NEWS

石野卓球『LUNATIQUE』のリミックスアルバムがリリース、クリスマスイブにリリースパーティーも決定

EUQITANUL_JK_yoko

石野卓球、6年振りのソロアルバム『LUNATIQUE』の全曲リミックスアルバム『EUQITANUL』(ヨミ・ギャクルナティーク)が、12/21にリリースされることが明らかになった。

 

本作には、TOWA TEI、砂原良徳、agraphらを始め、WESTBAM、Der Dritte Raumといった石野とも親交の深いドイツ人アーティストたちの他、Hiroshi Watanabe、SUGIURUMN、A. Mochi、GONNO、DJ SODEYAMAがリミキサーとして参加している。

 

尚、タイトルは『LUNATIQUE』を逆読みしたもので、曲順もオリジナルの逆順となっており、ジャケットは宇川直宏がオリジナルジャケットに描かれていた女性の“骨と皮”を反転させて制作した。

 

更に、『EUQITANUL』のリリースを記念し、12/24(土)に、SOUND MUSEUM VISION(渋谷)にて、リミキサーのうち国内アーティストが総出演するリリースパーティーが開催されることも明らかになった。このリリースパーティーは、本日より始まる「TAKKYU ISHINO LUNATIQUE TOUR 2016」の一環として行われる。

 

 

【CD】

2016年12月21日(水)発売

アーティスト名 : 石野卓球(Takkyu Ishino)

アルバム名 : EUQITANUL(ヨミ・ギャクルナティーク)

 

1.Dawn(Der Dritte Raum Remix)

2.Selene(Hiroshi Watanabe Remix)

3.Lunatique(WESTBAM Remix)

4.Amazones (A. Mochi Remix)

5.Die Boten Vom Mond(GONNO Remix)

6.Crescent Moon(DJ SODEYAMA Remix)

7.Fana-Tekk (agraph Remix)

8.Lunar Kick(SUGIURUMN Remix)

9.Fetish(Yoshinori Sunahara Remix)

10.Rapt In Fantasy(TOWA TEI Remix)

 

品番 : KSCL-2821

価格 : ¥2,300+税

 

 

■TAKKYU ISHINO LUNATIQUE TOUR 2016

11/04 WOMB, Tokyo

11/12 JAMHOUSE, Akita

11/18 METRO, Kyoto

11/19 MOON&SPOON, Yonago

11/22 MAGO, Nagoya

11/25 BIJOU, Fukuoka

12/02 WOMB, Tokyo

12/03 YEBISU YA PRO, Okayama

12/09 PRECIOUS HALL, Sapporo

12/10 CLUB JOULE, Osaka

12/16 QUATTRO, Hiroshima

12/17 JAKATA, Shizuoka

12/23 WORLD, Kyoto

12/24 VISION, Tokyo

12/29 MANIER, Kanazawa

12/31 LIQUIDROOM, Tokyo

 

12/24(土)

TAKKYU ISHINO LUNATIQUE TOUR 2016 -EUQITANUL-

OPEN 23:00

DOOR 3500円 ADV2800円 ※サンタコスチュームの女性入場無料 

<GAIA>

TAKKYU ISHINO / TOWA TEI / SUGIURUMN / Hiroshi Watanabe a.k.a KAITO / agraph

<DEEP SPACE>

Yoshinori Sunahara / DJ SODEYAMA / GONNO / A. Mochi

 

<石野卓球(Takkyu Ishino) プロフィール>

1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE  LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるオリジナルソロ作品『LUNATIQUE』をリリース。 現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

 

HP : http://www.takkyuishino.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

兵庫丹波市にて「森のなかのまち」をコンセプトにしたイベント『スパイスだもの。』開催 第一弾で溺れたエビ!、ワンダフルボーイズ、HAPPYを発表

image1

10月28日(土)兵庫県丹波市で「1日限りの『森のなかのまち』」をコンセプトにした、複合型音楽フェス『スパイスだもの。』が開催されることが決定した。

 

森の中のアクティビティと音楽・キャンプ・カレーを中心に『みんな』で、『五感全て』で、楽しめる郊外のローケーションを最大限活かしたイベントとなるとのこと。

 

第一弾出演アーティストとして「溺れたエビ!」「ワンダフルボーイズ」「HAPPY」を発表、また、丹波出身のアーティスト「小南泰葉」がワークショップで登場する。

 

キャンプ、森ハンモック・飯盒炊爨など「森の中のキャンプ場」のアクティビティに加え、京阪神・丹波地域を中心としたスパイスカレー店舗が約8店舗出店予定とのこと。夜間もキャンプファイアーなどを予定している。

 

出演者、出店情報は随時発表とのことなので、楽しみに待とう。


 

イベント概要

 

森の中のアクティビティ×音楽とキャンプとカレー

スパイスだもの。

公演日: 2017年10月28日(土) 

会場: 兵庫県丹波市、丹波悠遊の森
開場 10:00 / 開演 11:30(予定) 終演 21:00(終演後ステージにて映画を上映予定)
※翌29日(日)12:00まで滞在可/雨天決行・荒天中止
※タイムテーブル後日解禁

出演:溺れたエビ! / ワンダフルボーイズ / HAPPY  and more…

ワークショップ:小南泰葉

カレー:サカイヤ食堂(丹波・カレー) / kukuri(神戸・カレー) / 百福(大阪) / ニッポンカリーオルタナ(大阪「口癖はカレー」主催)/ SPICECURRY43(大阪) / NOMSON CURRY(大阪)

フード:丹波BBQ検定(バーベキュー) / キャリー焼菓子店(スイーツ)

装飾:にいろ

 

チケット券種:
入場券:¥4,500
団体券(入場券4枚セット) ¥16,000
入場券+駐車券:¥5,500
入場券+キャンプ券(テント持込):¥6,500
入場券+キャンプ券(常設テント):¥14,500
入場券+駐車券+キャンプ券(テント持込):¥7,500
入場券+駐車券+キャンプ券(常設テント):¥15,500

 

チケット取扱:

イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002233051P0050001P006001P0030001

PassMarket:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01dwv8yzms4e.html

丹波市内取扱店舗(通常価格より全券種\500オフ):
キャリー焼菓子店:https://www.facebook.com/kyarie.bake.house/
丹波悠遊の森:http://tamba-yuyu.com/

レストラン山の駅:https://www.facebook.com/yamanoeki.tamba/

 

主催: スパイスだもの。実行委員会
企画: スパイスだもの。実行委員会
後援: 丹波市  

 

オフィシャルホームページ:http://spicedamono.com/

 

【刺激的な「日常」を】
その日、その時間、その場所、
そこは私たちの「ありふれた瞬間」が詰まった「まち」となる。
「私とあなたではなく、「その場にいるみんなで過ごす森のなかの「まち」」。 
訪れる意味はただ一つ、私たちの日常に魅力があるから。
言葉では表現できない「ああ、いいな」が詰まった「まち」で過ごす時間。

それはわたしたち皆の【刺激的な日常】。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »