NEWS

石野卓球、6年振りソロアルバムのジャケットを公開!官能のアートワークに?

minatokaworu

2016年8月3日(水)にリリースされる、石野卓球(電気グルーヴ)のオリジナルソロアルバム『LUNATIQUE』(ルナティーク)のジャケット画像と裏ジャケット画像が公開された。

 

蠱惑的(こわくてき)な女性の表情も印象的な今作は、成人向け漫画雑誌「漫画エロトピア(1978年6月15日 ひこひこ号)」(ワニマガジン社)の表紙に宇川直宏(DOMMUNE/現在美術家)が“ハードコアレタッチ”を施し、現代美術館での”額装”をイメージして制作された。オリジナルイラストは、スーパーリアリズムの先駆けとして知られるイラストレーター・横山明によるもの。

 

尚、初回仕様はブックレットの内部も「月曜美術館仕様」と銘打った入魂の作で、特殊な紙ジャケット仕様。限定生産のため、気になる人は、早めにチェックしていただきたい。

 

更に、石野卓球のオフィシャルHPも本日リニューアルされ、パララックスエフェクトを使用した美しい仕上がりとなっている。

 

【CD情報】
2016年8月3日(水)発売
アーティスト名 : 石野卓球(Takkyu Ishino)
アルバム名 : LUNATIQUE

 

1. Rapt In Fantasy
2. Fetish
3. Lunar Kick
4. Fana-Tekk
5. Crescent Moon
6. Die Boten Vom Mond
7. Amazones
8. Lunatique
9. Selene
10. Dawn

 

品番 : KSCL-2765
価格 : ¥2,500+税
初回仕様 : 月曜美術館仕様

 

<石野卓球(Takkyu Ishino) プロフィール>
1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE  LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるオリジナルソロ作品『LUNATIQUE』をリリース。 現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

 

HP :
http://www.takkyuishino.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

DOTAMAが街を土下座で高速移動、ニューシングルから「謝罪会見」のMVを公開

0622_dotama_thumbnail

ラッパーのDOTAMAが、自身のキャリアを総決算した「DOTAMA BEST」リリース後、初となるシングル『謝罪会見』より表題曲「謝罪会見」のMVを公開した。

 

サビのシーンでは300回に及ぶ土下座を敢行し撮影したという表題曲。じっくり楽しもう。

 

DOTAMAは、コンセプチュアルな歌詞と激しくも感情表現豊かなラップでオリジナルなヒップホップ作品を生み出し、ULTIMATE MC BATTLEやフリースタイルダンジョンなどのMCバトルへも多数出場している。

 

DOTAMA「謝罪会見」

 

 

Director : 藤代雄一朗(http://yuichirofujishiro.com/

Produced by : lute

 

■ニューシングル『謝罪会見』

2017年6月21日発売

sube-056 / XQND-1003

定価 ¥2,000(tax in)

 

『謝罪するかさせるかの現代社会 お詫びに限界はない 

クレーム野郎 バイバイゲーム 全員で 謝罪会見』

 

自身のキャリアを総決算した「DOTAMA BEST」のリリース後、

初となる作品が完成した。膨大な数のライブ出演、

メディア露出などを経て感じた様々な思い。

それら全てを飲み込んだラッパー・DOTAMAによる問題作だ。

 

社会と個人、本音と建前、偽善と偽悪。

その狭間で生じる軋轢に戸惑う全ての人々へのメッセージがこの「謝罪会見」だ。

 

盟友・Quviokalが手掛けるリードトラック「謝罪会見」は、

炎上と冷笑を繰り返す現代社会に鋭く切り込むHIPHOPチューンだ。

DJ OKAWARI、imai(group_inou)によるカップリング曲も含めた全3曲を収録。

 

特典に今年1月21日に渋谷WWWにて開催されたワンマンライブ

「ニューワンマン2」のダイジェスト映像(約27分)を収めたDVD付き。

 

【DISC.1】(CD)

1.謝罪会見 pro.Quviokal

2.東北道 pro.DJ OKAWARI

3.Y☆KAI WATCH pro.imai(group_inou)

4.謝罪会見 (inst)

5.東北道 (inst)

6.Y☆KAI WATCH (inst)

 

【DISC.2】(DVD)

「ニューワンマン2」LIVEダイジェスト映像

01. 楽曲のテーマは『テーマ』

02. HEAD

03. ウルトラMC

04. 何言ってんの?

05. 音楽ワルキューレ

06. 音楽ワルキューレ2

07. 神様になった少年

08. 2012年にクリスマスが終わる feat.ハハノシキュウ

09. じいさんばあさんのうた

10. ベストソング

 

DOTAMA Profile

栃木県出身。力強い声、激しいステージ、練られた歌詞で、独自のラップミュージックを表現する。ULTIMATE MC BATTLEやフリースタイルダンジョンを筆頭に、MCバトルへ多数出場。辛辣ながらユーモアのあるバトルを演出し、高いインパクトを残す。音楽レーベル・術ノ穴より2枚のソロアルバムと5枚のコラボアルバムを発表。独自のユーモアな視点から成るコンセプチュアルな歌詞、 激しくも感情表現豊かなラップで極めてオリジナルなヒップホップ作品を生み出している。2015年には渋谷o-nestでワンマンLIVE「ニューワンマン」を開催し、成功させた。2016年にはボーカルとしてバンド「FINAL FRASH」をスタート。現在、J-WAVE「WORD FREAK」AbemaTV「AbemaPrime」にレギュラー出演中。

 

DOTAMA HP:
http://dotamatica.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »