NEWS

天久聖一 × よシまるシン「ロゴゴ展」開催!

web_160705-06_soldierA_yoko

天久聖一 × よシまるシンのユニットによる初の展覧会「ロゴゴ展」が2016年8月5日(金)から8 月28 日(日)に開催されることが明らかになった。

 

 これまでに、『電気グルーヴ20 周年のうた』MV(2013 年)や、25周年記念ツアー “塗糞祭” ロゴ (2014 年)などのコマーシャルワークを共作し、公私ともに20 年来の付き合いである、天久聖一とよシまるシン。かねてより「ロゴ」「文字」「言葉」に興味を抱いてきた二人は、2010 年より6 年間続けている企画「ロゴドリル」において、世間にあふれる言葉と架空の造語をロゴとしてデザイン、発表。 本展では「象形文字の誤解釈」をテーマに、漢字をモチーフにしたシュールでポップな新作のロゴ作品を発表する。

 

会場では、ステッカー、キーホルダー、マグカップなどの展覧会オリジナルグッズの販売も予定。 初日の8 月5 日(金)には、20 時よりオープニング・レセプション行うほか、8 月20 日(土)には関連 イベントを予定している。

 

【作家コメント】
いままで二人ではいろんなパロディロゴを制作してきたんですが、今回はオリジナルに挑戦します。 ロゴというと普通は言葉の意味を掘り下げて、象徴化したり、抽象化する作業ですが、ウチらがやりたいの はまったく逆で、意味から遠ざかることです。象形文字の元となった事物を敢えて間違えて、ぜんぜん違う 具象に落とし込むとか、よく海外でつくられた日本語のTシャツをネットで見るんですけど、外人はもとの 意味を知らないからとんでもなくマヌケな言葉や文字を、デタラメは配置でデザインしたりしてるんですよね、ああいうのが大好きで、近いというわけではないけど、同じスピリッツでやろうと思ってます。 オリジナルと偽物、オシャレとダサさ、可愛さと下品さ、プロと素人……その両方のバランスの中でどこに 着地点を求めるか、いつも考えているのはそういうようなことです。でもとにかく2人ともまず「ウケた い!」という体質なので、バカだなあと面白がってもらえればと思います。

 

天久聖一 × よシまるシン【プロフィール】

 

天久聖一(あまひさ・まさかず)
マンガ家/演出家/作家/映像作家
1968 年香川県生まれ、東京を拠点に活動。電気グルーヴ『モノノケダンス』(2008 年)、『カフェ・ ド・鬼』(2004 年)、ゆらゆら帝国『美しい』(2010 年)をはじめとするミュージック・ビデオのほか、シティボーイズミックス『動かない蟻』(2011 年)や日本悲劇総合協会『不倫探偵~最後の過ち~』 (2015 年)など舞台の作演出を手がけ、幅広い媒体で活躍中。代表著書に、『バカドリルシリーズ』 (1994 年-)、『ブッチュくん全百科』(2011 年)、『味写入門』(2010 年)、『こどもの発想』 (2011 年)、小説『少し不思議。』(2013 年)。

 

よシまるシン(よしまるしん)
デザイナー/イラストレーター/映像作家
1972 年岩手県生まれ、東京を拠点に活動。これまでに、DMM.makeウェブ企画「猫相関図」(2014 年)、映画『バクマン。』エンドロールコミックデザイン(2015 年)、日清のどん兵衛特設ウェブサイト 「どんばれンタイン相関図」(2016 年)、など多様なコマーシャルワークを通して、積極的に作品を発表 している。

 

展覧会概要
展覧会名:天久聖一 × よシまるシン 「ロゴゴ展」
会期:2016 年8 月5 日(金)-8 月28 日(日)
【オープニング・レセプション:8 月5 日(金)20:00-22:00 作家来廊 】
【関連イベント開催:8 月20 日(土)後日ウェブサイトにて詳細発表】
営業時間:16:00~23:00(水曜日休廊)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
Tel: 03-5577-5309
URL:http://tetoka.jp/
企画:Yu Murooka

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

『SYNCHRONICITY’19 Audition Live!! supported by Eggs』を勝ち抜いた4組を紹介!

synchro19_Audition_190310

『SYNCHRONICITY'19 Audition Live!! supported by Eggs』を勝ち抜いた4組をご紹介!400組以上のエントリーの中から見事『SYNCHRONICITY'19』出演への切符を手に入れたのは、CHAILD、cOups.、sikisi、SOAの4組。4/6(土)にはCHAILDとSOA、4/7(日)にはcOups.とsikisiがGladに出演します。今年はオーディションを勝ち抜いたアーティストがどんなライブを見せてくれるのか?どうぞお楽しみに!!

 

CHAILD:
オルタナティブロックバンド。2017年Louis(Vo)を中心に結成。同年12月1st EPをリリース。2018年からライブ活動も本格始動。現在2nd EPを制作中。

 

CHAILD – Feel 5 (Official Audio)

 

cOups.:
2017年東京で結成。19歳のハーフヴォーカルが歌うロックバンド。いま見えている景色や感じるものを情景もふくめた飾らない歌詞で綴っている。またさまざまな世界観のお楽曲をもち合わせ物語のようにながれる楽曲の展開は聴くを引き込む。

 

cOups.「OverDose」Official Music Video

 

sikisi:
from kashiwa5chome
vo.gt 木村 key 鈴木 ba 田中 dr 三浦
コンセプトは「裏と表 表と裏」

 

"KNYD" (our playing video) by sikisi

 

SOA:
Singer SOAによって2016年に結成されたプロジェクト。JAZZを中心とした音楽、芸能文化を研究/解釈、そこから成る新たなサウンドの創造をテーマに活動。また、音楽以外の芸術とのコラボレーションを積極的に行い、総合芸術/ショーとしての音楽の新たな形を模索している。関西を中心に活動中。2018年5月、2nd Album "Find" New Release。

 

SOA ORBITAL ARCHITECTS 2nd New Album"FIND" Trailer

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »