NEWS

カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)、本日10/5リリースの初アルバム 「nemutte」の発売記念ライブが決定

IMG_1510

ジム・オルーク、石橋英子、山本達久によるスペシャル・バンド『カフカ鼾(いびき)』初のスタジオ・アルバム『nemutte』のリリースを記念したレコ発ライブが六本木スーパーデラックスで開催決定した。ワンマンライブでたっぷりと、この3人しか描けない世界を観てみたい。

 

なお、CDと高音質配信、2つのフォーマットでの発売となる。

 

 

(イベント詳細)
カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久) "nemutte" release live
2016.12.1(木) OPEN / START 19:00 / 19:30
VENUE 六本木SuperDeluxe
ADV/DOOR ¥3,000/¥3,500(+1D)

 

TICKET WEB予約 https://www.super-deluxe.com/
※スケジュールの12/1イベント詳細ページからご予約いただけます。
INFO https://www.super-deluxe.com/

 

(商品情報)
カフカ鼾(Jim O'Rourke、石橋英子、山本達久) / 「nemutte」
(カナ)カフカイビキ / ネムッテ
2016.10.05 release
PECF-1141 felicity cap-258

 

定価:2,400円+税 (CD)
※高音質配信もございます。

 

1. nemutte

 

作品説明:
ジム・オルーク、石橋英子、山本達久。世界でも注目される3人によるスペシャル・バンド、『カフカ鼾(いびき)』、初のスタジオ・アルバムが完成。三位一体のトリオによる最高の演奏を、ジム・オルークが愛情と時間をかけて再構築した、極上の一品!

 

世界を股にかけて活躍する3人がメイン・プロジェクトとしているのがこの『カフカ鼾(いびき)』。ジム・オルーク(Jim O'Rourke)は、昨年、じつに13年半ぶりとなるヴォーカル・アルバム「Simple Songs」をリリースし、海外のメディアでも年間べストに選ばれるなど、日本を拠点として世界中に衝撃を与えました。石橋英子は、Merzbowとのユニット「公園兄弟」で世界有数の電子音楽レーベルEditions Megoデビューを果たし、さらには星野源、坂本慎太郎の作品・ライブ参加や、映画音楽を手掛けるなど活動の幅を広げています。そして山本達久は、各国のアーティストたちとの即興演奏を始め、劇団マームとジプシーの音楽担当やUAの作品・ライブ参加など、多岐に渡って活躍する日本を代表するドラマーとして、重要な役割を担っています。

 

1曲39分。まるで映画のように紡ぎだされる音のストーリー。3人は、彫刻を掘りつづけるようにゆっくりと、1つの作品を極めて美しいフォルムに仕上げました。多彩な音が、ときにはECM諸作の凛としたミニマリズムと強く共鳴し、ときにはダンスミュージックのように素早いリズムを刻み、テンポやジャンルにとらわれず自由に形を変えていきます。ひとたび耳にすれば、決して難解ではない、気持ちの良い音楽の渦に取り込まれるのです。変幻自在のトリオだからこそできる生演奏ならではの魅力が、ダンスミュージックファンをはじめ、様々な音楽ファンを虜にすることでしょう。

 

初のスタジオ・アルバムとなる本作は、3人の即興演奏の空気をエンジニアのジム・オルークが新鮮なまま封じ込め、その最高の素材を料理家のように切り刻み、テクニックを駆使して再構築。最初の録音からは約3年、トリオ演奏と、ジム・オルークによるレコーディング~ポスト・プロダクション~ミックスが究極の音楽作品へと昇華したのです。ステレオ・ミックスながらまるで映画館で体験するドルビー・サラウンドのような音の奥行と広がり。より良いスピーカー、音楽環境で聴いた時に、驚きの世界を体感するでしょう。CDと高音質配信、2つのフォーマットでの発売となります。これまで彼らの音楽を未体験のリスナーにこそ聴かせたい、名作を作り続けるジム・オルーク諸作の中でも革新的な作品が誕生しました。

 

nemutte_releaselive1

カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久) "nemutte" release live フライヤー

 

Kafka_配信_1

カフカ鼾(Jim O'Rourke、石橋英子、山本達久)「nemutte」ジャケット

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

amazarashi、新楽曲「空に歌えば」がTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」OPに決定

amazarashiBESTashya

amazarashiの書き下ろした新楽曲「空に歌えば」が7月8日(土)よりスタートする、『僕のヒーローアカデミア』第2クールのオープニングテーマに決定した。

 

「僕のヒーローアカデミア」は「週刊少年ジャンプ」で連載中の堀越耕平の人気コミックを原作とした、総人口の約8割が“個性”と呼ばれる超常能力を持つようになった世界を舞台に、人々の個性を悪用しようとする犯罪者から社会を守る“ヒーロー”を輩出する名門高校に通う少年・緑谷出久の成長を描いたアニメ。第2クールでは、出久たちの前に強敵・ステインが立ち塞がり、より激しいアクションと、「本当の正義とは何か?」というヒーローの本質を問いかけるドラマが展開していく。

 

amazarashiの新曲「空に歌えば」をいち早く聴くことができる、『僕のヒーローアカデミア』の第2クールに向けた最新PVも解禁された。

 

 

【amazarashi 秋田ひろむ コメント】

 

「僕らのようなバンドが少年漫画の王道的作品である『僕のヒーローアカデミア』の主題歌を歌えるのかと、はじめは戸惑いました。

 

しかし、原作とアニメを拝見し、“無個性”だった少年が努力の末に“個性”を獲得し、勝利へと立ち向かう姿は、僕らがずっと歌ってきた物語と重なる気がしました。

 

雨を冠したバンド名ではありますが、曇天を切り裂き青空に歌うような気持ちで曲を作りました。よろしくお願いします。」

 

『僕のヒーローアカデミア』とは?

週刊少年ジャンプ(集英社刊)で連載中の堀越耕平によるコミックス累計発行部数が1,000万部超の人気コミックを原作としたTVアニメ。

舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持つ世界。事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵<ヴィラン>から

人々と社会を守る職業・ヒーローになることを目指して、ヒーロー輩出の名門・雄英高校に通う少年・緑谷出久の成長、戦い、友情のストーリーが展開する。

そんな本作は「ドラゴンボール」「ONE PIECE ワンピース」「NARUTO-ナルト-」といった「友情・努力・勝利」の系譜を継ぐ、“新世代”ジャンプ王道。

その“ヒロアカ”のTVアニメ新シリーズが、現在読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて毎週土曜夕方5:30に放送中!

ヒーローを目指す少年たちの熱いドラマが繰り広げられている。

 

●TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』公式サイト

http://heroaca.com/

 

●クレジット表記

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

 

≪リリース情報≫

amazarashi LIVE 360°「虚無病」

発売中

 

■Blu-ray

【初回生産限定盤】¥5,600(tax out) / AIXL-83

 LPサイズパッケージ仕様

 ライブ映像「amazarashi acoustic live 2017.02.21」収録

 小説「虚無病」封入(六章追加)

 

【通常盤】¥5,000(tax out) / AIXL-84

 小説「虚無病」封入(六章追加)

 

■DVD

【初回生産限定盤】¥4,900(tax out) / AIBL-9379~9380

 LPサイズパッケージ仕様

 ライブ映像「amazarashi acoustic live 2017.02.21」収録

 小説「虚無病」封入(六章追加)

 

【通常盤】 ¥4,300(tax out) / AIBL-9381

 小説「虚無病」封入(六章追加)

 

■LIVE

amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」

前売 ¥5,500(ドリンク代別)当日 ¥6,500(ドリンク代別)

 

2017/6/30(金)北海道・Zepp Sapporo

※5/5 振替公演

問い合わせ:ウエス 011-614-9999

 

2017/8/13 (日) 青森・リンクモア平安閣市民ホール (青森市民ホール)

問い合わせ:キョードー東北 022-217-7788

 

※「公演当日は、コンサート収録を行う可能性があります。お客様がカメラに写り込む事があるかもしれませんので、予めご了承ください。」

 

【amazarashi Profile】

青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。

日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、

絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前にスクリーンが張られタイポグラフィーや映像が映し出される独自のスタイルを展開する。

 

amazarashi ウェブサイト
http://www.amazarashi.com/

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »