INTERVIEW

SYNCHRONICITY×JABBERLOOP対談。FIESTA!!とそれぞれの10年の軌跡。

fiesta_int1

ー麻生潤:
『SYNCHRONICITY』と『JABBERLOOP』のお互いの10周年を記念しての『FIESTA!!』いよいよだね。よろしくね!(SYNCHRONICITYは開催10周年、JABBERLOOPは東京での活動10周年。)
fiesta_int1左から(YUKI (Bass) / MELTEN (Keyboard) / YOHEI (Drums) / DAISUKE (Sax) / MAKOTO (Trumpet))

ー麻生潤:
この10年、振り返ってみてどう?

YOHEI:
まず同じメンバーで10年やって来れた事に感謝したいですね。10年前は共同生活しながら毎日ストリートやって、夜は修学旅行みたいに騒いだりして、生活はキツかったけど楽しかった。 

DAISUKE:
あっと言う間だったよね。メンバーとワイワイな毎日過ごしている内に10年経っ立って感じ。共同生活から一人暮らしになり、家族ができたり、、、。そういうのを振り返ると10年って感じがするよね。

YUKI:
でも10年一緒にやれる人間たちが最初から揃ってたなんて奇跡みたいなもんだよね!ダイスケ、ヨウヘイは前身から一緒だったけど、マコトとは上京当時まだ浅い仲だったし、 メルテンなんて1回しか会った事なかったのに笑。この奇跡には感謝しかないね。

MAKOTO:
そう、本当に感謝。10年前関西からみんなで出て来て『ジャバハウス』という一軒家で共同生活したんです。そこは生活する場でもあり、制作やミーティングする場でもあった。そんな経験がJABBERLOOPの精神的基盤になってる気がします。『バンド』というより、運命共同体というか。

YOHEI:
先日上海にライブで行ったんですが、オフの日が一日できてメンバー5人で観光したんです。それが昔と変わらず本当に楽しくって。このメンバーで本当に良かったなって。10年を振り返って音楽もこのメンバーでしか出せない音ができてると思います。

DAISUKE:
そうだね。音楽は当初と変わらず、絶対的なメロディーを大切にしていますね。誰でも鼻歌で歌える、寝る前にふと思い出すと頭の中でグルグル回ってしまい寝れなくなるような笑。
fiesta_int2ー麻生潤:
うん、JABBERLOOPはインストバンドなのに歌心があるよね。つい口ずさんじゃうような。インストなのにインストに感じさせないような親しみやすさが、JABBERLOOPの魅力だと思う。

MAKOTO:
そうですね。JABBERLOOPと分かるサウンドにこだわり、自分の個性と向き合った10年でもありましたね。答えもゴールもないですが「JABBERLOOPの曲はこう吹くしかない」と思えるくらいこれからもJABBERLOOPらしさを追求していきたいです。

MELTEN:
今年は8月にマザレフェスや10周年ワンマンをやって、沢山の人から「良かった!」っていうフィードバックをたくさんもらいました。10年の活動の成果をライブで魅せることは本当に素晴らしいことだと思う。また、今回の『FIESTA!!』など今までやってなかった新たな事に挑戦するっていう今年の活動は、JABBERLOOPらしくて良いなって思ってます。 

ー麻生潤:
『SYNCHRONICITY』としても、こうしてずっと色んな活動で一緒に関わらせてもらってるJABBERLOOPと一緒にやるのは嬉しいです。今年はマレーシアも行ったもんね!

『SYNCHRONICITY』は10年前にライブカルチャーとクラブカルチャーのクロスオーバーからスタートして、今ではそれに収まらないくらいたくさんの音楽やアートをクロスオーバーさせていきたいって思ってる。もちろん根底は変わらないんだけど、そういう風に10年を経た変化ってあるよね。JABBERLOOPとして、10年前と今、音楽性や姿勢など含めて変わったところってある?

YOHEI:
10年分歳をとったところですね笑。っていうのは冗談ですけど。10年経ってJABBERLOOPが続いてるのは、絶えず挑戦をし続けてるからだと思います。音楽性が変わったって感じる人もいるだろうけれど、それは僕らにとっては新しい挑戦の結果なんです。ただ、メロディを大切にして、自然と体が動く様な音楽はこれからも変わらず発信して行くと思います。

DAISUKE:
うん、同じような意味なんだけど、俺個人としては音楽性は特に変わってないって思うんだよね。色んなアルバムがあるけれど、JABBERLOOPとしてはいつもメロディを大切にして新しい挑戦に挑んでる。本当いつも新人のつもりでね。

MELTEN:
そうっすね、元々芯にあった自分たちの好きな音楽や、やりたい事は変わってないと思いって思う。ただ、10年前って20代前半で、バンド活動も作曲するときのイメージとかも色々なことを手探りでやってた。当時わからなかったことがわかってきたりってのもあるよね。

YUKI:
10年経つとそれぞれの環境も変わってるから、その経験が音楽に出てってるんだと思うよ。ジャバハウス時代の音楽って、一枚岩的ドメスティックさを感じるんです。同じ家で同じ釜の飯食ってたからね笑。今バラけてるって意味じゃないけど、それぞれ自立してってバンドにもたらすエッセンスも多彩になってる。

MAKOTO:
そうして今があるよね。もはやJABBERLOOPのサウンドはこの5人でないと出せないサウンドだよね。だから、どんなことをやってもJABBERLOOPになる。これからもメンバーの個性や日々吸収してるものをみんなでぶつけ、刺激し合って世界を広げていけたらと思っています。
fiesta_int3ー麻生潤:
うん、10年経つと本当色々あるよね。『SYNCHRONICITY』も今年で10年で、JABBERLOOPとも随分長く一緒にやってる。かっこいいし、このメンバーって本当最高だと思うからもっと聴いてほしいなって気持ちを持って。そんな長くかかわり合っていく中でこうしてまた『FIESTA!!』という場で一緒にできるのは本当嬉しいよね。もう長く一緒にやってきてるけどさ、JABBERLOOPにとって『SYNCHRONICITY』ってどういうフェスなの?

YOHEI:
俺は出演者もバラエティに富んでて、しかも渋谷のど真ん中で、、、なんて最前線なフェスなんだ!って思ってます。挑戦し続けてるフェスだなって。いつも新しい出会いがあるし、幅広いジャンルの出演者に毎回刺激を受けてますよ!トークイベントがあったり、出展があったりライブ以外でも楽しいことがたくさん。1人のお客さんとしても楽しんでます。

DAISUKE:
俺は一言、オシャレだなって言いたい!いわゆる一般的なオシャレとは違うのかもしれないけれど、初めてSYNCHRONICITYに遊びに行ったとき、渋谷のど真ん中で音楽シーンの最前線で尖ったバンドばかり集まったフェスだってまさに思った。これってなんてオシャレなんだ!って。そんな初めて遊びに行ったときから考えると、10周年を共に出来るなんて当時の僕からは考えられないですね。僕ももっとオシャレになりたい、、、笑。 

MELTEN:
初めて行ったのは2008年かな。凄く衝撃だった。当時の自分はクラブジャズに拘りすぎてたり、色々と音楽性で悩んでたりしていたんだけど、『SYNCHRONICITY』に出会ってそういうのが一気に吹き飛んだ。そういうフェスだった。出演するラインナップが幅広く自由な感じなのに、不思議と統一感もあって。

YUKI:
そうそう、『SYNCHRONICITY』には匂いがあるよね。ジャンルとかじゃない『SYNCHRONICITY』の匂い。都会的なんだけど、気取った都会性じゃなくて、音楽でドロンコみたな笑。それを渋谷の真ん中でやるのが『SYNCHRONICITY』だなって。

MAKOTO:
うんうん、またそういう都会的でありながら、血の通った温かさがある。それはオーガナイザーの麻生さんをはじめ、-kikyu-を始め、スタッフの人柄が滲み出ているからだと思う。麻生さんは一見とても都会的な印象なんだけど、故郷は大分県三重町で、僕の故郷の宮崎県高千穂町はとても近いんだよね。そういう視点で考えると、麻生さんがどれだけ自然と人情が豊かな土地で育ったかわかりますね笑。『SYNCHRONICITY』の根底にはそんな温かさがあると思う。

DAISUKE:
そういうのあるよね。あとね、俺は『SYNCHRONICITY』の魅力ってコンセプトの『最高のワクワクと感動を!』って、この一言に凝縮されてると思う。もう勝手に僕のテーマにもしてるくらい笑。あとね、意外とインストバンドが多い事に気付いてない人多いんじゃないかな?そう思っちゃうくらい歌心のあるアーティストが多いのも好きです。

YUKI:
何か起こるんだろうな、、、と思ってるけど、実際なんか起こるんです笑。予想通りに期待を超えてくる!色んなアーティストのベストライブが『SYNCHRONICITY』でのライブだった、っていうのは少なくないです。  
fiesta_int4pic. by Viola Kam (V'z Twinkle)

ー麻生潤:
そう思ってもらえて嬉しいね!俺は主催者でもあるんだけど、これだけ大きくなって今みたいな色んな感想を聞いてると自分の手を離れてるって気もする。個人的になんだけどさ、仲間とやってるって気持ちがあるんだよね。アーティストの皆さんも一緒に作ってもらっている仲間。そういうのって何か凄く意識してる。そういう一緒に作ってきた感覚とかあって、また今回の『FIESTA!!』にも繋がってると思うんだよね。色んなところで一緒にやってきたJABBERLOOPとまた違うベクトルで今回やることになって色々考えたんだけど、今回のラインナップもまた凄く面白い感じになったよね。

YOHEI:
そうですね!Schroeder-Headzとカジさんて、どっちも大好きなアーティストなんですけど一緒になるタイミングがなかなか無くて。このタイミングで一緒にやれるってことが本当に嬉しいです。

DAISUKE:
うん、今回はジャバが今までにやってそうでやってなかった感じだよね。だから本当に楽しみ。 

MELTEN:
Schroeder-Hedzは同じインストバンドで接点の多いんだけど、ここ数年共演が無かったし満を持してやりたかったよね。また、カジさんは僕達はもちろん、周りにも影響を受けたミュージシャンが多い。イベントとしても良いシンクロ感が出ると思う。

YUKI:
うん、ありそうでなかなかない組み合わせだよね。意外性もあるけれど、SYNCHRONICITYの持つ"匂い"が、絶対的な調和を生むと思う。

MAKOTO:
Schroeder-Headsの生っぽさを大事にした先端性や世界観ってJABBERLOOPと波長が合うなって思う。カジヒデキさんはご存知の通り『渋谷系』という音楽カルチャー、ムーブメントを生んだアーティストの1人。カジさんの絶対的にポップな音楽とJABBERLOOPを組み合わせたら最高にハッピーな祭り(FIESTA)になると思う。  
fiesta_int5ー麻生潤:
うん、本当にそう。俺もSchroeder-Headsはもちろん、カジヒデキさん大好きでいつか一緒にできればと思ってたんだよね。今回JABBERLOOPとの共催ということでラインナップを考えていったとき、改めて色んな音楽を聴いたんだ。そんな中で90年代に一大ブームを巻き起こした渋谷系に行き着いてさ、あぁいいなぁって聴いていくうちに、本当にJABBERLOOPにフィットするような音楽が多かった。そうして打ち合わせて行く中でカジヒデキさんに行き着いたよね。 

もう寸前だけど、『FIESTA!!』って10周年最後の企画を迎えてどんな気持ち?

YOHEI:
この日はお祭り(Fiesta!!)ですからね!笑。特別な夜になりますよ~!

DAISUKE:
うん、やっぱり自分たちが主催になるとイベントやライブに取り組む姿勢が自然と変わってくる。今回のライブも各所にアイデアを散りばめてあります。その日出会い、ただ対バンするだけじゃ普通じゃないですか、、、。今回の『FIESTA!!』にしかない会場へ集まってくれた皆さんだけが共有できる特別な時間を作りたいですね。

MELTEN:
そうだよね。カジさんもSchroeder-Hedzも、もちろんJABBERLOOPも『Fiesta!!』というイベント名に基づいた、楽しさだったり、お祭り感だったり、いつもとは一味違うライブセットになると思います。自分たちの企画でもあるし、来た人皆が楽しめるイベントにしたいですね!

YUKI:
もしコラボしたら、、、面白いと思いません?笑。例えば、、ですけど、シュローダーヘッズのシュンスケさんがジャバの曲弾くとか、、、ワクワクしません?例えば、、、JABBERLOOPが渋谷系になったら、、、とかワクワクしませんか!?

ー麻生潤:
あはは、今回特別なコラボレーションも用意できたよね!俺最高に楽しみなんだけど!この日にしかないコラボレーション。快諾してくれたSchroeder-Heads、カジヒデキさんに本当に感謝!凄く楽しみです!

MAKOTO:
JABBERLOOPが主催し、JABBERLOOPが好きなアーティストを選んで、ジャバルーパーに喜んでほしいと心の底から思ってます。みんなぜひ目撃しにきてほしいですね! 
Printー麻生潤:
最後に一言。対談を読んでいただいている皆さんにお願いします!

YOHEI:
10周年企画の締めくくり、最高のお祭り(Fiesta!!)にします!!是非、会場でお会いしましょう!

DAISUKE:
今年何度かやってきた10周年企画の最後のイベントとなります。 他では体験できない、『最高のワクワクと感動と大興奮』をご用意してます。是非会場で僕たちの音楽を浴びに来て下さい!! 

MELTEN:
僕達にも凄く影響を与えてくれた『SYNCHRONICITY』とともに、10周年を記念した特別な1夜になります!ぜひお越しください!あ、あと、当日は落ち着いて見て貰えるように座席を出しますので、ゆっくり御覧になって下さい。

YUKI:
マザレフェス、10thワンマン、からのSYNCHRONICITYとのダブル10周年、3部作の締めくくりの様な気持ちで臨みます。月並みだけど、見逃すとほんと後悔させちゃうので、覚悟しといて!

MAKOTO:
JABBERLOOPはこれからも進んで行きますが、過ぎ去る一瞬一瞬が尊く愛おしくなるような、そして10周年を振り返った時、みんなと共通の話題で温かな気持ちになれるような、そんなイベントをJABBERLOOPの歴史を刻めたらと思います!同じ時間、時代を共有しましょう!

ー麻生潤:
最後までありがとうございました!大好きなSchroeder-Heads、カジヒデキさん、そしてJABBERLOOPとともに最高のイベントにします。もう本当にワクワクです。どうぞ楽しみにしていて下さい!お待ちしてます!! 
 
SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

INTERVIEW

これはちょっと2017年の衝撃かも?色んな予想を裏切りながら進むジャパニーズ・オンナ・バンド「CHAI」の等身大インタビュー。

image1_2000_2

なんだなんだ?このなんじゃこれ感!?異常に歌詞に耳が引っ張られる。だけどとっても曲がいい。不思議なアンサンブルと絵面が頭から離れない。これってすっかりCHAI中毒!?

 

今年の『SYNCHRONICITY』のダークホースとして、MANNISH BOYSと渋さ知らズオーケストラの間に出演。爆発のパフォーマンスを繰り広げたCHAI。ライブ中に色んなところから聞こえてきたCHAIへの賛辞は、これからの人気を裏付けているだろう。

 

2015年の活動開始からわずか2年。まだ成長途中でありながら、どこにもない個性を引っさげて2nd EP 『ほめごろシリーズ』をリリース。音楽とは裏腹の彼女たちの客観的なセルフ・プロデュース力は想定外。色んな予想を裏切りながら進むCHAIの等身大インタビュー。

 

 

インタビュー・テキスト・編集:麻生潤

 

 

ライブに対する気持ちがすごく変わった。もっと伝えよう、伝えようって。そういう感覚をアメリカで感じたから、たぶん『SYNCHRONICITY』のとき爆発してた。(カナ)

 

麻生:

4月は『SYNCHRONICITY’17』へのご出演ありがとうございました!CHAIはMANNISH BOYSと渋さ知らズオーケストラの間だったよね?ここはかなり狙ってタイムテーブル組みました笑。対照的な2組の大御所に挟まれてのステージだったけど、初めての『SYNCHRONICITY』はどうだった?

 

マナ:

あんな一杯の人に観てもらえたのは初めて!ちょー楽しかった。

 

ユウキ:

すごい楽しかった!全然人いなかったらどうしようって思ってたし笑。

 

カナ:

音楽の最新を感じた!

 

ユウキ:

分かる!いろんなバンド観たけど、これから来る音楽の最新を感じた。麻生さんのCINRAでのインタビューの言葉の通りだった。

 

image2

 

麻生:

あはは、読んでくれてありがとう。『SYNCHRONICITY』は色んなクロスオーバーをすごく大切にしてるんだけど、それがいい形で実現して良かったです。

 

ユウキ:

本当すごいところに挟まれてたー!笑。

 

麻生:

あはは、一番狙ったのはCHAIでした笑。

 

一同:

嬉しい!ありがとう!

 

image3_2000

 

麻生:

初めてCHAIのライブを観たのは下北沢のFEVERだったんだよね。そこから『SYNCHRONICITY』まですごく進化しててグルーヴが生きてきてるのを感じました。この短い間にもサウス・バイ・サウスウエスト、アメリカツアーと積み重ねてきましたが、自分たちの中で変化はどう?

 

カナ:

ライブに対する気持ちがすごく変わった。もっと伝えよう、伝えようって。そういう感覚をアメリカで感じたから、きっと『SYNCHRONICITY』のとき爆発してた。

 

マナ:

分かる!色々爆発してた。アメリカでは本当に色々感じた。より日本人であること、クールにやらないこととか。今ってクールな音楽が日本で流行ってると思うんやけど、自分たちはそういう立ち位置じゃないところでもっと日本人っぽい、女でこれくらいできるんだっていうパワフルな音楽を目指したいなって。また、よりエンターテイメントでもありたいなって思った。

 

ユウキ:

そうそう、笑わせたいって気持ちも。芸人じゃないけど、笑うってすごいいいことだなって。アメリカではゲラゲラ笑ってくれて、観てる方もやってる方も楽しい。そういうことがライブでエンターテイメントとしてできたら最高だなって。

 

image4_2000

 

麻生:

エンターテイメントの意識は最初から感じてるね。ライブはもちろん、曲の構成や歌詞でも。歌詞はちょいちょい挟んでくるよね!ベイベとか笑。ここにベイベって来るか普通!って感じで笑。

 

一同:

爆笑。

 

image5_2000

 

音楽に芸術を感じたいなって思う。CHAIの音楽もそうだし、私たちが好きな音楽も全部芸術だなって。芸術作品を意識してるから、絶対こうなる形っていうのが好きじゃない。(ユウキ)

 

麻生:

CHAIの言葉の使い方ってすごく新鮮というか、ないでしょ、こういう言葉の使い方!笑。でもそれはCHAIの魅力を印象付けているところだと思う。言葉選びや使い方のセンスを感じるし、いい意味でめっちゃふざけてる!歌詞の内容も深いんだけど、それ以上に一つ一つの言葉に引っ張られてしまう。そんなインパクトがあるよね!

 

マナ:

ベイベは特に意識してなかった!

 

ユウキ:

初めてそんな感想聞いた笑。

 

麻生:

また、曲を聴いてると一々予想を裏切ってくる。ポップ・ミュージックなんだけど予定調和じゃない。って、俺、CHAIの魅力紹介してるみたいだね笑。でもそれが本当に素敵だと思う。曲の構成も独特なものを感じるんだけど、こだわりのポイントは?

 

ユウキ:

音楽に芸術を感じたいなって思う。CHAIの音楽もそうだし、私たちが好きな音楽も全部芸術だなって。芸術作品を意識してるから、絶対こうなる形っていうのが好きじゃない。ジャンルを問いたくないって思ってる。

 

マナ:

恋愛の歌詞は絶対書かない。応援歌やオール英語の歌詞っていうのも嫌だ。絶対日本語で歌いたい。

 

 

 


麻生:

うん、確かに日本語で歌ってるよね。でも言葉の使い方も含め歌詞はCHAIの個性を際立たせてる。そこにポップとキャッチーが同居してる。

 

マナ:

ポップっていうのは意識してる。

 

ユウキ:

キャッチーさも意識してるね。ほめごろシリーズの方がよりキャッチーかもしれない。

 

ユナ:

そうやね、CHAIらしいキャッチーさというか。

 

麻生:

CHAIは日本人的な感性やポップさキャッチーさとともに、ダンスミュージックの要素をすごく大切にしてるのも感じます。そして、さらにそれが強くなってきてるなって。よりグルーヴィーになってきてるって思う。

 

マナ:

それはめっちゃ意識してる。

 

カナ:

うん、どの曲もダンスミュージックでありたいと思ってる。特にベースとドラムはそこにこだわってます。

 

ユウキ:

一番考えてる。ただ、あんまりグルーヴを意識しすぎてテクニックに走ったり、自己満足的な意識を持っちゃうのは違うなと。グルーヴィーでありつつもキャッチーさも大事。バランスってめっちゃ大切。

 

image6_2000

 

 

自分たちはなりたい方向になってきてるって思う。自分たちの理想のアーティストに近づいていってる。それはすごくいいことだし、今回の作品で成長を感じた部分でもある。(マナ)

 

麻生:

CHAIはどうやって曲を作ってるの?

 

カナ:

マナがメロディーを作って、ユウキが歌詞、私がコード、ベースライン、ドラムと結構バラバラ。最初ドラムとベースだけをとりあえず考えて、それにメロディだけ乗せて、あとは全部後付けっていうことも多い。共同作業なんですよね。

 

麻生:

え、共同作業?楽器って意味じゃなくてやることがなんとなく分かれてるってこと?

 

マナ:

そうそう、何となく分かれとる!曲はその場でババっと作る。私が何かを持ってきたとかいうのもなくて、その場のテンションで。スタジオで一斉に。例えば、こういう曲のこういうリズムが好きだから、ちょっと叩いてみてって言って、叩いてもらってそこにメロディを乗っけたり。そのあとコードつけて、ベース作ってみたいな。さらにそこに歌詞を加えてって。

 

麻生:

なるほど。歌詞やメロディを分担しつつも、全体の構成はみんなで考えていくんだね。曲作りで難しいなって思うことは?

 

マナ:

メロディから作って持ってく人って多いと思うんやけど、CHAIにはそういう固定的なものがないから、その場で思い浮かばなかったらもうメロディできん。そういう恐怖があるかも笑。絶対思い浮かぶんだけどね!でも考えながら次どうしようかなって時間がかかるから、人より時間がかかっとるところってあるかもしれん。もともとできとるわけじゃないから。アレンジに時間がかかるかも。

 

 

 


麻生:

前作「ほったらかシリーズ」、今作「ほめごろシリーズ」とE.Pでのリリースだね。これには狙いもあるんだろうけど、アルバムではなくてE.Pにした理由は?

 

マナ:

まだE.Pかなって。2枚目だし、やっと「ほめごろシリーズ」でCHAIを知る人が増えるって思ってて、そういう意味でE.Pかな。アルバムだとうっとおしいじゃん!知らんと。そんなに聞かねーよ!みたいな笑。

 

麻生:

あはは、でもE.Pが続く流れとてもいいね。前作、ほったらかシリーズに続き、今作はほめごろシリーズ。しかしこのタイトル、、、笑。前回の「ほったらかシリーズ」から一つ一つの曲が長くなってきてるよね。

 

マナ:

そう、前はだって3分以上はやらないって決めてたから。すぐ飽きちゃうし!ラーメンとかでも。そういう感覚がすごくあって。でもいい曲ができたら、いいかなって思ってたから。長くしちゃったね。今回は。

 

麻生:

なるほど。ということは自分たちの中で必然性を持って長くしたってことかな?

 

マナ:

そんなに意識はしてないんだけど、自分たちはなりたい方向になってきてるって思う。自分たちの理想のアーティストに近づいていってる。それはすごくいいことだし、今回の作品で成長を感じた部分でもある。だから、曲の長さも意識しなくなったのかも。前作は必ず3分以内でやろうってのがあったけど、そんなこと気にせず音楽がいいからっていう考えになった。またどうなるかはわからないけど。

 

 


 

「ほめごろシリーズ」は今褒めどきだよって意味だから、もっとキャッチーでCHAIが今伝えたいことを全部詰め込んだっていうような感覚。(カナ)

 

麻生:

前作の曲「ぎゃらんぶー」ってとてもいい曲だなって思ってて、その発展系が今作の「ボーイズ・セコ・メン」という印象を持ちました。また一方で、「sayonara complex」っていうメロウなバラード曲もあり、新しいCHAIの姿が見れたなって気がする。さっきなぜ続けてE.Pなの?って質問もしたけれど、こうして並べてみると、それぞれの違いが浮き彫りになってくるというか、成長や変化が見て取れるのがとても面白いと思う。今回の2nd EP「ほめごろシリーズ」を作るにあたって、前作からの変化ってどういうところがあるんだろう?

 

マナ:

好きなアーティストが変わったところは大きい。影響されている部分はあるから。

 

ユナ:

好きなアーティストにはすごく影響されてるね。

 

ユウキ:

うん、あと作るモチベーションが全然違うかも。

 

麻生:

モチベーションというのは?

 

カナ:

「ほったらかシリーズ」は、何やっててもバーって全部ほったらかしてそのEPだけを聴きこんじゃうくらいな曲。バリエーションが全部すっごく違うもの、展開も「え?!」っていうものが作りたかった。「ほめごろシリーズ」は今褒めどきだよって意味だから、もっとキャッチーでCHAIが今伝えたいことを全部詰め込んだっていうような感覚なんです。だから「sayonara complex」のようなエモいのも入れようって。多分泣けると思う。大好きってなると思う!笑。

 

麻生:

うん、泣けた。泣けました。

 

一同:

あー、うれしー!ほんとー?!

 

麻生:

でもあれ?CHAIってこんなだったかな?って笑。真面目な感じ?っていうのも思った笑。

 

一同:

笑。

 

麻生:

あはは、でもこれって面白くてね、「sayonara complex」まで聴いて、改めて歌詞を見てみようかなって思っちゃう。そういう魅力が散りばめられてるんだよね。そういえば、今作の「ほめごろシリーズ」は今褒めどきだよって言ってたけど、タイトルから付けたの?

 

ユナ:

たしか、後付けだ。「ほったらかシリーズ」もね。

 

麻生:

それじゃ、5曲完成してタイトルつけるときに、私たち今褒めどきだから、「ほめごろシリーズ」にしよっか?って感じ?笑。

 

ユウキ:

笑。候補は一杯あったんだよね!なんとかシリーズっていう候補で笑。で、これが今一番しっくりくるねってことで、決まったの。

 

カナ:

そうそう、さっきマナが言ったようにきっとこれでCHAIのことを知ってくれる人が増えるから、今褒めておかないとお前ら出遅れるぞみたいな笑。

 

麻生:

あはは、しかしCHAIって自分たちのことをすごく客観的に考えてるね。ちょっと大人な僕としてはこれ対応どうしよっかなっていうこともあるけれど笑、セルフ・プロデュースの意識をすごく感じます。

 

マナ:

すごい考えとる!

 

ユウキ:

うん、すごく考えてる。見た目から、もう今日の服から考える。何着るか、いつ何をどうやって出そうかってところまで。

 

image7_2000

photo by むらかみみさき

 

 

今影響を受けているアーティストのこの曲みたいにしたいっていうのが根本にあって、そういう風にアレンジしてるよね。この展開、こんな感じでぶち込もうっていいながら、だんだん曲が変わっていってCHAIの音楽になっていく。(カナ)

 

麻生:

CHAIの今の音楽ってどういう風にできてきたんですか?2013年結成して、2015年から活動開始って感じだよね?

 

マナ:

ほとんど2015年から活動開始しとる感じだと思う。

 

ユナ:

楽曲とかは私たちの好きな音楽にすごく影響されて、洋楽に寄って行ったところありますね。

 

カナ:

今影響を受けているアーティストのこの曲みたいにしたいっていうのが根本にあって、そういう風にアレンジしてるよね。この展開、こんな感じでぶち込もうっていいながら、だんだん曲が変わっていってCHAIの音楽になっていく。

 

 

 


麻生:

「sayonara complex」はCHAIの中で新しい引き出しの曲だけど、自分たちの中でこういうものを作りたいって流れの中で出てきたものなの?

 

マナ:

あれ、フェニックス!あれ仮タイトルがフェニックスだったっていうくらいフェニックスだった。今でもフェニックスって読んじゃうくらい馴染みがあった!

 

ユウキ:

「If I Ever Feel Better」だね!セトリもね、フェニックスって呼んじゃうくらい!笑。

 

麻生:

なるほど、でも残ってるのは「クス」だけだね笑。

 

マナ:

ホントだ!笑。でも本当フェニックスにしたかったの。でも全然なんなくて笑。

 

カナ:

「sayonara complex」だけは最初にメロディとコードがちゃんとあって、そこから全部考えたから、一番アレンジの時間がかかった。崩せなくて。

 

ユウキ:

メロディ一回できたやつ全部変えたもんね。

 

マナ:

そう、全部変えた。最初はあんなラップみたいなメロディじゃなくて、コードに合わせたメロディがちゃんとあった。だけどなんかつまんなくて、ラップにしちゃった。ラップっていうのかわからんけど、私はすごいCSSとかトム・トム・クラブとか、ああいう中途半端なラップまで行かんメロディがすごい好きなの。Aメロが大体ああいう不気味な感じじゃないですか。リズムがちゃんとあって。それを日本語でやってる人ってあんまりおらんけど、それができるのがCHAIかなって思って。

 

image9_2000

photo by むらかみみさき

 

 

まだそんなに苦しめるときじゃないから「sayonara complex」くらいでちょうどいいっていう感覚はすごいある。もうちょっと先かなって思って。(マナ)

 

麻生:

今までの曲とカラーも違うよね。どうしてこの曲が生まれたんだろう?

 

カナ:

最初こういうの出していいかわからないなって思ってた。あんまりバラードっぽいのも違うんじゃないかって。これはCHAIなの?って。ぎゃらんぶーみたいなのがメインだったからね。戸惑いはあったけど、でもこういうの見せていくとたぶんCHAIにハマる人も増えるし、違うお客さんもつくんじゃないかなと思って。

 

麻生:

え、何だかディレクターとかマネージャーみたいだね笑。めっちゃ考えてる!

 

マナ:

すごい考える!だって、マイケル・ジャクソンの「Heal The World」をよく聴くんだけど大泣きするんだよ、4人でみんな。それくらい苦しい音楽ってあるやん。聴いとるだけで胃が痛いやつ。そういう音楽をいつか作りたいんだけど、それってやっぱりその人に夢中になっちゃうんだよね、苦しいから。私もそういう音楽を作りたいって思ったけど、まだそういう音楽を出すときじゃないから「sayonara complex」くらいの雰囲気でちょうどいいっていう感覚はすごいある。もうちょっと先かなって思って。

 

ユウキ:

うん、まだ言えない。CHAIは。タイミングが絶対ある。そう、すごい考える。そういうことも。

 

麻生:

なるほど、それは分かる気がする。

 

マナ:

あんな世界が平和だどうのとか、そんなことを言える立ち位置じゃない。今言われてもうっとおしいと思う。私だったらうっとおしい。まだ、これからの私たちに「君ならできる」なんて言われたら、お前は一体なんだんだよ!って思う。まだその立ち位置じゃないから。いつか言いたいけど、まだ違う。

 

麻生:

等身大でありたいってこと?

 

マナ:

そうそう!等身大でありたい。それはめっちゃ重要。

 

麻生:

なるほど、確かにそういうのってあるね。その人の等身大の言葉って大切だよね。誰が何言っても、嘘だったら伝わらないからね。

 

ユウキ:

うん、その時の等身大であるってことが大切。言葉の重みがまだ伝えられないから、それを抱えられるほどじゃないし。今の自分たちをきちんと響かせたいって思う。

 

マナ:

そういうのって等身大っていうんだね!そういうことだ!覚えた!

 

麻生:

あはは、そんなに言葉のマジック持ってるのに!でもそれはすごく貴重な話。CHAIを側から見ると、何ていうかどう捉えたらいいかわからない不可思議さ、なんじゃこれ感が先に立つんだけど、一歩踏み込んでみなければわからない奥行きをすごく感じました。最後にこれからCHAIのやりたいことなど教えて下さい。

 

マナ:

やりたいことは一杯あるんやけど、まだワンマンをやったことないからワンマンをやりたい。

 

カナ:

うん、でも普通のライブじゃなくて、いろんなことを取り入れたワンマンがしたいから、なんかすごい時間がかかる気がする。ショウとして見せられるワンマン。

 

マナ:

うん、ちゃんと一個のショウとしてエンターテイメントしたい。

 

麻生:

CHAIの魅力に溢れた初ワンマンは、8/18(金)の東京・下北沢BASEMENT BARだね!楽しみにしてます!ありがとうございました!!

 

 

CHAIリリース情報


2nd EP 『ほめごろシリーズ』  

発売日: 2017年4月26日(水)

品番: CHAI-0001

価格: 1,600円(税抜)

レーベル: OTEMOYAN record

 

[収録曲]

1.Sound & Stomach

2.クールクールビジョン

3.ボーイズ・セコ・メン

4.ヴィレヴァンの

5.sayonara complex

 

 

CHAI ライブ情報


8.11(金・祝)

名古屋CLUB ROCK’N’ROLL(愛知県)

18:00開場/18:30開演

前売り\2500 (+1drink)

ゲスト:プププランド , Homecomings

 

8.12(土)

心斎橋LIVE HOUSE Pangea(大阪府)

18:00開場/18:30開演

前売り\2500 (+1drink)

ゲスト: DENIMS 

DJ: DAWA (FLAKE RECORDS) 

SHOP: guumee

 

8.18(金) 

下北沢BASEMENT BAR(東京都)

19:00開場/19:30開演

前売り\2800 (+1drink)

※ワンマンライブ 

※取置予約の実施はございません

 

発売日 7.2(日) 10:00

 

■CHAI

CHAI(ちゃい)
双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、それに気を良くして8月にSpotify、Apple Music等のストリーミングサービスで『ほったらかシリーズ』を配信したところ、ノンプロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に収録曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。が、CDの流通をし忘れてたことに気付き、12月7日より遅ればせながら全国のレコード店にて発売中。2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも決まり、その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバーワンは間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!

 

オフィシャルサイト:
http://chai-band.com

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »