INTERVIEW

SYNCHRONICITY×JABBERLOOP対談。FIESTA!!とそれぞれの10年の軌跡。

fiesta_int1

ー麻生潤:
『SYNCHRONICITY』と『JABBERLOOP』のお互いの10周年を記念しての『FIESTA!!』いよいよだね。よろしくね!(SYNCHRONICITYは開催10周年、JABBERLOOPは東京での活動10周年。)
fiesta_int1左から(YUKI (Bass) / MELTEN (Keyboard) / YOHEI (Drums) / DAISUKE (Sax) / MAKOTO (Trumpet))

ー麻生潤:
この10年、振り返ってみてどう?

YOHEI:
まず同じメンバーで10年やって来れた事に感謝したいですね。10年前は共同生活しながら毎日ストリートやって、夜は修学旅行みたいに騒いだりして、生活はキツかったけど楽しかった。 

DAISUKE:
あっと言う間だったよね。メンバーとワイワイな毎日過ごしている内に10年経っ立って感じ。共同生活から一人暮らしになり、家族ができたり、、、。そういうのを振り返ると10年って感じがするよね。

YUKI:
でも10年一緒にやれる人間たちが最初から揃ってたなんて奇跡みたいなもんだよね!ダイスケ、ヨウヘイは前身から一緒だったけど、マコトとは上京当時まだ浅い仲だったし、 メルテンなんて1回しか会った事なかったのに笑。この奇跡には感謝しかないね。

MAKOTO:
そう、本当に感謝。10年前関西からみんなで出て来て『ジャバハウス』という一軒家で共同生活したんです。そこは生活する場でもあり、制作やミーティングする場でもあった。そんな経験がJABBERLOOPの精神的基盤になってる気がします。『バンド』というより、運命共同体というか。

YOHEI:
先日上海にライブで行ったんですが、オフの日が一日できてメンバー5人で観光したんです。それが昔と変わらず本当に楽しくって。このメンバーで本当に良かったなって。10年を振り返って音楽もこのメンバーでしか出せない音ができてると思います。

DAISUKE:
そうだね。音楽は当初と変わらず、絶対的なメロディーを大切にしていますね。誰でも鼻歌で歌える、寝る前にふと思い出すと頭の中でグルグル回ってしまい寝れなくなるような笑。
fiesta_int2ー麻生潤:
うん、JABBERLOOPはインストバンドなのに歌心があるよね。つい口ずさんじゃうような。インストなのにインストに感じさせないような親しみやすさが、JABBERLOOPの魅力だと思う。

MAKOTO:
そうですね。JABBERLOOPと分かるサウンドにこだわり、自分の個性と向き合った10年でもありましたね。答えもゴールもないですが「JABBERLOOPの曲はこう吹くしかない」と思えるくらいこれからもJABBERLOOPらしさを追求していきたいです。

MELTEN:
今年は8月にマザレフェスや10周年ワンマンをやって、沢山の人から「良かった!」っていうフィードバックをたくさんもらいました。10年の活動の成果をライブで魅せることは本当に素晴らしいことだと思う。また、今回の『FIESTA!!』など今までやってなかった新たな事に挑戦するっていう今年の活動は、JABBERLOOPらしくて良いなって思ってます。 

ー麻生潤:
『SYNCHRONICITY』としても、こうしてずっと色んな活動で一緒に関わらせてもらってるJABBERLOOPと一緒にやるのは嬉しいです。今年はマレーシアも行ったもんね!

『SYNCHRONICITY』は10年前にライブカルチャーとクラブカルチャーのクロスオーバーからスタートして、今ではそれに収まらないくらいたくさんの音楽やアートをクロスオーバーさせていきたいって思ってる。もちろん根底は変わらないんだけど、そういう風に10年を経た変化ってあるよね。JABBERLOOPとして、10年前と今、音楽性や姿勢など含めて変わったところってある?

YOHEI:
10年分歳をとったところですね笑。っていうのは冗談ですけど。10年経ってJABBERLOOPが続いてるのは、絶えず挑戦をし続けてるからだと思います。音楽性が変わったって感じる人もいるだろうけれど、それは僕らにとっては新しい挑戦の結果なんです。ただ、メロディを大切にして、自然と体が動く様な音楽はこれからも変わらず発信して行くと思います。

DAISUKE:
うん、同じような意味なんだけど、俺個人としては音楽性は特に変わってないって思うんだよね。色んなアルバムがあるけれど、JABBERLOOPとしてはいつもメロディを大切にして新しい挑戦に挑んでる。本当いつも新人のつもりでね。

MELTEN:
そうっすね、元々芯にあった自分たちの好きな音楽や、やりたい事は変わってないと思いって思う。ただ、10年前って20代前半で、バンド活動も作曲するときのイメージとかも色々なことを手探りでやってた。当時わからなかったことがわかってきたりってのもあるよね。

YUKI:
10年経つとそれぞれの環境も変わってるから、その経験が音楽に出てってるんだと思うよ。ジャバハウス時代の音楽って、一枚岩的ドメスティックさを感じるんです。同じ家で同じ釜の飯食ってたからね笑。今バラけてるって意味じゃないけど、それぞれ自立してってバンドにもたらすエッセンスも多彩になってる。

MAKOTO:
そうして今があるよね。もはやJABBERLOOPのサウンドはこの5人でないと出せないサウンドだよね。だから、どんなことをやってもJABBERLOOPになる。これからもメンバーの個性や日々吸収してるものをみんなでぶつけ、刺激し合って世界を広げていけたらと思っています。
fiesta_int3ー麻生潤:
うん、10年経つと本当色々あるよね。『SYNCHRONICITY』も今年で10年で、JABBERLOOPとも随分長く一緒にやってる。かっこいいし、このメンバーって本当最高だと思うからもっと聴いてほしいなって気持ちを持って。そんな長くかかわり合っていく中でこうしてまた『FIESTA!!』という場で一緒にできるのは本当嬉しいよね。もう長く一緒にやってきてるけどさ、JABBERLOOPにとって『SYNCHRONICITY』ってどういうフェスなの?

YOHEI:
俺は出演者もバラエティに富んでて、しかも渋谷のど真ん中で、、、なんて最前線なフェスなんだ!って思ってます。挑戦し続けてるフェスだなって。いつも新しい出会いがあるし、幅広いジャンルの出演者に毎回刺激を受けてますよ!トークイベントがあったり、出展があったりライブ以外でも楽しいことがたくさん。1人のお客さんとしても楽しんでます。

DAISUKE:
俺は一言、オシャレだなって言いたい!いわゆる一般的なオシャレとは違うのかもしれないけれど、初めてSYNCHRONICITYに遊びに行ったとき、渋谷のど真ん中で音楽シーンの最前線で尖ったバンドばかり集まったフェスだってまさに思った。これってなんてオシャレなんだ!って。そんな初めて遊びに行ったときから考えると、10周年を共に出来るなんて当時の僕からは考えられないですね。僕ももっとオシャレになりたい、、、笑。 

MELTEN:
初めて行ったのは2008年かな。凄く衝撃だった。当時の自分はクラブジャズに拘りすぎてたり、色々と音楽性で悩んでたりしていたんだけど、『SYNCHRONICITY』に出会ってそういうのが一気に吹き飛んだ。そういうフェスだった。出演するラインナップが幅広く自由な感じなのに、不思議と統一感もあって。

YUKI:
そうそう、『SYNCHRONICITY』には匂いがあるよね。ジャンルとかじゃない『SYNCHRONICITY』の匂い。都会的なんだけど、気取った都会性じゃなくて、音楽でドロンコみたな笑。それを渋谷の真ん中でやるのが『SYNCHRONICITY』だなって。

MAKOTO:
うんうん、またそういう都会的でありながら、血の通った温かさがある。それはオーガナイザーの麻生さんをはじめ、-kikyu-を始め、スタッフの人柄が滲み出ているからだと思う。麻生さんは一見とても都会的な印象なんだけど、故郷は大分県三重町で、僕の故郷の宮崎県高千穂町はとても近いんだよね。そういう視点で考えると、麻生さんがどれだけ自然と人情が豊かな土地で育ったかわかりますね笑。『SYNCHRONICITY』の根底にはそんな温かさがあると思う。

DAISUKE:
そういうのあるよね。あとね、俺は『SYNCHRONICITY』の魅力ってコンセプトの『最高のワクワクと感動を!』って、この一言に凝縮されてると思う。もう勝手に僕のテーマにもしてるくらい笑。あとね、意外とインストバンドが多い事に気付いてない人多いんじゃないかな?そう思っちゃうくらい歌心のあるアーティストが多いのも好きです。

YUKI:
何か起こるんだろうな、、、と思ってるけど、実際なんか起こるんです笑。予想通りに期待を超えてくる!色んなアーティストのベストライブが『SYNCHRONICITY』でのライブだった、っていうのは少なくないです。  
fiesta_int4pic. by Viola Kam (V'z Twinkle)

ー麻生潤:
そう思ってもらえて嬉しいね!俺は主催者でもあるんだけど、これだけ大きくなって今みたいな色んな感想を聞いてると自分の手を離れてるって気もする。個人的になんだけどさ、仲間とやってるって気持ちがあるんだよね。アーティストの皆さんも一緒に作ってもらっている仲間。そういうのって何か凄く意識してる。そういう一緒に作ってきた感覚とかあって、また今回の『FIESTA!!』にも繋がってると思うんだよね。色んなところで一緒にやってきたJABBERLOOPとまた違うベクトルで今回やることになって色々考えたんだけど、今回のラインナップもまた凄く面白い感じになったよね。

YOHEI:
そうですね!Schroeder-Headzとカジさんて、どっちも大好きなアーティストなんですけど一緒になるタイミングがなかなか無くて。このタイミングで一緒にやれるってことが本当に嬉しいです。

DAISUKE:
うん、今回はジャバが今までにやってそうでやってなかった感じだよね。だから本当に楽しみ。 

MELTEN:
Schroeder-Hedzは同じインストバンドで接点の多いんだけど、ここ数年共演が無かったし満を持してやりたかったよね。また、カジさんは僕達はもちろん、周りにも影響を受けたミュージシャンが多い。イベントとしても良いシンクロ感が出ると思う。

YUKI:
うん、ありそうでなかなかない組み合わせだよね。意外性もあるけれど、SYNCHRONICITYの持つ"匂い"が、絶対的な調和を生むと思う。

MAKOTO:
Schroeder-Headsの生っぽさを大事にした先端性や世界観ってJABBERLOOPと波長が合うなって思う。カジヒデキさんはご存知の通り『渋谷系』という音楽カルチャー、ムーブメントを生んだアーティストの1人。カジさんの絶対的にポップな音楽とJABBERLOOPを組み合わせたら最高にハッピーな祭り(FIESTA)になると思う。  
fiesta_int5ー麻生潤:
うん、本当にそう。俺もSchroeder-Headsはもちろん、カジヒデキさん大好きでいつか一緒にできればと思ってたんだよね。今回JABBERLOOPとの共催ということでラインナップを考えていったとき、改めて色んな音楽を聴いたんだ。そんな中で90年代に一大ブームを巻き起こした渋谷系に行き着いてさ、あぁいいなぁって聴いていくうちに、本当にJABBERLOOPにフィットするような音楽が多かった。そうして打ち合わせて行く中でカジヒデキさんに行き着いたよね。 

もう寸前だけど、『FIESTA!!』って10周年最後の企画を迎えてどんな気持ち?

YOHEI:
この日はお祭り(Fiesta!!)ですからね!笑。特別な夜になりますよ~!

DAISUKE:
うん、やっぱり自分たちが主催になるとイベントやライブに取り組む姿勢が自然と変わってくる。今回のライブも各所にアイデアを散りばめてあります。その日出会い、ただ対バンするだけじゃ普通じゃないですか、、、。今回の『FIESTA!!』にしかない会場へ集まってくれた皆さんだけが共有できる特別な時間を作りたいですね。

MELTEN:
そうだよね。カジさんもSchroeder-Hedzも、もちろんJABBERLOOPも『Fiesta!!』というイベント名に基づいた、楽しさだったり、お祭り感だったり、いつもとは一味違うライブセットになると思います。自分たちの企画でもあるし、来た人皆が楽しめるイベントにしたいですね!

YUKI:
もしコラボしたら、、、面白いと思いません?笑。例えば、、ですけど、シュローダーヘッズのシュンスケさんがジャバの曲弾くとか、、、ワクワクしません?例えば、、、JABBERLOOPが渋谷系になったら、、、とかワクワクしませんか!?

ー麻生潤:
あはは、今回特別なコラボレーションも用意できたよね!俺最高に楽しみなんだけど!この日にしかないコラボレーション。快諾してくれたSchroeder-Heads、カジヒデキさんに本当に感謝!凄く楽しみです!

MAKOTO:
JABBERLOOPが主催し、JABBERLOOPが好きなアーティストを選んで、ジャバルーパーに喜んでほしいと心の底から思ってます。みんなぜひ目撃しにきてほしいですね! 
Printー麻生潤:
最後に一言。対談を読んでいただいている皆さんにお願いします!

YOHEI:
10周年企画の締めくくり、最高のお祭り(Fiesta!!)にします!!是非、会場でお会いしましょう!

DAISUKE:
今年何度かやってきた10周年企画の最後のイベントとなります。 他では体験できない、『最高のワクワクと感動と大興奮』をご用意してます。是非会場で僕たちの音楽を浴びに来て下さい!! 

MELTEN:
僕達にも凄く影響を与えてくれた『SYNCHRONICITY』とともに、10周年を記念した特別な1夜になります!ぜひお越しください!あ、あと、当日は落ち着いて見て貰えるように座席を出しますので、ゆっくり御覧になって下さい。

YUKI:
マザレフェス、10thワンマン、からのSYNCHRONICITYとのダブル10周年、3部作の締めくくりの様な気持ちで臨みます。月並みだけど、見逃すとほんと後悔させちゃうので、覚悟しといて!

MAKOTO:
JABBERLOOPはこれからも進んで行きますが、過ぎ去る一瞬一瞬が尊く愛おしくなるような、そして10周年を振り返った時、みんなと共通の話題で温かな気持ちになれるような、そんなイベントをJABBERLOOPの歴史を刻めたらと思います!同じ時間、時代を共有しましょう!

ー麻生潤:
最後までありがとうございました!大好きなSchroeder-Heads、カジヒデキさん、そしてJABBERLOOPとともに最高のイベントにします。もう本当にワクワクです。どうぞ楽しみにしていて下さい!お待ちしてます!! 
 
SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

INTERVIEW

クレイジーな冬の野外フェス『豪雪JAM』とは?

16731233_1228994357181452_241378092_o

冬には2m~3mの積雪となり、特別豪雪地帯に指定されている新潟県十日町市。そんな冬の十日町で開催され、今年で10周年を迎えるフェスがある。その名も『豪雪JAM』。。。

 

個人的にも何度か遊びに行っているが、辺り一面銀世界に包まれる冬の野外フェスは見たことがない。そして過酷なイメージとは裏腹に、行ってみるとそのイメージとはかけ離れた開放的な楽しさがある。他では決して体験できないこのフェスならではの魅力があるのだ。

 

あまりの豪雪に中止になったこともある『豪雪JAM』。他に類を見ないオリジナリティに溢れるフェスを運営するには、相当の苦労と他で得れない魅力があるだろう。その『豪雪JAM』の魅力を実行委員長の酒井直亮に聞いてみた。


 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 


 

ステージも雪、会場も雪、一面銀世界の冬の野外フェス。節目の第10回です。皆さんに感謝の気持ちを込めてお迎えしたいと思います。

 

麻生:
豪雪JAMってどんなイベントですか?


酒井:
新潟県十日町市で行われるステージも雪、会場も雪、一面銀世界の冬の野外フェスです。

 

麻生:
僕も何度か遊びに行ってますが、気温は低いですが晴れてるとその寒さ以上に体の底から暖かさを感じられるフェスですよね。冬に野外フェスってなかなか考えつかない企画にびっくりなんですけど、なぜこの企画をやろうと思ったんでしょうか? 

 

酒井:
ここ十日町市は世界でも有数の、定住者がいる豪雪地帯なんです。こんなクレイジーですばらしい環境があるので、十日町市でやるフェスなら冬しかないと一発で決めました。


 

16706943_1228994260514795_1990398186_n


 

麻生:
「十日町を新潟を全国に発信したい」という想いが詰まっていると聞きました。十日町ってどんな街なんでしょうか?

 

酒井:
豪雪地帯はもちろんなんですが、四季がはっきりしていて自慢の米、野菜、きのこ、豚肉、酒があります。 地元に誇りを持っている人がとても多いです。東京から電車で1時間50分で来れるのに、超陸の孤島感がたまらないですよ。最近では、大地の芸術祭が有名になり、シーズンには多くの方がいらっしゃいます。

 

麻生:
お米はもちろん、ご飯は本当に美味しいです!大地の芸術祭でもとても有名になりましたね。十日町、津南町と僕も今まで何度か行っているので本当によく分かります。豪雪JAMは今年で10周年を迎えるということですが、今までの面白いエピソードなどありますか?

 

酒井:
地元のおじさんとのこんなエピソードがありますね。

 

地元のおじさんと話をしながら

おじさん「あの会場でジャム作ったんだって?」

自分「そうです。雪まつりの最終日の一日だけですが」

おじさん「たった一日で作るの?すごいね」

自分「土曜日まで雪祭りで使われるので日曜日の朝からやるんですよ」

おじさん「たいしたもんだね、でもそれでお客さん来るの?」

自分「好きな人は来ますよ」

おじさん「ところで十日町のジャムって材料なんなん?」

自分「????、あっ~~違う違う、ジャムって食べ物でなくて音楽の!」

 

これがきっかけで今じゃお土産の定番の「ごはんのジャム、豪雪ジャムが生まれました」


 

16707106_1228998803847674_1599948915_n

勘違いから生まれたご飯のジャム、豪雪ジャム


 

麻生:
あはは、面白いエピソードですね!音楽のジャムと食べ物のジャムで話がすれ違っているという笑。

 

酒井:
中身は地元の高長醸造の香味野菜味噌やにんにく味噌でとっても美味しいですよ!

 

麻生:
僕もいただきましたが、お土産にぴったりな美味しいジャムですよね。そして、面白いながら素敵なエピソード。ぜひこのジャムも豪雪JAMとともに楽しんでほしいですね。今年の豪雪JAMの見所はどういうところですか?

 

酒井:
全7組のノンストップのアーティストですね。音が止まらないのは初めてでとても楽しみにしています。あと、10回記念なんですが、先着500名様にオリジナルお猪口と地元5蔵元の試飲券あります!


 

16700052_1228994310514790_1117799489_n

16735344_1228998290514392_1254425766_o

伝説のプロポーズも素敵なエピソード!


 

麻生:
おお、それは楽しみですね!先着特典、僕もゲットしたい!豪雪JAMは辺り一面真っ白な雪に包まれていて、他では得れない魅力や大変さもありますよね。このフェスならではの注意事項などはありますか?

 

酒井:
一面雪なので、防水の靴が必須ですね。晴れる事が多いんですが、快晴時は太陽の照り返しが強いのでサングラスや日焼け止めがあると良いですね。あと会場にはアルコール類の持ち込みは禁止とさせて頂いております。豪雪JAM実行委員会でドリンク屋をやっているんですが、ここでの売り上げを運営資金に回しています。大事な大事な運営資金なので、皆様にはご協力をお願いします。


 

16709374_1228994607181427_803024385_o

16731663_1228994533848101_1838650998_o

着物でおもてなしスナック不二子​


 

麻生:
なるほど、ドリンク売り上げが貴重な運営資金になっているんですね。また、防水の靴は本当に必須だと思います。あ、あと個人的には捻挫に注意です!雪の上を歩き慣れていないので、雪対応の靴を履いてても何度も捻挫しました笑。最後にご覧の皆さんに一言お願いします。

 

酒井:
節目の第10回です。皆さんに感謝の気持ちを込めてお迎えしたいと思います。いらっしゃる際は、十分気をつけてお越し下さい。

 

麻生:
ありがとうございました。今年も開催を楽しみにしています!

 

 

イベント詳細


 

名称:豪雪JAM 2017

開催日時:2017/2/19 (日) open 10:00 / close 17:00 ※雨雪天決行(詳細は公式サイトをご確認下さい。)

開催場所:十日町城ケ丘ピュアランド(新潟県十日町市)

料金:前売券 特典付き 先着500名 ¥4,000 当日券 ¥4,500 / 高校生以下60歳以上 無料 / 十日町市民、津南町民 ¥2,000(当日身分証明書提示)

お問い合わせ:info@gosetsujam.com

URL:http://www.gosetsujam.com/

 

出演アーティスト

・ SAIRU

・ SARATOGA

・ YOUR SONG IS GOOD

・ 児玉奈央 & Magical Echo Land

・ 三宅洋平

・ 大竹重寿 元晴 小泉P克人 小林洋太 中里たかし

・ 切腹ピストルズ

・ Gravityfree

 

◆主催

豪雪JAM実行委員会

 

 

豪雪JAM 2017 予告編映像

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »