NEWS

Kan Sano主催ツーマンイベント『counterpoint』始動 TENDREを迎え3/28(土)に渋谷 WWW X にて開催

kansano_counterpoint_mainvisual_2

Kan Sano主催のツーマンイベント『counterpoint』が始動することが明らかとなった。

 

音楽用語で「対位法」という意味のイベントタイトルが名付けられた今回のイベントは、Kan Sano 曰く“全体が主役、全員が主人公”。記念すべき第一回は、お互いにリスペクトを表明しているTENDREを迎え開催となる。

 

また、11/16(土)まで、LINE TICKETにて最速先行の受付がスタートした。

 

< Kan Sano コメント>
自主イベントをレギュラーで始めます。
counterpoint
対位法です。
主旋律に対する副旋律。
バッハが書いたフーガは
主役と脇役が絶えず入れ替わる。
一方だけが主役ではなく
全体が主役、全員が主人公。
お互いのメロディを称え、喜び、
絡み合い、高め合っていく。
そんな2MANをイメージしてます。

 

<公演概要>
counterpoint #01
■ 日程 2020. 3. 28 (sat.)
■ 会場 Shibuya WWW X
■ 時間 OPEN 17:30 / START 18:30
■ 出演 Kan Sano / TENDRE
■ 料金 adv. ¥4,000
■ INFO. WWW X (Tel. 03-5458-7688 )

 

<LINE TICKET 最速先行受付中>
10/31(木)〜11/16(土)
https://ticket.line.me/sp/kansano

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

RANKING
ランキングをもっと見る
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!
フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

NEWS

Elephant Gym、日本初となるワンマンツアー決定!新MV「Gaze at Blue 」公開!

Elephant Gym_Artist_Photo_sub_201809_low_2000

台湾スリーピースバンド「Elephant Gym」の日本初ワンマンツアーの開催が決定。また、新曲MV「Gaze at Blue」が公開となった。

 

今回の日本ツアーは、2020年前半にバンドとしては半年間のライブ活動を休止する充電期間を控えており、その前のラストツアーとなる。本日より10/27まで発売の先行チケット購入者には、新曲”Gaze at Blue“の音源が無料で配布される。

 

昨年、2nd Full AL「Underwater」をリリースし、その後約1年間に渡り、全14カ国約100公演のワールドツアーを開催。日本でもその人気はアジアのインディーバンドとしては随一で、今年5月にはShibuya WWW Xにてエクスペリメンタル・ソウルバンド、WONKとのツーマンを成功させた。来月にはTyler, The Creator主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LAドジャースタジアム)出演を控えており、また、日本のインストバンド、LITEとの北米西海岸ツアーを敢行する予定となっている。

 

新曲「Gaze at Blue」のMVは、Elephant Gymがワールドツアーを経て成熟させた音楽性を表現されたものとなっている。

 

Elephant Gym / Gaze at Blue 

 

<ツアー情報>
Elephant Gym 1st One-Man Tour in Japan 2020
「The Rats and The Elephants」

 

<開催日時・場所>
2020年1月12日(日)
愛知・名古屋UPSET
18:00 OPEN / 18:30 START
Info:052-936-6041 (JAILHOUSE)

 

2020年1月13日(月祝)
東京・渋谷CLUB QUATTRO
17:30 OPEN / 18:30 START
Info:03-3444-6751 (SMASH)

 

2020年1月15日(水)
大阪・梅田Shangri-la
19:00 OPEN / 19:30 START
Info:06-6535-5569 (SMASH WEST)

 

<出演アーティスト>
Elephant Gym(ワンマン)

 

<チケット>
前売3,800円 / 当日4,300円(D代別途)

 

■新曲音源DLコード付き先行:10/18(金)12:00~10/27(日)23:59 
※抽選制、各公演、お一人様最大4枚まで
※DLコードはチケット購入者様へ直接11月上旬までにメールでお送りいたします。
*受付URL:https://w.pia.jp/t/elephantgym-pr/

 

■一般発売:11/2(土)下記にて発売開始
・名古屋公演 – チケットぴあ(P:167-657)+英語販売あり・ローソンチケット(L:43723)・e+(pre:10/28 – 10/30)
・東京公演 – チケットぴあ(P:167-611)/英語販売あり・ローソンチケット(L:74611)・e+(pre:10/28 – 10/30)
・大阪公演 – チケットぴあ(P:167-571)/英語販売あり・ローソンチケット(L:56104)・e+(pre:10/28 – 10/30)

 

<主催>
主催:東京-SMASH/名古屋-JAILHOUSE/大阪-SMASH WEST

 

<企画・制作>
企画/制作:WORDS Recordings/SMASH

 

<総合問合せ>
SMASH 03-3444-6751

 

<アーティストプロフィール>
Guitar, Piano, Synthesizer :Tell Chang(張凱翔) / Bass, Vocal : KT Chang(張凱婷)/ Drums : Chia-Chin Tu(涂嘉欽) *TellとKTは兄妹。

 

2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。

 

台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界各国にてリリース&ツアーを実施。2016年8月、1stアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月、アメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。

 

2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、「りんご音楽祭2018」及び「OOPARTS 2018」出演。
同年11月、2ndフルアルバム「Underwater」をリリースし、東名阪ジャパンツアー実施、代官山UNITの東京公演はソールドアウトとなる。また、北米公演全6箇所ソールドアウト含む、14カ国約100公演のワールドツアーを実施。
2019年11月、Tyler, The Creator主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LAドジャースタジアム)出演。それに伴い、北米ウエストコースト8都市を回る「The Blue Tour」を、日本のインストロックバンド・LITEとのツーマンにて実施。
2020年1月、半年間の充電期間を前に、日本にて初となる東名阪ワンマンツアーが決定。
https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym

 

The Rats&The Elephants_2000

Elephant Gym 1st One-Man Tour in Japan 2020 「The Rats and The Elephants」フライヤー

SNSで友達にシェアしよう!
  • 毎日、SYNCHRONICITYなニュース!
SYNCHRONICITYなNEWSが満載!フォローしよう!
メルマガ登録
限定のレアニュース、お得情報をお届け!

Translate »