NEWS

THE BEATNKS、ライブ音源を収録した「NIGHT OF THE BEAT GENERATION」を5月22日にリリース!

thumb_THE_BEATNIKS_A_Photo_1024

「YMO」のメンバーで、現在「METAFIVE」で活動する高橋幸宏と、「ムーンライダーズ」のヴォーカルであり音楽プロデューサーや、北野作品「アウトレイジ」シリーズなどの映画音楽家としても活躍する鈴木慶一によるユニットTHE BEATNIKS。


そのTHE BEATNIKSが、アルバムリリースを記念して開催された「THE BEATNIKS Live 2018 “ビートニクスがやってくる! シェ! シェ! シェ!”」のライブ音源を全曲収録したライヴ・アルバム「NIGHT OF THE BEAT GENERATION」を5月22日にリリースすると発表した。


即完売となったこのライブでは、アルバムのレコーディングにも参加したゴンドウトモヒコ(Euph, Tp, Glo)、砂原良徳(Key)、矢口博康(Sax, Cl)が出演。さらに白根賢一(Dr)、高桑圭(B, G)、堀江博久(Key)というTHE BEATNIKSライブには欠かせないメンバーに、相対性理論より永井聖一(G)をギタリストに迎え、贅沢なセッションを繰り広げた。


新作の収録曲を中心に、往年の代表曲やカバー曲も披露されTHE BEATNIKSワールド全開なライブ音源となっている。音源については日本コロムビアHPにて楽曲試聴もスタートしたので、ぜひともチェックしてほしい。
 

コロムビア試聴ページURL:https://columbia.jp/artist-info/thebeatniks/
 


■リリース情報

 

タイトル:「NIGHT OF THE BEAT GENERATION」

発売日 : 2019/05/22(水)
価格 : ¥4,000 (税込 ¥4,320) 

 

【DISC 1】
01  Crepuscular Rays  (2:29)
02  鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章  (6:19)
03  River In The Ocean  (5:06)
04  Go and Go  (3:44)
05  Brocken Spectre  (3:54) 
06  Inevitable  (5:52)
07  Now And Then  (6:01)
08  Commona Man  (5:02)
09  Left Bank  (4:50)
10  Softly-Softly  (4:03)
11  ほどよい大きさの漁師の島  (3:58)
12  BEAT印のDOUBLE BUBBLE  (4:55)

 

【DISC 2】
01  ちょっとツラインダ  (4:44)
02  NO WAY OUT  (3:40)
03  I've Been Waiting For You  (3:42)
04  Ark Diamant  (4:11)
05  Dohro Niwa  (7:24)
06  シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya  (7:22)
07  Unfinished Love ~Full of Scratches~  (4:59)
08  Total Recall  (4:10)

 

商品HP:http://columbia.jp/artist-info/thebeatniks/
 

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

香港のバンド「GDJYB」、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で配信されたライブ映像を公開

GDJYB_2019_horizontal_sml

香港女性4人組バンド「GDJYB」が、7月4日『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』で未発表映像として配信されたライブ映像を公開した。

 

このライブ映像は、ボルダリングスタジオで開催された2018年『SQUARECLE EP』でのリリースパーティーライブ映像となる。

 

 

「GDJYB(ジーディージェイワイビー)」は香港をベースに活動し、マスロックとフォークミュージックをシンプルで分かりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、『マスフォーク』という独自のジャンルで音楽を展開する、女性四人組バンド。

 

日本では2016年に1stアルバム国内盤リリースと、2018年に都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」出演で初来日をし、少しずつ活動を広げている。その独自の音楽性に耳の早いリスナーから少しずつ評判が広がっており、2020年7月に開催された『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』にも過去の非公開ライブ映像で出演し、話題を集めた。

 

そんなGDJYBは、先日2年振りに新曲「405 Method Not Allowed」を各配信サイトにてデジタルリリース。YouTubeでもリリックビデオが配信されている。

 

香港では大きな状況の変化を迎えている中、制作された楽曲で、今年は他にも新曲の発表を予定している。

 

■GDJYB / 405 Method Not Allowed

 

<アーティストプロフィール>
Vocal – Soft Liu / Guitar – Soni Cheng / Bass – Wing Chan / Drum – Heihei Ng

 

「GDJYB」(ジーディージェイワイビー) は、2012年に香港で結成された女性4人編成バンド。マスロックとフォークミュージックを、シンプルでわかりやすいホングリッシュ(香港英語)でミックスした、「マスフォーク」と自らの音楽を形容する。マスロックの影響を感じさせる変拍子とギターフレーズに、フォーキーなコード感とメロディーをフュージョンさせることで、独特でありながらもキャッチーな楽曲を生み出している。

 

2014年にセルフタイトルとなる1st EPをリリースし、カルチャー誌「Time Out」に「あなたが聴くべき香港のアーティスト」として選出。2016年4月に同タイトルの日本盤がリリース。2016年12月、1stフルアルバム「23:59」リリースし、台湾で最も権威ある音楽賞「第28回台湾ゴールデンメロディーアワード・ベストミュージカルグループ」にノミネートされた。
2018年、2nd EP「SQUARECLE」リリース。4月には渋谷で開催の都市型フェス「SYNCHRONICITY’18」に出演し、初来日を果たした。

 

バンド名は、香港の伝統料理「雞蛋蒸肉餅」(Gai Daan Jing Yuk Bang)の頭文字をとったもの。

 

GDJYB_2019_horizontal_sml

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »