NEWS

天久聖一 × よシまるシン「ロゴゴ展」開催!

web_160705-06_soldierA_yoko

天久聖一 × よシまるシンのユニットによる初の展覧会「ロゴゴ展」が2016年8月5日(金)から8 月28 日(日)に開催されることが明らかになった。

 

 これまでに、『電気グルーヴ20 周年のうた』MV(2013 年)や、25周年記念ツアー “塗糞祭” ロゴ (2014 年)などのコマーシャルワークを共作し、公私ともに20 年来の付き合いである、天久聖一とよシまるシン。かねてより「ロゴ」「文字」「言葉」に興味を抱いてきた二人は、2010 年より6 年間続けている企画「ロゴドリル」において、世間にあふれる言葉と架空の造語をロゴとしてデザイン、発表。 本展では「象形文字の誤解釈」をテーマに、漢字をモチーフにしたシュールでポップな新作のロゴ作品を発表する。

 

会場では、ステッカー、キーホルダー、マグカップなどの展覧会オリジナルグッズの販売も予定。 初日の8 月5 日(金)には、20 時よりオープニング・レセプション行うほか、8 月20 日(土)には関連 イベントを予定している。

 

【作家コメント】
いままで二人ではいろんなパロディロゴを制作してきたんですが、今回はオリジナルに挑戦します。 ロゴというと普通は言葉の意味を掘り下げて、象徴化したり、抽象化する作業ですが、ウチらがやりたいの はまったく逆で、意味から遠ざかることです。象形文字の元となった事物を敢えて間違えて、ぜんぜん違う 具象に落とし込むとか、よく海外でつくられた日本語のTシャツをネットで見るんですけど、外人はもとの 意味を知らないからとんでもなくマヌケな言葉や文字を、デタラメは配置でデザインしたりしてるんですよね、ああいうのが大好きで、近いというわけではないけど、同じスピリッツでやろうと思ってます。 オリジナルと偽物、オシャレとダサさ、可愛さと下品さ、プロと素人……その両方のバランスの中でどこに 着地点を求めるか、いつも考えているのはそういうようなことです。でもとにかく2人ともまず「ウケた い!」という体質なので、バカだなあと面白がってもらえればと思います。

 

天久聖一 × よシまるシン【プロフィール】

 

天久聖一(あまひさ・まさかず)
マンガ家/演出家/作家/映像作家
1968 年香川県生まれ、東京を拠点に活動。電気グルーヴ『モノノケダンス』(2008 年)、『カフェ・ ド・鬼』(2004 年)、ゆらゆら帝国『美しい』(2010 年)をはじめとするミュージック・ビデオのほか、シティボーイズミックス『動かない蟻』(2011 年)や日本悲劇総合協会『不倫探偵~最後の過ち~』 (2015 年)など舞台の作演出を手がけ、幅広い媒体で活躍中。代表著書に、『バカドリルシリーズ』 (1994 年-)、『ブッチュくん全百科』(2011 年)、『味写入門』(2010 年)、『こどもの発想』 (2011 年)、小説『少し不思議。』(2013 年)。

 

よシまるシン(よしまるしん)
デザイナー/イラストレーター/映像作家
1972 年岩手県生まれ、東京を拠点に活動。これまでに、DMM.makeウェブ企画「猫相関図」(2014 年)、映画『バクマン。』エンドロールコミックデザイン(2015 年)、日清のどん兵衛特設ウェブサイト 「どんばれンタイン相関図」(2016 年)、など多様なコマーシャルワークを通して、積極的に作品を発表 している。

 

展覧会概要
展覧会名:天久聖一 × よシまるシン 「ロゴゴ展」
会期:2016 年8 月5 日(金)-8 月28 日(日)
【オープニング・レセプション:8 月5 日(金)20:00-22:00 作家来廊 】
【関連イベント開催:8 月20 日(土)後日ウェブサイトにて詳細発表】
営業時間:16:00~23:00(水曜日休廊)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
Tel: 03-5577-5309
URL:http://tetoka.jp/
企画:Yu Murooka

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Suchmos、新レーベル「F.C.L.S.」ショートフィルム公開

SCM A SHA smallsize

7月5日に「FIRST CHOICE LAST STANCE」をリリースするSuchmosが、新レーベル「F.C.L.S.」のショートフィルムを公開した。

 

ショートフィルム URL

 

 

—————————————————-

ジャーナリスト森 健によるライナーノーツ

—————————————————-

 

陽が落ちていく。遠くでクラクションが聞こえる。手元の機器がメッセージの着信で青く光る。君は画面を確認し、すぐに消す。返すか、見過ごすか。
数秒数えて、上を向き、ひと呼吸して、打ち返す。
窓を開けたい。その扉の向こうへ。広がる夜を見上げたい。
それでも君は動かない。今日は、今夜は。
明日はどうだろうか──。
目をつぶり、そう願いながら、君はつないだイヤホンを耳にあてる。
 
最初に出会った仲間と生み出した音楽。それでやっていくと決めた。
その彼らが昨日とは違う場所へ行こうとしている。

手には新しい音、胸には古いジョーク。
大事な固い石は最初の場所に置いたまま、遠くへ、知らない場所へ。
そこで君も感じとる。自分ももっと自由な場所へ。もっと気持ちのいい場所へ。
 
走っているときには気づかない。自分が何を見ているのか、何を手にしているのか。
飛んでいるときには気づかない。どのくらいの速さなのか、どこを目指しているのか。
けれども、彼らは何かを手渡していく。
君はそれに触れ、手にしたものを確かめる。いつくしみ、呑み込み、刻みつける。
誰かにも伝えたい。
そして、君は別の誰かへと渡していく。その誰かはまた別の誰かへと。
点と点がつながり、線と線が交差する。この湧き上がるうねりに誰と触れよう。

この音をどうやって街に刻もう。

 

夜を伝わる彼らの揺らぎは、君の重りを外していく。

聞いたろ──。そう送れば、あの子がうなずき、あいつが笑う。粗雑な返事だけですべてが伝わる瞬間。夜の匂いとこの音だけで、すべてが充たされる。ここにいなくても、みんな同じ何かを感じている。


手元の液晶から響く音は、いつしか地を揺らす振動となって、君を包んでいく。
君は問いかける。
もう少し先へ。
彼らが呼応する。
いや、もっともっと先へ──。

それなら、どこまで──。

まだ見ぬ地平を夢想して、イヤホンを外しながら、彼らのいざないに胸を奮わせる。
 
その新しい出発点に君は立っている。

FIRST CHOICE LAST STANCE
いま彼らとともに。

 

ジャーナリスト 森 健

 

【リリース情報】

アーティスト:Suchmos

タイトル:「FIRST CHOICE LAST STANCE」

発売日:2017.7.5 on sale

価格:¥1,000+tax 

品番:KSCL-2940 

【初回仕様限定盤】

ストリート仕様

Suchmos ロゴステンシルシート封入

 

<収録曲>

1,WIPER 

2.OVERSTAND

 

【Suchmos『F.C.L.S. LIVE』】※ワンマン

■2017年07月2日(日)

会場:【東京】日比谷野外大音楽堂 ※SOLD OUT

時間:OPEN 17:00 / START 18:00

料金:\4,500 (指定席 / 立見)

info:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

■2017年7月9日 (日)

会場:【大阪】大阪城音楽堂 ※SOLD OUT

時間:OPEN 16:30 / START 17:30

料金:\4,500 (指定席 / 後方立見)

info:清水音泉 06-6357-3666

 

Suchmos Official HP:

http://www.suchmos.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »