INTERVIEW

SYNCHRONICITY×JABBERLOOP対談。FIESTA!!とそれぞれの10年の軌跡。

fiesta_int1

ー麻生潤:
『SYNCHRONICITY』と『JABBERLOOP』のお互いの10周年を記念しての『FIESTA!!』いよいよだね。よろしくね!(SYNCHRONICITYは開催10周年、JABBERLOOPは東京での活動10周年。)
fiesta_int1左から(YUKI (Bass) / MELTEN (Keyboard) / YOHEI (Drums) / DAISUKE (Sax) / MAKOTO (Trumpet))

ー麻生潤:
この10年、振り返ってみてどう?

YOHEI:
まず同じメンバーで10年やって来れた事に感謝したいですね。10年前は共同生活しながら毎日ストリートやって、夜は修学旅行みたいに騒いだりして、生活はキツかったけど楽しかった。 

DAISUKE:
あっと言う間だったよね。メンバーとワイワイな毎日過ごしている内に10年経っ立って感じ。共同生活から一人暮らしになり、家族ができたり、、、。そういうのを振り返ると10年って感じがするよね。

YUKI:
でも10年一緒にやれる人間たちが最初から揃ってたなんて奇跡みたいなもんだよね!ダイスケ、ヨウヘイは前身から一緒だったけど、マコトとは上京当時まだ浅い仲だったし、 メルテンなんて1回しか会った事なかったのに笑。この奇跡には感謝しかないね。

MAKOTO:
そう、本当に感謝。10年前関西からみんなで出て来て『ジャバハウス』という一軒家で共同生活したんです。そこは生活する場でもあり、制作やミーティングする場でもあった。そんな経験がJABBERLOOPの精神的基盤になってる気がします。『バンド』というより、運命共同体というか。

YOHEI:
先日上海にライブで行ったんですが、オフの日が一日できてメンバー5人で観光したんです。それが昔と変わらず本当に楽しくって。このメンバーで本当に良かったなって。10年を振り返って音楽もこのメンバーでしか出せない音ができてると思います。

DAISUKE:
そうだね。音楽は当初と変わらず、絶対的なメロディーを大切にしていますね。誰でも鼻歌で歌える、寝る前にふと思い出すと頭の中でグルグル回ってしまい寝れなくなるような笑。
fiesta_int2ー麻生潤:
うん、JABBERLOOPはインストバンドなのに歌心があるよね。つい口ずさんじゃうような。インストなのにインストに感じさせないような親しみやすさが、JABBERLOOPの魅力だと思う。

MAKOTO:
そうですね。JABBERLOOPと分かるサウンドにこだわり、自分の個性と向き合った10年でもありましたね。答えもゴールもないですが「JABBERLOOPの曲はこう吹くしかない」と思えるくらいこれからもJABBERLOOPらしさを追求していきたいです。

MELTEN:
今年は8月にマザレフェスや10周年ワンマンをやって、沢山の人から「良かった!」っていうフィードバックをたくさんもらいました。10年の活動の成果をライブで魅せることは本当に素晴らしいことだと思う。また、今回の『FIESTA!!』など今までやってなかった新たな事に挑戦するっていう今年の活動は、JABBERLOOPらしくて良いなって思ってます。 

ー麻生潤:
『SYNCHRONICITY』としても、こうしてずっと色んな活動で一緒に関わらせてもらってるJABBERLOOPと一緒にやるのは嬉しいです。今年はマレーシアも行ったもんね!

『SYNCHRONICITY』は10年前にライブカルチャーとクラブカルチャーのクロスオーバーからスタートして、今ではそれに収まらないくらいたくさんの音楽やアートをクロスオーバーさせていきたいって思ってる。もちろん根底は変わらないんだけど、そういう風に10年を経た変化ってあるよね。JABBERLOOPとして、10年前と今、音楽性や姿勢など含めて変わったところってある?

YOHEI:
10年分歳をとったところですね笑。っていうのは冗談ですけど。10年経ってJABBERLOOPが続いてるのは、絶えず挑戦をし続けてるからだと思います。音楽性が変わったって感じる人もいるだろうけれど、それは僕らにとっては新しい挑戦の結果なんです。ただ、メロディを大切にして、自然と体が動く様な音楽はこれからも変わらず発信して行くと思います。

DAISUKE:
うん、同じような意味なんだけど、俺個人としては音楽性は特に変わってないって思うんだよね。色んなアルバムがあるけれど、JABBERLOOPとしてはいつもメロディを大切にして新しい挑戦に挑んでる。本当いつも新人のつもりでね。

MELTEN:
そうっすね、元々芯にあった自分たちの好きな音楽や、やりたい事は変わってないと思いって思う。ただ、10年前って20代前半で、バンド活動も作曲するときのイメージとかも色々なことを手探りでやってた。当時わからなかったことがわかってきたりってのもあるよね。

YUKI:
10年経つとそれぞれの環境も変わってるから、その経験が音楽に出てってるんだと思うよ。ジャバハウス時代の音楽って、一枚岩的ドメスティックさを感じるんです。同じ家で同じ釜の飯食ってたからね笑。今バラけてるって意味じゃないけど、それぞれ自立してってバンドにもたらすエッセンスも多彩になってる。

MAKOTO:
そうして今があるよね。もはやJABBERLOOPのサウンドはこの5人でないと出せないサウンドだよね。だから、どんなことをやってもJABBERLOOPになる。これからもメンバーの個性や日々吸収してるものをみんなでぶつけ、刺激し合って世界を広げていけたらと思っています。
fiesta_int3ー麻生潤:
うん、10年経つと本当色々あるよね。『SYNCHRONICITY』も今年で10年で、JABBERLOOPとも随分長く一緒にやってる。かっこいいし、このメンバーって本当最高だと思うからもっと聴いてほしいなって気持ちを持って。そんな長くかかわり合っていく中でこうしてまた『FIESTA!!』という場で一緒にできるのは本当嬉しいよね。もう長く一緒にやってきてるけどさ、JABBERLOOPにとって『SYNCHRONICITY』ってどういうフェスなの?

YOHEI:
俺は出演者もバラエティに富んでて、しかも渋谷のど真ん中で、、、なんて最前線なフェスなんだ!って思ってます。挑戦し続けてるフェスだなって。いつも新しい出会いがあるし、幅広いジャンルの出演者に毎回刺激を受けてますよ!トークイベントがあったり、出展があったりライブ以外でも楽しいことがたくさん。1人のお客さんとしても楽しんでます。

DAISUKE:
俺は一言、オシャレだなって言いたい!いわゆる一般的なオシャレとは違うのかもしれないけれど、初めてSYNCHRONICITYに遊びに行ったとき、渋谷のど真ん中で音楽シーンの最前線で尖ったバンドばかり集まったフェスだってまさに思った。これってなんてオシャレなんだ!って。そんな初めて遊びに行ったときから考えると、10周年を共に出来るなんて当時の僕からは考えられないですね。僕ももっとオシャレになりたい、、、笑。 

MELTEN:
初めて行ったのは2008年かな。凄く衝撃だった。当時の自分はクラブジャズに拘りすぎてたり、色々と音楽性で悩んでたりしていたんだけど、『SYNCHRONICITY』に出会ってそういうのが一気に吹き飛んだ。そういうフェスだった。出演するラインナップが幅広く自由な感じなのに、不思議と統一感もあって。

YUKI:
そうそう、『SYNCHRONICITY』には匂いがあるよね。ジャンルとかじゃない『SYNCHRONICITY』の匂い。都会的なんだけど、気取った都会性じゃなくて、音楽でドロンコみたな笑。それを渋谷の真ん中でやるのが『SYNCHRONICITY』だなって。

MAKOTO:
うんうん、またそういう都会的でありながら、血の通った温かさがある。それはオーガナイザーの麻生さんをはじめ、-kikyu-を始め、スタッフの人柄が滲み出ているからだと思う。麻生さんは一見とても都会的な印象なんだけど、故郷は大分県三重町で、僕の故郷の宮崎県高千穂町はとても近いんだよね。そういう視点で考えると、麻生さんがどれだけ自然と人情が豊かな土地で育ったかわかりますね笑。『SYNCHRONICITY』の根底にはそんな温かさがあると思う。

DAISUKE:
そういうのあるよね。あとね、俺は『SYNCHRONICITY』の魅力ってコンセプトの『最高のワクワクと感動を!』って、この一言に凝縮されてると思う。もう勝手に僕のテーマにもしてるくらい笑。あとね、意外とインストバンドが多い事に気付いてない人多いんじゃないかな?そう思っちゃうくらい歌心のあるアーティストが多いのも好きです。

YUKI:
何か起こるんだろうな、、、と思ってるけど、実際なんか起こるんです笑。予想通りに期待を超えてくる!色んなアーティストのベストライブが『SYNCHRONICITY』でのライブだった、っていうのは少なくないです。  
fiesta_int4pic. by Viola Kam (V'z Twinkle)

ー麻生潤:
そう思ってもらえて嬉しいね!俺は主催者でもあるんだけど、これだけ大きくなって今みたいな色んな感想を聞いてると自分の手を離れてるって気もする。個人的になんだけどさ、仲間とやってるって気持ちがあるんだよね。アーティストの皆さんも一緒に作ってもらっている仲間。そういうのって何か凄く意識してる。そういう一緒に作ってきた感覚とかあって、また今回の『FIESTA!!』にも繋がってると思うんだよね。色んなところで一緒にやってきたJABBERLOOPとまた違うベクトルで今回やることになって色々考えたんだけど、今回のラインナップもまた凄く面白い感じになったよね。

YOHEI:
そうですね!Schroeder-Headzとカジさんて、どっちも大好きなアーティストなんですけど一緒になるタイミングがなかなか無くて。このタイミングで一緒にやれるってことが本当に嬉しいです。

DAISUKE:
うん、今回はジャバが今までにやってそうでやってなかった感じだよね。だから本当に楽しみ。 

MELTEN:
Schroeder-Hedzは同じインストバンドで接点の多いんだけど、ここ数年共演が無かったし満を持してやりたかったよね。また、カジさんは僕達はもちろん、周りにも影響を受けたミュージシャンが多い。イベントとしても良いシンクロ感が出ると思う。

YUKI:
うん、ありそうでなかなかない組み合わせだよね。意外性もあるけれど、SYNCHRONICITYの持つ"匂い"が、絶対的な調和を生むと思う。

MAKOTO:
Schroeder-Headsの生っぽさを大事にした先端性や世界観ってJABBERLOOPと波長が合うなって思う。カジヒデキさんはご存知の通り『渋谷系』という音楽カルチャー、ムーブメントを生んだアーティストの1人。カジさんの絶対的にポップな音楽とJABBERLOOPを組み合わせたら最高にハッピーな祭り(FIESTA)になると思う。  
fiesta_int5ー麻生潤:
うん、本当にそう。俺もSchroeder-Headsはもちろん、カジヒデキさん大好きでいつか一緒にできればと思ってたんだよね。今回JABBERLOOPとの共催ということでラインナップを考えていったとき、改めて色んな音楽を聴いたんだ。そんな中で90年代に一大ブームを巻き起こした渋谷系に行き着いてさ、あぁいいなぁって聴いていくうちに、本当にJABBERLOOPにフィットするような音楽が多かった。そうして打ち合わせて行く中でカジヒデキさんに行き着いたよね。 

もう寸前だけど、『FIESTA!!』って10周年最後の企画を迎えてどんな気持ち?

YOHEI:
この日はお祭り(Fiesta!!)ですからね!笑。特別な夜になりますよ~!

DAISUKE:
うん、やっぱり自分たちが主催になるとイベントやライブに取り組む姿勢が自然と変わってくる。今回のライブも各所にアイデアを散りばめてあります。その日出会い、ただ対バンするだけじゃ普通じゃないですか、、、。今回の『FIESTA!!』にしかない会場へ集まってくれた皆さんだけが共有できる特別な時間を作りたいですね。

MELTEN:
そうだよね。カジさんもSchroeder-Hedzも、もちろんJABBERLOOPも『Fiesta!!』というイベント名に基づいた、楽しさだったり、お祭り感だったり、いつもとは一味違うライブセットになると思います。自分たちの企画でもあるし、来た人皆が楽しめるイベントにしたいですね!

YUKI:
もしコラボしたら、、、面白いと思いません?笑。例えば、、ですけど、シュローダーヘッズのシュンスケさんがジャバの曲弾くとか、、、ワクワクしません?例えば、、、JABBERLOOPが渋谷系になったら、、、とかワクワクしませんか!?

ー麻生潤:
あはは、今回特別なコラボレーションも用意できたよね!俺最高に楽しみなんだけど!この日にしかないコラボレーション。快諾してくれたSchroeder-Heads、カジヒデキさんに本当に感謝!凄く楽しみです!

MAKOTO:
JABBERLOOPが主催し、JABBERLOOPが好きなアーティストを選んで、ジャバルーパーに喜んでほしいと心の底から思ってます。みんなぜひ目撃しにきてほしいですね! 
Printー麻生潤:
最後に一言。対談を読んでいただいている皆さんにお願いします!

YOHEI:
10周年企画の締めくくり、最高のお祭り(Fiesta!!)にします!!是非、会場でお会いしましょう!

DAISUKE:
今年何度かやってきた10周年企画の最後のイベントとなります。 他では体験できない、『最高のワクワクと感動と大興奮』をご用意してます。是非会場で僕たちの音楽を浴びに来て下さい!! 

MELTEN:
僕達にも凄く影響を与えてくれた『SYNCHRONICITY』とともに、10周年を記念した特別な1夜になります!ぜひお越しください!あ、あと、当日は落ち着いて見て貰えるように座席を出しますので、ゆっくり御覧になって下さい。

YUKI:
マザレフェス、10thワンマン、からのSYNCHRONICITYとのダブル10周年、3部作の締めくくりの様な気持ちで臨みます。月並みだけど、見逃すとほんと後悔させちゃうので、覚悟しといて!

MAKOTO:
JABBERLOOPはこれからも進んで行きますが、過ぎ去る一瞬一瞬が尊く愛おしくなるような、そして10周年を振り返った時、みんなと共通の話題で温かな気持ちになれるような、そんなイベントをJABBERLOOPの歴史を刻めたらと思います!同じ時間、時代を共有しましょう!

ー麻生潤:
最後までありがとうございました!大好きなSchroeder-Heads、カジヒデキさん、そしてJABBERLOOPとともに最高のイベントにします。もう本当にワクワクです。どうぞ楽しみにしていて下さい!お待ちしてます!! 
 
SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

INTERVIEW

乗り越えた先にあるポップとグルーヴ、RIDDIMATESの今 リリースパーティーいよいよ開催!

image1

6/21(水)に5thアルバム『OVER』をリリースしたRIDDIMATES。前作から実に3年。メンバーの脱退や加入、様々な時期を乗り越えて待望のアルバムが完成した。そのアルバムは実に爽快で軽やかだ。

 

今年の『SYNCHRONICITY』にも4年ぶりに出演。時代とともに変化してきた『SYNCHRONICITY』もRIDDIMATESのようなダンスサウンドはルーツと言えるようなもの。O-WESTに広がる熱いグルーヴ、笑顔に溢れたフロアにこのバンドが積み重ねた歴史が見えた。

 

7/22(日)には久しぶりのリリースパーティーを渋谷WWWで開催する。今作のサウンドがライブにどう昇華されていくのか。その開催ギリギリの最中、今作とRIDDIMATESのライブへの想いを聞いた。


 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 


 

もがいてもがいて自分らがいいと思える作品が出来れば、それはもう超えてるんだと。(CrossYou)


麻生:
前作から3年、5thアルバム『OVER』のリリースおめでとう!2016年の「Swandive」からも感じてたけれど、キャッチーさとグルーヴがバランス良く融合した爽快なアルバムに感じます。久しぶりのリリースになるけれど、今作はどういうところをテーマに取り組んでいきましたか?

 

CrossYou(T.sax):
そうですね、一言だと『超える』ってことになるんだと思います。

 

麻生:
超える?

 

CrossYou(T.sax):
はい、もうちょっと言うと、前のアルバムJOYでテーマだったPOPを突き進めつつ、去年のシングル収録Swandiveのダブルサックスによる2MC感のある曲や、前から持っていた辺境ミュージック、その全てを上回る、超えるアルバムでないと意味がないと思っていました。

 

ただ、アルバムのライナーノーツをヒサシさん(ヒサシtheKID)に書いてもらって、腑に落ちたというか、めちゃくちゃもがいて、メンバーやサポートしてくれた方々と納得の作品が出来て、ヒサシさんと呑んで話してライナーノーツ読んだら、あぁそうかと。それでよかったんだと。もがいてもがいて自分らがいいと思える作品が出来れば、それはもう超えてるんだと。

 

あとは『想いが言葉を超える』ってキャッチコピーは気に入っていますね。

 

麻生:
まさしくRIDDIMATESに相応しいキャッチコピーだね。

 

akirag:
敢えて何か一つのジャンルを狙うのではなくて自分達にある響きやビート、グルーヴ、作曲者が描く曲の雰囲気を素直に曲に落とし込む作業をしたのが今回のテーマになったのかなと。その結果、ジャンルも雰囲気も結構バラバラになった感はありますが、その全てを一枚のアルバムにして聴いてみると僕らにしか表現出来ないリディメイツサウンド、ブラスロッカーズサウンドに自ずと仕上がったと感じています。アルバムのジャケットは曲数と同じ13色で構成されているのですが、その色も一つ一つはバラバラでも合わさる事で一つの作品に仕上がっているのも通じています。

 

image2


 

削ぎ落とす作業をしていってるのも聴きやすさに繋がってるのかも。(akirag)


麻生:
アルバムジャケットは曲数と同じ13色で構成されてるんだね!個人的にも聴いてるとバラバラというよりもRIDDIMATESならではのジャンルのあり方を体現してる気がする。それがポップで軽やかで力の抜けたグルーヴに昇華されてるなって。それがすごく心地良い。また、新曲の数々の音源を比べると2016年の公開された「Swandive」よりも一層聴きやすくなってる気もします。そこからの変化って何かありますか?

 

CrossYou:
引き算は結構やりましたね、今まで自分が全部盛りのアジテートさせる音楽が好きでリディメイツもそうだったんですけど、徐々にメンバーの色が出てきて、真ん中ぐらいになったというか、こっちもできるんだよっていうね。ただ、今後は両極端でもいいかなとも思っています、ガチャガチャしてる曲もあれば、シンプルなのもあったりと。

 

akirag:
前作のリリース後、キーボードの脱退もありサウンド面で再考する必要がありました。新たにキーボードを入れるのか否か。メンバーで話しあった結果キーボードは入れずに曲を、そして音をシンプルに間を作る感覚で作っても良いんじゃないかと言う結論に至ったのもあって割と削ぎ落とす作業をしていってるのも聴きやすさに繋がってるのかもしれません。

 

麻生:
児玉奈央ちゃんをゲストに迎えたSpanky Wilsonのカバー「LOVE LAND」。ライトで優しいカバーがとても印象的です。唯一のボーカルナンバーだけど、共演するにいったった経緯は?また、どういうアプローチでこういうカバーになったんだろう?

 

CrossYou:
まず、ひとつに高校の先輩ってのが大きくて、結構前から、一緒にやりたいとは話してて、ついに叶った感じです。1作品に1曲はボーカルを入れているので、次何やろうかって話してて、ベースの大ちゃんがSpanky Wilsonの別曲を持ってきて、それいいねってなったんだけど、それなら、この曲いいよって俺の好きな曲を提案して決まった感じです。実はCharles Wrightが原曲なんですが、Spanky Wilsonが唄って有名になった曲で、Charles Wrightがメローで、Spanky Wilsonがアッパーな感じ、僕らのはその中間な感じですね。

 

RIDDIMATES / LOVE LAND feat.KODAMA NAO【OFFICAL VIDEO】

 

 

 

 

曲的には一昨年でも去年でも出せたのですが、出さなくて良かったなと、ちゃんと必要な年月でした。(CrossYou)


麻生:
前作から3年ということで、またアプローチ方法も違ったと思うんだけど、意識して取り組んだことは?

 

CrossYou:
結構毎回なんですが、『現状に感謝しながらも満足せず、新しい事へ挑戦』というのが常にあるので、エンジニア、レコーディング・スタジオ、マスタリング・スタジオ、アートワークを全て新しい方々、新しい場所で行いました。

 

akirag:
やはり僕らはそれぞれの曲の熱量を大切にしたいので、レコーディングの際もそこを凄く意識して個性ある13曲を仕上げていきました。

 

麻生:
確かに新しい個性と今までの普遍的なRIDDIMATESの良さを感じます。メンバーの脱退や加入を経てようやく生み出した1枚。より新しいポップさ、キャッチーさとともに乗り越えてきた確かなグルーヴを感じますね。

 

CrossYou:
前作のアルバムから3年ってのは、振り返ると苦労したのかなと、メンバーが抜けて、それが固まるまで。曲的には一昨年でも去年でも出せたのですが、出さなくて良かったなと、ちゃんと必要な年月でした。ただこっからエンジンかけて行きますよ~!!

 

akirag
熱量を大切にしているからなんだと思うんですが、レコーディングの際ファーストテイクで大体集中力が無くなっちゃうってのが僕らの癖です。ほとんどの曲がファーストテイクが採用されているように感じますね。

 

_3B_0098

photo by Yosuke Torii(SYNCHRONICITY’17)

 

 

なんでも二面性を持っていると思うので、その二面性を感じてもらえたらと、このステージにかける気迫と、みんなを楽しませたいっていうシンプルな気持ちを。(CrossYou)


麻生:
4月は『SYNCHRONICITY』で久しぶりに一緒にできたけれど、本当に素晴らいライブだった。『SYNCHRONICITY』以前からだからもう何気に付き合い長いよね。4年ぶりの出演いかがでしたか?

 

CrossYou:
まず、久し振りに『SYNCHRONICITY』に出演できて感謝です。僕らは『SYNCHRONICITY』に出演してから、とんとん拍子で、クアトロワンマンや数々のフェスやフジロック、朝霧JAMにも出演できたと思っているので、それに感謝。そして、その初の『SYNCHRONICITY』から結構経ったので、そこはクオリティが上がってないと駄目だなと単純に思います。もっとやれると思いますし、メンバーの演奏はもちろん、楽曲的にも聴かせる部分とアゲる部分の差し引きができるようになってはいるのかなと。

 

麻生:
各地のフェスやイベントで培ってきた経験がしっかりライブのグルーヴになってるなって感じた。グルーヴって最近思うんだけど、本当に積み重ねだよね。不思議なくらい。さて、いよいよ渋谷WWWでのワンマン、楽しみにしてます!最後にワンマンへ向けて一言お願いします。

 

CrossYou:
今までの人生全てかけて吹きます。でもお祭りなんで気軽に来てほしいですね。なんでも二面性を持っていると思うので、その二面性を感じてもらえたらと、このステージにかける気迫と、みんなを楽しませたいっていうシンプルな気持ちを。


 

RIDDIMATES リリース情報:


RIDDIMATES 
5th full ALBUM『OVER』
2017年6月21日(wed)Release!
価格:¥2,300(税抜価格)
品番:ROMAN-014
発売元:Roman Label / BAYON PRODUCTION
販売元:PCI MUSIC

 

[Track List]
1. For The Beats
2. Come On
3. Walk Song
4. Swandive
5. Over Against
6. The Barber
7. Drop
8. Love Land feat. Kodama Nao
9. Spider’s web
10. Bacon!!
11. Garagardoa
12. Sunset Glow
13. Clam Chowder


 

ワンマン情報


『OVER』RELEASE PARTY!! ONEMAN SHOW!!
日時:2017.07.22(sat)
時間:OPEN 18:00 / START 19:00
場所:渋谷WWW
料金:前売¥3,000- / 当日¥3,500-

 

■RIDDIMATES
ブラスロッカーズ・サウンドを掲げ、ありふれた音楽ではない、刺激のある音楽を創りだし、日々の喜びに変えるバンド「リディメイツ」。熱くて、男臭くて、音を楽しんでいて、ご飯を良く食べる。生活の一部に音楽が常にある、そんな願いがあるんだか無いんだか。本気で遊んで、本気で音楽する、そんなバンドの物語。2014 年春に4 枚目のアルバムを発売し、リリース・パーティのワンマンを渋谷クアトロにて満員御礼の大成功に収め、そのままの勢いで『FUJIROCK2014』に出演。その際「来年はもっと上で!」と言ったら2015 年はリーダーCrossYou がOASIS、Noel Gallagher のホーン隊として『FUJIROCK2015』に出演しちゃう、飛び級事件勃発。それ以降も『りんご音楽祭2015』出演など各フェスで活躍、2016 年はシングルep をリリースし京都FM でパワープレイに選ばれる。

 

オフィシャルサイト:
http://brassrockers.com/

 

プリント

RIDDIMATES『OVER』アルバムジャケット
 

profile

RIDDIMATES プロフィール写真

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »