NEWS

スナーキー・パピー、スタジオ・アルバム『Immigrance』の日本盤が4月3日にリリース決定!

(s) SP El Paso hi res

ジャズ+ファンク+ダンス+フュージョンを融合した究極のミクスチャー・サウンドでシーンの最前線を牽引し、3度のグラミーにも輝いたジャズ・コレクティヴ=スナーキー・パピー。

 

そんな彼らの最新スタジオ・アルバム『Immigrance (イミグランス)』が、来日公演を目前に控えた2019年4月3日に日本リリースされる。

 

 

「すべては流動的。すべての物事は絶えず動き続けている。誰しもがある種の移民状態にある」

 

――そんなあらゆる“動き”をテーマにしたとリーダーのマイケル・リーグが語る本作は、名作『We Like It Here』('14)までのイマジナティヴなフュージョン・サウンドと前作『Culcha Vulcha』('16)で顕著だった民族音楽的要素がますますハイブリッドに融合。

 

クールでモダンな構築美とこれまで以上に生々しいグルーヴ感が見事に共存した<スナーキー・パピー・サウンドの集大成>とも言うべき会心作。
 

 


■リリース情報

pcd24835

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Snarky Puppy 『Immigrance』


発売日:2019年4月3日

 

【収録曲】

1. Chonks (8:32)

2. Bigly Strictness (7:37)

3. Coven (6:38)

4. Bling Bling (5:55)

5. Xavi (9:31)

6. While We're Young (2:42)

7. Bad Kids To The Back (5:46)

8. Even Us (7:44)    
 

 

 

Snarky Puppy – Bad Kids to the Back

 

 

 Snarky Puppy – Xavi 

 

 


■ライヴ情報

 

SNARKY PUPPY "World Tour 2019"

 


2019年4月11日(木) 大阪・梅田クラブクアトロ 開場18:30 / 開演19:30
2019年4月12日(金) 川崎・クラブチッタ 開場18:30 / 開演19:30

 

 

[来日メンバー]
マイケル・リーグ(ベース、キーボード)
ジャスティン・スタントン(トランペット、キーボード)
マイク “Maz” マーハー(トランペット、フリューゲルホーン)
クリス・ブロック(サックス)
ショーン・マーティン(キーボード)
ボビー・スパークス(キーボード、オルガン)
ボブ・ランゼッティ(ギター)
ジェイソン “JT” トーマス(ドラムス)
小川慶太(パーカッション) 
 

 

[公演詳細]
https://www.creativeman.co.jp/event/snarky-puppy2019/
 

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

香港のバンド「GDJYB」、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で配信されたライブ映像を公開

GDJYB_2019_horizontal_sml

香港女性4人組バンド「GDJYB」が、7月4日『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で未発表映像として配信されたライブ映像を公開した。

 

このライブ映像は、ボルダリングスタジオで開催された2018年『SQUARECLE EP』でのリリースパーティーライブ映像となる。

 

 

「GDJYB(ジーディージェイワイビー)」は香港をベースに活動し、マスロックとフォークミュージックをシンプルで分かりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、『マスフォーク』という独自のジャンルで音楽を展開する、女性四人組バンド。

 

日本では2016年に1stアルバム国内盤リリースと、2018年に都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」出演で初来日をし、少しずつ活動を広げている。その独自の音楽性に耳の早いリスナーから少しずつ評判が広がっており、2020年7月に開催された『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』にも過去の非公開ライブ映像で出演し、話題を集めた。

 

そんなGDJYBは、先日2年振りに新曲「405 Method Not Allowed」を各配信サイトにてデジタルリリース。YouTubeでもリリックビデオが配信されている。

 

香港では大きな状況の変化を迎えている中、制作された楽曲で、今年は他にも新曲の発表を予定している。

 

■GDJYB / 405 Method Not Allowed

 

<アーティストプロフィール>
Vocal – Soft Liu / Guitar – Soni Cheng / Bass – Wing Chan / Drum – Heihei Ng

 

「GDJYB」(ジーディージェイワイビー) は、2012年に香港で結成された女性4人編成バンド。マスロックとフォークミュージックを、シンプルでわかりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、「マスフォーク」と自らの音楽を形容する。マスロックの影響を感じさせる変拍子とギターフレーズに、フォーキーなコード感とメロディーをフュージョンさせることで、独特でありながらもキャッチーな楽曲を生み出している。

 

2014年にセルフタイトルとなる1st EPをリリースし、カルチャー誌「Time Out」に「あなたが聴くべき香港のアーティスト」として選出。2016年4月に同タイトルの日本盤がリリース。2016年12月、1stフルアルバム「23:59」リリースし、台湾で最も権威ある音楽賞「第28回台湾ゴールデンメロディーアワード・ベストミュージカルグループ」にノミネートされた。
2018年、2nd EP「SQUARECLE」リリース。4月には渋谷で開催の都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」に出演し、初来日を果たした。

 

バンド名は、香港の伝統料理「雞蛋蒸肉餅」(Gai Daan Jing Yuk Bang)の頭文字をとったもの。

 

GDJYB_2019_horizontal_sml

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »