売あり、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:55640)

東京:ぴあ(P:130-332)/英語販売あり、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:73133)

 

<アーティストプロフィール>

Guitar, Piano, Synthesizer :Tell Chang(張凱翔) / Bass, Vocal : KT Chang(張凱婷)/ Drums : Tu Chia-Chin(涂嘉欽) *TellとKTは兄妹。

 

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

 

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界的にも高い評価を得ており、世界各国にてツアーを実施している。2016年8月には1stフルアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月にはアメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。

 

2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、cinema staff主催フェスティバル「OOPARTS 2018」及び「りんご音楽祭2018」出演。11月、2ndフルアルバム「Underwater」リリース、及び東名阪ジャパンツアー実施(北米やアジア全10カ国ワールドツアーの一環)。

https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

 

列印

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »