NEWS

スポーツ・レジャー体験型音楽フェス「AIMING HIGH HAKUBA」に、渋さ知らズオーケストラ、藤井隆、ZOMBIE-CHANGの出演が決定

mainvisual02_AHH2

7月1日(土)に開催される「AIMING HIGH HAKUBA」フェスティバルの追加アーティストとして、渋さ知らズオーケストラ、藤井隆、ZOMBIE-CHANGが追加となった。

 

スチャダラパー、水曜日のカンパネラ、SALUと合わせてメインステージには総勢6組が決定した。

 

「AIMING HIGH HAKUBA」は、増え続ける外国人観光客や夏山観光客によって復活しつつある白馬にて開催するスポーツ・レジャー体験型音楽フェスティバル。スキージャンプ台滑走路であるラージヒル・ノーマルヒルを使った前代未聞の大パフォーマンスも予定しているとのこと。続報も楽しみに待とう。


 

開催概要

 

<イベント概要>

::開催日時::

2017.7.1 (土) 12時開場 / 13時開演

 

::会場::

白馬ジャンプ競技場(長野県北安曇郡白馬村北城3476)

 

::出演アーティスト::

スチャダラパー / 水曜日のカンパネラ / 渋さ知らズオーケストラ / 藤井隆 / SALU / ZOMBIE-CHANG

 

::チケット情報::

一般チケット:一般 ¥5,000(税込)|お得なグループチケット 4名分 ¥18,000(税込)

ローソン先行チケット:5月23日正午〜6月2日18時受付終了

各プレイガイド発売:6月3日10時〜

AIMING HIGH HAKUBA専用駐車場:駐車券発売スタート1500円

 

::オフィシャルサイト::

https://aiming-high-hakuba.jp/


 

ストーリー|AIMING HIGH HAKUBA


白馬ジャンプ競技場につけられたスローガンであり、白馬村そのものを表すポリシーでもある「AIMING HIGH」=「高みを目指す」。世界に誇る美しい北アルプスに囲まれた白馬村は100年も昔から登山・山岳スキー・スポーツの歴史と文化を発信してきた。

 

白馬には5回のバブルがあった!?

70年台後半のペンションブームから始まり、喫茶店・避暑地のテニスブーム、「わたしをスキーに連れてって」でのスキーブームからスノーボードブーム、そして98年に最大の長野オリンピックが開催され世界中で注目されるウィンタースポーツ・リゾートの聖地ともなった。ただその輝かしい時代は泡のようにハジけた。2000年代、スキーブームの終焉とともに観光客は大幅に減って行った。

 

AIMING HIGH 〜高みを目指して〜

白馬はここ数年、増え続ける外国人観光客や夏山観光客によって復活しつつある。そしていま、白馬の象徴となる白馬ジャンプ競技場につけられていたこのスローガンを胸に、この村はさらに熱を取り戻すべく立ち上がる。混沌とした2000年代、そして2014年の震災(長野県神城断層地震)を乗り越え、いま、白馬の歴史を築いてきた先人たちと若い力、白馬を愛する人びとと共にさらなる高みへと飛び立つ時がきた。

 

スポーツ/自然のアクティビティ/食/音楽

それぞれの分野のプロフェッショナルによる文化交流の場、日本の美しい文化発信拠点にと 2017年7月「AIMING HIGH HAKUBA」フェスティバルを設立。ここから、世界中が無視することのできない新たな文化を発信していくことを目指していく。

 

hakuba_junpimg_stadium01 hakuba_junpimg_stadium02 s_HakubaLion_001 s_HakubaLion_003

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

7/4(土)『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』、最終ラインナップ&タイムテーブル発表!

synchronicity_onlinefest_alllineup_3_comp-min

7月4日(土)にオンラインで開催する『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』の最終ラインナップ、及び、タイムテーブルが発表となった。

 

最終で発表となったのは、国内からSOIL&”PIMP”SESSIONS、TRI4TH、踊ってばかりの国、DENIMS、TAMTAM、SPENSRの6組に加え、海外からUDD (Up Darma Down, from Philippines)、Leo王(from Taiwan)、Charlie Lim (from Singapore)、GDJYB(from Hong Kong)、TYNT(from Hong Kong)、Safeplanet (from Thailand)の6組、そして、ライブペインティングにGravityfreeの合計13組。配信は、生ライブ、撮り下ろしの収録ライブなどを交えて行われる。

 

最終ラインナップの発表とともにタイムテーブルも公開となった。TSUTAYA O-EASTは渋さ知らズオーケストラからスタートし、the band apartがトリを飾る。Shinjuku MARZは西恵利香からスタートし、ステレオガールがトリを飾る。

 

また、当日は「FUTURE TALK SESSION」として様々なクロストークが行われる。MCとして、フェスティバルライフの編集長であり国内外のフェスを渡り歩くフェス・ジャーナリストの津田昌太朗氏が決定。また、ゲストは当日出演するCHAI、一般社団法人渋谷未来デザイン事務局次長の長田新子氏、静岡の野外フェスの頂やコンサート、イベントの制作などに携わる南部雄亮氏が出演する。さらに、アウトドアシューズブランドKEENのYouTube番組「KEENSTREAM」が、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』へ出張ライブストリーミングを行い、ゲストにRyu MatsuyamaからドラマーのJackson氏が出演する予定だ。

 

配信は音楽情報メディア『Spincoaster』の協力により、『Spincoaster』公式YouTubeチャンネルにて行われる。配信放送URLもそれぞれ明らかとなったので、今のうちに登録しておこう。

 

なお、このオンラインフェスは、無料配信(投げ銭・ドネーション)で行われ、当日はYouTubeスーパーチャット、PayPal、オンラインストアにて投げ銭・ドネーションを募る。投げ銭・ドネーションは、アーティストの出演料、及び、フェスの開催費などに使用される。

 

『SYNCHRONICITY』は、「CREATION FOR THE FUTURE – 未来へつなぐ出会いと感動 -」をテーマに、毎年渋谷で行われている都市型ミュージック&カルチャーフェスティバル。今年は15周年を記念して4/4(土)〜4/5(日)に開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止により開催中止となっていた。クラウドファンディングで開催資金を募り、ライブハウスへの支援・貢献と、今後の日本の音楽の未来を見据え、オンライン配信を通して日本の音楽を海外へ届けていくことをテーマに、7/4(土)に改めてオンラインフェスを開催する。

 

 

『SYNCHRONICITY』公式サイト:

https://synchronicity.tv/festival

 

オンラインフェス配信予定チャンネル(Spincoaster公式YouTubeチャンネル):

・Ch.1(TSUTAYA O-EAST)

https://youtu.be/RK06Uwe2byk

 

・Ch.2(Shinjuku MARZ)

https://youtu.be/ACiOwxjjbe8

 

・Spincoaster公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/c/Spincoaster_tokyosounds

 

NHKオンライン、サイカルジャーナル「文化の灯を絶やさない」連載インタビュー:

https://www.nhk.or.jp/d-navi/sci_cul/2020/06/column/column_200626/

 

開催目前主催者インタビュー(レコログ):

https://recochoku.jp/ch/recolog/synchronicity/

 

オンラインフェスやクラウドファンディングについての主催者インタビュー:

Festival Junkie Podcast

https://open.spotify.com/episode/3SZUy95JW4s4fzmQau9Vnl?si=IIlkPf8UTaimolTzhhEJkQ


 

オンラインフェス概要

 

タイトル:

SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL

 

日時:

2020年7月4日(土)14:00 start 予定

 

出演アーティスト:

<生ライブ>

渋さ知らズオーケストラ / the band apart / CHAI / tricot / toconoma / 羊文学 / TENDOUJI / JABBERLOOP / TAMTAM / 笹川真生 / YONA YONA WEEKENDERS / 西恵利香

 

<収録出演>

SOIL&”PIMP”SESSIONS / TRI4TH / 踊ってばかりの国 / DENIMS / NABOWA / MELRAW / ステレオガール / THREE1989 / Shiki / 1inamillion / gato / all about paradise / SPENSR / UDD (Up Darma Down, from Philippines) / Leo王(from Taiwan) / Charlie Lim (from Singapore) / GDJYB(from Hong Kong) / TYNT(from Hong Kong) / Safeplanet (from Thailand)

 

<Live Painting>

Gravityfree

 

<MC>

津田昌太朗

 

<FUTURE TALK SESSION>

CHAI / 長田新子(一般社団法人渋谷未来デザイン事務局次長) / 南部雄亮(野外フェス頂 制作) / 津田昌太朗

 

<KEEN YouTube特番>

KEENSTREAM(Guest : Jackson from Ryu Matsuyama)

 

詳細:

https://synchronicity.tv/festival

 

オンラインフェス配信予定チャンネル(Spincoaster公式YouTubeチャンネル):

・Ch.1(TSUTAYA O-EAST)

https://youtu.be/RK06Uwe2byk

 

・Ch.2(Shinjuku MARZ)

https://youtu.be/ACiOwxjjbe8

 

・Spincoaster公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/c/Spincoaster_tokyosounds

 

投げ銭・ドネーション詳細:

・YouTubeスーパーチャット

 

・『SYNCHRONICITY』PayPal URL

https://www.paypal.me/earthtoneinc

 

・『SYNCHRONICITY』オンラインストアURL

https://synchronicitystore.stores.jp/

 

主催:

EARTHTONE Inc.

 

協力 :

シブヤテレビジョン / Shinjuku MARZ / Spincoaster

 

synchro2020olf_timetable_200701_fix2_comp-min

大きな画像はこちら(PDF)

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »