NEWS

石橋英子と六本木Super Deluxeによる新感覚フェス、2年ぶりにクリスマス開催

L1009388_1500

今年春にMerzbowとのDUO作品を世界的な電子音楽レーベルEditions Megoからリリースし、現在も3週間のヨーロッパツアー中の石橋英子と、数多くの海外アーティストを含め、ジャンル構わず素晴らしいイベントを開催つづけてきた六本木Super Deluxeによる新たなフェスティバル”car and freezer festival”が2年ぶりに開催。イベントトレーラーも公開された。

 

今回は12/25クリスマスにcar and freezer christmas festival 2016として開催する。予約も本日より開始。前回即完売した石橋英子withもう死んだ人たちよるおススメCD or アナログ6枚 + スペシャル・ステージサイド席がついてくるプレミアチケットが今回も発売となるので、購入希望の方は急ぎたいところだ。

 

国内外の注目の出演アーティストも一挙発表。NY・ホイットニー美術館キュレーターであるJay Sandersの協力により、現代音楽の作曲家コンロン・ナンカロウの作品が日本に。また、世界的なタップダンサー熊谷和徳との共演はまさにこのイベントではないと実現しなかっただろう。その他、フランスの電子音楽家カセル・イェーガー、石橋英子と同じシカゴの名門レーベル「drag city」からリリースするアキツユコ、先日ポーランド、ロンドンライブを行ったPhew。そして、このラインナップの中で輝きを放つオオクボ-Tとこのお祭りでしか集まりえないアーティストが集結する。

 

当日はクリスマスならではの飲み物や、食べ物も予定。六本木を舞台に石橋英子がお届けするクリスマスを楽しみたい。

 

– Mike Kubeck's Show Vol.1 "car and freezer christmas festival 2016" –

 

(イベント詳細)
car and freezer christmas festival 2016

 

2016.12.25 sun

六本木Super Deluxe

 

石橋英子ともう死んだ人たち(ジム・オルーク、須藤俊明、山本達久、波多野敦子、ジョー・タリア)

Conlon Nancarrowの作品映像 (NY・ホイットニー美術館キュレーター、Jay Sandersの協力による)×熊谷和徳(タップダンス)

Kassel Jaeger

アキツユコ

Phew

オオクボ-T

 

VJ: rokapenis

DJ: kayo

出店: ウミネコカレー

 

OPEN 17:00  START 17:30

Adv. ¥3,300  Door. ¥3,800 (+1D)

Premium Ticket (超限定枚数) ¥10,000

(石橋英子withもう死んだ人たちよるおススメCD or アナログ6枚 + スペシャル・ステージサイド席)

 

TICKET

HP予約: sdlx.jp/2016/12/25

 

<プレミアム・チケット>のお申し込み

cfxmas@super-deluxe.com

件名を「12/25 carandfreezer<プレミアムチケット>申し込み」としお名前/人数/メールアドレス/電話番号を明記の上送信。追ってお支払い手続きのメールが返信。購入はASJペイメントにてクレジットカード支払い(VISA、Master、JCB)。

 

To order a PREMIUM TICKET, email us at:

cfxmas@super-deluxe.com

Include your name, number of passes, your phone number. We will email

you regarding how you can pay using a credit card (VISA, Mastercard, JCB).

 

INFO:SuperDeluxe 03-5412-0515 https://www.super-deluxe.com/

 

eiko_A5チラシ_1

car and freezer christmas festival 2016 フライヤー

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Elephant Gym、2020年1月の初ワンマンツアーよりYeYeとの共演ライブ映像を公開!

Elephant Gym_Artist_Photo_201910_hori_2000

2020年1月に行われた台湾スリーピースバンド「Elephant Gym」初の東名阪ワンマンツアー「The Rats and The Elephants」より、YeYeとの初共演ライブ映像を公開された。

 

2nd Full Album「Underwater」では日本から、Kento NAGATSUKA (WONK)とYeYeがそれぞれ作詞&歌唱参加している楽曲を収録しており、YeYe作詞&歌唱参加の、”Moonset feat. YeYe”で初共演を果たした。貴重なライブ映像を楽しんでほしい。

 

Elephant Gym / Moonset feat. YeYe – Live at "The Rats and The Elephants"

 

なお、YeYeは3/18にニューアルバム「30」をリリースする予定。

 

Live Photo by Takeshi Yao

 

Elephant Gym_Artist_Photo_201910_hori_2000<アーティストプロフィール>
Guitar, Piano, Synthesizer :Tell Chang(張凱翔) / Bass, Vocal : KT Chang(張凱婷)/ Drums : Chia-Chin Tu(涂嘉欽) *TellとKTは兄妹。

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界各国にてリリース&ツアーを実施。2016年8月、1stアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月、アメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。

2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、「りんご音楽祭2018」及び「OOPARTS 2018」出演。同年11月、2ndフルアルバム「Underwater」をリリースし、東名阪ジャパンツアー実施、代官山UNITの東京公演はソールドアウトとなる。また、北米公演全箇所ソールドアウト含む、14カ国約100公演のワールドツアーを実施。
2019年11月、Tyler, The Creator主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LAドジャースタジアム)出演。それに伴い、北米ウエストコースト8都市を回る「The Blue Tour」を、日本のインストロックバンド・LITEとのツーマンにて実施。
2020年1月、日本にて初となる東名阪ワンマンツアーを敢行、全公演ソールドアウト。

 

https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »