NEWS

みうらじゅん、前野健太、亀本寛貴が映画「変態だ」のエンディングテーマでドリームタッグ

GLIMSPANKY_a

12月10日公開予定の、企画・原作:みうらじゅん、監督:安齋肇、主演:前野健太で送る映画「変態だ」のエンディングテーマを、「GLIM SPANKY」のギタリスト・亀本寛貴が手がけることとなった。自身初の書下ろし作品によるへヴィメタルナンバー「Kill Bear」を提供する。さらに、作詞を、映画の原作者みうらじゅんが手がけ、主演の前野健太とともにボーカルも担当するといった、映画「変態だ」ならではのコラボが実現。

 

GLIM SPANKYも出演した福岡の野外フェスティバル、サンセットライブで、みうらじゅん・安齋肇率いる「勝手に観光協会Z」が「Kill Bear」を初披露。また、「GLIM SPANKY」のボーカル・松尾レミも本作でぬいぐるみのデザインを担当している。

 

【楽曲情報】
「Kill Bear」
歌:みうらじゅん、前野健太
作詞:みうらじゅん
作曲:亀本寛貴(GLIM SPANKY)

 

(映画情報)
出演:前野健太、月船さらら、白石茉莉奈 他/監督:安齋 肇/企画・原作:みうらじゅん(原作「変態だ」小説新潮掲載)/脚本:みうらじゅん、松久淳/制作:ドラゴンフライエンタテインメント/配給:松竹ブロードキャスティング アーク・フィルムズ
2015/日本/75分 ©松竹ブロードキャスティング /公式サイト:hentaida.jp

 

【物語】一浪の末、都内の二流大学に進学した男(前野健太)。特別な才能があるわけでもない普通の男は、偶然入ることになったロック研究会でのバンド活動を契機に、ミュージシャンとしての道を歩みだす。やがて結婚し、妻(白石茉莉奈)と生まれたばかりの息子とのごくごく普通の家族生活を送っているが、実は学生時代から続く妻以外の女・薫子(月船さらら)との愛人関係を断てずにいた――。

 

miurajun_asshuku

みうらじゅん

 

maenokenta2016

前野健太

 

GLIMSPANKY_a

GLIM SPANKY

 

DSC_2067_2000

「勝手に観光協会Z」ライブ写真((c)Sunset Live 2016)

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Suchmos、新レーベル「F.C.L.S.」ショートフィルム公開

SCM A SHA smallsize

7月5日に「FIRST CHOICE LAST STANCE」をリリースするSuchmosが、新レーベル「F.C.L.S.」のショートフィルムを公開した。

 

ショートフィルム URL

 

 

—————————————————-

ジャーナリスト森 健によるライナーノーツ

—————————————————-

 

陽が落ちていく。遠くでクラクションが聞こえる。手元の機器がメッセージの着信で青く光る。君は画面を確認し、すぐに消す。返すか、見過ごすか。
数秒数えて、上を向き、ひと呼吸して、打ち返す。
窓を開けたい。その扉の向こうへ。広がる夜を見上げたい。
それでも君は動かない。今日は、今夜は。
明日はどうだろうか──。
目をつぶり、そう願いながら、君はつないだイヤホンを耳にあてる。
 
最初に出会った仲間と生み出した音楽。それでやっていくと決めた。
その彼らが昨日とは違う場所へ行こうとしている。

手には新しい音、胸には古いジョーク。
大事な固い石は最初の場所に置いたまま、遠くへ、知らない場所へ。
そこで君も感じとる。自分ももっと自由な場所へ。もっと気持ちのいい場所へ。
 
走っているときには気づかない。自分が何を見ているのか、何を手にしているのか。
飛んでいるときには気づかない。どのくらいの速さなのか、どこを目指しているのか。
けれども、彼らは何かを手渡していく。
君はそれに触れ、手にしたものを確かめる。いつくしみ、呑み込み、刻みつける。
誰かにも伝えたい。
そして、君は別の誰かへと渡していく。その誰かはまた別の誰かへと。
点と点がつながり、線と線が交差する。この湧き上がるうねりに誰と触れよう。

この音をどうやって街に刻もう。

 

夜を伝わる彼らの揺らぎは、君の重りを外していく。

聞いたろ──。そう送れば、あの子がうなずき、あいつが笑う。粗雑な返事だけですべてが伝わる瞬間。夜の匂いとこの音だけで、すべてが充たされる。ここにいなくても、みんな同じ何かを感じている。


手元の液晶から響く音は、いつしか地を揺らす振動となって、君を包んでいく。
君は問いかける。
もう少し先へ。
彼らが呼応する。
いや、もっともっと先へ──。

それなら、どこまで──。

まだ見ぬ地平を夢想して、イヤホンを外しながら、彼らのいざないに胸を奮わせる。
 
その新しい出発点に君は立っている。

FIRST CHOICE LAST STANCE
いま彼らとともに。

 

ジャーナリスト 森 健

 

【リリース情報】

アーティスト:Suchmos

タイトル:「FIRST CHOICE LAST STANCE」

発売日:2017.7.5 on sale

価格:¥1,000+tax 

品番:KSCL-2940 

【初回仕様限定盤】

ストリート仕様

Suchmos ロゴステンシルシート封入

 

<収録曲>

1,WIPER 

2.OVERSTAND

 

【Suchmos『F.C.L.S. LIVE』】※ワンマン

■2017年07月2日(日)

会場:【東京】日比谷野外大音楽堂 ※SOLD OUT

時間:OPEN 17:00 / START 18:00

料金:\4,500 (指定席 / 立見)

info:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

■2017年7月9日 (日)

会場:【大阪】大阪城音楽堂 ※SOLD OUT

時間:OPEN 16:30 / START 17:30

料金:\4,500 (指定席 / 後方立見)

info:清水音泉 06-6357-3666

 

Suchmos Official HP:

http://www.suchmos.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »