NEWS

渡辺俊美、復興への想いを込めたANA「東北FLOWER JET」テーマソング『空物語』を11/16デジタルリリース

watanabe toshimi_profile_photo_yoko

福島県出身でTOKYO No.1 SOUL SETや猪苗代湖ズで活躍する渡辺俊美が、ANA「東北FLOWER JET」のテーマソングとして作詞・作曲を手がけた曲『空物語』が、11月16日(水)にデジタルリリースされることが決定した。カップリングには、箭内健一によるファンカラティーナ・ギター・ディスコ・リミックスも収録される。

 

■ 渡辺俊美 『空物語』 

2016年11月16日(水)配信開始 

[収録曲] 

01. 空物語 

02. 空物語(Kenichi Yanai remix) 

[配信先(予定)] 

iTunes Store/Apple Music/ 

レコチョク/music.jp/mora/ 

Amazon/Google Play Music/ 

AWA/LINE MUSIC/KKBOX/ 

Spotify ほか

 

■ 渡辺俊美と「東北FLOWER JET」の出会い 

 

東日本大震災発生から5年の月日が経過した2016年春、ANAグループは震災復興支援として東北6県に咲く“強く、美しく、まっすぐな”花々で彩られた「東北FLOWER JET」の就航を開始、2020年までの5年間日本の空で運航していくことを発表しました。 

 

渡辺俊美と「東北FLOWER JET」との出会いは2015年夏。『福島空港de夏まつり×福島につなぐ「東北スマイルプロジェクト」』というイベントに渡辺俊美がライブ出演した際、ANAエアサービス福島の社員による「東北FLOWER JET」の企画提案を偶然に知ることとなります。心を揺さぶられた渡辺俊美はこの企画のテーマソングを手掛けることを決意しました。 

 

■ 渡辺俊美が『空物語』に込めた想い (ANAホームページより部分抜粋) 

 

「東北FLOWER JET」に関わった一人ひとりの“復興へのマコトの想い”を丁寧に拾い、歌詞にしました。特に表現したかったのは、人と人との繋がりや連鎖を生む「おかえり たたいま ありがとう」そして「さよならとまた来てね」です。 

 

今までの5年間、多くの寄付や物的支援により被災地を支援していただきましたが、少し足りないのは、「会話」ではないかと感じます。一方的な「支援」でなく、被災地に実際に足を運び、地元の方々と直接触れ合うこと、お互いを理解し信頼し合うこと、すなわち「共に生きる」という気持ちが、今こそ必要なのではないでしょうか。私はその気持ちを歌に込めています。 

 

歌に込めた想いは、「あの日を忘れないように」ではなく、「あの日から変わることが出来た今」です。過去は変えられないが、未来は変えられる。 

 

東北に触れ合い、寄り添って新しいたくさんの小さな物語を一緒に作りませんか。 

 

■ 渡辺俊美 Profile 

1990年、TOKYO No.1 SOUL SETとしてデビュー。1995年、アルバム「TRIPLE BARREL」(江戸屋レコーズ/BMG)でメジャーデビュー。様々なジャンルを取り込んだ、既成概念に捕われない独創的なサウンドは、幅広い層から支持を集める。1997年には、初開催のFUJI ROCK FESTIVAL に出演する。2002年より、TOKYO No.1 SOUL SETの活動と平行し、自身の音楽的好奇心や冒険心を試みる場としてのソロユニット・THE ZOOT16としての活動をスタート。現在まで、ミニアルバムを含む5枚のオリジナルアルバム発表している。様々なプロジェクトと同時に、川村カオリ、ジャズボーカリストakiko、土岐麻子、2BACKKA、サイプレス上野とロベルト吉野など、楽曲提供・プロデュースや、テレビ東京ドラマ「週間真木よう子」の音楽担当、映画「モテキ」の企画CDへの楽曲提供など、幅広い音楽活動を行う。2009年4月より1年間、SPACESHOWER TV番組「MUSIC UPDATE」のメインVJを担当、2010年4月からは、TOKYO FM番組『DOCOMO LOVE Family』のメインパーソナリティーを担当する。2009年9月、TOKYO No.1 SOUL SET+HALCALI名義で、NISSAN CUBE TVCM曲「今夜はブギー・バック」をシングルリリースし、スマッシュヒットを記録する。2010年、TOKYO No.1 SOUL SET活動20周年を迎え、活動20周年記念ベストアルバム『BEST SET』を2月にリリース。2011年4月、山口隆(サンボマスター)・松田晋二(THE BACK HORN)・箭内道彦(風とロック)と共に、福島出身のミュージシャンとクリエーターで2009年に結成されたバンド「猪苗代湖ズ」(渡辺俊美はBASS担当)として、東日本大震災を受け、福島県復興支援チャリティーソング「I love you & I need you ふくしま」を、タワーレコード限定シングルリリース。(CD販売利益全額を福島県災害対策本部に寄付)。同年12月31日、猪苗代湖ズとして、第62回NHK紅白歌合戦に出場。 

 

PJ2_125 2のコピー

空物語ジャケット写真

 

tohoku_FLOWER-JET

東北FLOWER JET機体イメージ

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Kan Sano、SANABAGUN.、BLU-SWING、Mimeのメンバーによって結成されたLast Electroが1st EP『closer』リリース!2/15(土)には代官山UNITにて初のワンマンも決定!!

Print

Kan Sano、Ippei Sawamura(SANABAGUN.)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Jun Uchino(Mime)による国内のSoul、R&B、Hip-Hopシーンで活躍する腕利きのミュージシャンが集ったバンド『Last Electro』が、1st EP『closer』を2020年1月15日(水)にリリースすることが明らかとなった。11月29日(金)には第3弾となる先行配信曲『AKIRA SENTIMENTAL』をリリースする。

 

また、1st EP『closer』のリリースに伴い、2月15日(土)に代官山UNITにて初のワンマンライブが開催される。チケットの発売は11月16日(土)10:00より各プレイガイドにて発売される。初となる『Last Electro』のワンマンライブをぜひ目撃しよう。


 

Release Information

 

2020年1月15日on sale

Last Electro 1st EP “closer”   
2020/1/15 on sale   JOSSPL-012  / ¥1,800+税

 

closer_2000

1. Pentatonic Love 
2. When You Kill Me 
3. Night Symphony 
4. Donka 
5. HBC-8 
6. AKIRA SENTIMENTAL 
7. Highlight

 

第3弾先行配信シングル
Last Electro “AKIRA SENTIMENTAL”

 

AKIRA SENTIMENTAL

 

2019/11/29 on sale   JOSSPL-011  / 各¥250

 

AKIRA SENTIMENTAL

AKIRA SENTIMENTAL (2069 Remix)


 

Live Information

 

2020/2/15(SAT)

LastElectro 1st EP “closer” release live

OPEN 18:59 / START 19:00

ADV. ¥3500+1D / DOOR ¥4000+1D

 

チケット発売:2019年11月16日(土) 10:00~

チケット取り扱い

チケットぴあ(Pコード 170-066):0570-02-9999

ローソンチケット(Lコード 72549):0570-084-003

e+ https://eplus.jp/sf/detail/3141990001-P0030001

 

Live :

Last Electro

 


2019/12/6 (Fri)

NAGAN SERVER presents『antenna vol.1』

At 渋谷WWW

OPEN 19:00 / START 19:30

ADV. ¥3,500 ドリンク代別

 

Live :

NAGAN SERVER(Band Set)

Last Electro

ZIN

 


2019/12/7(SAT)

Last Electro Live

at 音楽食堂ONDO(広島県)

OPEN 18:30 / START 19:00

ADV. ¥3500yen / DOOR ¥4000

 

LIVE :

Last Electro

 


2019/12/8(sun)

ete presents opening party

supported by otolab

at ete(広島県)

OPEN 15:00 / CLOSE 20:00

ADV. ¥1,500 3dr付き / DOOR ¥3,000 3dr付き

 

Special guest live

Last Electro

 

support DJ

DJ KAZUKI


 

Last Electro 2019_2000

Last Electro プロフィール:

平成最後の夏に結成。国内外のアンダーグラウンドジャズ・ソウルシーンで暗躍するIppei Sawamura(SANABAGUN.)、Jun Uchino(Mime)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Kan Sanoの4人から成るリーダー不在のミュージシャンズミュージシャン集団。

ゼロ年代のクロスオーバーシーンでプロダクションスキルを培ったプロデューサーと新世代のプレイヤーのセッションから生まれた突然変異のフューチャーソウル。ポストダブステップ以降のビート感覚、リンチやキューブリックなどカルト映像作家に通じる終末SF観、空洞化する現実を冷たい視線で傍観する詞と実体を持たない憂鬱なウィスパーボイス。あらゆるジャンルを飲み込みながら、個々の活動と別次元で進行する鋭利なアート性は今後の展開が予測不能。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »