INTERVIEW

「MONO」が描く新しいフェスへの想い、『After Hours』で伝えたいこととは?

DSC_0703.JPG

MONO、envy、downyが中心となって新しくスタートするフェス『After Hours』。4/24(日)の『SYNCHRONICITY』はそのキックオフも兼ねた開催となる。

 

海外をメインに活動してきたMONOが日本で新しいフェスとスタートするということは、本当に大きく意味のあることだろう。しかし、なぜ今、MONOが主催バンドのひとつとなって日本でフェスを開催するのか?何を思い、何を伝えようとしているのか?

 

第一部では、海外での活動をベースにしてきたMONOの歴史を紐解いてきた。今回の第二部では、MONOが描く新しいフェス『After Hours』への想い、これからのビジョンを聞いた。

 

第一部はこちらから

 

 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 

 

 

俺はね、日本各地の本物の音楽と戦ってみたいんだよ。

 

麻生:
海外でたくさんのツアーを重ね、フェスに出演するMONOですが、海外と日本との温度差があるのも事実。後藤さんはそれをどう感じてますか?

 

後藤:
例えば、アジア一つ比べても、タイやインドネシア、モンゴル、ベトナムとかよりも日本が一番苦戦してるんだよね。もう日本での活動を止めようと思ったこともある。毎年思うんだけどね(笑)。俺はね、日本各地の本物の音楽と戦ってみたいんだよ。そうやって生きてきたしね。どっちが本物の音楽をやってるんだって勝負。それができるのが今回の『SYNCHRONICITY’16 – After Hours -』でもあると思う。

 

日本のすごい人達と戦いたい。アメリカとかはそんな風に実力でやってきて、口コミが広がって徐々に大きくなってきたんだよね。でも日本ではそれができない。個人的な感覚で言えば、戦わせてもらえていないっていう気持ち。それにすごく疑問を感じてる。今までリリースをすると、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アジア、そして日本と世界中でライブをやってきた。だけど、日本だけが広がらないんだよ。

 

麻生:
なるほど。日本の環境や音楽背景もあるかもしれないですね。ただ、インストゥルメンタルだからというのも変わりつつあると思います。

 

後藤:
そうだね。僕は今までインストゥルメンタルが不利だとか、自分のバンドがインストゥルメンタルだってことをあまり意識したことがなくて、ここ最近初めて感じているくらい。それくらい歌があってもなくても自分にとっては自然なものなんだよね。そういえば、envyもdownyもインストゥルメンタルじゃないよね(笑)。それくらい普段考えてないんだよね。

 

麻生:
それ僕も一緒ですね。『SYNCHRONICITY』で意識しないでブッキングを進めていくと、自然とインストゥルメンタルのバンドが多くなったり歌のあるバンドが多くなったりっていうことってあります。人に言われて気付くんですけど、あ、そういえば、そういうの全然意識していないなって。僕にとっても全てが一つの音楽なんですよね。

 

後藤:
それって本当に自然なことだと思うよ。だってさ、ベートーベンもエイフェックスツインも言ってしまえばみんなインストゥルメンタルじゃない?現代のポップミュージックって考えると、歌があるのが普通なのかもしれないけれど、そうじゃない時代もあったよね。音楽って一つだから。

 

 

麻生:
後藤さんは『SYNCHRONICITY』って知ってましたか?

 

後藤:
うん、『SYNCHRONICITY』は知ってたけど、どこかの企業がやってると思ってたんだよね。もちろん悪い意味ではなくて。東京発信のフェスであれだけやってるのってすごいなって。東京的なのかなぁと。でもどこのフェスにも出してくれという動きを今まで一度もしたことなくってね。

 

麻生:
ありがとうございます。今回はMONO、envy、downy発信のフェス『After Hours』を始めたいというところから、『SYNCHRONICITY』でのキックオフ・コラボレーションということになりましたね。

 

後藤:
今回『SYNCHRONICITY’16 – After Hours -』をやることになって、どういう風に自分が考えればいいんだろうなって中学校の頃まで振り返ってみちゃったんだよね。大阪のパンクから、九州のめんたいロックまで。そういう気持ちで日本を振り返ってみないと忘れていたことが一杯あって。

 

俺はノブくん(envy)と似てるけれど違うところもあって。ロビン(downy)もまた別なんだよね。一緒にやるってことはすごい大きなエネルギーになるから。どういう気持ちで向き合おうかなと思ってね。今回こうしてやるってことは、日本のカルチャーに興味を持たないといけない。でも正直しらけちゃってたんだよね。だから、日本に対して初めて熱が出るくらい考えた。envyとMONOも最初は相当仲悪かったんだけどね(笑)。

 

麻生:
え、そうなんですか?

 

後藤:
そうだよ、薩摩と長州くらいヤバかった(笑)。いやenvyなんてもう、MONOにあったらぶっ殺すみたいな感じだったから。もちろん僕らもそうだった。そういうのを突き抜けて仲良くなったんだよね。

 

mono_london_uk_1000

12/10, 2014 Islington Assembly Hall, London, UK

 

 

僕らが日本で活動する場を与えてくれたバンドがenvyだった。

 

麻生:
それが一緒にやるようになるなんて素晴らしいですね。そこからどんなふうに『After Hours』へと繋がっていったんですか?

 

後藤:
僕らが日本で活動する場を与えてくれたバンドがenvyだったんだよね。彼らが海外で活動している僕らをリスペクトしてくれているように、僕らは日本で活動し続けてきたenvyを凄いリスペクトしててさ。そんなenvyが日本で僕らをサポートしてくれるようになってフェスをやりたいって言ったときに、僕らも彼らの人脈と関わってみたいと思ったんだよね。そこにdownyのロビンとも合流して、彼も同じようなことを考えていて形になったんだ。そうして始まっていったんだと思う。

 

ただ僕は日本で演奏する場を与えてもらってるって感覚もあるんだよね。潤くん(SYNCHRONICITY主催者)に対してもこういう場を与えてくれたことに感謝してる。もしかして、これが僕らの日本で活動する第一歩になるんじゃないかなってね。日本を諦めなくてね、進んでいくぞっていうエネルギーに変われたらいいなって思う。

 

麻生:
これからは出演とともに主体的に関わる立場ともなり、随分環境が変わりますよね。長く海外で活動しているMONOが日本でフェスを立ち上げるって、本当に意味のある大きなことだと思います。

 

後藤:
今回新しく会うアーティスト達に対してもすごく考えた。僕らができることは何だろう?って。僕なんかは音楽にずっと救われてきて、音楽がなかったら自分が何者かも分からないし、何のために生まれてきて、何のために死んでいくかさえ分からなかったんだよね。そういう気持ちで世界へ出て必死で頑張ってきたら、たくさんの人が認めてくれた。だから、今度は僕らが世界の人たちに対して、明日を生きる勇気だとかリスペクトだとか、そういうものを音楽に変えて恩返ししたいと思ってるんだよね。

 

それは日本に対しても一緒で、新しい若いバンド達に、食べるための音楽ではなく、好きな音楽をやって好きなように生きていくっていうことを僕らの経験を通して伝えていきたい。MONOはそのためのいいサンプルになり得るんじゃないかなって。音楽人としてもそうだし、そういう年齢にもなったのかなとも思うね。それとともに日本の先輩のバンドに大きなリスペクトがあって、話を聞いてみたいし、海外で活動してきた僕らが伝えていけることも形にしていきたい。そういう場があるのは素敵だよね。

 

mono_mexico_1000

4/27, 2013 El Plaza Condensa, Mexico City, Mexico.

 

麻生:
MONOの経験が生きてくるのって本当に素晴らしいことだと思います。有機的な場にしていきたいですね。僕が『After Hours』に対して思ったことは、envy、MONO、downyってみんなミュージシャンで僕は違う。ただ、その違う感覚があるからこそ、みんなが持っているエネルギーを上手くお客さんに伝えることができると思ったんです。そういうアーティスト発信のものって本当にかけがえがない。だから、僕はそんな素晴らしい感覚を持ったミュージシャンの想いや熱を伝えていきたいです。僕が『After Hours』に持つハートは『SYNCHRONICITY』と変わらないですからね。今回もそのバランス感覚が面白いです。

 

後藤:
そうだね。その先駆けとなる今回はまた本当に面白い企画になっていると思う。『After Hours』はこれからスタートしていくものだけど、10年続けてきた『SYNCHRONICITY』ってすごいよね。幅広さがまた素晴らしくて、ウッドストックだって、ジミヘン、スライ、サンタナ、ジャニスとか、色んなバンドが出ていてジャンルは多種多様なんだけど、それらみんな一つで、もう全部が素晴らしい。そういうエネルギーがつまっている『SYNCHRONICITY』の振れ幅って興味深いよ。今回の『SYNCHRONICITY – After Hours -』楽しみにしてます。

 

 

 

色んな人たちが日本で活躍し、海外で活躍し、戻ってくる場所。20年後の『After Hours』はそうなっていなきゃいけない。

 

麻生:
これから始まっていく『After Hours』ですが、どういう風にしていきたいっていうイメージはありますか?

 

後藤:
海外のレジェンドのバンド(The Rolling Stonesなど)は「現役」だって感じるけれど、日本はそう感じられるロックバンドって全くいない。だけど、僕らの世代は、最初の現役のロックバンドになるって気持ちでいる。そして次の世代に繋げていきたい。今回はその最初の一歩だと思う。色んな人たちが日本で活躍し、海外で活躍し、戻ってくる場所。それが『After Hours』だったら面白いなって思う。本物が集まる祭典。20年後の『After Hours』はそうなっていなきゃいけないし、そうできればすごいフェスティバルになると思う。

 

麻生:
それができたら最高ですね。まずは今回のキックオフ、MONOとしてどんなライブをやりたい?

 

後藤:
ハリウッド映画しか観たことがなかった人たちが、スタンリー・キューブリックの映画を観て、「こんな芸術があるんだ!」って、いい映画とかいい本を見たときみたいに、人生観がガラっと変わるような誰もが今までに感じたことがないような体験を音楽で表現してみたい。そして、日本人の人達ともっとシェアがしたい。本気でね。僕たちはいつでもそう思い続けて演奏をして、作品創りをしているのだけど、今年は9枚目のアルバムを秋にリリースする予定でいて、それがこの前出来上がったんだけど、凄いことになったから早くみんなに聴いて欲しいなって思ってるよ。ライブをやるのもすごい楽しみにしてる。

 

TEP_0050_1000

Photo by Teppei

 

麻生:
MONOのこれからのビジョンは?

 

後藤:
日本では「夢は見るもの」なのかもしれないけども、アメリカでは「夢は叶えるもの」っていう意識をみんなが持っている。僕たちは、世界中でオーケストラとライブをやりたいって真剣に思ったら、色んな人の協力を得て叶える事が出来たんだよね。そんな風に夢を次々に叶えてきた。今一番思うのは、まだ世界で誰もやったことがない新しい音楽をやりたい。そして何百年、何千年って長い歴史の中に残していきたい。そして、何が何でも世界最強のライブバンドになって世界一のバンドになりたいんだ。その想いはずっと変わってない。

 

 

MONO_5_bw_nologo_1000MONO プロフィール:
海外でのリリースやツアーを精力的にこなし、圧倒的な支持を受けている4人組インストゥルメンタル・ロック・バンド、MONO。オーケストラとシューゲーズギターノイズを合わせた独自のスタイルが国内外で非常に高い評価を受け、ロックミュージックの域では収まらない音楽性を発揮し、イギリスの音楽誌NMEでは”This Is Music For The Gods”__神の音楽と賞賛される。

 

ライブにおいても20名規模のオーケストラを従えたスペシャルショーをニューヨーク・東京・ロンドン・メルボルンで2009年に行う。年間 150本におよぶワールドツアーは50カ国以上に渡り、10万人を動員。日本人バンドとして、世界で最も多くのオーディエンスを動員したバンドのひとつとなっている。

 

これまで9枚のアルバムをリリースしており、国内外で高い評価を獲得している。最新作は2014年にアルバム2枚同時リリースした”The Last Dawn”、”Rays Of Darkness”。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

INTERVIEW

クレイジーな冬の野外フェス『豪雪JAM』とは?

16731233_1228994357181452_241378092_o

冬には2m~3mの積雪となり、特別豪雪地帯に指定されている新潟県十日町市。そんな冬の十日町で開催され、今年で10周年を迎えるフェスがある。その名も『豪雪JAM』。。。

 

個人的にも何度か遊びに行っているが、辺り一面銀世界に包まれる冬の野外フェスは見たことがない。そして過酷なイメージとは裏腹に、行ってみるとそのイメージとはかけ離れた開放的な楽しさがある。他では決して体験できないこのフェスならではの魅力があるのだ。

 

あまりの豪雪に中止になったこともある『豪雪JAM』。他に類を見ないオリジナリティに溢れるフェスを運営するには、相当の苦労と他で得れない魅力があるだろう。その『豪雪JAM』の魅力を実行委員長の酒井直亮に聞いてみた。


 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 


 

ステージも雪、会場も雪、一面銀世界の冬の野外フェス。節目の第10回です。皆さんに感謝の気持ちを込めてお迎えしたいと思います。

 

麻生:
豪雪JAMってどんなイベントですか?


酒井:
新潟県十日町市で行われるステージも雪、会場も雪、一面銀世界の冬の野外フェスです。

 

麻生:
僕も何度か遊びに行ってますが、気温は低いですが晴れてるとその寒さ以上に体の底から暖かさを感じられるフェスですよね。冬に野外フェスってなかなか考えつかない企画にびっくりなんですけど、なぜこの企画をやろうと思ったんでしょうか? 

 

酒井:
ここ十日町市は世界でも有数の、定住者がいる豪雪地帯なんです。こんなクレイジーですばらしい環境があるので、十日町市でやるフェスなら冬しかないと一発で決めました。


 

16706943_1228994260514795_1990398186_n


 

麻生:
「十日町を新潟を全国に発信したい」という想いが詰まっていると聞きました。十日町ってどんな街なんでしょうか?

 

酒井:
豪雪地帯はもちろんなんですが、四季がはっきりしていて自慢の米、野菜、きのこ、豚肉、酒があります。 地元に誇りを持っている人がとても多いです。東京から電車で1時間50分で来れるのに、超陸の孤島感がたまらないですよ。最近では、大地の芸術祭が有名になり、シーズンには多くの方がいらっしゃいます。

 

麻生:
お米はもちろん、ご飯は本当に美味しいです!大地の芸術祭でもとても有名になりましたね。十日町、津南町と僕も今まで何度か行っているので本当によく分かります。豪雪JAMは今年で10周年を迎えるということですが、今までの面白いエピソードなどありますか?

 

酒井:
地元のおじさんとのこんなエピソードがありますね。

 

地元のおじさんと話をしながら

おじさん「あの会場でジャム作ったんだって?」

自分「そうです。雪まつりの最終日の一日だけですが」

おじさん「たった一日で作るの?すごいね」

自分「土曜日まで雪祭りで使われるので日曜日の朝からやるんですよ」

おじさん「たいしたもんだね、でもそれでお客さん来るの?」

自分「好きな人は来ますよ」

おじさん「ところで十日町のジャムって材料なんなん?」

自分「????、あっ~~違う違う、ジャムって食べ物でなくて音楽の!」

 

これがきっかけで今じゃお土産の定番の「ごはんのジャム、豪雪ジャムが生まれました」


 

16707106_1228998803847674_1599948915_n

勘違いから生まれたご飯のジャム、豪雪ジャム


 

麻生:
あはは、面白いエピソードですね!音楽のジャムと食べ物のジャムで話がすれ違っているという笑。

 

酒井:
中身は地元の高長醸造の香味野菜味噌やにんにく味噌でとっても美味しいですよ!

 

麻生:
僕もいただきましたが、お土産にぴったりな美味しいジャムですよね。そして、面白いながら素敵なエピソード。ぜひこのジャムも豪雪JAMとともに楽しんでほしいですね。今年の豪雪JAMの見所はどういうところですか?

 

酒井:
全7組のノンストップのアーティストですね。音が止まらないのは初めてでとても楽しみにしています。あと、10回記念なんですが、先着500名様にオリジナルお猪口と地元5蔵元の試飲券あります!


 

16700052_1228994310514790_1117799489_n

16735344_1228998290514392_1254425766_o

伝説のプロポーズも素敵なエピソード!


 

麻生:
おお、それは楽しみですね!先着特典、僕もゲットしたい!豪雪JAMは辺り一面真っ白な雪に包まれていて、他では得れない魅力や大変さもありますよね。このフェスならではの注意事項などはありますか?

 

酒井:
一面雪なので、防水の靴が必須ですね。晴れる事が多いんですが、快晴時は太陽の照り返しが強いのでサングラスや日焼け止めがあると良いですね。あと会場にはアルコール類の持ち込みは禁止とさせて頂いております。豪雪JAM実行委員会でドリンク屋をやっているんですが、ここでの売り上げを運営資金に回しています。大事な大事な運営資金なので、皆様にはご協力をお願いします。


 

16709374_1228994607181427_803024385_o

16731663_1228994533848101_1838650998_o

着物でおもてなしスナック不二子​


 

麻生:
なるほど、ドリンク売り上げが貴重な運営資金になっているんですね。また、防水の靴は本当に必須だと思います。あ、あと個人的には捻挫に注意です!雪の上を歩き慣れていないので、雪対応の靴を履いてても何度も捻挫しました笑。最後にご覧の皆さんに一言お願いします。

 

酒井:
節目の第10回です。皆さんに感謝の気持ちを込めてお迎えしたいと思います。いらっしゃる際は、十分気をつけてお越し下さい。

 

麻生:
ありがとうございました。今年も開催を楽しみにしています!

 

 

イベント詳細


 

名称:豪雪JAM 2017

開催日時:2017/2/19 (日) open 10:00 / close 17:00 ※雨雪天決行(詳細は公式サイトをご確認下さい。)

開催場所:十日町城ケ丘ピュアランド(新潟県十日町市)

料金:前売券 特典付き 先着500名 ¥4,000 当日券 ¥4,500 / 高校生以下60歳以上 無料 / 十日町市民、津南町民 ¥2,000(当日身分証明書提示)

お問い合わせ:info@gosetsujam.com

URL:http://www.gosetsujam.com/

 

出演アーティスト

・ SAIRU

・ SARATOGA

・ YOUR SONG IS GOOD

・ 児玉奈央 & Magical Echo Land

・ 三宅洋平

・ 大竹重寿 元晴 小泉P克人 小林洋太 中里たかし

・ 切腹ピストルズ

・ Gravityfree

 

◆主催

豪雪JAM実行委員会

 

 

豪雪JAM 2017 予告編映像

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »