NEWS

THE BEATNKS、ライブ音源を収録した「NIGHT OF THE BEAT GENERATION」を5月22日にリリース!

thumb_THE_BEATNIKS_A_Photo_1024

「YMO」のメンバーで、現在「METAFIVE」で活動する高橋幸宏と、「ムーンライダーズ」のヴォーカルであり音楽プロデューサーや、北野作品「アウトレイジ」シリーズなどの映画音楽家としても活躍する鈴木慶一によるユニットTHE BEATNIKS。


そのTHE BEATNIKSが、アルバムリリースを記念して開催された「THE BEATNIKS Live 2018 “ビートニクスがやってくる! シェ! シェ! シェ!”」のライブ音源を全曲収録したライヴ・アルバム「NIGHT OF THE BEAT GENERATION」を5月22日にリリースすると発表した。


即完売となったこのライブでは、アルバムのレコーディングにも参加したゴンドウトモヒコ(Euph, Tp, Glo)、砂原良徳(Key)、矢口博康(Sax, Cl)が出演。さらに白根賢一(Dr)、高桑圭(B, G)、堀江博久(Key)というTHE BEATNIKSライブには欠かせないメンバーに、相対性理論より永井聖一(G)をギタリストに迎え、贅沢なセッションを繰り広げた。


新作の収録曲を中心に、往年の代表曲やカバー曲も披露されTHE BEATNIKSワールド全開なライブ音源となっている。音源については日本コロムビアHPにて楽曲試聴もスタートしたので、ぜひともチェックしてほしい。
 

コロムビア試聴ページURL:https://columbia.jp/artist-info/thebeatniks/
 


■リリース情報

 

タイトル:「NIGHT OF THE BEAT GENERATION」

発売日 : 2019/05/22(水)
価格 : ¥4,000 (税込 ¥4,320) 

 

【DISC 1】
01  Crepuscular Rays  (2:29)
02  鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章  (6:19)
03  River In The Ocean  (5:06)
04  Go and Go  (3:44)
05  Brocken Spectre  (3:54) 
06  Inevitable  (5:52)
07  Now And Then  (6:01)
08  Commona Man  (5:02)
09  Left Bank  (4:50)
10  Softly-Softly  (4:03)
11  ほどよい大きさの漁師の島  (3:58)
12  BEAT印のDOUBLE BUBBLE  (4:55)

 

【DISC 2】
01  ちょっとツラインダ  (4:44)
02  NO WAY OUT  (3:40)
03  I've Been Waiting For You  (3:42)
04  Ark Diamant  (4:11)
05  Dohro Niwa  (7:24)
06  シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya  (7:22)
07  Unfinished Love ~Full of Scratches~  (4:59)
08  Total Recall  (4:10)

 

商品HP:http://columbia.jp/artist-info/thebeatniks/
 

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Kan Sano、本日22時に新曲「Natsume」リリックビデオをプレミア公開 直前にインスタライブも(動画あり)

KanSano_Natsume_LyricVideo_thumbnail_yoko

Kan Sanoが、ニューシングル「Natsume」のリリックビデオを今夜5/14(金) 22:00にプレミア公開することが明らかとなった。

 

 

「Natsume」のリリックビデオのプレミア公開直前には、Kan SanoによるNatsumeの制作秘話や曲の意図をたっぷり話すインスタライブも実施予定。オーディエンスからの質問も受け付けるとのことだ。

 

「Natsume」が主題歌に抜擢された「住住」はバカリズムをはじめ、二階堂ふみ、バナナマン日村、オードリー若林、水川あさみ といった個性的なキャストによるシュールなやりとりと、なんとも不思議な感覚&クセになるゆるさで視聴者を瞬く間にとりこにしている異色ドラマ。リリックビデオも、どこかSFらしい要素や鍵盤の絶妙な揺れ感がリアルと空想を行き来する楽曲の世界観に寄り添うようにマッチしている。

 

 

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »