NEWS

チャットモンチー、タイアップ楽曲収録のニューシングル発売

Chatmonchy_2016.08_A-Photo [main, moji]large_2000

チャットモンチーが、1年8カ月ぶりとなるニューシングルをリリースすることが明らかになった。今作は橋本・福岡の2ピース体制を基本にRec.され、両A面で、トリプルタイアップの強力シングルとなっている。

 

M-1「majority blues」は医療・福祉の専門学校 首都医校・大阪医専・名古屋医専TV CMソングとして、 M-2「消えない星」は、12月3日公開の映画『アズミ・ハルコは行方不明』の主題歌として、書き下ろされた楽曲。「majority blues」は、故郷の徳島でアーティストになる夢を追いかけて葛藤していた経験をもとに橋本が作詞したエモーショナルな応援ソングで、TV CMは今年4月よりO.A.され、その力強い歌声が大きな反響を呼んでいる。「消えない星」は、映画の脚本を読んで福岡が作詞したドラマチックなナンバー。監督は松居大吾、出演は蒼井優、高畑充希と、豪華な布陣の話題作となっている。

 

M-3「とまらん」は、今年4月に15,000人のランナーを集めて行われたとくしまマラソン2016の公式テーマソングとして書き下ろされた楽曲(※来年度以降も使用)。徳島の訛り、阿波弁(徳島弁)をふんだんに歌詞に盛り込み、徳島のスタジオで、徳島のエンジニア&ドラマーとレコーディングした、まさに徳島生まれのテーマソングに仕上がっている。

 

初回生産限定盤にはボーナストラックとして、「消えない星」の初演となった2015年11月11日@日本武道館でのLive音源(赤ちゃんver.)が収録されており、完成されたM-2「消えない星」との聴き比べを楽しむ事が出来る。なお、「majority blues」「とまらん」はCDリリースに先駆け、各配信サイトにて好評先行配信中。

 

2016年2月に地元徳島にて初の主催フェス「チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2016 ~みな、おいでなしてよ!~ 」を大成功させ、10周年を華やかに締めくくったチャットモンチー。2ピース+デジタル楽器という体制でのLiveや、初めてのディナーショーの開催発表など、さらなる挑戦をしつつ本格的に動き出すチャットモンチーに注目したい。

 

<Release Information>
チャットモンチー
New Single
majority blues / 消えない星
11月30日 Release

 

●初回生産限定盤
KSCL 2807 \1,265+税 (税込 \1,366)
1. majority blues(2016年度 首都医校、大阪医専、名古屋医専TV CMソング)
2. 消えない星(映画『アズミ・ハルコは行方不明』主題歌)
3. とまらん(とくしまマラソン公式テーマソング)
4. 消えない星~赤ちゃんver.~ (2015.11.11@日本武道館) *初回生産限定盤のみ収録

 

●通常盤
KSCL 2808 \1,165+税 (税込 \1,258)
1. majority blues 
2. 消えない星
3. とまらん

 

アズミ・ハルコは行方不明
12/3(土)より、新宿武蔵野館ほかロードショー
配給:ファントム・フィルム

 

<Live Information>
「MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 16」
公演日:11月5日 (土)、6日 (日)(チャットモンチーの出演は11月6日)
会場:豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場
開場/開演:11:00 / 13:00
料金:11月5日券【前売】7,800円(税込) 11月6日券【前売】7,800円(税込) 
2日通し券【前売】15,000円(税込)
※全自由
※6歳以上有料。チケットをお持ちの保護者1名様につき未就学のお子様1名まで入場無料。
(但し、スタンディングゾーン等一部入場禁止)
問い合わせ先:ピーエムエージェンシー 098-898-1331
URL:http://www.pmnet.co.jp

 

「チャットモンチーの鋼鉄婚式~鋼の11年~」
会場:徳島県 ザ・パシフィックハーバー URL:http://thepacificharbor.com/
公演日:2016年11月23日(水・祝) ※2回公演
昼やけどディナーショー 開場 12:00 開演 12:30
夜やけんディナーショー 開場 17:30 開演 18:00
料金:前売りチケット17,280円(税込)  ※一般発売:11月4日(金)
※ドレスコード
基本ありませんが、鋼鉄婚式にちなんで鉄っぽい物(アクセサリーなど)や11をあらわす物を身につけて頂けると、メンバーが喜びます。
※コース料理&1ドリンク込み(アルコールorソフトドリンク)
※全席指定
※未就学児入場不可

 

「 rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 16/17 」
公演日:12月28日(水)29日(木)30日(金)31日(土)
会場:幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
開場/開演:
<28,29,30日>開場 10:30 開演 12:00 終演 20:30
<31日>開場 13:30 開演 15:00 終演 29:00
URL: http://countdownjapan.jp/

 

チャットモンチー Ofiicial Homepage
http://www.chatmonchy.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

兵庫丹波市にて「森のなかのまち」をコンセプトにしたイベント『スパイスだもの。』開催 第一弾で溺れたエビ!、ワンダフルボーイズ、HAPPYを発表

image1

10月28日(土)兵庫県丹波市で「1日限りの『森のなかのまち』」をコンセプトにした、複合型音楽フェス『スパイスだもの。』が開催されることが決定した。

 

森の中のアクティビティと音楽・キャンプ・カレーを中心に『みんな』で、『五感全て』で、楽しめる郊外のローケーションを最大限活かしたイベントとなるとのこと。

 

第一弾出演アーティストとして「溺れたエビ!」「ワンダフルボーイズ」「HAPPY」を発表、また、丹波出身のアーティスト「小南泰葉」がワークショップで登場する。

 

キャンプ、森ハンモック・飯盒炊爨など「森の中のキャンプ場」のアクティビティに加え、京阪神・丹波地域を中心としたスパイスカレー店舗が約8店舗出店予定とのこと。夜間もキャンプファイアーなどを予定している。

 

出演者、出店情報は随時発表とのことなので、楽しみに待とう。


 

イベント概要

 

森の中のアクティビティ×音楽とキャンプとカレー

スパイスだもの。

公演日: 2017年10月28日(土) 

会場: 兵庫県丹波市、丹波悠遊の森
開場 10:00 / 開演 11:30(予定) 終演 21:00(終演後ステージにて映画を上映予定)
※翌29日(日)12:00まで滞在可/雨天決行・荒天中止
※タイムテーブル後日解禁

出演:溺れたエビ! / ワンダフルボーイズ / HAPPY  and more…

ワークショップ:小南泰葉

カレー:サカイヤ食堂(丹波・カレー) / kukuri(神戸・カレー) / 百福(大阪) / ニッポンカリーオルタナ(大阪「口癖はカレー」主催)/ SPICECURRY43(大阪) / NOMSON CURRY(大阪)

フード:丹波BBQ検定(バーベキュー) / キャリー焼菓子店(スイーツ)

装飾:にいろ

 

チケット券種:
入場券:¥4,500
団体券(入場券4枚セット) ¥16,000
入場券+駐車券:¥5,500
入場券+キャンプ券(テント持込):¥6,500
入場券+キャンプ券(常設テント):¥14,500
入場券+駐車券+キャンプ券(テント持込):¥7,500
入場券+駐車券+キャンプ券(常設テント):¥15,500

 

チケット取扱:

イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002233051P0050001P006001P0030001

PassMarket:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01dwv8yzms4e.html

丹波市内取扱店舗(通常価格より全券種\500オフ):
キャリー焼菓子店:https://www.facebook.com/kyarie.bake.house/
丹波悠遊の森:http://tamba-yuyu.com/

レストラン山の駅:https://www.facebook.com/yamanoeki.tamba/

 

主催: スパイスだもの。実行委員会
企画: スパイスだもの。実行委員会
後援: 丹波市  

 

オフィシャルホームページ:http://spicedamono.com/

 

【刺激的な「日常」を】
その日、その時間、その場所、
そこは私たちの「ありふれた瞬間」が詰まった「まち」となる。
「私とあなたではなく、「その場にいるみんなで過ごす森のなかの「まち」」。 
訪れる意味はただ一つ、私たちの日常に魅力があるから。
言葉では表現できない「ああ、いいな」が詰まった「まち」で過ごす時間。

それはわたしたち皆の【刺激的な日常】。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »