INTERVIEW

downy、第六作品集『(無題)』青木ロビン インタビュー(後編)。僕はdownyの音楽がそのときの空気を変えれる音楽でありたいなって思う。

160424_kin_2064

9年ぶりにリリースされた前作から3年。downyが待望の新作・第六作品集『(無題)』をリリースする。今作はライブを再開して初のアルバムとも言え、そういう意味でもまた特別な作品だろう。

 

新作を聴くと、今までのdownyサウンドを存分に響かせながらも、新しい音楽が聞こえてくる。それは、downy第二期(活動再開後)の現在進行形の音だろう。

 

『After Hours』のミーティングでいつも顔を合わせている青木ロビン。ともにフェスを作り上げる同志としての距離感で、今作と今の等身大のdownyの姿をロングインタビューで紐解く。今回はその第二弾。

 

前編はこちら:
downy、第六作品集『(無題)』青木ロビン インタビュー(前編)。今作と今の等身大のdownyの姿をロングインタビューで紐解く。

 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 


 

最高に良いものを作りたいし妥協ができない。でもそれに応えるように何度でもみんな演奏してくれる。それ以前でも最高のプレイなんだけど、もっとここでっていうものにも応えてくれる。それがdownyなんだよね。

 

麻生:

downyってどの曲も本当に作り込まれていて一曲一曲に隙がない。アルバムにはちょっと手を抜いた曲というか、とりあえず入れておこうっていう曲もあったりするじゃないですか。でもdownyのアルバムにはそれがない。僕はそれって相当大変なことだと思うんだけど、デモの段階からどれくらい実際の曲になるものなんですか?

 

青木:

割とすごいボツったの。今回もって感じなんだけどね。だけど僕らはいつも凄いものを作ろうって目指してるし、もっとできるって思ってる。

 

ボツになる曲も色んなアプローチをして組み上げてるから、かなりの曲になってる。もったいない曲も一杯あるんだけど、僕らはその時のベストアルバムを作ってる気持ちなんだよね。レコーディングをするとdownyはどうしても長くかかってしまうから、一年前と今では「その時のベスト」ってものも変わってくる。そういうdownyなりのバランス感覚があるんだよね。

 

麻生:

ボツになっていく曲は段々皆が触れなくなって、最後まで残ったのが曲になるんですね。何だかその感覚、日本人っぽい笑。

 

青木:

自分もそうだし、段々皆も選んでいってるところはあると思う。すごく頑張って弾いてボツになるものもあるけれど、そういうのは誰も文句言わないしね。最高に良いものを作りたいし妥協ができない。でもそれに応えるように何度でもみんな演奏してくれる。それ以前でも最高のプレイなんだけど、もっとここでっていうものにも応えてくれる。それがdownyなんだよね。

 

150411_YO_10242_1500

photo by YUKA OCHIAI(LIVE at SYNCHRONICITY’15)

 

 

僕はdownyの音楽がそのときの空気を変えれる音楽でありたいなって思うんだよね。再生ボタンを押したら、違う世界に持ってかれちゃうってくらいの。

 

麻生:

ロビンさんはカフェ経営(jiji cafe)、内装デザインやアパレルまで様々なことをやってます。身体を崩したりかなり酷使してると思うけれど、あまり大変そうに見せないのがすごいって思う。そういう忙しい日常や経験から曲作りのインスピレーションを得ることはある?

 

青木:

自分はそういうものが全く反映されないからヤバいと思う!笑。いい意味でね!そういうスイッチを持てた気がするね。弾き語りは割と生活とかでてると思うから、downyがそうさせてるのかもしれないけどね。

 

例えば、沖縄の人のいないビーチとかで子どもたちと一緒にいて、ジャック・ジョンソンとか聴いたらやっぱり気持ちいいわけ。当たり前かもしれないけど、あ〜、みんなこうやって音楽聴いてるんだなって思う。一方、カフェも皆が気持ちよくご飯食べてくれたら嬉しいから、すごく考えてそのための選曲をするんだよね。でもそういうことがdownyでは全く反映されない。自分でも不思議に思うくらい全く別のスイッチが入ってしまうんだよね。

 

麻生:

それは本当に不思議ですね。僕は音楽は環境に影響されるものだと思うし、その土地なりの音楽ってあると思うんですよ。特に沖縄は気候的にも特色のある場所じゃないですか。キューバでもジャマイカでもアイルランドでもその環境らしい音楽ってあると思うんです。

 

青木:

それは本当に何だろうね。もちろん生活してるから色んな音が聞こえるし、波の音も聞こえるし、東京に来れば電車の音も人々の音も聞こえる。だから、その環境に影響されるっていうのは分かる。でも、自分の中にある大切な音楽の魂というのは外から触れられるものじゃなくて、全く違う世界がdownyの曲を作るときに自分の中にあって、もしかしたらそれは日本でも地球でもないのかもしれない。自分でも不思議だったんだけど、やっとそういう風にとらえられるようになった気がするね。

 

麻生:

それは本当に不思議に思います。downyが生まれる場所、気になりますね。

 

青木:

皆はdownyの音楽を聴くときに、どういう風に聴いてるんだろうね?僕はdownyの音楽がそのときの空気を変えれる音楽でありたいなって思うんだよね。再生ボタンを押したら、違う世界に持ってかれちゃうってくらいの。

 

160424_kin_2064

photo by 荒金大介(LIVE at SYNCHRONICITY’16 – After Hours -)

 

 

今回は歌で引っ張ってる展開とかもあるし、それこそ一発取りの歌も結構あって、個人的にはすごく歌に愛着を持ててるんだよね。

 

麻生:

そういう音楽だと思いますよ。僕はdownyの底知れない表現力に畏ろしさを感じるんです。ミュージシャンではないけれど、畏怖っていう感覚に近いですね。だから、「違う世界に持ってかれちゃうくらい」っていうのはdownyの音楽を聴くときの感覚に近くて、こういう音楽がどうやって生まれてくるんだろうって本当に不思議に思います。色々大変な部分があると思いますが、downyが今作の制作の過程で一番苦労したところは?

 

青木:

今回は歌をもっと主軸に置こうと決めて、なんていうか、僕らなりのブルージーでソウルフルな歌っていうのがテーマにあったんだよね。それは前作でも少しあったんだけど、今回はより明確だった。

 

エンジニアさんがせっかく歌いいんだからもっと出しなよって言ってくれたり、弾き語りするようになって、この3年でやっと歌と自分の声と向き合えたんだよね。で、この歳だしぼちぼちテクニック持ってるつもりだし、そういうのをバンバン出して行こうと思ったのが今作だったの。

 

ただそうすると、今までとdownyの中で音のバランスが変わってくる。今までボーカルの音量レベルって小さかったんだけど、随分大きくなったからやっぱり音同士が干渉するんだよね。温度とか前後関係が今までのミックスのときとちょっと違って、本当細かいやり取りなんだけど、エンジニアさんに何デシベルだけギターを上げてほしいとか、歌をほんの少し下げてほしいとか、そういうのがすごく時間がかかった。

 

最後にはエンジニアの三好さんから、鼻毛分しか上がってないけどどっち?みたいな。そういう単位になっちゃった笑。それをさらに鼻毛の半分ありますか?とか言ったりして。鼻毛の半分?!みたいなやり取りをしつこくやらせてもらったんだけど、それが凄く僕たちに取っては大切なことだったの。本当にそれで全然違った曲に聞こえるんだよね。兎に角メンバー全員そういうとこに細かいんです。もしかしたら、人に聴かせても分かってもらえないのかもしれないけれど、本当にそれだけで前後関係が変わってきてしまう。そういうやり取りをずっとやって、こだわり尽くしたんだよね。とにかくその細かい調整がとっても大変だった。

 

麻生:

確かにそんなバランス、特にボーカルには違いを感じました。それは今作を聴いて新鮮に思ったことの一つです。僕はロビンさんの独特の声、存在感のあるボーカルが好きなんですよね。また、感情が定まらないような揺らぎがあって、そういうのって本当にどこを探してもない魅力だと思う。

 

青木:

ありがとう。弾き語りをやって下さいって最近言われるようになって、そういうチャンスをもらえたのも良かったね。今までバンドのサウンドでカバーしてくれてたものが無くなる訳だから、ボーカリストとして向き合わなきゃ行けなくなったし、そういうのが本当にいいきっかけになった。

 

あとね、今回は歌は全て沖縄の自宅で録音したんだよね。子どもたちが出かけたのを見計らって、犬を奥の部屋に入れて、扇風機も消してって笑。もともとは恥ずかしくてさ、誰にも聴かれたくないくらいだったんだよね。そういうのも気を使わずにできてよかった。歌に対してきちんと向き合えたっていうか。

 

麻生:

不思議なもんですね。技術も確かだし、歌も素晴らしいし、全然そうは見えないですけどね。

 

青木:

やっと出せたっていうね。40歳手前になって笑。今回は歌で引っ張ってる展開とかもあるし、それこそ一発取りの歌も結構あって、個人的にはすごく歌に愛着を持ててるんだよね。ボーカルのエフェクターも今までより凄く少ないし、いつもあんまり練習しないんだけど、ちゃんと録りたいって気持ちがあったからめっちゃ練習した。それくらいの気持ちが今回はあったね。だから、今回はよりエモーショナルな気がする。楽器も歌も。すごくフィットした感じがする。

 

150411_YO_10180_1500

photo by YUKA OCHIAI(LIVE at SYNCHRONICITY’15)

 

 

こんなに信頼し合ってるバンドなんだなっていうのを再発見できたのは良かった。

 

麻生:

downyが再始動して3年。こうして今作に取り組んでみて、改めて新しい発見や気付きってありますか?

 

青木:

こんなに信頼し合ってるバンドなんだなっていうのを再発見できたのは良かった。逆に信頼関係の上でしか成り立っていないっていうかね。それを明確に感じられるようになったのはすごく大きい。

 

麻生:

活動休止前は違う感覚だった?

 

青木:

信頼はもちろんあるんだけどさ、若かったからね笑。それは外に対してもそうなんだけどコミュニケーションの取り方が変わったというか。みんな本当にすごい真剣に聞いてくれるし、そういうのが実感として分かるんだよ。それって本当に素晴らしい。

 

例えば、裕さん、こんな感じのギターをこんな感じどうですか?って言ったら、もう絶対次の段階ではすげーって言うのが来るのが分かってるっていうか、もちろん彼の中で何個もボツにしてよしこれだって言うのを聞かせてくれてるのかもしれないんだけど、もう一回目で来た!っていうのを持ってくる。それはもう本当全員そうで。マッチョも上モノが変わると当たり前だけどベースを変えなきゃいけなくて何回でもトライしてくれて、常に最高のプレイで答えてくれる。すごくそれを再確認、再認識できた。本当にいいメンバーとバンドしてるなって思う。

 

麻生:

秋山さんとは、秋山さんのイベント「秋山会」でも一緒にやってますね。

 

青木:

うん、なんかそういうのをできるようになったのもいいことだよね。

 

マッチョは細々した作業をやってくれたり、裕さんはホームページの画を書いてくれたり、各々がバンドの表現のためにやってくれるっていうか、そういうのがすごくバンドに大切なこと。何て言うかね、とてもバランスが良くて本当にそんな信頼関係ってものを感じるんだよね。

 

160424_kin_2441_1500

photo by 荒金大介(LIVE at SYNCHRONICITY’16 – After Hours -)

 

 

僕個人としては、リリース、ツアー、そして来年の『After Hours』っていうのはワンクールって捉えてる。

 

麻生:

素晴らしいですね。downyの歴史を想像すると僕も感慨深いです。ツアーの話も少し聞かせて下さい。アルバムリリースにともなうツアーが始まりますが、ライブはもちろん第六作品集が中心となってくると思うんですけど、今回のアルバムをどういう風に表現したいってイメージありますか?

 

青木:

そのままだやるんだと思うよ!笑。もうアルバムのまま。またこのままなんだってびっくりされる自信があるね!笑。CDのままだよって。でもやっぱりそれがdownyのいいところだと思うし、本当にライブでびっくりさせたい。

 

麻生:

あはは、それは確かにdownyならではですね!本当にCDのまま演奏できるから凄い!リリース、そしてツアーとありますが、downyとしての今後の展望は?

 

青木:

僕個人としては、リリース、ツアー、そして来年の『After Hours』っていうのはワンクールって捉えてる。だから、まずそこまで終えてみて次回を考えるって感じかな。再始動して3年経って、よりバンドらしくなったと思うから、そこからもう一歩どう踏み出すのか考えたい。

 

新作はもちろん作り続けていきたいし、戦っているバンドであり続けたい。もちろんずっとチャレンジャーでもあるし、チャレンジャーでありながらいつも先に行っていたい。たまに旧作に対して、ようやく時代が追いつきましたねみたいな言い方されることがあるんだけれど、俺はそれ全然褒められてる感じがしなくて、追いつけない方がいいと思ってるから。やっぱり誰も真似できない、コピーできないバンドでいたい。トリビュートなんて一生出せないみたいな笑。誰が演奏するんだよ、みたいなね。

 

麻生:

ツアーと来年の『After Hours』っていうのはワンクールって言ってましたが、『After Hours』に対してはどういうイメージを持ってますか?

 

青木:

『After Hours』は僕達にとってやっぱり大きな戦いだと思う。なーなーなフェスにしたくないし、なれ合いみたいな仲のいい人が集まってやるっていうものにもしたくない。自分たちの音をちゃんと出しているかっこいい人を取り上げて、それにきちんと人が来るっていうシンプルなことにチャレンジしたいんだよね。もう年期を重ねたバンド達が主催者としているんだから、今だからこそできる新しいことをやりたい。

 

フェスじゃなくて、もっと気軽にイベントって言い方でもいいよね。あそこのイベントに言ったら、何だかかっこいい音楽に必ず出会えるって言うようなものにしたいよね。『SYNCHRONICITY』もそうだよね。そんな中でも戦ってるバージョンをやりたいっていうか。熱いやつをやりたい。見た?見れなかった、悔しい!って言うような熱いやつ。また、バンド同士もまた触発され続けているようなイベントになったらいいなって思ってる。

 

何だかタイミングがね、『SYNCHRONICITY』に自分たちが出演して、今年『After Hours』がキックオフして、ツアーがあって、また来年の4月ってちょうどいいところにあるなって、だから、自分の中ではワンクールって思ってるんだよね。6枚目のdownyの動きの中でワンクールって。もちろんその後も続けていくんだけど、ひとつの区切りとしてちょうどいいなって思ってる。本当に楽しみだね。

 

 

第一弾はこちら:
downy、第六作品集『(無題)』青木ロビン インタビュー(前編)。今作と今の等身大のdownyの姿をロングインタビューで紐解く。

 

downy_6th_cover2

第六作品集『(無題)』ジャケット

 

■ 商品概要
downy
第六作品集『無題』
2016.9.7 On Sale
PECF-1140
felicity cap-257
定価:¥2,600+税
全9曲収録

 

1. 凍る花
2. 檸檬
3. 海の静寂
4. 色彩は夜に降る
5. 親切な球体
6. 孤独旋回
7. 「   」
8. 乱反射
9. 翳す、雲

 

■ ツアー概要
<downy  2016  『無題』 TOUR>
2016年10月13日(木)  大阪Shangri-La
open/start :19:00/19:30 Adv 3780円(+drink)
info GREENS : 06-6882-1224

 

2016年10月14日(金)  名古屋JAMMIN'
open/start :19:00/19:30 Adv 3780円(+drink)
info ジェイルハウス: 052-936-6041

 

2016年10月16日(日)  渋谷WWW X
-WWW X  Opening Series-
open/start :17:30/18:30 Adv 3780円(+drink)
info VINTAGE ROCK tel : 03-3770-6900 (平日12:00~17:00)

 

ticket一般発売:2016年08月27日(土)
チケットぴあ / ローソン / e+(イープラス) / ZERO TICKET

 

total information :
VINTAGE ROCK tel : 03-3770-6900 (平日12:00~17:00)
www.vintage-rock.com

 

0610downy2138_2000

downy:


2000年4月結成。

 

メンバーに映像担当が在籍するという、特異な形態をとる5人編成のロック・バンド。

 

音楽と映像をセッションにより同期、融合させたライブスタイルの先駆け的存在とされ、独創的、革新的な音響空間を創り上げ、視聴覚に訴えかけるライブを演出。ミュージックビデオの制作、プロデュースもメンバーが手掛け、世界最大級のデジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTに於いても高い評価を得る。日本に於けるポストロックの走りともされている。

 

青木ロビンは、zezecoとしての活動に加え、映画音楽制作、ゲストボーカルとしての参加、THE NOVEMBERS等のアーティストへの楽曲提供、アレンジ、プロデュースも手掛ける。音楽以外にも、空間デザインや、アパレルデザイナー等、多岐にわたって活躍。

 

青木裕は、unkieとしても活動。他にMORRIE(DEAD END)ソロプロジェクト等様々なプロジェクトに参加。ギタリスト、プロデューサーの他、CDジャケットのアートワークなど、イラストレーターとしても幅広く活動している。

 

仲俣和宏は、fresh!、YakYakYakとしても活動。

 

秋山タカヒコは、fresh!、BUCK-TICKの櫻井敦司が中心となって結成したTHE MORTALのメンバーでもある。長澤知之、スキマスイッチ、清春、黒夢、小南泰葉、ナオト・インティライミ等、レコーディング、ライブに多数参加。

 

石榴は、JUNO REACTOR 、VIOLET UK、SUGIZO、カンヌMIDEMショウーケース、GoldenEggs他、多数の公演映像演出を手掛けたりと国内外で活動中。

 

2004年活動休止以来、メンバー各々の活動は更に多岐にわたり、現在もなお、国内外のアーティストからの支持も多く、注目度も高い。現在までに、5枚のオリジナルアルバム、第五作品集のremixアルバムをリリース。2016.9.7 第六作品集をリリース。

 

downy-web.com

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

INTERVIEW

これはちょっと2017年の衝撃かも?色んな予想を裏切りながら進むジャパニーズ・オンナ・バンド「CHAI」の等身大インタビュー。

image1_2000_2

なんだなんだ?このなんじゃこれ感!?異常に歌詞に耳が引っ張られる。だけどとっても曲がいい。不思議なアンサンブルと絵面が頭から離れない。これってすっかりCHAI中毒!?

 

今年の『SYNCHRONICITY』のダークホースとして、MANNISH BOYSと渋さ知らズオーケストラの間に出演。爆発のパフォーマンスを繰り広げたCHAI。ライブ中に色んなところから聞こえてきたCHAIへの賛辞は、これからの人気を裏付けているだろう。

 

2015年の活動開始からわずか2年。まだ成長途中でありながら、どこにもない個性を引っさげて2nd EP 『ほめごろシリーズ』をリリース。音楽とは裏腹の彼女たちの客観的なセルフ・プロデュース力は想定外。色んな予想を裏切りながら進むCHAIの等身大インタビュー。

 

 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 

 

ライブに対する気持ちがすごく変わった。もっと伝えよう、伝えようって。そういう感覚をアメリカで感じたから、たぶん『SYNCHRONICITY』のとき爆発してた。(カナ)

 

麻生:

4月は『SYNCHRONICITY’17』へのご出演ありがとうございました!CHAIはMANNISH BOYSと渋さ知らズオーケストラの間だったよね?ここはかなり狙ってタイムテーブル組みました笑。対照的な2組の大御所に挟まれてのステージだったけど、初めての『SYNCHRONICITY』はどうだった?

 

マナ:

あんな一杯の人に観てもらえたのは初めて!ちょー楽しかった。

 

ユウキ:

すごい楽しかった!全然人いなかったらどうしようって思ってたし笑。

 

カナ:

音楽の最新を感じた!

 

ユウキ:

分かる!いろんなバンド観たけど、これから来る音楽の最新を感じた。麻生さんのCINRAでのインタビューの言葉の通りだった。

 

image2

 

麻生:

あはは、読んでくれてありがとう。『SYNCHRONICITY』は色んなクロスオーバーをすごく大切にしてるんだけど、それがいい形で実現して良かったです。

 

ユウキ:

本当すごいところに挟まれてたー!笑。

 

麻生:

あはは、一番狙ったのはCHAIでした笑。

 

一同:

嬉しい!ありがとう!

 

image3_2000

 

麻生:

初めてCHAIのライブを観たのは下北沢のFEVERだったんだよね。そこから『SYNCHRONICITY』まですごく進化しててグルーヴが生きてきてるのを感じました。この短い間にもサウス・バイ・サウスウエスト、アメリカツアーと積み重ねてきましたが、自分たちの中で変化はどう?

 

カナ:

ライブに対する気持ちがすごく変わった。もっと伝えよう、伝えようって。そういう感覚をアメリカで感じたから、きっと『SYNCHRONICITY』のとき爆発してた。

 

マナ:

分かる!色々爆発してた。アメリカでは本当に色々感じた。より日本人であること、クールにやらないこととか。今ってクールな音楽が日本で流行ってると思うんやけど、自分たちはそういう立ち位置じゃないところでもっと日本人っぽい、女でこれくらいできるんだっていうパワフルな音楽を目指したいなって。また、よりエンターテイメントでもありたいなって思った。

 

ユウキ:

そうそう、笑わせたいって気持ちも。芸人じゃないけど、笑うってすごいいいことだなって。アメリカではゲラゲラ笑ってくれて、観てる方もやってる方も楽しい。そういうことがライブでエンターテイメントとしてできたら最高だなって。

 

image4_2000

 

麻生:

エンターテイメントの意識は最初から感じてるね。ライブはもちろん、曲の構成や歌詞でも。歌詞はちょいちょい挟んでくるよね!ベイベとか笑。ここにベイベって来るか普通!って感じで笑。

 

一同:

爆笑。

 

image5_2000

 

音楽に芸術を感じたいなって思う。CHAIの音楽もそうだし、私たちが好きな音楽も全部芸術だなって。芸術作品を意識してるから、絶対こうなる形っていうのが好きじゃない。(ユウキ)

 

麻生:

CHAIの言葉の使い方ってすごく新鮮というか、ないでしょ、こういう言葉の使い方!笑。でもそれはCHAIの魅力を印象付けているところだと思う。言葉選びや使い方のセンスを感じるし、いい意味でめっちゃふざけてる!歌詞の内容も深いんだけど、それ以上に一つ一つの言葉に引っ張られてしまう。そんなインパクトがあるよね!

 

マナ:

ベイベは特に意識してなかった!

 

ユウキ:

初めてそんな感想聞いた笑。

 

麻生:

また、曲を聴いてると一々予想を裏切ってくる。ポップ・ミュージックなんだけど予定調和じゃない。って、俺、CHAIの魅力紹介してるみたいだね笑。でもそれが本当に素敵だと思う。曲の構成も独特なものを感じるんだけど、こだわりのポイントは?

 

ユウキ:

音楽に芸術を感じたいなって思う。CHAIの音楽もそうだし、私たちが好きな音楽も全部芸術だなって。芸術作品を意識してるから、絶対こうなる形っていうのが好きじゃない。ジャンルを問いたくないって思ってる。

 

マナ:

恋愛の歌詞は絶対書かない。応援歌やオール英語の歌詞っていうのも嫌だ。絶対日本語で歌いたい。

 

 

 


麻生:

うん、確かに日本語で歌ってるよね。でも言葉の使い方も含め歌詞はCHAIの個性を際立たせてる。そこにポップとキャッチーが同居してる。

 

マナ:

ポップっていうのは意識してる。

 

ユウキ:

キャッチーさも意識してるね。ほめごろシリーズの方がよりキャッチーかもしれない。

 

ユナ:

そうやね、CHAIらしいキャッチーさというか。

 

麻生:

CHAIは日本人的な感性やポップさキャッチーさとともに、ダンスミュージックの要素をすごく大切にしてるのも感じます。そして、さらにそれが強くなってきてるなって。よりグルーヴィーになってきてるって思う。

 

マナ:

それはめっちゃ意識してる。

 

カナ:

うん、どの曲もダンスミュージックでありたいと思ってる。特にベースとドラムはそこにこだわってます。

 

ユウキ:

一番考えてる。ただ、あんまりグルーヴを意識しすぎてテクニックに走ったり、自己満足的な意識を持っちゃうのは違うなと。グルーヴィーでありつつもキャッチーさも大事。バランスってめっちゃ大切。

 

image6_2000

 

 

自分たちはなりたい方向になってきてるって思う。自分たちの理想のアーティストに近づいていってる。それはすごくいいことだし、今回の作品で成長を感じた部分でもある。(マナ)

 

麻生:

CHAIはどうやって曲を作ってるの?

 

カナ:

マナがメロディーを作って、ユウキが歌詞、私がコード、ベースライン、ドラムと結構バラバラ。最初ドラムとベースだけをとりあえず考えて、それにメロディだけ乗せて、あとは全部後付けっていうことも多い。共同作業なんですよね。

 

麻生:

え、共同作業?楽器って意味じゃなくてやることがなんとなく分かれてるってこと?

 

マナ:

そうそう、何となく分かれとる!曲はその場でババっと作る。私が何かを持ってきたとかいうのもなくて、その場のテンションで。スタジオで一斉に。例えば、こういう曲のこういうリズムが好きだから、ちょっと叩いてみてって言って、叩いてもらってそこにメロディを乗っけたり。そのあとコードつけて、ベース作ってみたいな。さらにそこに歌詞を加えてって。

 

麻生:

なるほど。歌詞やメロディを分担しつつも、全体の構成はみんなで考えていくんだね。曲作りで難しいなって思うことは?

 

マナ:

メロディから作って持ってく人って多いと思うんやけど、CHAIにはそういう固定的なものがないから、その場で思い浮かばなかったらもうメロディできん。そういう恐怖があるかも笑。絶対思い浮かぶんだけどね!でも考えながら次どうしようかなって時間がかかるから、人より時間がかかっとるところってあるかもしれん。もともとできとるわけじゃないから。アレンジに時間がかかるかも。

 

 

 


麻生:

前作「ほったらかシリーズ」、今作「ほめごろシリーズ」とE.Pでのリリースだね。これには狙いもあるんだろうけど、アルバムではなくてE.Pにした理由は?

 

マナ:

まだE.Pかなって。2枚目だし、やっと「ほめごろシリーズ」でCHAIを知る人が増えるって思ってて、そういう意味でE.Pかな。アルバムだとうっとおしいじゃん!知らんと。そんなに聞かねーよ!みたいな笑。

 

麻生:

あはは、でもE.Pが続く流れとてもいいね。前作、ほったらかシリーズに続き、今作はほめごろシリーズ。しかしこのタイトル、、、笑。前回の「ほったらかシリーズ」から一つ一つの曲が長くなってきてるよね。

 

マナ:

そう、前はだって3分以上はやらないって決めてたから。すぐ飽きちゃうし!ラーメンとかでも。そういう感覚がすごくあって。でもいい曲ができたら、いいかなって思ってたから。長くしちゃったね。今回は。

 

麻生:

なるほど。ということは自分たちの中で必然性を持って長くしたってことかな?

 

マナ:

そんなに意識はしてないんだけど、自分たちはなりたい方向になってきてるって思う。自分たちの理想のアーティストに近づいていってる。それはすごくいいことだし、今回の作品で成長を感じた部分でもある。だから、曲の長さも意識しなくなったのかも。前作は必ず3分以内でやろうってのがあったけど、そんなこと気にせず音楽がいいからっていう考えになった。またどうなるかはわからないけど。

 

 


 

「ほめごろシリーズ」は今褒めどきだよって意味だから、もっとキャッチーでCHAIが今伝えたいことを全部詰め込んだっていうような感覚。(カナ)

 

麻生:

前作の曲「ぎゃらんぶー」ってとてもいい曲だなって思ってて、その発展系が今作の「ボーイズ・セコ・メン」という印象を持ちました。また一方で、「sayonara complex」っていうメロウなバラード曲もあり、新しいCHAIの姿が見れたなって気がする。さっきなぜ続けてE.Pなの?って質問もしたけれど、こうして並べてみると、それぞれの違いが浮き彫りになってくるというか、成長や変化が見て取れるのがとても面白いと思う。今回の2nd EP「ほめごろシリーズ」を作るにあたって、前作からの変化ってどういうところがあるんだろう?

 

マナ:

好きなアーティストが変わったところは大きい。影響されている部分はあるから。

 

ユナ:

好きなアーティストにはすごく影響されてるね。

 

ユウキ:

うん、あと作るモチベーションが全然違うかも。

 

麻生:

モチベーションというのは?

 

カナ:

「ほったらかシリーズ」は、何やっててもバーって全部ほったらかしてそのEPだけを聴きこんじゃうくらいな曲。バリエーションが全部すっごく違うもの、展開も「え?!」っていうものが作りたかった。「ほめごろシリーズ」は今褒めどきだよって意味だから、もっとキャッチーでCHAIが今伝えたいことを全部詰め込んだっていうような感覚なんです。だから「sayonara complex」のようなエモいのも入れようって。多分泣けると思う。大好きってなると思う!笑。

 

麻生:

うん、泣けた。泣けました。

 

一同:

あー、うれしー!ほんとー?!

 

麻生:

でもあれ?CHAIってこんなだったかな?って笑。真面目な感じ?っていうのも思った笑。

 

一同:

笑。

 

麻生:

あはは、でもこれって面白くてね、「sayonara complex」まで聴いて、改めて歌詞を見てみようかなって思っちゃう。そういう魅力が散りばめられてるんだよね。そういえば、今作の「ほめごろシリーズ」は今褒めどきだよって言ってたけど、タイトルから付けたの?

 

ユナ:

たしか、後付けだ。「ほったらかシリーズ」もね。

 

麻生:

それじゃ、5曲完成してタイトルつけるときに、私たち今褒めどきだから、「ほめごろシリーズ」にしよっか?って感じ?笑。

 

ユウキ:

笑。候補は一杯あったんだよね!なんとかシリーズっていう候補で笑。で、これが今一番しっくりくるねってことで、決まったの。

 

カナ:

そうそう、さっきマナが言ったようにきっとこれでCHAIのことを知ってくれる人が増えるから、今褒めておかないとお前ら出遅れるぞみたいな笑。

 

麻生:

あはは、しかしCHAIって自分たちのことをすごく客観的に考えてるね。ちょっと大人な僕としてはこれ対応どうしよっかなっていうこともあるけれど笑、セルフ・プロデュースの意識をすごく感じます。

 

マナ:

すごい考えとる!

 

ユウキ:

うん、すごく考えてる。見た目から、もう今日の服から考える。何着るか、いつ何をどうやって出そうかってところまで。

 

image7_2000

photo by むらかみみさき

 

 

今影響を受けているアーティストのこの曲みたいにしたいっていうのが根本にあって、そういう風にアレンジしてるよね。この展開、こんな感じでぶち込もうっていいながら、だんだん曲が変わっていってCHAIの音楽になっていく。(カナ)

 

麻生:

CHAIの今の音楽ってどういう風にできてきたんですか?2013年結成して、2015年から活動開始って感じだよね?

 

マナ:

ほとんど2015年から活動開始しとる感じだと思う。

 

ユナ:

楽曲とかは私たちの好きな音楽にすごく影響されて、洋楽に寄って行ったところありますね。

 

カナ:

今影響を受けているアーティストのこの曲みたいにしたいっていうのが根本にあって、そういう風にアレンジしてるよね。この展開、こんな感じでぶち込もうっていいながら、だんだん曲が変わっていってCHAIの音楽になっていく。

 

 

 


麻生:

「sayonara complex」はCHAIの中で新しい引き出しの曲だけど、自分たちの中でこういうものを作りたいって流れの中で出てきたものなの?

 

マナ:

あれ、フェニックス!あれ仮タイトルがフェニックスだったっていうくらいフェニックスだった。今でもフェニックスって読んじゃうくらい馴染みがあった!

 

ユウキ:

「If I Ever Feel Better」だね!セトリもね、フェニックスって呼んじゃうくらい!笑。

 

麻生:

なるほど、でも残ってるのは「クス」だけだね笑。

 

マナ:

ホントだ!笑。でも本当フェニックスにしたかったの。でも全然なんなくて笑。

 

カナ:

「sayonara complex」だけは最初にメロディとコードがちゃんとあって、そこから全部考えたから、一番アレンジの時間がかかった。崩せなくて。

 

ユウキ:

メロディ一回できたやつ全部変えたもんね。

 

マナ:

そう、全部変えた。最初はあんなラップみたいなメロディじゃなくて、コードに合わせたメロディがちゃんとあった。だけどなんかつまんなくて、ラップにしちゃった。ラップっていうのかわからんけど、私はすごいCSSとかトム・トム・クラブとか、ああいう中途半端なラップまで行かんメロディがすごい好きなの。Aメロが大体ああいう不気味な感じじゃないですか。リズムがちゃんとあって。それを日本語でやってる人ってあんまりおらんけど、それができるのがCHAIかなって思って。

 

image9_2000

photo by むらかみみさき

 

 

まだそんなに苦しめるときじゃないから「sayonara complex」くらいでちょうどいいっていう感覚はすごいある。もうちょっと先かなって思って。(マナ)

 

麻生:

今までの曲とカラーも違うよね。どうしてこの曲が生まれたんだろう?

 

カナ:

最初こういうの出していいかわからないなって思ってた。あんまりバラードっぽいのも違うんじゃないかって。これはCHAIなの?って。ぎゃらんぶーみたいなのがメインだったからね。戸惑いはあったけど、でもこういうの見せていくとたぶんCHAIにハマる人も増えるし、違うお客さんもつくんじゃないかなと思って。

 

麻生:

え、何だかディレクターとかマネージャーみたいだね笑。めっちゃ考えてる!

 

マナ:

すごい考える!だって、マイケル・ジャクソンの「Heal The World」をよく聴くんだけど大泣きするんだよ、4人でみんな。それくらい苦しい音楽ってあるやん。聴いとるだけで胃が痛いやつ。そういう音楽をいつか作りたいんだけど、それってやっぱりその人に夢中になっちゃうんだよね、苦しいから。私もそういう音楽を作りたいって思ったけど、まだそういう音楽を出すときじゃないから「sayonara complex」くらいの雰囲気でちょうどいいっていう感覚はすごいある。もうちょっと先かなって思って。

 

ユウキ:

うん、まだ言えない。CHAIは。タイミングが絶対ある。そう、すごい考える。そういうことも。

 

麻生:

なるほど、それは分かる気がする。

 

マナ:

あんな世界が平和だどうのとか、そんなことを言える立ち位置じゃない。今言われてもうっとおしいと思う。私だったらうっとおしい。まだ、これからの私たちに「君ならできる」なんて言われたら、お前は一体なんだんだよ!って思う。まだその立ち位置じゃないから。いつか言いたいけど、まだ違う。

 

麻生:

等身大でありたいってこと?

 

マナ:

そうそう!等身大でありたい。それはめっちゃ重要。

 

麻生:

なるほど、確かにそういうのってあるね。その人の等身大の言葉って大切だよね。誰が何言っても、嘘だったら伝わらないからね。

 

ユウキ:

うん、その時の等身大であるってことが大切。言葉の重みがまだ伝えられないから、それを抱えられるほどじゃないし。今の自分たちをきちんと響かせたいって思う。

 

マナ:

そういうのって等身大っていうんだね!そういうことだ!覚えた!

 

麻生:

あはは、そんなに言葉のマジック持ってるのに!でもそれはすごく貴重な話。CHAIを側から見ると、何ていうかどう捉えたらいいかわからない不可思議さ、なんじゃこれ感が先に立つんだけど、一歩踏み込んでみなければわからない奥行きをすごく感じました。最後にこれからCHAIのやりたいことなど教えて下さい。

 

マナ:

やりたいことは一杯あるんやけど、まだワンマンをやったことないからワンマンをやりたい。

 

カナ:

うん、でも普通のライブじゃなくて、いろんなことを取り入れたワンマンがしたいから、なんかすごい時間がかかる気がする。ショウとして見せられるワンマン。

 

マナ:

うん、ちゃんと一個のショウとしてエンターテイメントしたい。

 

麻生:

CHAIの魅力に溢れた初ワンマンは、8/18(金)の東京・下北沢BASEMENT BARだね!楽しみにしてます!ありがとうございました!!

 

 

CHAIリリース情報


2nd EP 『ほめごろシリーズ』  

発売日: 2017年4月26日(水)

品番: CHAI-0001

価格: 1,600円(税抜)

レーベル: OTEMOYAN record

 

[収録曲]

1.Sound & Stomach

2.クールクールビジョン

3.ボーイズ・セコ・メン

4.ヴィレヴァンの

5.sayonara complex

 

 

CHAI ライブ情報


8.11(金・祝)

名古屋CLUB ROCK’N’ROLL(愛知県)

18:00開場/18:30開演

前売り\2500 (+1drink)

ゲスト:プププランド , Homecomings

 

8.12(土)

心斎橋LIVE HOUSE Pangea(大阪府)

18:00開場/18:30開演

前売り\2500 (+1drink)

ゲスト: DENIMS 

DJ: DAWA (FLAKE RECORDS) 

SHOP: guumee

 

8.18(金) 

下北沢BASEMENT BAR(東京都)

19:00開場/19:30開演

前売り\2800 (+1drink)

※ワンマンライブ 

※取置予約の実施はございません

 

発売日 7.2(日) 10:00

 

■CHAI

CHAI(ちゃい)
双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、それに気を良くして8月にSpotify、Apple Music等のストリーミングサービスで『ほったらかシリーズ』を配信したところ、ノンプロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に収録曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。が、CDの流通をし忘れてたことに気付き、12月7日より遅ればせながら全国のレコード店にて発売中。2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも決まり、その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバーワンは間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!

 

オフィシャルサイト:
http://chai-band.com

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »