NEWS

Homecomings、セカンドアルバム詳細&レコ発ツアー詳細を発表!

Homecomings_2016_1000

Homecomingsが、5月11日に2ndアルバム「SALE OF BROKEN DREAMS」をリリース。その2ndアルバムのジャケット写真、アルバム収録内容、トレーラー、レコ発ワンマンツアーの詳細をが発表となった。

 

今作「SALE OF BROKEN DREAMS」は全13曲を収録。昨年シングルで発売された「HURTS」や年末にYou Tubeにて公開された「ANOTHER NEW YEAR」も新たにレコーディングを行い、初めてピアノを取り入れた楽曲等も収録。アルバム収録曲を使用したトレーラーも公開された。ジャケットイラストはイラストレーター"サヌキナオヤ"、アートディレクションをメンバーの畳野彩加と福富優樹によるデザインチーム"MURRAY"(マーレイ)が手掛けている。本作の発売を記念して行われるレコ発ワンマンツアーのチケットも本日19時より先行受付が開始。HP先行受付では通常のチケットに加え、Tシャツ付チケットの受付も開始される。

 

また、4月よりTOKYO FM「RADIO DRAGON-NEXT-」中でHomecomingsのレギュラーコーナーが2ヶ月限定でスタート。関西ではネットラジオ ソラトニワ『GO HIGHER』には4月より月一レギュラーとして登場。アルバム発売に向け、ますます注目度が上がるHomecomingsの活動は注目が高まるばかり!

 

■「SALE OF BROKEN DREAMS」トレーラー
https://youtu.be/wXRZkVs7nS0

 

■アルバム情報
Homecomings
「SALE OF BROKEN DREAMS」
2016.05.11 リリース
PECF-1133 felicity cap-251
定価 : ¥2,400 + 税

 

【収録曲】全13曲
01.THEME FROM SALE OF BROKEN DREAMS
02.ALPHABET FLOATING IN THE BED
03.HURTS
04.DON'T WORRY BOYS
05.BLINDFOLD RIDE
06.MAYBE SOME OTHER TIME
07.ANOTHER NEW YEAR
08.MORE SONGS OF PAIN
09.PERFECT SOUNDS FOREVER
10.BUTTERSAND
11.CENTRAL PARK AUDIO TOUR
12.LIGHTS
13.BASEBALL SUNSET

 

■アルバムジャケット
pecf1133_box

■ライブ情報
レコ発東名阪ツアー(全公演ワンマン)
Homecomings 『SALE OF BROKEN DREAMS』 RELEASE ONE-MAN TOUR
"DON'T WORRY BOYS"

 

2016年6月25日(土)
会場:名古屋 TOKUZO
開場:17:00 開演:18:00
問い合わせ:JAILHOUSE 052-936-6041

 

2016年6月26日(日)
会場:大阪 Shangri-La
開場:17:15 開演:18:00
問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569

 

2016年7月1日(金)
会場:渋谷 shibuya WWW
開場:18:15 開演:19:00
問い合わせ:HOT STUFF 03-5720-9999

 

チケット料金:前売 ¥3,000(税込・ドリンク代別途要)
※4/30(土)発売開始

 

■TICKET INFO
Homecomings HP先行予約受付
受付期間:3/29(火)19:00 ~ 4/10(日)23:59
受付URL:http://homecomings.jp/

 

■TOKYO FM「RADIO DRAGON-NEXT-」
放送日時:毎週木曜日 26:00-28:00(コーナーは26:20頃オンエア予定)
http://www.tfm.co.jp/dragon/

 

■プロフィール
京都在住、女の子3 人+ 男の子1 人の4 ピース・バンド。「FUJI ROCK FESTIVAL」「下北沢インディーファンクラブ」「ボロフェスタ」等への出演、The Pains of Being Pure at Heart / Mac DeMarco / Veronica Falls / Computer Magic / Norman Blake(Teenage Fanclub)といった海外アーティストとの共演、東京・大阪での自主企画イベントの開催など、2012年の結成から飛躍的に活動を展開中。これまでに『Homecoming with me ?』(2013 年 CD/10")、『I Want You back』(2014 年CD/7”)、平賀さち枝とのコラボシングル『白い光の朝に』(2014 年 CD/7”)、1st フルアルバム『Somehow, Somewhere』(2014 年 CD/LP) をリリース。2015 年7 月初のシングル『HURTS』(CD/7”) をリリースした。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Elephant Gym、4年ぶり2ndアルバムをリリース ジャパンツアーはtricotとのツーマン公演も

Elephant Gym_Artist_Photo_sub_201809_low_2000

台湾・高雄出身のスリーピース・バンド・Elephant Gymは2018年、都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」(東京)にて入場規制となり、その大きな反響からつい先日の「りんご音楽祭2018」への出演を果たすなど、日本での活動が本格化する中、4年ぶり2ndフルアルバム「Underwater」の国内リリース及びtricotとのツーマン公演を含むジャパンツアーが決定した!

 

初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、四年ぶりとなる2ndフルアルバムではフューチャーソウル、ヒップホップ、オルタナティブロック、シティポップ、フィルムミュージックなどの影響を感じさせ、マスロックとも言われたこれまでのカテゴライズやインストの枠を大きく超越した作品になりそうだ。今作では日本人アーティスト参加楽曲を含めた、日本独自盤が制作される。

 

また、11月に東名阪で開催されるジャパンツアーは、世界規模で活躍するElephant Gymらしく北米やアジア各国を含めた10カ国を回るワールドツアーの一環で開催される。11月30日(金)の東京公演では同じく世界で活躍し、アメリカではレーベルメイトのtricotとのツーマン公演となっており、要注目の対バンともなりそうだ。

 

<リリース情報>

アーティスト名:Elephant Gym

アルバム名:Underwater

発売日:2018年11月14日(水)

品番:WDSR-003

価格:¥2,300(税抜価格)+税(全13曲収録)

レーベル:WORDS Recordings

*トラックリスト、ジャケット写真は後日発表。

 

<ツアー情報>

「<Underwater> World Tour in Japan」

11/27(火)名古屋 CLUB UPSET

Guest Act: 後日発表

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:30/START19:00

info. 052-936-6041 (JAILHOUSE)

 

11/28(水)大阪 Shangri-La

Guest Act: 後日発表

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:30/START19:00

info. 06-6535-5569 (SMASH WEST)

 

11/30(金)東京 UNIT

Guest Act: tricot

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:00/START19:00

info. 03-3444-6751(SMASH)

 

オフィシャル抽選先行受付:

9/26(水)10:00〜10/3(水)23:59 

受付URL http://w.pia.jp/t/elephant-gym-of/

 

10/13(土)下記にて一般発売開始!

名古屋:ぴあ(P:130-665)/英語販売あり、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:42337)

大阪:ぴあ(P:130-407)/英語販売あり、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:55640)

東京:ぴあ(P:130-332)/英語販売あり、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:73133)

 

<アーティストプロフィール>

Guitar, Piano, Synthesizer :Tell Chang(張凱翔) / Bass, Vocal : KT Chang(張凱婷)/ Drums : Tu Chia-Chin(涂嘉欽) *TellとKTは兄妹。

 

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

 

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界的にも高い評価を得ており、世界各国にてツアーを実施している。2016年8月には1stフルアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月にはアメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。

 

2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、cinema staff主催フェスティバル「OOPARTS 2018」及び「りんご音楽祭2018」出演。11月、2ndフルアルバム「Underwater」リリース、及び東名阪ジャパンツアー実施(北米やアジア全10カ国ワールドツアーの一環)。

https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

 

列印

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »