NEWS

石野卓球『LUNATIQUE』のリミックスアルバムがリリース、クリスマスイブにリリースパーティーも決定

EUQITANUL_JK_yoko

石野卓球、6年振りのソロアルバム『LUNATIQUE』の全曲リミックスアルバム『EUQITANUL』(ヨミ・ギャクルナティーク)が、12/21にリリースされることが明らかになった。

 

本作には、TOWA TEI、砂原良徳、agraphらを始め、WESTBAM、Der Dritte Raumといった石野とも親交の深いドイツ人アーティストたちの他、Hiroshi Watanabe、SUGIURUMN、A. Mochi、GONNO、DJ SODEYAMAがリミキサーとして参加している。

 

尚、タイトルは『LUNATIQUE』を逆読みしたもので、曲順もオリジナルの逆順となっており、ジャケットは宇川直宏がオリジナルジャケットに描かれていた女性の“骨と皮”を反転させて制作した。

 

更に、『EUQITANUL』のリリースを記念し、12/24(土)に、SOUND MUSEUM VISION(渋谷)にて、リミキサーのうち国内アーティストが総出演するリリースパーティーが開催されることも明らかになった。このリリースパーティーは、本日より始まる「TAKKYU ISHINO LUNATIQUE TOUR 2016」の一環として行われる。

 

 

【CD】

2016年12月21日(水)発売

アーティスト名 : 石野卓球(Takkyu Ishino)

アルバム名 : EUQITANUL(ヨミ・ギャクルナティーク)

 

1.Dawn(Der Dritte Raum Remix)

2.Selene(Hiroshi Watanabe Remix)

3.Lunatique(WESTBAM Remix)

4.Amazones (A. Mochi Remix)

5.Die Boten Vom Mond(GONNO Remix)

6.Crescent Moon(DJ SODEYAMA Remix)

7.Fana-Tekk (agraph Remix)

8.Lunar Kick(SUGIURUMN Remix)

9.Fetish(Yoshinori Sunahara Remix)

10.Rapt In Fantasy(TOWA TEI Remix)

 

品番 : KSCL-2821

価格 : ¥2,300+税

 

 

■TAKKYU ISHINO LUNATIQUE TOUR 2016

11/04 WOMB, Tokyo

11/12 JAMHOUSE, Akita

11/18 METRO, Kyoto

11/19 MOON&SPOON, Yonago

11/22 MAGO, Nagoya

11/25 BIJOU, Fukuoka

12/02 WOMB, Tokyo

12/03 YEBISU YA PRO, Okayama

12/09 PRECIOUS HALL, Sapporo

12/10 CLUB JOULE, Osaka

12/16 QUATTRO, Hiroshima

12/17 JAKATA, Shizuoka

12/23 WORLD, Kyoto

12/24 VISION, Tokyo

12/29 MANIER, Kanazawa

12/31 LIQUIDROOM, Tokyo

 

12/24(土)

TAKKYU ISHINO LUNATIQUE TOUR 2016 -EUQITANUL-

OPEN 23:00

DOOR 3500円 ADV2800円 ※サンタコスチュームの女性入場無料 

<GAIA>

TAKKYU ISHINO / TOWA TEI / SUGIURUMN / Hiroshi Watanabe a.k.a KAITO / agraph

<DEEP SPACE>

Yoshinori Sunahara / DJ SODEYAMA / GONNO / A. Mochi

 

<石野卓球(Takkyu Ishino) プロフィール>

1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE  LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるオリジナルソロ作品『LUNATIQUE』をリリース。 現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

 

HP : http://www.takkyuishino.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

香港のバンド「GDJYB」、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で配信されたライブ映像を公開

GDJYB_2019_horizontal_sml

香港女性4人組バンド「GDJYB」が、7月4日『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で未発表映像として配信されたライブ映像を公開した。

 

このライブ映像は、ボルダリングスタジオで開催された2018年『SQUARECLE EP』でのリリースパーティーライブ映像となる。

 

 

「GDJYB(ジーディージェイワイビー)」は香港をベースに活動し、マスロックとフォークミュージックをシンプルで分かりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、『マスフォーク』という独自のジャンルで音楽を展開する、女性四人組バンド。

 

日本では2016年に1stアルバム国内盤リリースと、2018年に都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」出演で初来日をし、少しずつ活動を広げている。その独自の音楽性に耳の早いリスナーから少しずつ評判が広がっており、2020年7月に開催された『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』にも過去の非公開ライブ映像で出演し、話題を集めた。

 

そんなGDJYBは、先日2年振りに新曲「405 Method Not Allowed」を各配信サイトにてデジタルリリース。YouTubeでもリリックビデオが配信されている。

 

香港では大きな状況の変化を迎えている中、制作された楽曲で、今年は他にも新曲の発表を予定している。

 

■GDJYB / 405 Method Not Allowed

 

<アーティストプロフィール>
Vocal – Soft Liu / Guitar – Soni Cheng / Bass – Wing Chan / Drum – Heihei Ng

 

「GDJYB」(ジーディージェイワイビー) は、2012年に香港で結成された女性4人編成バンド。マスロックとフォークミュージックを、シンプルでわかりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、「マスフォーク」と自らの音楽を形容する。マスロックの影響を感じさせる変拍子とギターフレーズに、フォーキーなコード感とメロディーをフュージョンさせることで、独特でありながらもキャッチーな楽曲を生み出している。

 

2014年にセルフタイトルとなる1st EPをリリースし、カルチャー誌「Time Out」に「あなたが聴くべき香港のアーティスト」として選出。2016年4月に同タイトルの日本盤がリリース。2016年12月、1stフルアルバム「23:59」リリースし、台湾で最も権威ある音楽賞「第28回台湾ゴールデンメロディーアワード・ベストミュージカルグループ」にノミネートされた。
2018年、2nd EP「SQUARECLE」リリース。4月には渋谷で開催の都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」に出演し、初来日を果たした。

 

バンド名は、香港の伝統料理「雞蛋蒸肉餅」(Gai Daan Jing Yuk Bang)の頭文字をとったもの。

 

GDJYB_2019_horizontal_sml

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »