NEWS

みうらじゅん、前野健太、亀本寛貴が映画「変態だ」のエンディングテーマでドリームタッグ

GLIMSPANKY_a

12月10日公開予定の、企画・原作:みうらじゅん、監督:安齋肇、主演:前野健太で送る映画「変態だ」のエンディングテーマを、「GLIM SPANKY」のギタリスト・亀本寛貴が手がけることとなった。自身初の書下ろし作品によるへヴィメタルナンバー「Kill Bear」を提供する。さらに、作詞を、映画の原作者みうらじゅんが手がけ、主演の前野健太とともにボーカルも担当するといった、映画「変態だ」ならではのコラボが実現。

 

GLIM SPANKYも出演した福岡の野外フェスティバル、サンセットライブで、みうらじゅん・安齋肇率いる「勝手に観光協会Z」が「Kill Bear」を初披露。また、「GLIM SPANKY」のボーカル・松尾レミも本作でぬいぐるみのデザインを担当している。

 

【楽曲情報】
「Kill Bear」
歌:みうらじゅん、前野健太
作詞:みうらじゅん
作曲:亀本寛貴(GLIM SPANKY)

 

(映画情報)
出演:前野健太、月船さらら、白石茉莉奈 他/監督:安齋 肇/企画・原作:みうらじゅん(原作「変態だ」小説新潮掲載)/脚本:みうらじゅん、松久淳/制作:ドラゴンフライエンタテインメント/配給:松竹ブロードキャスティング アーク・フィルムズ
2015/日本/75分 ©松竹ブロードキャスティング /公式サイト:hentaida.jp

 

【物語】一浪の末、都内の二流大学に進学した男(前野健太)。特別な才能があるわけでもない普通の男は、偶然入ることになったロック研究会でのバンド活動を契機に、ミュージシャンとしての道を歩みだす。やがて結婚し、妻(白石茉莉奈)と生まれたばかりの息子とのごくごく普通の家族生活を送っているが、実は学生時代から続く妻以外の女・薫子(月船さらら)との愛人関係を断てずにいた――。

 

miurajun_asshuku

みうらじゅん

 

maenokenta2016

前野健太

 

GLIMSPANKY_a

GLIM SPANKY

 

DSC_2067_2000

「勝手に観光協会Z」ライブ写真((c)Sunset Live 2016)

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Elephant Gym、2020年1月の初ワンマンツアーよりYeYeとの共演ライブ映像を公開!

Elephant Gym_Artist_Photo_201910_hori_2000

2020年1月に行われた台湾スリーピースバンド「Elephant Gym」初の東名阪ワンマンツアー「The Rats and The Elephants」より、YeYeとの初共演ライブ映像を公開された。

 

2nd Full Album「Underwater」では日本から、Kento NAGATSUKA (WONK)とYeYeがそれぞれ作詞&歌唱参加している楽曲を収録しており、YeYe作詞&歌唱参加の、”Moonset feat. YeYe”で初共演を果たした。貴重なライブ映像を楽しんでほしい。

 

Elephant Gym / Moonset feat. YeYe – Live at "The Rats and The Elephants"

 

なお、YeYeは3/18にニューアルバム「30」をリリースする予定。

 

Live Photo by Takeshi Yao

 

Elephant Gym_Artist_Photo_201910_hori_2000<アーティストプロフィール>
Guitar, Piano, Synthesizer :Tell Chang(張凱翔) / Bass, Vocal : KT Chang(張凱婷)/ Drums : Chia-Chin Tu(涂嘉欽) *TellとKTは兄妹。

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界各国にてリリース&ツアーを実施。2016年8月、1stアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月、アメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。

2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、「りんご音楽祭2018」及び「OOPARTS 2018」出演。同年11月、2ndフルアルバム「Underwater」をリリースし、東名阪ジャパンツアー実施、代官山UNITの東京公演はソールドアウトとなる。また、北米公演全箇所ソールドアウト含む、14カ国約100公演のワールドツアーを実施。
2019年11月、Tyler, The Creator主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LAドジャースタジアム)出演。それに伴い、北米ウエストコースト8都市を回る「The Blue Tour」を、日本のインストロックバンド・LITEとのツーマンにて実施。
2020年1月、日本にて初となる東名阪ワンマンツアーを敢行、全公演ソールドアウト。

 

https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »