NEWS

渡辺俊美、復興への想いを込めたANA「東北FLOWER JET」テーマソング『空物語』を11/16デジタルリリース

watanabe toshimi_profile_photo_yoko

福島県出身でTOKYO No.1 SOUL SETや猪苗代湖ズで活躍する渡辺俊美が、ANA「東北FLOWER JET」のテーマソングとして作詞・作曲を手がけた曲『空物語』が、11月16日(水)にデジタルリリースされることが決定した。カップリングには、箭内健一によるファンカラティーナ・ギター・ディスコ・リミックスも収録される。

 

■ 渡辺俊美 『空物語』 

2016年11月16日(水)配信開始 

[収録曲] 

01. 空物語 

02. 空物語(Kenichi Yanai remix) 

[配信先(予定)] 

iTunes Store/Apple Music/ 

レコチョク/music.jp/mora/ 

Amazon/Google Play Music/ 

AWA/LINE MUSIC/KKBOX/ 

Spotify ほか

 

■ 渡辺俊美と「東北FLOWER JET」の出会い 

 

東日本大震災発生から5年の月日が経過した2016年春、ANAグループは震災復興支援として東北6県に咲く“強く、美しく、まっすぐな”花々で彩られた「東北FLOWER JET」の就航を開始、2020年までの5年間日本の空で運航していくことを発表しました。 

 

渡辺俊美と「東北FLOWER JET」との出会いは2015年夏。『福島空港de夏まつり×福島につなぐ「東北スマイルプロジェクト」』というイベントに渡辺俊美がライブ出演した際、ANAエアサービス福島の社員による「東北FLOWER JET」の企画提案を偶然に知ることとなります。心を揺さぶられた渡辺俊美はこの企画のテーマソングを手掛けることを決意しました。 

 

■ 渡辺俊美が『空物語』に込めた想い (ANAホームページより部分抜粋) 

 

「東北FLOWER JET」に関わった一人ひとりの“復興へのマコトの想い”を丁寧に拾い、歌詞にしました。特に表現したかったのは、人と人との繋がりや連鎖を生む「おかえり たたいま ありがとう」そして「さよならとまた来てね」です。 

 

今までの5年間、多くの寄付や物的支援により被災地を支援していただきましたが、少し足りないのは、「会話」ではないかと感じます。一方的な「支援」でなく、被災地に実際に足を運び、地元の方々と直接触れ合うこと、お互いを理解し信頼し合うこと、すなわち「共に生きる」という気持ちが、今こそ必要なのではないでしょうか。私はその気持ちを歌に込めています。 

 

歌に込めた想いは、「あの日を忘れないように」ではなく、「あの日から変わることが出来た今」です。過去は変えられないが、未来は変えられる。 

 

東北に触れ合い、寄り添って新しいたくさんの小さな物語を一緒に作りませんか。 

 

■ 渡辺俊美 Profile 

1990年、TOKYO No.1 SOUL SETとしてデビュー。1995年、アルバム「TRIPLE BARREL」(江戸屋レコーズ/BMG)でメジャーデビュー。様々なジャンルを取り込んだ、既成概念に捕われない独創的なサウンドは、幅広い層から支持を集める。1997年には、初開催のFUJI ROCK FESTIVAL に出演する。2002年より、TOKYO No.1 SOUL SETの活動と平行し、自身の音楽的好奇心や冒険心を試みる場としてのソロユニット・THE ZOOT16としての活動をスタート。現在まで、ミニアルバムを含む5枚のオリジナルアルバム発表している。様々なプロジェクトと同時に、川村カオリ、ジャズボーカリストakiko、土岐麻子、2BACKKA、サイプレス上野とロベルト吉野など、楽曲提供・プロデュースや、テレビ東京ドラマ「週間真木よう子」の音楽担当、映画「モテキ」の企画CDへの楽曲提供など、幅広い音楽活動を行う。2009年4月より1年間、SPACESHOWER TV番組「MUSIC UPDATE」のメインVJを担当、2010年4月からは、TOKYO FM番組『DOCOMO LOVE Family』のメインパーソナリティーを担当する。2009年9月、TOKYO No.1 SOUL SET+HALCALI名義で、NISSAN CUBE TVCM曲「今夜はブギー・バック」をシングルリリースし、スマッシュヒットを記録する。2010年、TOKYO No.1 SOUL SET活動20周年を迎え、活動20周年記念ベストアルバム『BEST SET』を2月にリリース。2011年4月、山口隆(サンボマスター)・松田晋二(THE BACK HORN)・箭内道彦(風とロック)と共に、福島出身のミュージシャンとクリエーターで2009年に結成されたバンド「猪苗代湖ズ」(渡辺俊美はBASS担当)として、東日本大震災を受け、福島県復興支援チャリティーソング「I love you & I need you ふくしま」を、タワーレコード限定シングルリリース。(CD販売利益全額を福島県災害対策本部に寄付)。同年12月31日、猪苗代湖ズとして、第62回NHK紅白歌合戦に出場。 

 

PJ2_125 2のコピー

空物語ジャケット写真

 

tohoku_FLOWER-JET

東北FLOWER JET機体イメージ

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

11/8(月)『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』で、渋さ知らズオーケストラ、ZAZEN BOYSのツーマンライブ決定!本日より前売チケット発売スタート!!

synchro21al_yoko_comp

2021年11月8日(月)に、渋さ知らズオーケストラとZAZEN BOYSの2組によるツーマンイベント『SYNCHRONICITY’21 Autumn Live』の開催が、渋谷TSUTAYA O-EASTにて決定した。開場〜開演時、転換時は都市型フェス『SYNCHRONICITY』のレジデントDJであるKo UmeharaがDJを担当する。

 

このイベントは、毎年春に開催している都市型フェス『SYNCHRONICITY』のスピンオフイベント。そのフェスでも特に縁の深い2組によるツーマンとなる。なお、来年の春の開催もまもなく発表となるとのことなので、そのアナウンスも楽しみに待とう。

 

開催発表と同時に、イープラス、ZAIKOにて、前売チケットの発売がスタート。人数限定のチケット販売となるので購入を急ごう。


 

SYNCHRONICITY’21 Autumn Live イベント概要

 

名称:SYNCHRONICITY’21 Autumn Live – 渋さ知らズオーケストラ × ZAZEN BOYS –
開催日時:2021年11月8日(月) open 17:30 / start 18:30
開催場所:TSUTAYA O-EAST
LiVE:渋さ知らズオーケストラ / ZAZEN BOYS
DJ:Ko Umehara(-kikyu-)

 

チケット情報:
【前売チケット】
5,000円(ドリンク別)
チケット発売日:10月14日(木)18:00

 

【チケット販売先】
・e+(イープラス)
http://eplus.jp/synchronicity2021-al/

 

・ZAIKO
https://synchronicity.zaiko.io/e/autumnlive21

 

公式WEB:
https://synchronicity.tv/festival/

 

公式SNS:
Twitter
Instagram
Facebook

 

お問い合わせ:
SYNCHRONICITY(info@kikyu.net
TSUTAYA O-EAST(03-5458-4681)

 

主催:
EARTHTONE Inc.

 

協力:
TSUTAYA O-EAST

 

synchro21al_flyer3_comp

SYNCHRONICITY'21 Autumn Live フライヤー

 

shibusashirarzu-orchestra_2000

渋さ知らズオーケストラ

 

1989年9月、不破大輔を中心に第一回目のライヴを行う。フリージャズをベースにした大所帯バンドだが、オーケストラ編成だけでなく、中編成や小編成でも活動する。芝居の音楽伴奏が出発点の一つとなったこともあり、演劇的感覚が強い。演奏にはジャズ、ロック、フォーク、歌謡曲など様々な要素が混在し、ジャンル分けを拒む音楽である。ステージはミュージシャン、舞踏家、ダンサー、パフォーマー、映像などによって構成され、同時多発的な「イベント」が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドと評される。FUJI ROCK FESTIVAL(日)、SUMMER SONIC(日)、GLASTONBURY FESTIVALS(英)、MOERS FESTIVAL(独)、ROCCELLA(伊)、NANTES(仏)、QUEBEC(加)をはじめとする、国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け数度の長期ヨーロッパツアーを行いフェスや単独公演を行う。また、「天幕渋さ」と呼び、自らテントを建てての公演も開催している。これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示しており、芸能のラディカリズムを意識したものである。
www.shibusa.net

 

zazenboys_photo_2021_500kb

ZAZEN BOYS

 

向井秀徳 (Vocal,Guitar,Key)
松下敦 (Drums)
吉兼聡 (Guitar)
ミヤ (Bass)

 

元NUMBER GIRLの向井秀徳が中心となり、2003年結成。
MATSURI STUDIOを拠点に、国内外でのライブ活動、作品制作を行っている。

 

<オフィシャル・サイト> mukaishutoku.com

<MATSURI STUDIO Twitter> https://twitter.com/MatsuriStudio

 

ko umehara_500kb

KO UMEHARA (Komabano Oscillation Lab. / contatto / 惨劇の森)

 

DJ / Track Maker / 静岡県出身
2000年代中盤から都内にてDJ活動、楽曲制作を開始。PULSE at ClubAsiaやKlass at Module、Anoanaなどのパーティーオーガナイズ、DJを務めつつ数多くの野外fesへ出演を果たす。現在は-kikyu-主催の屋内型フェスティバルSYNCHRONICITYのレジデントDJやShu Okuyamaとの音楽レーベル駒場野震動研究所(Komabano Oscillation Lab. )、DJ WADAとのパーティーcontatto at forestlimit、deep distance at 神楽音、惨劇の森(DJ Abraxas a.k.a Aquarium×Phonehead×Bushmind×Ko Umehara)を中心に日本各地様々なクラブ、野外パーティー、場末のbarなどにて活動中。

 

https://soundcloud.com/ko-umehara 
http://www.mixcloud.com/koumehara/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »