INTERVIEW

downy、第六作品集『(無題)』青木ロビン インタビュー(前編)。今作と今の等身大のdownyの姿をロングインタビューで紐解く。

downy_aC

9年ぶりにリリースされた前作から3年。downyが待望の新作・第六作品集『(無題)』をリリースする。今作はライブを再開して初のアルバムとも言え、そういう意味でもまた特別な作品だろう。

 

新作を聴くと、今までのdownyサウンドを存分に響かせながらも、新しい音楽が聞こえてくる。それは、downy第二期(活動再開後)の現在進行形の音だろう。

 

『After Hours』のミーティングでいつも顔を合わせている青木ロビン。ともにフェスを作り上げる同志としての距離感で、今作と今の等身大のdownyの姿をロングインタビューで紐解く。今回はその第一弾。

 

後編はこちら:
downy、第六作品集『(無題)』青木ロビン インタビュー(後編)。僕はdownyの音楽がそのときの空気を変えれる音楽でありたいなって思う。

 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 

 


 

今作は演奏することに重きを置いて作ってるっていうか、よりフィジカルになってる。

 

麻生:

まずは新作のリリースおめでとうございます!downyらしさの中にも新しさがある。素晴らしい作品です!

 

青木:

ありがとう。何だかいつも『After Hours』のミーティングで会ってるし、こうして改まってインタビューって話しになると何だか照れくさいね笑。

 

麻生:

あはは、そうですね。でもだからこそのお話を色々と聞いてみたいと思います。僕個人としてもdownyはめちゃくちゃ大好きなバンドなので、この距離感でどんなお話が聞けるか楽しみです。

 

青木:

そうだね。よろしくお願いします。

 

麻生:

3年前の第五作品集は復活アルバム、そして今作は復活してバンド活動を再開した上でのセカンドアルバムとなります。再始動してから初の作品とも言える訳で、また特別な作品だと思います。前作、そして今作を振り返ってみてどんな感想を持ってますか?

 

青木:

まず、前作の5枚目のアルバムはライブをやらないでレコーディングに突入してるから、作り方や感覚がレコーディングベースなイメージだったんだよね。そして、後でライブで感覚を起していくって感じだった。また、久しぶりに一緒にできる喜びというのが先にあって、それはそれで特別な感覚だった。今では自分がよく東京に来ることになって、音楽をやることに対していい意味でピリピリしてる。緊張感があるっていうかね。そういう違いが現れてると思う。

 

一方、今作はすでにライブでやってる曲をレコーディングしたものもあって、演奏することに重きを置いて作ってるっていうか、よりフィジカルになってる。この3年ライブを行っていく中で、downyってもっと音数が少ないバンドじゃなかったっけ?って、もうちょっと肉を削いだ方がいいんじゃないか?って思ったりしてさ、原点に戻ってきた部分もある。

 

麻生:

原点にもどってきた?

 

青木:

うん、やっぱりライブを重ねて行く中でそのきっかけが生まれてきた気がする。お客さんとの距離感も当時(活動休止前)とは違うし、今では単純に突っぱねて置いていくという感覚もない。いい意味で一体感を出す方法もライブの中で出てくる。で、そういうところを掘り下げていくと選曲も変わってくるんだよね。最初にやろうとしてたセットと今のセットって変わってきてるしね。やっぱりロックなアプローチの方がライブでやってて楽しいし、お客さんもそうだろうし、そういう中で今度のアルバムはどんな選曲、どんな曲調で行くかっていうのを、ライブのお客さんの顔が見える中で作り始めてたんじゃないかなって気がする。

 

麻生:

なるほど。ということは、アルバム制作を「よしやろう!」って意識して始めたというよりも、ライブからの地続きでレコーディングが始まっていったっていう感じなんですか?

 

青木:

うん、そういうライブなところから始まっていったっていう印象はある。特に僕は9年休んでいたし、ミュージシャンとしての自信や感覚を取り戻すのも時間がかかる。downyってさ、レコーディングとライブってそう変わらないんだけど、それでももちろんライブ感っていうのはあって、お客さんの前で演奏するために、世界観を表現するためにめちゃくちゃ練習するんだけど、それを伝えるためのテクニックや表現力が今すごく僕らの中でフィットしてるって感じがするんだよね。それをきちんと出すためには、シンプルに原点に戻った方がよりソリッドにエモーショナルになる。弾いていないとき、歌っていない瞬間でもエモーショナルっていう、そういう感覚が表現できるようになってきた気がする。

 

150411_YO_10182

photo by YUKA OCHIAI(LIVE at SYNCHRONICITY’15)

 

 

色んな制約を改めて取っ払おうということになった。

 

麻生:

今作では今までのdownyサウンドと変わらないところがありながらも、分かりやすさも感じられるんですよね。ロビンさんも以前、次はポップにしたいなって言ってたと思うんですけど、そういうポップさを意識してたりしましたか?

 

青木:

downyはポップなバンドだと一応思ってるんだけどね笑。分かり辛い変拍子をただやるつもりなんて全然なくってさ、かっこいいリフやドラムパターンを考えたら、たまたま変拍子だっただけで、各々のフレーズは実は全てキャッチーなものな気がするんだよ。それがギュッと集まるとなぜかdownyの音になる。もちろん言ってるポップスっていうのはJ-POPとかそういうものではないけれど、あくまでもポップな部分を持っているバンドだって思ってる。ただ、今回は、なるべくポップスを作ろうって言ってたのが、結果このアルバムだけどね笑。

 

麻生:

downyらしいポップですよね笑。

 

青木:

そうそう、downyらしいポップ笑。

 

麻生:

今回はシンセも使用してますよね。

 

青木:

うん、4作目まではdownyとしての制約の中でどれだけのことができるかっていうことをやってきた。だけど5作目を作るときに、一度その制約を取っ払おうということになったんだよね。ピアノが入ったからdownyじゃなくなるって訳でもないしね。そう意味では、今作は特にシンセが必要であれば使うし、ギターが必要であればギターを弾くしと、自由に思ったことをトライしたんだ。

 

もともと僕は打ち込みをいつもやってるから、鍵盤を触るっていうのはすごくベーシックなことなんだよね。ずっとシンセを置いてやっててさ、それで組み上げたものを分解して後でギター等にしてるんだ。

 

また、ライブの経験っていうのは本当に大切でたくさんの学びがある。ギターも最近好きになって弾き語りもするし、改めて練習してみると、生ギターももっと可能性のある楽器だなって思うんだよね。downyでは裕さんがああいうエグさも華やかさもある音色でやってくれるから、自分は正直楽で、生っぽい方を逆に狙っていくというか。今回は本当に歌もシンセの音も含めて自分の佇まいはアナログな感覚でいるんだよね。シンセも使ってるけれど、色んなバランスがちょうどいいものができたって思ってる。

 

150411_YO_10157

photo by YUKA OCHIAI(LIVE at SYNCHRONICITY’15)

 

麻生:

なるほど。制約を取っ払ったんですね。確かにシンセは新鮮に感じたんですよね。凍る花、海の静寂、檸檬(れもん)など、今までにはない要素ですよね。

 

青木:

いや、実際は、凍る花と海の静寂だけじゃないかな?

 

麻生:

え、檸檬(れもん)は違うんですか?

 

青木:

そう、あれはギターの音。あれぶっ飛んでるでしょ?あれが青木裕だよ!バイオリンのようなスタッカートする奏法のようなものが合いそうだなって話してたら、あのフレーズ持ってきて、超かっけえっ!てなって笑。

 

サウンドプロダクションにおいて、downyって一回ボトムを作ってドラムとベースを主軸に、後で歌メロやギターなどの上物を作るっていう形なんだけど、今回は特にそうなんだよね。

 

さっき制約を取っ払うという話しをしたけれど、それとは別の意味でディストーションも踏んじゃダメだっていうのもあったりするんだよね。もちろんそれがかっこいいバンドもあるんだけど、僕たちのやり方としては、クラッシックのようにリズムとかアンサンブルでもっとエモーショナルにできることにトライしたいって思ってる。クラッシックでいうと、歪んでなくてもチェロ一つで盛り上げたりとかさ、自分たちはそういうやり方の方が好きだから、そういう中でみんなdownyとしての表現をするんだよね。

 

CCTWjpYUMAATeYA

photo by Viola Kam (V'z Twinkle)(LIVE at SYNCHRONICITY’15)

 

麻生:

そういう制約があるからこそどの曲を聴いてもdownyのサウンドになるのかもしれないですね。制約がある中での表現って僕は美しいと思う。その制約についてもう少し具体的に教えて下さい。

 

青木:

昔でいうと、まず本当にドラムは4点(キック、スネア、ハット、ライド)しか使っちゃダメ、ベースはエフェクターなし、ギターだけでギターじゃない音を表現するとか、、、。また、誰でもできるような単純な展開はNGで、そうじゃない方向をずっとdownyは追求し続けてて、4枚目まではずっとそれでいっている。いかにも分かりやすい誰でもできるような展開はdownyではやらない。そういうのをやってる先駆者は先駆者で一杯いる訳で、かっこいいのももちろんあるんだけど真似してもしょうがない。だから、自分たちがそれとは異なる方向を取るのは自然だし当たり前の選択だったんだよね。

 

その上で色んな制約を改めて取っ払おうということになった。でも秋山くんはその制約も好きでやってるのもあるし、結局ほぼドラムの点数が変わらなかったりっていう笑。で、結局取っ払ったことで変わったのは、俺がピアノを弾いたり、シンセを足したりするくらいだった。

 

麻生:

そもそも制約を作るというのは、それはロビンさんのアイデアだったんですか?

 

青木:

一番最初はね。もともとdownyってちょっと変拍子が入ったハードコアな曲をやりたいはずだったんだ笑。それはそれでオリジナリティあることをやったつもりなんだけど、僕らが一番オリジナリティのある音楽をやってやると思って、今の形になったんだよね。ただ、そこに至るには色んな方法論があって、オーケストラのように音を増やすこともできるし、どこまでもシンプルに減らすこともできる。ただ減らすっていう発想をミュージシャンってあんまりしないから、僕らは減らそうと。そのシンプルさの中でチャレンジすることを選んだんだよね。

 

麻生:

なるほど制約っていうのは、そのシンプルさの中のチャレンジでもあったんですね。

 

青木:

うん、またそうして制約を作ることでより強くなって成功したから、すごく自信を持てた。だからこそ、その制約を取っ払うのになんの後ろめたさもないっていうか、今までずっとオリジナルなスタイルでやってきたんだから、何でもできるじゃないかって思ったんだよね。ま、結局あんまり変わんなかったけどね笑。気持ちの上では何でもありだったってこと。今作の檸檬って曲では、コーラス部(0:31)に女性ボーカルをゲストに迎えるつもりだったんだけど、たまたま家にいた娘にサンプルで歌ってもらったらメンバーからGOが出たり笑。

 

160424_kin_2442

photo by 荒金大介(LIVE at SYNCHRONICITY’16 – After Hours -)

 

 

この曲はアルバムの中でもそのイメージを象徴している曲だと思う。

 

麻生:

なるほど。ソングライティングについて聞かせて下さい。

 

青木:

今作は割と一旦ざくっとしたトラックを作って、メールベースでやり取りするんだよね。その上で、秋山くんとフィジカルな部分や構成、プレイバランスを考えつつやり取りする。打ち込みで作るとどうしてもリッチな音で作ろうとしちゃうから、秋山くんの知識やプレイを交えて組み直していく。そして、コードの展開などを話し合って進めていく。展開ってポップスって意味でも一番大切な部分。僕らにもやっぱり展開があって、エモーショナルでダイナミクスがあるんだよね。自分はコンポーザー役として立ちながら、皆で作っていくんだよね。

 

麻生:

メールベースでやり取りする部分はdownyならではな気がしますね。今回のMVで作るリードトラックは?

 

青木:

凍る花だね。

 

 

麻生:

僕も凍る花だと思いました。この曲は今までのdownyらしさを残しながらも、新しさがありますよね。分かりやすく言えば、さっきも少し話したようなシンセが入ってて、今までになかったようなキャッチーな部分、口ずさめるようなポップさがある。今までのdownyの音楽にもキャッチーに聞こえるものもあるんだけど、なかなか口ずさめるものって少ないんですよね。でもこの曲はそういう意味でもポップさを持った曲だと思う。この曲ってどうでやってできてリードトラックとなっていったんですか?

 

青木:

この曲は実はシンセもバリバリだし、始めデモで送ったときにはね、イメージ的にボツられると思ったの。でもそういう予想に反して皆いいじゃん!って反応で。シンセこんなバリバリでいいの?って思ったんだけど、いいじゃん、たまにはいいじゃんって笑。

 

また、僕が作った最初のドラムトラックってもうちょっとポリリズムな感じで複雑だったんだけど、秋山くんの意見でもっと分かりやすくしようってことになって、もちろん技術的には難しいことを沢山やってるんだけど、そういう意味でのポップっていうか、耳に残すための引っかかりを試してみたいというのもあって、当初のドラムを解体して、みんなでやりとりするうちに今の形になったんだよね。

 

麻生:

downyにしては本当に新しい曲だと思います。どうしてこの曲のデモをみんな気に入ったんでしょうね?笑。

 

青木:

どうしてだろうね笑。もちろん僕はかっこいい!と思ってもらえるものをデモとして持っていっているつもりだけど、「めっちゃかっこいいね!」って反応はちょっと意外だった笑。で、ライブでやっちゃう?みたいな話になったから、とにかく一回作っちゃおうってことになって作って、それでライブでやるようになった。で、ライブで演奏しながら、レコーディングへ向けてさらに練り上げていったんだよね。だから、すごく今のdownyの中で象徴的で馴染んだ曲な気がする。

 

ライブの経験を踏まえてというのはもちろん、もともとdownyってマグマのようなバンドだと思うんだけど、今作の自分の中のイメージが、たぎるようなエネルギー、外から触られたくないっていうテンションで今回は曲をつめたかった。氷の中に火がいるみたいな、燃えてるんだけど触れないみたいな、そういうイメージ。そういう意味でもこの曲はアルバムの中でもそのイメージを象徴している曲だと思う。

 

麻生:

それってすごく面白いですね。そんなdownyとしての現在進行形のエネルギーやイメージがありつつも、僕はこの曲すごく今っぽいなとも思うんです。オンリーワンでありながらも今っぽさがある。そういうのがすごく面白い。ロビンさんは音楽をめっちゃ聴いてるけれど、そういう今の時代のエッセンスや同時代性を意図的に曲に盛り込んだりすることはある?

 

青木:

メンバー全員、音楽を沢山聴いてるし、自分の持ってるソフトとか機材もどんどん進化していくよね。でも、だからこそ意図的にではないにせよ当たり前に自然に入っていくもんだって思ってる。結局、何やってもdownyになってしまうし、それに自信を持ってるね。ただ、麻生くんの言うような今っぽさもあるから、「凍る花」はメンバーにボツって言われるかなって思ったの。音色も今どきな音だしね。だけど、この曲の反応はそんな予想に反して好評だった。それがアルバムの象徴的な曲になるなんて面白いよね。

 

downy_6th_cover2

第六作品集『(無題)』ジャケット

 

■ 商品概要
downy
第六作品集『無題』
2016.9.7 On Sale
PECF-1140
felicity cap-257
定価:¥2,600+税
全9曲収録

 

1. 凍る花
2. 檸檬
3. 海の静寂
4. 色彩は夜に降る
5. 親切な球体
6. 孤独旋回
7. 「   」
8. 乱反射
9. 翳す、雲

 

■ ツアー概要
<downy  2016  『無題』 TOUR>
2016/10/13(木)  大阪Shangri-La
open/start :19:00/19:30 Adv 3780円(+drink)
info GREENS : 06-6882-1224

 

2016年10月14日(金)  名古屋JAMMIN'
open/start :19:00/19:30 Adv 3780円(+drink)
info ジェイルハウス: 052-936-6041

 

2016年10月16日(日)  渋谷WWW X
-WWW X  Opening Series-
open/start :17:30/18:30 Adv 3780円(+drink)
info VINTAGE ROCK tel : 03-3770-6900 (平日12:00~17:00)

 

ticket一般発売:2016年08月27日(土)
チケットぴあ / ローソン / e+(イープラス) / ZERO TICKET

 

total information :
VINTAGE ROCK tel : 03-3770-6900 (平日12:00~17:00)
www.vintage-rock.com

 

0610downy2138_2000

downy:


2000年4月結成。

 

メンバーに映像担当が在籍するという、特異な形態をとる5人編成のロック・バンド。

 

音楽と映像をセッションにより同期、融合させたライブスタイルの先駆け的存在とされ、独創的、革新的な音響空間を創り上げ、視聴覚に訴えかけるライブを演出。ミュージックビデオの制作、プロデュースもメンバーが手掛け、世界最大級のデジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTに於いても高い評価を得る。日本に於けるポストロックの走りともされている。

 

青木ロビンは、zezecoとしての活動に加え、映画音楽制作、ゲストボーカルとしての参加、THE NOVEMBERS等のアーティストへの楽曲提供、アレンジ、プロデュースも手掛ける。音楽以外にも、空間デザインや、アパレルデザイナー等、多岐にわたって活躍。

 

青木裕は、unkieとしても活動。他にMORRIE(DEAD END)ソロプロジェクト等様々なプロジェクトに参加。ギタリスト、プロデューサーの他、CDジャケットのアートワークなど、イラストレーターとしても幅広く活動している。

 

仲俣和宏は、fresh!、YakYakYakとしても活動。

 

秋山タカヒコは、fresh!、BUCK-TICKの櫻井敦司が中心となって結成したTHE MORTALのメンバーでもある。長澤知之、スキマスイッチ、清春、黒夢、小南泰葉、ナオト・インティライミ等、レコーディング、ライブに多数参加。

 

石榴は、JUNO REACTOR 、VIOLET UK、SUGIZO、カンヌMIDEMショウーケース、GoldenEggs他、多数の公演映像演出を手掛けたりと国内外で活動中。

 

2004年活動休止以来、メンバー各々の活動は更に多岐にわたり、現在もなお、国内外のアーティストからの支持も多く、注目度も高い。現在までに、5枚のオリジナルアルバム、第五作品集のremixアルバムをリリース。2016.9.7 第六作品集をリリース。

 

downy-web.com

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

INTERVIEW

クレイジーな冬の野外フェス『豪雪JAM』とは?

16731233_1228994357181452_241378092_o

冬には2m~3mの積雪となり、特別豪雪地帯に指定されている新潟県十日町市。そんな冬の十日町で開催され、今年で10周年を迎えるフェスがある。その名も『豪雪JAM』。。。

 

個人的にも何度か遊びに行っているが、辺り一面銀世界に包まれる冬の野外フェスは見たことがない。そして過酷なイメージとは裏腹に、行ってみるとそのイメージとはかけ離れた開放的な楽しさがある。他では決して体験できないこのフェスならではの魅力があるのだ。

 

あまりの豪雪に中止になったこともある『豪雪JAM』。他に類を見ないオリジナリティに溢れるフェスを運営するには、相当の苦労と他で得れない魅力があるだろう。その『豪雪JAM』の魅力を実行委員長の酒井直亮に聞いてみた。


 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 


 

ステージも雪、会場も雪、一面銀世界の冬の野外フェス。節目の第10回です。皆さんに感謝の気持ちを込めてお迎えしたいと思います。

 

麻生:
豪雪JAMってどんなイベントですか?


酒井:
新潟県十日町市で行われるステージも雪、会場も雪、一面銀世界の冬の野外フェスです。

 

麻生:
僕も何度か遊びに行ってますが、気温は低いですが晴れてるとその寒さ以上に体の底から暖かさを感じられるフェスですよね。冬に野外フェスってなかなか考えつかない企画にびっくりなんですけど、なぜこの企画をやろうと思ったんでしょうか? 

 

酒井:
ここ十日町市は世界でも有数の、定住者がいる豪雪地帯なんです。こんなクレイジーですばらしい環境があるので、十日町市でやるフェスなら冬しかないと一発で決めました。


 

16706943_1228994260514795_1990398186_n


 

麻生:
「十日町を新潟を全国に発信したい」という想いが詰まっていると聞きました。十日町ってどんな街なんでしょうか?

 

酒井:
豪雪地帯はもちろんなんですが、四季がはっきりしていて自慢の米、野菜、きのこ、豚肉、酒があります。 地元に誇りを持っている人がとても多いです。東京から電車で1時間50分で来れるのに、超陸の孤島感がたまらないですよ。最近では、大地の芸術祭が有名になり、シーズンには多くの方がいらっしゃいます。

 

麻生:
お米はもちろん、ご飯は本当に美味しいです!大地の芸術祭でもとても有名になりましたね。十日町、津南町と僕も今まで何度か行っているので本当によく分かります。豪雪JAMは今年で10周年を迎えるということですが、今までの面白いエピソードなどありますか?

 

酒井:
地元のおじさんとのこんなエピソードがありますね。

 

地元のおじさんと話をしながら

おじさん「あの会場でジャム作ったんだって?」

自分「そうです。雪まつりの最終日の一日だけですが」

おじさん「たった一日で作るの?すごいね」

自分「土曜日まで雪祭りで使われるので日曜日の朝からやるんですよ」

おじさん「たいしたもんだね、でもそれでお客さん来るの?」

自分「好きな人は来ますよ」

おじさん「ところで十日町のジャムって材料なんなん?」

自分「????、あっ~~違う違う、ジャムって食べ物でなくて音楽の!」

 

これがきっかけで今じゃお土産の定番の「ごはんのジャム、豪雪ジャムが生まれました」


 

16707106_1228998803847674_1599948915_n

勘違いから生まれたご飯のジャム、豪雪ジャム


 

麻生:
あはは、面白いエピソードですね!音楽のジャムと食べ物のジャムで話がすれ違っているという笑。

 

酒井:
中身は地元の高長醸造の香味野菜味噌やにんにく味噌でとっても美味しいですよ!

 

麻生:
僕もいただきましたが、お土産にぴったりな美味しいジャムですよね。そして、面白いながら素敵なエピソード。ぜひこのジャムも豪雪JAMとともに楽しんでほしいですね。今年の豪雪JAMの見所はどういうところですか?

 

酒井:
全7組のノンストップのアーティストですね。音が止まらないのは初めてでとても楽しみにしています。あと、10回記念なんですが、先着500名様にオリジナルお猪口と地元5蔵元の試飲券あります!


 

16700052_1228994310514790_1117799489_n

16735344_1228998290514392_1254425766_o

伝説のプロポーズも素敵なエピソード!


 

麻生:
おお、それは楽しみですね!先着特典、僕もゲットしたい!豪雪JAMは辺り一面真っ白な雪に包まれていて、他では得れない魅力や大変さもありますよね。このフェスならではの注意事項などはありますか?

 

酒井:
一面雪なので、防水の靴が必須ですね。晴れる事が多いんですが、快晴時は太陽の照り返しが強いのでサングラスや日焼け止めがあると良いですね。あと会場にはアルコール類の持ち込みは禁止とさせて頂いております。豪雪JAM実行委員会でドリンク屋をやっているんですが、ここでの売り上げを運営資金に回しています。大事な大事な運営資金なので、皆様にはご協力をお願いします。


 

16709374_1228994607181427_803024385_o

16731663_1228994533848101_1838650998_o

着物でおもてなしスナック不二子​


 

麻生:
なるほど、ドリンク売り上げが貴重な運営資金になっているんですね。また、防水の靴は本当に必須だと思います。あ、あと個人的には捻挫に注意です!雪の上を歩き慣れていないので、雪対応の靴を履いてても何度も捻挫しました笑。最後にご覧の皆さんに一言お願いします。

 

酒井:
節目の第10回です。皆さんに感謝の気持ちを込めてお迎えしたいと思います。いらっしゃる際は、十分気をつけてお越し下さい。

 

麻生:
ありがとうございました。今年も開催を楽しみにしています!

 

 

イベント詳細


 

名称:豪雪JAM 2017

開催日時:2017/2/19 (日) open 10:00 / close 17:00 ※雨雪天決行(詳細は公式サイトをご確認下さい。)

開催場所:十日町城ケ丘ピュアランド(新潟県十日町市)

料金:前売券 特典付き 先着500名 ¥4,000 当日券 ¥4,500 / 高校生以下60歳以上 無料 / 十日町市民、津南町民 ¥2,000(当日身分証明書提示)

お問い合わせ:info@gosetsujam.com

URL:http://www.gosetsujam.com/

 

出演アーティスト

・ SAIRU

・ SARATOGA

・ YOUR SONG IS GOOD

・ 児玉奈央 & Magical Echo Land

・ 三宅洋平

・ 大竹重寿 元晴 小泉P克人 小林洋太 中里たかし

・ 切腹ピストルズ

・ Gravityfree

 

◆主催

豪雪JAM実行委員会

 

 

豪雪JAM 2017 予告編映像

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »