INTERVIEW

「MONO」が描く新しいフェスへの想い、『After Hours』で伝えたいこととは?

DSC_0703.JPG

MONO、envy、downyが中心となって新しくスタートするフェス『After Hours』。4/24(日)の『SYNCHRONICITY』はそのキックオフも兼ねた開催となる。

 

海外をメインに活動してきたMONOが日本で新しいフェスとスタートするということは、本当に大きく意味のあることだろう。しかし、なぜ今、MONOが主催バンドのひとつとなって日本でフェスを開催するのか?何を思い、何を伝えようとしているのか?

 

第一部では、海外での活動をベースにしてきたMONOの歴史を紐解いてきた。今回の第二部では、MONOが描く新しいフェス『After Hours』への想い、これからのビジョンを聞いた。

 

第一部はこちらから

 

 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 

 

 

俺はね、日本各地の本物の音楽と戦ってみたいんだよ。

 

麻生:
海外でたくさんのツアーを重ね、フェスに出演するMONOですが、海外と日本との温度差があるのも事実。後藤さんはそれをどう感じてますか?

 

後藤:
例えば、アジア一つ比べても、タイやインドネシア、モンゴル、ベトナムとかよりも日本が一番苦戦してるんだよね。もう日本での活動を止めようと思ったこともある。毎年思うんだけどね(笑)。俺はね、日本各地の本物の音楽と戦ってみたいんだよ。そうやって生きてきたしね。どっちが本物の音楽をやってるんだって勝負。それができるのが今回の『SYNCHRONICITY’16 – After Hours -』でもあると思う。

 

日本のすごい人達と戦いたい。アメリカとかはそんな風に実力でやってきて、口コミが広がって徐々に大きくなってきたんだよね。でも日本ではそれができない。個人的な感覚で言えば、戦わせてもらえていないっていう気持ち。それにすごく疑問を感じてる。今までリリースをすると、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アジア、そして日本と世界中でライブをやってきた。だけど、日本だけが広がらないんだよ。

 

麻生:
なるほど。日本の環境や音楽背景もあるかもしれないですね。ただ、インストゥルメンタルだからというのも変わりつつあると思います。

 

後藤:
そうだね。僕は今までインストゥルメンタルが不利だとか、自分のバンドがインストゥルメンタルだってことをあまり意識したことがなくて、ここ最近初めて感じているくらい。それくらい歌があってもなくても自分にとっては自然なものなんだよね。そういえば、envyもdownyもインストゥルメンタルじゃないよね(笑)。それくらい普段考えてないんだよね。

 

麻生:
それ僕も一緒ですね。『SYNCHRONICITY』で意識しないでブッキングを進めていくと、自然とインストゥルメンタルのバンドが多くなったり歌のあるバンドが多くなったりっていうことってあります。人に言われて気付くんですけど、あ、そういえば、そういうの全然意識していないなって。僕にとっても全てが一つの音楽なんですよね。

 

後藤:
それって本当に自然なことだと思うよ。だってさ、ベートーベンもエイフェックスツインも言ってしまえばみんなインストゥルメンタルじゃない?現代のポップミュージックって考えると、歌があるのが普通なのかもしれないけれど、そうじゃない時代もあったよね。音楽って一つだから。

 

 

麻生:
後藤さんは『SYNCHRONICITY』って知ってましたか?

 

後藤:
うん、『SYNCHRONICITY』は知ってたけど、どこかの企業がやってると思ってたんだよね。もちろん悪い意味ではなくて。東京発信のフェスであれだけやってるのってすごいなって。東京的なのかなぁと。でもどこのフェスにも出してくれという動きを今まで一度もしたことなくってね。

 

麻生:
ありがとうございます。今回はMONO、envy、downy発信のフェス『After Hours』を始めたいというところから、『SYNCHRONICITY』でのキックオフ・コラボレーションということになりましたね。

 

後藤:
今回『SYNCHRONICITY’16 – After Hours -』をやることになって、どういう風に自分が考えればいいんだろうなって中学校の頃まで振り返ってみちゃったんだよね。大阪のパンクから、九州のめんたいロックまで。そういう気持ちで日本を振り返ってみないと忘れていたことが一杯あって。

 

俺はノブくん(envy)と似てるけれど違うところもあって。ロビン(downy)もまた別なんだよね。一緒にやるってことはすごい大きなエネルギーになるから。どういう気持ちで向き合おうかなと思ってね。今回こうしてやるってことは、日本のカルチャーに興味を持たないといけない。でも正直しらけちゃってたんだよね。だから、日本に対して初めて熱が出るくらい考えた。envyとMONOも最初は相当仲悪かったんだけどね(笑)。

 

麻生:
え、そうなんですか?

 

後藤:
そうだよ、薩摩と長州くらいヤバかった(笑)。いやenvyなんてもう、MONOにあったらぶっ殺すみたいな感じだったから。もちろん僕らもそうだった。そういうのを突き抜けて仲良くなったんだよね。

 

mono_london_uk_1000

12/10, 2014 Islington Assembly Hall, London, UK

 

 

僕らが日本で活動する場を与えてくれたバンドがenvyだった。

 

麻生:
それが一緒にやるようになるなんて素晴らしいですね。そこからどんなふうに『After Hours』へと繋がっていったんですか?

 

後藤:
僕らが日本で活動する場を与えてくれたバンドがenvyだったんだよね。彼らが海外で活動している僕らをリスペクトしてくれているように、僕らは日本で活動し続けてきたenvyを凄いリスペクトしててさ。そんなenvyが日本で僕らをサポートしてくれるようになってフェスをやりたいって言ったときに、僕らも彼らの人脈と関わってみたいと思ったんだよね。そこにdownyのロビンとも合流して、彼も同じようなことを考えていて形になったんだ。そうして始まっていったんだと思う。

 

ただ僕は日本で演奏する場を与えてもらってるって感覚もあるんだよね。潤くん(SYNCHRONICITY主催者)に対してもこういう場を与えてくれたことに感謝してる。もしかして、これが僕らの日本で活動する第一歩になるんじゃないかなってね。日本を諦めなくてね、進んでいくぞっていうエネルギーに変われたらいいなって思う。

 

麻生:
これからは出演とともに主体的に関わる立場ともなり、随分環境が変わりますよね。長く海外で活動しているMONOが日本でフェスを立ち上げるって、本当に意味のある大きなことだと思います。

 

後藤:
今回新しく会うアーティスト達に対してもすごく考えた。僕らができることは何だろう?って。僕なんかは音楽にずっと救われてきて、音楽がなかったら自分が何者かも分からないし、何のために生まれてきて、何のために死んでいくかさえ分からなかったんだよね。そういう気持ちで世界へ出て必死で頑張ってきたら、たくさんの人が認めてくれた。だから、今度は僕らが世界の人たちに対して、明日を生きる勇気だとかリスペクトだとか、そういうものを音楽に変えて恩返ししたいと思ってるんだよね。

 

それは日本に対しても一緒で、新しい若いバンド達に、食べるための音楽ではなく、好きな音楽をやって好きなように生きていくっていうことを僕らの経験を通して伝えていきたい。MONOはそのためのいいサンプルになり得るんじゃないかなって。音楽人としてもそうだし、そういう年齢にもなったのかなとも思うね。それとともに日本の先輩のバンドに大きなリスペクトがあって、話を聞いてみたいし、海外で活動してきた僕らが伝えていけることも形にしていきたい。そういう場があるのは素敵だよね。

 

mono_mexico_1000

4/27, 2013 El Plaza Condensa, Mexico City, Mexico.

 

麻生:
MONOの経験が生きてくるのって本当に素晴らしいことだと思います。有機的な場にしていきたいですね。僕が『After Hours』に対して思ったことは、envy、MONO、downyってみんなミュージシャンで僕は違う。ただ、その違う感覚があるからこそ、みんなが持っているエネルギーを上手くお客さんに伝えることができると思ったんです。そういうアーティスト発信のものって本当にかけがえがない。だから、僕はそんな素晴らしい感覚を持ったミュージシャンの想いや熱を伝えていきたいです。僕が『After Hours』に持つハートは『SYNCHRONICITY』と変わらないですからね。今回もそのバランス感覚が面白いです。

 

後藤:
そうだね。その先駆けとなる今回はまた本当に面白い企画になっていると思う。『After Hours』はこれからスタートしていくものだけど、10年続けてきた『SYNCHRONICITY』ってすごいよね。幅広さがまた素晴らしくて、ウッドストックだって、ジミヘン、スライ、サンタナ、ジャニスとか、色んなバンドが出ていてジャンルは多種多様なんだけど、それらみんな一つで、もう全部が素晴らしい。そういうエネルギーがつまっている『SYNCHRONICITY』の振れ幅って興味深いよ。今回の『SYNCHRONICITY – After Hours -』楽しみにしてます。

 

 

 

色んな人たちが日本で活躍し、海外で活躍し、戻ってくる場所。20年後の『After Hours』はそうなっていなきゃいけない。

 

麻生:
これから始まっていく『After Hours』ですが、どういう風にしていきたいっていうイメージはありますか?

 

後藤:
海外のレジェンドのバンド(The Rolling Stonesなど)は「現役」だって感じるけれど、日本はそう感じられるロックバンドって全くいない。だけど、僕らの世代は、最初の現役のロックバンドになるって気持ちでいる。そして次の世代に繋げていきたい。今回はその最初の一歩だと思う。色んな人たちが日本で活躍し、海外で活躍し、戻ってくる場所。それが『After Hours』だったら面白いなって思う。本物が集まる祭典。20年後の『After Hours』はそうなっていなきゃいけないし、そうできればすごいフェスティバルになると思う。

 

麻生:
それができたら最高ですね。まずは今回のキックオフ、MONOとしてどんなライブをやりたい?

 

後藤:
ハリウッド映画しか観たことがなかった人たちが、スタンリー・キューブリックの映画を観て、「こんな芸術があるんだ!」って、いい映画とかいい本を見たときみたいに、人生観がガラっと変わるような誰もが今までに感じたことがないような体験を音楽で表現してみたい。そして、日本人の人達ともっとシェアがしたい。本気でね。僕たちはいつでもそう思い続けて演奏をして、作品創りをしているのだけど、今年は9枚目のアルバムを秋にリリースする予定でいて、それがこの前出来上がったんだけど、凄いことになったから早くみんなに聴いて欲しいなって思ってるよ。ライブをやるのもすごい楽しみにしてる。

 

TEP_0050_1000

Photo by Teppei

 

麻生:
MONOのこれからのビジョンは?

 

後藤:
日本では「夢は見るもの」なのかもしれないけども、アメリカでは「夢は叶えるもの」っていう意識をみんなが持っている。僕たちは、世界中でオーケストラとライブをやりたいって真剣に思ったら、色んな人の協力を得て叶える事が出来たんだよね。そんな風に夢を次々に叶えてきた。今一番思うのは、まだ世界で誰もやったことがない新しい音楽をやりたい。そして何百年、何千年って長い歴史の中に残していきたい。そして、何が何でも世界最強のライブバンドになって世界一のバンドになりたいんだ。その想いはずっと変わってない。

 

 

MONO_5_bw_nologo_1000MONO プロフィール:
海外でのリリースやツアーを精力的にこなし、圧倒的な支持を受けている4人組インストゥルメンタル・ロック・バンド、MONO。オーケストラとシューゲーズギターノイズを合わせた独自のスタイルが国内外で非常に高い評価を受け、ロックミュージックの域では収まらない音楽性を発揮し、イギリスの音楽誌NMEでは”This Is Music For The Gods”__神の音楽と賞賛される。

 

ライブにおいても20名規模のオーケストラを従えたスペシャルショーをニューヨーク・東京・ロンドン・メルボルンで2009年に行う。年間 150本におよぶワールドツアーは50カ国以上に渡り、10万人を動員。日本人バンドとして、世界で最も多くのオーディエンスを動員したバンドのひとつとなっている。

 

これまで9枚のアルバムをリリースしており、国内外で高い評価を獲得している。最新作は2014年にアルバム2枚同時リリースした”The Last Dawn”、”Rays Of Darkness”。

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

INTERVIEW

乗り越えた先にあるポップとグルーヴ、RIDDIMATESの今 リリースパーティーいよいよ開催!

image1

6/21(水)に5thアルバム『OVER』をリリースしたRIDDIMATES。前作から実に3年。メンバーの脱退や加入、様々な時期を乗り越えて待望のアルバムが完成した。そのアルバムは実に爽快で軽やかだ。

 

今年の『SYNCHRONICITY』にも4年ぶりに出演。時代とともに変化してきた『SYNCHRONICITY』もRIDDIMATESのようなダンスサウンドはルーツと言えるようなもの。O-WESTに広がる熱いグルーヴ、笑顔に溢れたフロアにこのバンドが積み重ねた歴史が見えた。

 

7/22(日)には久しぶりのリリースパーティーを渋谷WWWで開催する。今作のサウンドがライブにどう昇華されていくのか。その開催ギリギリの最中、今作とRIDDIMATESのライブへの想いを聞いた。


 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 


 

もがいてもがいて自分らがいいと思える作品が出来れば、それはもう超えてるんだと。(CrossYou)


麻生:
前作から3年、5thアルバム『OVER』のリリースおめでとう!2016年の「Swandive」からも感じてたけれど、キャッチーさとグルーヴがバランス良く融合した爽快なアルバムに感じます。久しぶりのリリースになるけれど、今作はどういうところをテーマに取り組んでいきましたか?

 

CrossYou(T.sax):
そうですね、一言だと『超える』ってことになるんだと思います。

 

麻生:
超える?

 

CrossYou(T.sax):
はい、もうちょっと言うと、前のアルバムJOYでテーマだったPOPを突き進めつつ、去年のシングル収録Swandiveのダブルサックスによる2MC感のある曲や、前から持っていた辺境ミュージック、その全てを上回る、超えるアルバムでないと意味がないと思っていました。

 

ただ、アルバムのライナーノーツをヒサシさん(ヒサシtheKID)に書いてもらって、腑に落ちたというか、めちゃくちゃもがいて、メンバーやサポートしてくれた方々と納得の作品が出来て、ヒサシさんと呑んで話してライナーノーツ読んだら、あぁそうかと。それでよかったんだと。もがいてもがいて自分らがいいと思える作品が出来れば、それはもう超えてるんだと。

 

あとは『想いが言葉を超える』ってキャッチコピーは気に入っていますね。

 

麻生:
まさしくRIDDIMATESに相応しいキャッチコピーだね。

 

akirag:
敢えて何か一つのジャンルを狙うのではなくて自分達にある響きやビート、グルーヴ、作曲者が描く曲の雰囲気を素直に曲に落とし込む作業をしたのが今回のテーマになったのかなと。その結果、ジャンルも雰囲気も結構バラバラになった感はありますが、その全てを一枚のアルバムにして聴いてみると僕らにしか表現出来ないリディメイツサウンド、ブラスロッカーズサウンドに自ずと仕上がったと感じています。アルバムのジャケットは曲数と同じ13色で構成されているのですが、その色も一つ一つはバラバラでも合わさる事で一つの作品に仕上がっているのも通じています。

 

image2


 

削ぎ落とす作業をしていってるのも聴きやすさに繋がってるのかも。(akirag)


麻生:
アルバムジャケットは曲数と同じ13色で構成されてるんだね!個人的にも聴いてるとバラバラというよりもRIDDIMATESならではのジャンルのあり方を体現してる気がする。それがポップで軽やかで力の抜けたグルーヴに昇華されてるなって。それがすごく心地良い。また、新曲の数々の音源を比べると2016年の公開された「Swandive」よりも一層聴きやすくなってる気もします。そこからの変化って何かありますか?

 

CrossYou:
引き算は結構やりましたね、今まで自分が全部盛りのアジテートさせる音楽が好きでリディメイツもそうだったんですけど、徐々にメンバーの色が出てきて、真ん中ぐらいになったというか、こっちもできるんだよっていうね。ただ、今後は両極端でもいいかなとも思っています、ガチャガチャしてる曲もあれば、シンプルなのもあったりと。

 

akirag:
前作のリリース後、キーボードの脱退もありサウンド面で再考する必要がありました。新たにキーボードを入れるのか否か。メンバーで話しあった結果キーボードは入れずに曲を、そして音をシンプルに間を作る感覚で作っても良いんじゃないかと言う結論に至ったのもあって割と削ぎ落とす作業をしていってるのも聴きやすさに繋がってるのかもしれません。

 

麻生:
児玉奈央ちゃんをゲストに迎えたSpanky Wilsonのカバー「LOVE LAND」。ライトで優しいカバーがとても印象的です。唯一のボーカルナンバーだけど、共演するにいったった経緯は?また、どういうアプローチでこういうカバーになったんだろう?

 

CrossYou:
まず、ひとつに高校の先輩ってのが大きくて、結構前から、一緒にやりたいとは話してて、ついに叶った感じです。1作品に1曲はボーカルを入れているので、次何やろうかって話してて、ベースの大ちゃんがSpanky Wilsonの別曲を持ってきて、それいいねってなったんだけど、それなら、この曲いいよって俺の好きな曲を提案して決まった感じです。実はCharles Wrightが原曲なんですが、Spanky Wilsonが唄って有名になった曲で、Charles Wrightがメローで、Spanky Wilsonがアッパーな感じ、僕らのはその中間な感じですね。

 

RIDDIMATES / LOVE LAND feat.KODAMA NAO【OFFICAL VIDEO】

 

 

 

 

曲的には一昨年でも去年でも出せたのですが、出さなくて良かったなと、ちゃんと必要な年月でした。(CrossYou)


麻生:
前作から3年ということで、またアプローチ方法も違ったと思うんだけど、意識して取り組んだことは?

 

CrossYou:
結構毎回なんですが、『現状に感謝しながらも満足せず、新しい事へ挑戦』というのが常にあるので、エンジニア、レコーディング・スタジオ、マスタリング・スタジオ、アートワークを全て新しい方々、新しい場所で行いました。

 

akirag:
やはり僕らはそれぞれの曲の熱量を大切にしたいので、レコーディングの際もそこを凄く意識して個性ある13曲を仕上げていきました。

 

麻生:
確かに新しい個性と今までの普遍的なRIDDIMATESの良さを感じます。メンバーの脱退や加入を経てようやく生み出した1枚。より新しいポップさ、キャッチーさとともに乗り越えてきた確かなグルーヴを感じますね。

 

CrossYou:
前作のアルバムから3年ってのは、振り返ると苦労したのかなと、メンバーが抜けて、それが固まるまで。曲的には一昨年でも去年でも出せたのですが、出さなくて良かったなと、ちゃんと必要な年月でした。ただこっからエンジンかけて行きますよ~!!

 

akirag
熱量を大切にしているからなんだと思うんですが、レコーディングの際ファーストテイクで大体集中力が無くなっちゃうってのが僕らの癖です。ほとんどの曲がファーストテイクが採用されているように感じますね。

 

_3B_0098

photo by Yosuke Torii(SYNCHRONICITY’17)

 

 

なんでも二面性を持っていると思うので、その二面性を感じてもらえたらと、このステージにかける気迫と、みんなを楽しませたいっていうシンプルな気持ちを。(CrossYou)


麻生:
4月は『SYNCHRONICITY』で久しぶりに一緒にできたけれど、本当に素晴らいライブだった。『SYNCHRONICITY』以前からだからもう何気に付き合い長いよね。4年ぶりの出演いかがでしたか?

 

CrossYou:
まず、久し振りに『SYNCHRONICITY』に出演できて感謝です。僕らは『SYNCHRONICITY』に出演してから、とんとん拍子で、クアトロワンマンや数々のフェスやフジロック、朝霧JAMにも出演できたと思っているので、それに感謝。そして、その初の『SYNCHRONICITY』から結構経ったので、そこはクオリティが上がってないと駄目だなと単純に思います。もっとやれると思いますし、メンバーの演奏はもちろん、楽曲的にも聴かせる部分とアゲる部分の差し引きができるようになってはいるのかなと。

 

麻生:
各地のフェスやイベントで培ってきた経験がしっかりライブのグルーヴになってるなって感じた。グルーヴって最近思うんだけど、本当に積み重ねだよね。不思議なくらい。さて、いよいよ渋谷WWWでのワンマン、楽しみにしてます!最後にワンマンへ向けて一言お願いします。

 

CrossYou:
今までの人生全てかけて吹きます。でもお祭りなんで気軽に来てほしいですね。なんでも二面性を持っていると思うので、その二面性を感じてもらえたらと、このステージにかける気迫と、みんなを楽しませたいっていうシンプルな気持ちを。


 

RIDDIMATES リリース情報:


RIDDIMATES 
5th full ALBUM『OVER』
2017年6月21日(wed)Release!
価格:¥2,300(税抜価格)
品番:ROMAN-014
発売元:Roman Label / BAYON PRODUCTION
販売元:PCI MUSIC

 

[Track List]
1. For The Beats
2. Come On
3. Walk Song
4. Swandive
5. Over Against
6. The Barber
7. Drop
8. Love Land feat. Kodama Nao
9. Spider’s web
10. Bacon!!
11. Garagardoa
12. Sunset Glow
13. Clam Chowder


 

ワンマン情報


『OVER』RELEASE PARTY!! ONEMAN SHOW!!
日時:2017.07.22(sat)
時間:OPEN 18:00 / START 19:00
場所:渋谷WWW
料金:前売¥3,000- / 当日¥3,500-

 

■RIDDIMATES
ブラスロッカーズ・サウンドを掲げ、ありふれた音楽ではない、刺激のある音楽を創りだし、日々の喜びに変えるバンド「リディメイツ」。熱くて、男臭くて、音を楽しんでいて、ご飯を良く食べる。生活の一部に音楽が常にある、そんな願いがあるんだか無いんだか。本気で遊んで、本気で音楽する、そんなバンドの物語。2014 年春に4 枚目のアルバムを発売し、リリース・パーティのワンマンを渋谷クアトロにて満員御礼の大成功に収め、そのままの勢いで『FUJIROCK2014』に出演。その際「来年はもっと上で!」と言ったら2015 年はリーダーCrossYou がOASIS、Noel Gallagher のホーン隊として『FUJIROCK2015』に出演しちゃう、飛び級事件勃発。それ以降も『りんご音楽祭2015』出演など各フェスで活躍、2016 年はシングルep をリリースし京都FM でパワープレイに選ばれる。

 

オフィシャルサイト:
http://brassrockers.com/

 

プリント

RIDDIMATES『OVER』アルバムジャケット
 

profile

RIDDIMATES プロフィール写真

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »