NEWS

青春ロックポルノムービー『変態だ』×みうらじゅん×前野健太のサントラが11/23リリース、リリースを記念した1夜限りの祭典も

HENTAIDA_CD1+0923_ol_yoko

2016年、衝撃度NO.1!映画『変態だ』×みうらじゅん×前野健太。安齋肇初監督作品となる青春ロックポルノムービー『変態だ』のオリジナルサウンドトラックが、映画未収録曲を加え、『変態だ』音楽全集として11/23リリースすることが決定した。

 

主題歌「ジェレミ―」、エンディング「Kill Bear」、映画未収録の前野健太新曲「変態か」を始め全24曲+αヴォリュームのある内容となっている。

 

また、映画、そして音楽全集のリリースを記念した1夜限りの祭典<映画『変態だ』公開&音楽全集発売記念 “変態だ祭”>が、11/30に渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASUREにて開催決定。サントラを飛び越えた「音楽全集」に参加したオトコたちが一堂に集い、主演のシンガーソングライター前野健太が音楽全集のために書き下ろしたイメージソング「変態か」から出演者たちによる、主題歌「ジェレミ―」、エンディング曲「Kill Bear」を一挙披露し、映画『変態だ』や「変態」をテーマにトークする。ぜひ会場に集合してここだけの夜を過ごしたい。

 

なお、先行チケットは本日より開始となる。

 

(CD情報)

 

みうらじゅん&前野健太
映画『変態だ』音楽全集
2016.11.23 release
SPACE SHOWER MUSIC
PECF-1143
定価:¥2,400+税
全24曲+α

 

1.Kill Bear(日本語 Ver,)
2.変態か
3.ウェルカムシタール
4.ジェレミー
5.ファックミー(月船さらら Ver.)
6.ローターブルース
7.レッドツベルクリンのテーマ
8.梅津さんのジングルベル
9.吊られてアルペジオ
10.逃避行進曲-Emergency & Trail-
11. ラジオ「クリスマスの決まり手」
12.現金書留の唄
13.Kill Bear(Ukulele Ver.)
14.夜明けのベランダ
15.シーチキンブルース
16.ファックミー(白石茉莉奈 Ver.)
17.メリーさんのひつじ
18.Mallet & Beater
19.ゆるゆるキャラ音頭
20.サーフ&ロック
21.覚醒のエレキギター
22.ファックミー(前野健太with梅津和時)
23.十年後のジェレミー
24.Kill Bear(Eng Ver.)
+α

 

<下記、リリースより>
2016年、衝撃度NO.1!映画『変態だ』×みうらじゅん×前野健太。安齋肇初監督作品となる青春ロックポルノムービー『変態だ』のオリジナルサウンドトラックが映画未収録曲を加え、豪華参加陣による『変態だ』音楽全集としてリリース決定!

 

音楽監督:古田たかし
参加アーティスト:古田たかし×前野健太×小野瀬雅生(クレイジーケンバンド)×梅津和時×桜井秀俊(真心ブラザーズ)×柳沢二三男×ウクレレえいじ×月船さらら×白石茉莉奈×Shige×奥野瑛太×サワサキヨシヒロ×亀本寛貴(GLIMSPANKY)×みうらじゅん

 

企画・原作 みうらじゅん × 監督 安齋肇のドリームタッグになんと主演はシンガーソングライター前野健太!青春ロックポルノムービー『変態だ』が12月10日(土)劇場公開決定。すでに映画界から音楽界まで話題騒然のこの映画から誕生したのが<映画「変態だ」音楽全集>です。

 

企画・原作のみうらじゅんと主演のシンガーソングライター前野健太。そしてこの豪華参加アーティストたち!とにかく何かすごいことが起きそうです。安齋監督とも関係が深い、古田たかしが音楽監督として見事なプロデュース。映画の重要な要素となっている音楽を詰め込んだサウンドトラック集ではあるが、それだけでは音楽全集とは言えません。「アイデン&ティティ」(2003)の峯田和伸(銀杏BOYZS)、「色即ぜねれいしょん」(2009)の渡辺大知(黒猫チェルシー)に続き、みうらじゅん原作映画の主演として劇映画初主演を果たす前野健太が映画からインスピレーションを受け作りだしたイメージソング「変態か」を描き下ろしました。古田たかし(ドラム)、Shige(ベース)に柳沢二三男(ギター)を加えた『変態だ』スペシャル・バンドで新たにレコーディング。そんな、映画未収録音源も収録し、映画『変態だ』の音楽要素を詰めれるだけ詰め込んだ音楽全集です。そのヴォリュームはなんとオリジナル・アルバム以上!なんと、24曲+シークレットトラック付!!

 

もちろん、ロックムービーでもある本作のサウンドトラックは最高の仕上がりです。映画に登場するバンド「不合格通知」メンバー(前野健太×Shige×奥野瑛太)による、みうらじゅん作詞・作曲による映画主題歌「ジェレミ―」は映画ストーリーと共に、「十年後のジェレミー」として新たな言葉を纏い変化を遂げます。亀本寛貴(GLIMSPANKY)作曲のエンディングテーマ「Kill Bear」はまさかのへヴィ・メタル?!小野瀬雅生(クレイジーケンバンド)のギターや、みうらじゅんと前野健太のヴォーカルも必聴のロックチューン。日本語ver.と英語ver.の聴き比べも楽しめます。また、出演女優、月船さららと白石茉莉奈が歌う、前野の代表曲「ファックミー」に沸き立つ2人それぞれの色気。なんと、桜井秀俊(真心ブラザーズ)も参加と盛りだくさんすぎます!負けじと、梅津和時のサックスと共に歌う、前野健太の「ファックミー」まで一挙収録です。勝手に観光協会によるゆるゆるキャラ音頭(トラック:サワサキヨシヒロ)や、ウクレレえいじによるエンディングテーマ「Kill Bear」ウクレレver.、そしてスネークマンショー的なみうらじゅん×安齋肇のラジオまで入ったまさに音楽全集の完成しました。あっと驚く、シークレットトラックまで珠玉のエンターテイメント作品になっています。

 

前代未聞の映画にして、前代未聞の音楽全集。魅力に満ち溢れた変態たちが、全力で駆け抜けた「rock'n porno music」です。

 

(イベント情報)
※先行予約※
2016年9月28日20:00~10月4日23:59
http://eplus.jp/hentai-da-fes/

 

映画『変態だ』公開&音楽全集発売記念 “変態だ祭”
2016年11月30日(水)
会場:渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE
http://www.pleasure-pleasure.jp/
19:00 OPEN 19:30 START
adv.¥3,800 (全席指定)+1D

 

“変態だ祭人”(出演者):前野健太、安齋肇、みうらじゅん、ウクレレえいじ、古田たかし、柳沢二三男、Shige
イベント詳細:http://spaceshowermusic.com/lb/schedule/61584/

 

みうらじゅん×監督:安齋肇 ドリームタッグ!映画『変態だ』が12月10日より劇場公開。
そして、映画『変態だ』公開&音楽全集発売(11月23日)を記念した1夜限りの祭典その名も“変態だ祭”の開催決定!!

 

「変態かー?!」「変態だー!」まさかのコールアンドレスポンスがここに。映画、そしてサントラを飛び越えた「音楽全集」に参加したオトコたちが一堂に集い、ミュージック&トークでお届けする“変態だ祭”。

 

主演のシンガーソングライター前野健太が音楽全集のために書き下ろしたイメージソング「変態か」から出演者たちによる、主題歌「ジェレミ―」、エンディング曲「Kill Bear」を一挙披露。そしてこのそうそうたる面々が集い、映画『変態だ』や、「変態」をテーマにトーク。生でしか聴くことのできない、秘密めいた魅力が。そんな、お祭りに相応しい人選・内容でお届けします!今、一番勢いあるキーワード「変態」にピンときた人は全員集合!!

 

HENTAIDA_CD1+0922

みうらじゅん×まえのけんた 映画『変態だ』音楽全集 ジャケット

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

DOTAMAが街を土下座で高速移動、ニューシングルから「謝罪会見」のMVを公開

0622_dotama_thumbnail

ラッパーのDOTAMAが、自身のキャリアを総決算した「DOTAMA BEST」リリース後、初となるシングル『謝罪会見』より表題曲「謝罪会見」のMVを公開した。

 

サビのシーンでは300回に及ぶ土下座を敢行し撮影したという表題曲。じっくり楽しもう。

 

DOTAMAは、コンセプチュアルな歌詞と激しくも感情表現豊かなラップでオリジナルなヒップホップ作品を生み出し、ULTIMATE MC BATTLEやフリースタイルダンジョンなどのMCバトルへも多数出場している。

 

DOTAMA「謝罪会見」

 

 

Director : 藤代雄一朗(http://yuichirofujishiro.com/

Produced by : lute

 

■ニューシングル『謝罪会見』

2017年6月21日発売

sube-056 / XQND-1003

定価 ¥2,000(tax in)

 

『謝罪するかさせるかの現代社会 お詫びに限界はない 

クレーム野郎 バイバイゲーム 全員で 謝罪会見』

 

自身のキャリアを総決算した「DOTAMA BEST」のリリース後、

初となる作品が完成した。膨大な数のライブ出演、

メディア露出などを経て感じた様々な思い。

それら全てを飲み込んだラッパー・DOTAMAによる問題作だ。

 

社会と個人、本音と建前、偽善と偽悪。

その狭間で生じる軋轢に戸惑う全ての人々へのメッセージがこの「謝罪会見」だ。

 

盟友・Quviokalが手掛けるリードトラック「謝罪会見」は、

炎上と冷笑を繰り返す現代社会に鋭く切り込むHIPHOPチューンだ。

DJ OKAWARI、imai(group_inou)によるカップリング曲も含めた全3曲を収録。

 

特典に今年1月21日に渋谷WWWにて開催されたワンマンライブ

「ニューワンマン2」のダイジェスト映像(約27分)を収めたDVD付き。

 

【DISC.1】(CD)

1.謝罪会見 pro.Quviokal

2.東北道 pro.DJ OKAWARI

3.Y☆KAI WATCH pro.imai(group_inou)

4.謝罪会見 (inst)

5.東北道 (inst)

6.Y☆KAI WATCH (inst)

 

【DISC.2】(DVD)

「ニューワンマン2」LIVEダイジェスト映像

01. 楽曲のテーマは『テーマ』

02. HEAD

03. ウルトラMC

04. 何言ってんの?

05. 音楽ワルキューレ

06. 音楽ワルキューレ2

07. 神様になった少年

08. 2012年にクリスマスが終わる feat.ハハノシキュウ

09. じいさんばあさんのうた

10. ベストソング

 

DOTAMA Profile

栃木県出身。力強い声、激しいステージ、練られた歌詞で、独自のラップミュージックを表現する。ULTIMATE MC BATTLEやフリースタイルダンジョンを筆頭に、MCバトルへ多数出場。辛辣ながらユーモアのあるバトルを演出し、高いインパクトを残す。音楽レーベル・術ノ穴より2枚のソロアルバムと5枚のコラボアルバムを発表。独自のユーモアな視点から成るコンセプチュアルな歌詞、 激しくも感情表現豊かなラップで極めてオリジナルなヒップホップ作品を生み出している。2015年には渋谷o-nestでワンマンLIVE「ニューワンマン」を開催し、成功させた。2016年にはボーカルとしてバンド「FINAL FRASH」をスタート。現在、J-WAVE「WORD FREAK」AbemaTV「AbemaPrime」にレギュラー出演中。

 

DOTAMA HP:
http://dotamatica.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »