NEWS

渡辺俊美、復興への想いを込めたANA「東北FLOWER JET」テーマソング『空物語』を11/16デジタルリリース

watanabe toshimi_profile_photo_yoko

福島県出身でTOKYO No.1 SOUL SETや猪苗代湖ズで活躍する渡辺俊美が、ANA「東北FLOWER JET」のテーマソングとして作詞・作曲を手がけた曲『空物語』が、11月16日(水)にデジタルリリースされることが決定した。カップリングには、箭内健一によるファンカラティーナ・ギター・ディスコ・リミックスも収録される。

 

■ 渡辺俊美 『空物語』 

2016年11月16日(水)配信開始 

[収録曲] 

01. 空物語 

02. 空物語(Kenichi Yanai remix) 

[配信先(予定)] 

iTunes Store/Apple Music/ 

レコチョク/music.jp/mora/ 

Amazon/Google Play Music/ 

AWA/LINE MUSIC/KKBOX/ 

Spotify ほか

 

■ 渡辺俊美と「東北FLOWER JET」の出会い 

 

東日本大震災発生から5年の月日が経過した2016年春、ANAグループは震災復興支援として東北6県に咲く“強く、美しく、まっすぐな”花々で彩られた「東北FLOWER JET」の就航を開始、2020年までの5年間日本の空で運航していくことを発表しました。 

 

渡辺俊美と「東北FLOWER JET」との出会いは2015年夏。『福島空港de夏まつり×福島につなぐ「東北スマイルプロジェクト」』というイベントに渡辺俊美がライブ出演した際、ANAエアサービス福島の社員による「東北FLOWER JET」の企画提案を偶然に知ることとなります。心を揺さぶられた渡辺俊美はこの企画のテーマソングを手掛けることを決意しました。 

 

■ 渡辺俊美が『空物語』に込めた想い (ANAホームページより部分抜粋) 

 

「東北FLOWER JET」に関わった一人ひとりの“復興へのマコトの想い”を丁寧に拾い、歌詞にしました。特に表現したかったのは、人と人との繋がりや連鎖を生む「おかえり たたいま ありがとう」そして「さよならとまた来てね」です。 

 

今までの5年間、多くの寄付や物的支援により被災地を支援していただきましたが、少し足りないのは、「会話」ではないかと感じます。一方的な「支援」でなく、被災地に実際に足を運び、地元の方々と直接触れ合うこと、お互いを理解し信頼し合うこと、すなわち「共に生きる」という気持ちが、今こそ必要なのではないでしょうか。私はその気持ちを歌に込めています。 

 

歌に込めた想いは、「あの日を忘れないように」ではなく、「あの日から変わることが出来た今」です。過去は変えられないが、未来は変えられる。 

 

東北に触れ合い、寄り添って新しいたくさんの小さな物語を一緒に作りませんか。 

 

■ 渡辺俊美 Profile 

1990年、TOKYO No.1 SOUL SETとしてデビュー。1995年、アルバム「TRIPLE BARREL」(江戸屋レコーズ/BMG)でメジャーデビュー。様々なジャンルを取り込んだ、既成概念に捕われない独創的なサウンドは、幅広い層から支持を集める。1997年には、初開催のFUJI ROCK FESTIVAL に出演する。2002年より、TOKYO No.1 SOUL SETの活動と平行し、自身の音楽的好奇心や冒険心を試みる場としてのソロユニット・THE ZOOT16としての活動をスタート。現在まで、ミニアルバムを含む5枚のオリジナルアルバム発表している。様々なプロジェクトと同時に、川村カオリ、ジャズボーカリストakiko、土岐麻子、2BACKKA、サイプレス上野とロベルト吉野など、楽曲提供・プロデュースや、テレビ東京ドラマ「週間真木よう子」の音楽担当、映画「モテキ」の企画CDへの楽曲提供など、幅広い音楽活動を行う。2009年4月より1年間、SPACESHOWER TV番組「MUSIC UPDATE」のメインVJを担当、2010年4月からは、TOKYO FM番組『DOCOMO LOVE Family』のメインパーソナリティーを担当する。2009年9月、TOKYO No.1 SOUL SET+HALCALI名義で、NISSAN CUBE TVCM曲「今夜はブギー・バック」をシングルリリースし、スマッシュヒットを記録する。2010年、TOKYO No.1 SOUL SET活動20周年を迎え、活動20周年記念ベストアルバム『BEST SET』を2月にリリース。2011年4月、山口隆(サンボマスター)・松田晋二(THE BACK HORN)・箭内道彦(風とロック)と共に、福島出身のミュージシャンとクリエーターで2009年に結成されたバンド「猪苗代湖ズ」(渡辺俊美はBASS担当)として、東日本大震災を受け、福島県復興支援チャリティーソング「I love you & I need you ふくしま」を、タワーレコード限定シングルリリース。(CD販売利益全額を福島県災害対策本部に寄付)。同年12月31日、猪苗代湖ズとして、第62回NHK紅白歌合戦に出場。 

 

PJ2_125 2のコピー

空物語ジャケット写真

 

tohoku_FLOWER-JET

東北FLOWER JET機体イメージ

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Elephant Gymの新作にWONKのKento NAGATSUKA、YeYeが参加 新MV「Underwater」も公開

Elephant Gym_Artist_Photo_sub_201809_low_2000

台湾・高雄出身のバンド「Elephant Gym」の4年ぶり2ndフルアルバム「Underwater」のジャケット写真、トラックリストが公開。日本盤にはKento NAGATSUKA(WONK)及びYeYeの参加が明らかになった。

 

初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、四年ぶりとなる2ndフルアルバムではフューチャーソウル、ヒップホップ、オルタナティブロック、シティポップ、フィルムミュージックなどの影響を感じさせる。そんな中でElephant Gymとしては初めて、日本人のボーカリストを迎えた楽曲が収録される。

 

また、同アルバムに収録される”Underwater”のMVも発表になったばかり。こちらも合わせてチェックしよう。

 

11月に東名阪で開催されるジャパンツアーは、すでに発表となっている東京公演のゲストtricotに加え、名古屋公演ではMASS OF THE FERMENTING DREGSの出演が決定。チケットは10/13より一般発売する。

 

今年に入ってから都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」や「りんご音楽祭2018」への出演など、日本での活動が本格化している「Elephant Gym」の活動に目が離せない。

 

Elephant Gym / Underwater

 

<リリース情報>

アーティスト名:Elephant Gym

アルバム名:Underwater

発売日:2018年11月14日(水)

品番:WDSR-003

価格:¥2,300(税抜価格)+税(全13曲収録)

レーベル:WORDS Recordings

トラックリスト:

1. Shower 2. Underwater 3. Satellite 4. Half Asleep 5. Bad Dreams -feat. Sowut- 6. Half 7. Shell -feat. Cudjiy lja karivuwan- 8. Lake 9. Quilt -feat. Kento NAGATSUKA (WONK)- 10. Walk 11. Speechless 12. Moonset -feat. YeYe- 13. Midway -Rgry Remix-

 

<ツアー情報>

「<Underwater> World Tour in Japan」

11/27(火)名古屋 CLUB UPSET

Guest Act: MASS OF THE FERMENTING DREGS

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:30/START19:00

info. 052-936-6041 (JAILHOUSE)

 

11/28(水)大阪 Shangri-La

Guest Act: 後日発表

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:30/START19:00

info. 06-6535-5569 (SMASH WEST)

 

11/30(金)東京 UNIT

Guest Act: tricot

前売¥3,500(スタンディング・税込み・ドリンク代別途)

OPEN18:00/START19:00

info. 03-3444-6751(SMASH)

 

10/13(土)下記にて一般発売開始!

名古屋:ぴあ(P:130-665)、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:42337)

大阪:ぴあ(P:130-407)、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:55640)

東京:ぴあ(P:130-332)、e+/スマチケ(プレ:10/4-8)、ローソン(L:73133)

 

<アーティストプロフィール>

Guitar, Piano, Synthesizer :Tell Chang(張凱翔) / Bass, Vocal : KT Chang(張凱婷)/ Drums : Tu Chia-Chin(涂嘉欽) *TellとKTは兄妹。

 

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

 

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界的にも高い評価を得ており、世界各国にてツアーを実施している。2016年8月には1stフルアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月にはアメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。

 

2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、cinema staff主催フェスティバル「OOPARTS 2018」及び「りんご音楽祭2018」出演。11月、2ndフルアルバム「Underwater」リリース、及び東名阪ジャパンツアー実施(北米やアジア全10カ国ワールドツアーの一環)。

https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

 

Underwater_JK Photo_2

Elephant Gym / Underwater ジャケット写真

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »